羽田~バンクーバー~シアトル

今回から9月に行ったアラスカクルーズの旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの11日間のツアーにダンナと参加、カーニバル・ミラクル内側船室利用、旅費は燃油等諸税に船内チップ込みで1人29万円台。23PAX。

プロローグ
出発の2日前の9/7(日)、集合時間何時だったかなー電車時刻調べようっと、と最終日程表を開いた直後、一瞬目を疑い、そして頭が真っ白になりました。集合日時9/6(土)19:25。
って昨夜!?暫く固まった後、ついにノーショーやっちゃった?とパニックに陥ります。

最終日程表の集合日時に致命的な間違い


どうしたら船に追い付ける?いや、待てそんなはず・・・、まずは自分を落ちつかせた後にANAの予約番号でANAのホームページから予約を検索しました。9/9の便が予約されているのを確認し、どうやら旅行会社の間違いだと分かりひとまずほっとしました。

2014/09/09 (1日目)

出発日に関する謝罪や訂正の連絡もないまま当日を迎えました。19時前に羽田空港に到着、集合時間の間違いを指摘すると添乗員が苦笑いで謝罪してくれました。話によるとツアー全員ではなく一部のPAXの最終日程表だけ間違っていたようです。会社は把握していたらしい・・・。

私は金融関係で仕事をしていたので、こういった間違いはあってはならない致命的なミスであり、即座に対象顧客に連絡し謝罪訂正するのが当然、という世界でビジネスしていたので、旅行会社の緩い対応にはびっくりです。

チェックインの後は再集合はなかったので、羽田の国際ターミナルに新しくできた日本橋を見に行きました。端っこにあるのでせっかくの橋ですが、ほとんど人通りがありません。

羽田空港国際ターミナルの日本橋


今日はスーパームーンなので珍しく展望デッキへと足を運びます。ばっちりと少し大きめのきれいな月が見えます。

羽田空港国際ターミナルの展望デッキ


今回アラスカに行くに当たって、衝動買いしたデジカメの力を試したいと思います。実はアラスカと言えば動物、と思って双眼鏡を物色に家電量販店に行ったのですが、倍率の低い双眼鏡買うより、カメラのズームが役に立つんじゃないかと思っていたら、セール品でぴったりのものを見つけたんです。

オリンパスSZ-16、純正ソフトケース付8400円(税別)。オリンパスの今持っている防水デジカメと同時期の2013/2モデルのものですが、光学ズーム24倍、倍率の低い望遠鏡を買うより記録に残せた方がいいし、何といっても税込1万円未満というのは素晴らしい。

オリンパスSZ-16


ということで早速そのズームを試してみることにしました。24倍ズームするときれいなまん丸お月様がくっきり撮影できました。さらに露出をマイナスに変更して撮ったらびっくり。安物デジカメで月の模様が撮れるなんて思ってもいませんでした。しかも三脚なしで手振れしないのもスゴイです。いい買い物でした。

デジカメで撮るスーパームーン


21:55 NH-0116にて羽田からバンクーバーへ。

14:38 バンクーバーに少し早めに到着です。カナダ入国ではフレンドリーにですがいくつか質問をされました。シアトルからクルーズ船でアラスカに行き、バンクーバーに戻って下船する、みたいな話をしました。

空港到着後、添乗員に訳を説明し先に税関を抜けます。実は古いカナダドル紙幣を親からもらい持ってきていたので両替したかったのです。古いと言っても2世代とか3世代も前のもので、自分が子供の頃発行された紙幣までありました。カナダ以外では紙切れなのでカナダで処分するしかありません。4万円分ほど米ドルに両替して旅のお小遣いにしました。空港はモダンな感じですが、おもしろいオブジェがちらほらあります。

バンクーバー空港


16:15 バスで空港を出発、陸路でクルーズ乗船地のシアトルへ向かいます。天気は上々、明日からもお願いしますという気持です。

バンクーバーからシアトルに向かう車窓風景


17:00 アメリカとの国境に到着です。普段は日本人グループには甘く手続きも簡略化されるらしいですが、911前だからか、全ての荷物をもって通常の入国手続きを受けることになりました。指紋と写真もあり、空路の入国ではない出入国の紙をパスポートにホチキス止めされます。

セキュリティも荷物全部をX線を通し、結構スーツケースを開けさせられていました。食品などチェックを受けていたようです。私たちの他に手続きする人もいないのに、全員終わるのに45分もかかりました。

17:55 トイレ休憩にパーキングエリアに寄ります。その際、動く動物を目撃。リスでした。本番前に新しいデジカメの練習にちょうどいいので、近寄らずに遠くから撮影しました。

国境近くのパーキングエリアで見かけたリス


19:20過ぎ、夕日が沈みます。走るバスからの車窓写真も問題なく撮れそうです。
ただし、起動時間が防水デジカメよりかかるので、じっくり撮る余裕がない時は防水デジカメを使った方がよさそうです。

シアトル近郊で見た夕日


19:50シアトルの街を突っ切ります。今晩の宿は空港近くなので、街は素通りです。

シアトル素通り


20:15ホテルに到着と思いきや、隣の駐車場に間違って入ってしまい、そこから道に戻れず、その後行き止まりの道に突っ込んでしまい、ホテルに戻ってくるまで25分もかかりました。その間に昇り始めた大きな月は、ホテルに付く頃にはかなり上に上がっていました。

レッドライオン シアトルエアポート


20:40 レッドライオン シアトルエアポート、空港ビルの目の前のホテルに到着です。
部屋は広めで設備も申し分ないです。バスタブ、ドライヤー、冷蔵庫(空)、電子レンジ、水のボトルサービスあり。Wi-Fi無料。

レッドライオン シアトルエアポートの部屋


21:05 DNR@HTL
ホテル隣の建物がレストラン。シーザーサラダの後サーモン。飲み物はアイスティーやコーヒー紅茶が付いています。

レッドライオン シアトルエアポート レストランの夕食サーモン


食後のチーズケーキ。濃厚すぎない口当たりで絶妙。サイズがアメリカンとは思えない普通サイズだったので、完食しちゃいました。これからクルーズなので、食べ過ぎにはくれぐれも要注意、です。

レッドライオン シアトルエアポート レストランの絶品チーズケーキ


2014/09/10 (2日目)

10:30 ホテルを出発。
11:20 シアトルのクルーズターミナルに到着です。アラスカクルーズはもうシーズン終わりなので、クルーズターミナルには私たちが乗るカーニバル・ミラクルしかいません。

シアトルクルーズターミナル


荷物はタグ付けしてポーターが持って行き、私たちはセキュリティチェックを受けた後、チェックインへ並びます。ちなみに水類は持ち込みOKですが、アルコールはNGです。セキュリティチェックでボトル類は容易に発見されるようです。

チェックインの行列


外国籍用チェックインの列は短いですが、対応する人が少ないためなかなか進みません。ボーディングパスとパスポート、健康質問票、クレジットカード登録の申請書、クレジットカードが必要です。チェックイン時に写真を撮って最後にクルーズカードが発行されます。初めてカーニバルに乗る人は青、リピーターは乗船累積日数によって色分けされています。

さぁいよいよ乗船です。

カーニバルミラクル


次回はカーニバル・ミラクルの船室と屋外施設をレポートします♪

カーニバルミラクル・船室と屋外施設

2014/09/10 (2日目) 続き

12:25 皆でカーニバル・ミラクルに乗船します。88,500トン、乗客定員2124名の船は、チェックイン後待たされることなく順次乗船可能でした。大きな船では乗船自体に時間がかかることもあるので、そういう意味ではいいサイズです。メインロビーでは早速飲んでいる人たちもいます。

カーニバルミラクルのメインロビー


メインロビーは吹き抜けになっていて中央エレベータが行き来しています。エレベータは中央の他、船首と船尾、併せて3ヶ所です。

カーニバルミラクルの中央エレベータ


ですが、私たちはクルーズ中、基本的に階段を使うというルールをいつも設けています。クルーズは船にいる間食べ放題になるので、ついつい食べ過ぎるし、運動不足になりがちなので・・・。早速ランチに向かうツアーの人たちと分かれ階段でまずは船室に向かいます。

カーニバル・ミラクルの階段


乗船後すぐに部屋が利用できるというのは手荷物を持って歩かなくていいので嬉しいです。長い廊下を進んで今回は船首に近い部屋が割り当てられました。廊下の感じはどこも同じような感じなので、慣れるまでは部屋に戻るのも確認しながらになりそうです。

カーニバル・ミラクルの客室階廊下


今回はクルーズ5回目にして初めて一番安い内側キャビンにしました。クルーズはバルコニー付きに限る!と言っていた私たちですが、前回のカリブ海行きで寒い時にはバルコニーにほとんど出なかったので、今回は散々悩みました。バルコニー付きとの差額が一人10万だったので、コスパの面で今回は内側にしてみようと言うことになったのです。

最初狭いと感じた部屋もしばらくいると十分という結論になりました。基本的には寝るだけですし。最もこの船はバルコニー付きのキャビンの方が圧倒的に多いので、優雅な気分にはなりきれず、貧乏人の気分、と気持ち的に下がるのが問題ですが、同じツアーの人たちが内側船室の方が多かったのは助かりました。

カーニバル・ミラクル内側船室


TV、ミニバー、セーティボックス(クレジットカードなどで施錠のタイプ)、ドライヤー、そして、入り口脇には体積十分なクローゼットがあります。ハンガーが少なめだったので、持って行けばよかったです。棚とハンガー掛けだけで大きな引出がないのは使い辛かったです。コンセントは一ヶ所のみ(120Vと220Vの2口)。

カーニバル・ミラクル内側船室設備


シャワールームはバスタブなしで、シャワーの水圧はイマイチですが許容範囲。シャンプーは備え付けのポンプスタイル。タオル類は豊富で1日2回チェンジしてもらえるし、洗面台は私物を置くのに十分なスペースがあり、船が揺れても散らばらないようになっています。

カーニバル・ミラクル内側船室の洗面台など


さて、荷物を置いたらひとまずランチを食べにHoratio's Restaurantへと向かいます。朝昼晩ビュッフェスタイルで食事でき、事実上24時間のフードコートみたいな所です。9Fに階段であがってから船の後方へ向かいます。一部は屋外になっていてプールとジャグジーがあります。

カーニバル・ミラクルの船首プール


さらに後方へ移動すると、今度はドームが付いていて屋内プールがあります。今回は寒い地域へ行くのでプールとは縁がなさそうです。一応水着持参しましたが・・・。

カーニバル・ミラクルの中央プール


レストランエリアに入る前に目ざとくも私の大好きなものが目に入りました。ソフトクリームマシンです。8泊9日のクルーズの間中、好きな時に好きなだけ勝手にソフトクリームを食べてもいいという夢のようなマシンです。早速ストロベリーとチョコのミックスを盛って食べながらビュッフェメニューを見て回ります。

ソフトクリームベンダー


12:45 デリコーナーで、ターキーラップを作ってもらい、後はちょこちょこっと空いているエリアでサラダとか取ってきました。デリコーナーではサンドイッチやベーグルなども作ってくれ、このターキーラップはターキーが3枚も入っていました。飲み物はコーヒー紅茶類、アイスティー(シロップ抜き)、レモネードがドリンクコーナーで無料で飲めます。

シアトルの街を背景に船内でランチ


ランチの後は出航時間までまだ時間があるので船内探検です。まずは一番上の11Fのデッキに上がります。船首にはミニゴルフが9ホールほど。クラブとボールは無料で使えます。ちょこっとやってみましたが、まぁ一回やればいいかという感じです。

カーニバル・ミラクルのミニゴルフ


さらに先にはバスケットボールコート。クルーズ中、使っている人はほとんど見かけなかったです。

カーニバルミラクルのバスケットコート


デッキ10Fはほぼ全体が屋外で、ぐるっと一周できるデッキになっています。氷河などを見るのはこのデッキがいいでしょう。中央にはピンポンセットがあります。すぐにボールがなくなってしまいそうです。

カーニバルミラクルのデッキにあるピンポン台


船尾へ行き、1F降りて9Fにいきます。そこは大人のための屋外リラクゼーションエリアとされていて21歳以上のみ利用できます。ハンモックとかペアのための椅子が置かれています。
10Fにあるのはスパイラル・ウォータースライドですが、アラスカクルーズ期間は利用休止のようです。それにしてもターミナルについた時どんより曇っていたのにすっかり快晴になりました。

カーニバルミラクルの大人のための空間とスライダー


次回は屋外施設の紹介とシアトル出航をレポートの予定です♪

カーニバルミラクル・船内施設&シアトル出航

2014/09/10 (2日目) 続き

屋外の設備はだいたい一通り見たので、次は屋内を探検します。この船で一番上にある施設は10Fの船首にあるフィットネスジム。これまでの経験上、クルーズ船で汗を流すことはなかったので、今回はシューズなどは持ってきませんでした。

カーニバルミラクルのジム


かなり本格的なマシンも取り揃えてありますが、クルーズ期間中ジムを使っているのはボディビルダーかショーダンサーと思われる筋肉モリモリの人ばかりでした。そもそも、北米発のクルーズ船は普段から健康に気を使っているような肉体美を持つ人はマイノリティなのです。

カーニバルミラクルのジムは結構すいている


ぽっちゃりな私が、私ってモデル並みの体系じゃない?と勘違いしそうになるくらい、巨体の人だらけなのです。飛行機の座席に到底納まらない人でも、船なら楽に旅行できるし、しかも食べ放題だし、ということで乗船定員より重量大丈夫かと心配になるほどです。東洋人乗客が稀というのと同じくらい、標準体系は稀です。

9Fはプールとビュッフェレストラン、その下4~8Fは客室が占めています。そうそうこの船には他の船ではあまり見ない設備がありました。

自分の部屋の近く船首のいかにもスタッフ以外立ち入り禁止ってエリアにゲスト用ランドリーがあるんです。セルフサービスで、コイン式、25セントコインのみなので、使いたい人は用意して行く必要があります。洗剤とかも自販機で売っています。ただし日本のボタン一つで自動ってのと違うので使いにくそうです。

ゲスト用ランドリーコーナー


客室を飛ばして4Fまで降りたら船首にメインショーラウンジがあります。2~4F部分を占めていて、ラウンジの2階席の方がショーを見やすそうです。ほぼ毎日何かしらのショーやイベントをやっています。もちろん無料です。内容と感想はおいおい紹介します。

カーニバルミラクルのメインシアター


その他にもラウンジやバーが10くらいあります。飲み物は別料金です。バーが営業していない時間はグループのミーティングスペースとして使われたり、単に休憩所といった感じで使われます。店、という感覚ではなく、スペースといった方がいいかも知れません。

カーニバルミラクルのラウンジバー


2F中央、ショーが終わった後の導線を狙った位置にあるのがカジノです。停泊中はカジノはクローズ、夜は繁盛しています。クレーンゲームやコイン落としのようなゲームセンターにある単純なゲームもあります。

カーニバル・ミラクルのカジノ


2Fには他にゲストサービス(ホテルのフロントにあたる)、メインロビー、ツアーデスク(寄港地観光ツアー受付)などがあり、2F、3Fの後方はメインダイニングになるので、3Fへ上がります。3Fで一番興味があるのは売店です。免税品の他にクルーズ船のロゴグッズ、お菓子に服までもろもろの物が売っています。

カーニバル・ミラクルのショップ


このエリアはアラスカクルーズならではのコーナー。アラスカのお土産や防寒着や双眼鏡といった航路ならではの品が売っていますが、なんと初日からほぼ全てがセール価格、50%OFFのものもたくさんあります。そう、この航路での最終クルーズだから次の航路へ行く前に売り切りたいのです。

カーニバル・ミラクルの売店お土産品コーナー


3Fを船首方面へ進むと小さなチャペルを発見しました。あまり使われている形跡がありません。船上結婚式をやるならやっぱりカリブかヨーロッパの方がいいでしょうし、思い出に残すにはこの船はカジュアルすぎるかも知れません。

カーニバル・ミラクルのチャペル


チャペルの隣はライブラリーですが、今やインターネットカフェといった方がいいかも知れません。船内はWi-Fiでインターネットアクセスできますが、電波はこのインターネットカフェが安定しています。1分75セント(45分で29ドルから480分で159ドルまでプランあり)、
ただし衛星経由なので、とても遅いのでコスパを考えるとまったくオススメできません。

カーニバル・ミラクルのライブラリー&ネットカフェ


一通り探検して部屋へ戻り一息ついた15:15頃、やっとスーツケースが部屋に届きました。部屋のお掃除を担当する人も挨拶に来て、この後の避難訓練だけど、ライフジャケットは持たないで行っていいからと教えてくれました(部屋の案内には持って行けと書いてある)。

15:30 避難訓練が始まります。合図の放送で部屋を出たら3Fまで下りて、デッキに並ばされます。6列にずらっとゲストが並び、ヘッドカウントだけすると、放送で一斉訓練です。ライフベストのつけ方など・・・。日陰はかなり寒かったです。

カーニバル・ミラクルの避難訓練


避難訓練が終わると、ギャングウェイが外されいよいよ出航です。部屋に戻って上着を着てから、出港シーンの撮影に上階のデッキへと向かいます。結局、自分の部屋にバルコニーがあっても視界が最大180度なので、やっぱりここぞという時は皆デッキに出るわけで、それ以外の時に海を見ながらのんびりくつろぎたい、というニーズがなければバルコニーはなくてもいいのかも知れません。

カーニバル・ミラクルのシアトル出航


16:00 シアトルを出港し8泊9日のクルーズへと出発です。今回シアトルは全く観光できませんでしたが、海から見る街並みはなかなか壮観です。どんよりだった天気は素晴らしい天気に変わり、爽やかな風を浴びながらのすがすがしい出航となりました。

シアトル港から見たシアトルの街の全景


街を見ながら、右の方を見るとちょっとだけ富士山に似た山が蜃気楼のように浮いて見えます。マウント・レーニアです。4392mあるため、上部は雲の上、雄大な姿はこれから行くアラスカへの大自然をも期待させるものです。

シアトルの街の背後にそびえるマウント・レーニア


シアトルの街の全景や、レーニア山、ヨットハーバーなどの景色をしばしデッキで楽しみます。段々とシアトルの街が遠ざかると周辺には一艇のヨットしか目に入らなくなりました。早々に人里離れた景色に囲まれ、何も考えられない時間が過ぎ去ります。

アラスカクルーズへ出発


次回はカーニバル・ミラクルの食事をレポートの予定です♪
(インドのデリーからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR