FC2ブログ

ネパール・カトマンズ(ヒマラヤ蕎麦~ダルバール広場)

2014/12/2 (3日目) 続き

12:05 やっと空港を出発します。結局午前中観光には行けず、お昼も過ぎたのでまずはランチのレストランへと向かいます。車窓に見えるのは国会議事堂です。

ネパールの国会議事堂


12:20 ランチのお店ということでセキュリティの効いたプライベートエリアに入ります。後で調べたら、ホテル・サンセット・ビューというホテルの一角にある「ヒマラヤそば処」でした。日本人の奥さんがいる方の経営の店です。

ヒマラヤそば処があるホテル・サンセット・ビュー


まだ日本食が恋しいとは言えない段階ですが、ヒマラヤ蕎麦のランチです。戸隠で修業してきたとかで、日本の蕎麦とまったく同じです。蕎麦粉が現地ものということですね。偽物じゃない日本食という味と質です。

日本人も認めるヒマラヤ蕎麦


さて私は今日の予定が気になります。添乗員に観光と夕日鑑賞は予定通りできるのかと聞いたら、予定通り観光しても18:00頃ホテルに着く予定ですと言います。ここが旅程管理の腕の見せ所でしょう。いいでしょう挽回のチャンスをあげましょう、そんな気持ちでした。

13:00 店を出てダルバール広場へと向かいます。街中にはサッカー場も見えます。ナイター設備がありますが、きっと夜は使われることもないのでしょう。

カトマンズのサッカー場


13:15 ダルバール広場から徒歩10分くらいの川沿いでバスを降りてここから歩いて観光へ向かいます。バクマティ川の支流ビシュヌマティ川沿いだと思いますが、街の中心部に近いのに、生活レベルはかなり低そうです。

カトマンズ中心部の町並み


ダルバール広場まではあまり広くない道を1列になって歩きます。ここは女性の服の仕立て屋さんでしょうか。いつも思うのですが、女性の服を売る店が(しかも採寸して仕立てるだろうに)女性の店員を置かない国が多いのに驚きます。

カトマンズの洋服屋


道沿いには興味をそそるものがたくさんあります。
これは祠?なんだか遺跡の町みたいです。

カトマンズの街角にある祠


こちらは見た目はお寺に見えます。寺院かどうかは別として現在はお店のようです。
お寺が大々的に商売しているのかもしれませんが・・・。

カトマンズの街中にある寺院か店か


道沿いは商店も多く歩くだけで楽しい感じです。町並みも旧市街っぽい雰囲気で、建物に使われている色もカラフルだったりするのがちょっと意外です。

カトマンズの商店街


今度は小さなストゥーパ。でも誰にも敬意を払われていないように見えます。土台部分では誰かが商売しているし、こういう雑多な感じがカトマンズなのかもなと、思うようになりました。

カトマンズの街角にある小さなストゥーパ


ほんの数百メートル歩いただけでも、大小の寺院らしき建造物がそこかしこにあります。人より神々が多く住む町と言われたのも頷けます。過度の人口流入によって、神様達も窮屈そうではありますが、このまま追い出されずに頑張ってほしいものです。

ダルバール広場周辺


さて、目の前にどーんと大きな寺院らしきものが出てきました。ダルバール広場に着いたようです。ダルバールとは宮廷という意味でカトマンズ王国の中心だった場所です。この広場には柵はありませんが外国人観光客は入場券(Rs.750、1000円弱)が必要で、出入りは自由ですが、中でときどきチェックがあるそうです。写真は、カスタマンダブ寺院、カトマンズの名前の由来となった寺院で、ネパール最古の建造物(12世紀頃)のひとつです。

カスタマンダブ寺院


人を掻き分け広場の中へ入っていくと寺院がいくつも並ぶ広場に出ます。ダルバール広場と名がついていますが、「広場」で想像する広い空間よりも建造物があちこちに建っているので、どこまでが広場なのかわかりにくい場所です。一番左はナラヤン寺院(17世紀)、白いお堂が付随しているのはシヴァ寺院(17世紀)、どの寺院も基壇などに人が腰かけています。

カトマンズのダルバール広場


そして、広場の南、ナラヤン寺院すぐ隣には彫刻のきれいな立派な建物があります。クマリの館です。知っている人も多いと思いますが、クマリとは一言で言えばネパールの生きた女神です。そのクマリが住んでいる家ということになります。

カトマンズのクマリの館


クマリは、女神の依代として小さな幼女が選ばれます。ネパールはヒンドゥー教が8割で、そのヒンドゥーの女神も宿るというクマリですが、ネワール仏教徒の僧侶カーストの娘の中から、様々な選定条件を満たすものが候補として選ばれます。その候補の中から何事にも動じない子が選ばれるそうです。ダライラマに似た感じです。

選ばれたら家族と一緒に館に引っ越し、外に出るのは祭りの時だけ。初潮を迎えるまでその生活は続きます。何もわからないうちに連れてこられ、役目を終えれば普通の人になるとはいえ、その後も本当の意味で普通に暮らすのは難しいでしょう。
木彫りの窓枠の彫刻のひとつひとつがそれは美しい館です。

クマリの館の木の彫刻


次回はダルバール広場の続きをレポートします♪

ネパール・カトマンズ(ダルバール広場)

2014/12/2 (3日目) 続き

クマリの館を背にして、ダルバール広場を北に向かいます。
左手にあるのは、シヴァ・パールヴァティー寺院、18世紀後半の寺院です。各王朝、歴代の王がこうして王宮周辺の広場に競い合うように寺院などを建てたので、広場は建物でいっぱいになっています。

カトマンズのダルバール広場とシヴァ・パールヴァティー寺院


シヴァ・パールヴァティー寺院は屋根のすぐ下の窓から、シヴァ神とパールヴァティー妃が仲良く広場を行きかう人々を眺めているようです。

人々を見守るシヴァ神とパールヴァティー妃


右手は続きの建物で巨大な王宮です。王宮の南側は白い西洋風の建物で、広場の雰囲気と対局な印象です。19世紀に増築された部分です。

カトマンズの王宮増築部分


王宮の北側は概ね17世紀の建物で、どこもため息が出る彫刻で飾られています。王宮内の寺院かも知れません。木とレンガの組み合わせが絶妙なネワール建築、もっとのんびり見たいところですが、ほぼ素通りです。

カトマンズの王宮古い部分


王宮を回り込むように北へ歩くと、次々といろんな建物が出てきます。ガイドの説明もないし、ガイドブックを見ても名前すら紹介されていない建物がたくさんあります。
これらも全部名前のついている歴代王が建てた古い寺院です。

ダルバール広場のたくさんの寺院


少し開けた所へ出ました。ジャガナート寺院(右の大きいの)など多数の寺院が立ち並びます。数々の寺院の重なり具合が何とも言えない味わいです。鳩の数もすごいです。
うーん、こうなってくるとやはり午前中なぜここへ放っておいてくれなかったのか恨めしく思います。

カトマンズダルバール広場のジャガナート寺院など


この一角に、破壊神シヴァの化身、カーラ・バイラブの黒い像があります。この刀を振り上げ、生首を持つ恐ろしいカーラ・バイラブの前では嘘がつけないと言われて来たそうですが、21世紀では人の考え方も変わり本気で信じる人は大幅に減ったようです。
お参りする人は後をたたないので、人気は高いようです。

カトマンズダルバール広場にあるカーラ・バイラブの像


あまりに寺院などがあり過ぎて、どれも丁寧に見る暇は与えられず、主だったものだけ簡単に紹介されるだけなのが残念です。よく見ると、どれもこれも本当にすごい彫刻で飾られています。これなんて、何がモチーフかわかりませんが、ゴシックに通じるものがあります。

ダルバール広場の寺院の彫刻


屋根を支える部分もひとつひとつに細かな彫刻が。ゆっくり眺める時間がないのが本当に残念です。もともと1時間の観光予定なので、午前中のことを恨むのは筋違いでしょうが、とても1時間で足りる観光資源ではありません。

カトマンズダルバール広場の寺院建築


ダルバール広場の一番北には16世紀に建てられたタレジュ寺院があります。ここはダルバール広場でも最も高い建物です。年に一度だけ、ヒンドゥー教徒のみ入ることができるそうです。

カトマンズダルバール広場で一番高いタレジュ寺院


次は王宮へと入ります。王宮と言っても2008年に王制が廃止されているので、旧王宮というべきでしょうか。この白壁の奥に入口があり、ダルバール広場の入場券が、旧王宮への入場も含んでいるようです。

ハヌマン・ドカ


この旧王宮はハヌマン・ドカと言います。ハヌマンとはヒンドゥー教のサルの神様で、ドカは門、つまり、ハヌマン像が門を守っているからそう呼ばれるようになったようです。
ですが、この赤い塊がサルに見えるかどうか・・・、サルどころか何にも見えません。

ハヌマン門のハヌマン像


小さな門を入ると、門の外にも中にも門番の兵隊がいます。この像は、何か説明をしてもらった気がしましたが、メモを取るのを忘れました・・・。あちこち見たり、写真を撮るのに夢中で話を聞いている余裕がないのです。

ハヌマン門の内側


ハヌマン門をくぐった先は、ナサル・チョークという広い中庭です。旧王宮の中心にあたり広場の周囲は時代の違う建物で囲まれています。広場の奥にある高い建物はバサンタプル・ダルバール、ガイドブックには上れると書いてありますが、そんな時間がないのが悔しいです。

ナサル・チョークとバサンタプル・ダルバール


上の写真の左側に入ると、さらに中庭に囲まれた古い王宮エリアになっています。レンガと窓の木枠の彫刻に囲まれた、外の騒々しい世界とはかけ離れたシンとした静の空間です。

ハヌマン・ドカの静かな空間とネワール建築


13:50 このナサル・チョークで、30分のフリータイムとなりました。広場の周囲を散策したかった私たちにとって、30分はあまりに短すぎます。またしても駆け足になりそうです。

次回はダルバール広場周辺散策をレポートします♪

ネパール・カトマンズ(ダルバール広場周辺散策)

2014/12/2 (3日目) 続き

13:50 フリータイムではダルバール広場の周辺を歩きたいと思いますが、旧王宮ハヌマン・ドカのナサル・チョーク(中庭)をすぐに出てしまうには惜しい気がします。北側には、5重の屋根のついたパンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院があります。手前の建物には、ナラヤンヒティ王宮事件(2001年皇太子による国王夫妻含む王族10人の殺害事件)の関係者の肖像などが飾られているそうです。

ナサル・チョークから見たパンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院


パンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院の屋根は円形で特徴的ですが、やはり素晴らしい彫刻で飾られているようです。思っていたよりも遥かに見どころの多い場所です。

パンチャ・ムクヒ・ハヌマン寺院の5重の丸屋根


ナサル・チョーク周辺の博物館をあれこれ見る暇はないので諦めますが、門のすぐ北側にある王家のお風呂2つだけは見に行きました。ここだけ写真撮影禁止なのですが、お風呂というより小さなプール、それは見事な彫刻で飾られたものが中庭の地下にあります。これは必見です。

ナサル・チョークには王家の神輿とかそういったものも飾られています。それより、この扉が気に入りました。ネパールらしいデザイン。木とレンガの色合いがやさしいピンク系に見えるのも心が休まります。

ネパール風扉


時間はどんどん過ぎていくので、王宮ハヌマン・ドカを出て、ダルバール広場も出て、西にあるヤトカ・トール(Yatkha Tole)という道を北上します。首都の中心とは思えない町並みで、一般の人の生活が垣間見られます。

ヤトカ・トールの町並み


やはりあちこちに小さな寺院や仏塔とかがあります。
神々の息遣いが聞こえてくるようです。

ヤトカ・トールの小さな寺院


いろんなお店があり、庶民がどんなおやつを食べているのかもわかります。
ここはダルバール広場から遠くないこともあり、観光客は珍しくないのか、特に視線は感じません。

ヤトカ・トールのいろんな店


お目当ての場所が見えてきました。右の建物の2Fです。1978年発行のネパールの切手の図案になったことから「切手になった窓」と呼ばれているそうです。思っていたより小さかったので、見落としそうでした。

切手になった窓がある建物


正面から見ると確かにきれいです。Deshay Madu、同じものは二つとないというものだそうですが、パッと見は先ほどのハヌマン・ドカなどで見た窓とよく似ている気もします。ここは王宮じゃないのに、どういう経緯でこんな精巧な彫刻がほどこされたのでしょう。

切手になった窓


さらに北上し、2つ目の角を曲がって東に向かいます。道路も舗装されていないし、周囲の建物もまるで建築中のように見えます。何かから復興しているか、または建築中の町、そんな感じです。ただでさえ息をするのが苦しいひどい空気がさらにいっそう埃っぽくなります。

カトマンズ中心部の道


その先の交差点が次の目的地です。自転車の男性が眺めているもの、カニの甲羅みたいな塊ですが、コインの木というものです。この通りは、車やバイク、人が入りまじり、壮絶なごった返しぶりです。

コインの木がある街角


コインの木に近付いてみました。奇妙な物体です。この木、最早木には見えませんが、歯痛を治す神様が祀られているとかで、何千枚ものコインが釘付けにされています。周辺には歯医者が多いとのことですが、一見して歯科医院ぽいものは識別できませんでした。

コインの木


もう時間がないので、ダルバール広場に戻らなくてはなりません。コインの木からは南に向かいます。ものすごい人で溢れ返っていて、走ることもできません。インドラ・チョークという庶民のバザール周辺です。思わず鞄を手で押さえるほどの賑わいです。

インドラ・チョーク


そこからは人並みに乗って、タレジュ寺院の方からダルバール広場に戻ってきました。
集合場所はクマリの館なので、広場を縦断します。時間があれば、右のシヴァ寺院の基壇に上ってみたかったです。

ダルバール広場


それに、広場に点在するたくさんの寺院もひとつひとつよく見たかったです。やっぱり王宮周辺の彫刻はどれもこれも素敵です。

ダルバール広場の建造物の彫刻


クマリの館まで来て、まだほんの少し時間があるのを確認してから、クマリの館の中庭を見学します。今日はクマリはお休みだそうですが、それなりのお布施をすると、窓から顔を見せてくれるそうです。と、油断していたら、ここに住んでいる鳩にフンをかけられてしまいました・・・。

クマリの館の中庭


ダルバール広場だけで2,3日過ごせそうな見ごたえある場所でしたが、とにかくあまりにせわしなく、時間が足りませんでした。寺院のいくつかには上って見たかったし、細かい彫刻もゆっくり見たかった、写真だってもうちょっと構図を選びながら撮りたかったです。せめて、フリータイム1時間は欲しかったです。

ダルバール広場を後にし、来た道を戻ります。王宮の白さが目にしみます。
また来て、今度はじっくり楽しみたいです。

カトマンズの王宮


14:40 バスに乗りカトマンズを後にします。

次回はバクタプルをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR