モロッコ・ラバト

今回から1月に行ったモロッコ・トルコの旅レポートスタートです。阪急交通社のツアー「まるごとトルコ・モロッコ大周遊16日間」に同い年の旅ともさんとの参加です。旅費は燃油込198,000円とかなりお得なツアーでした。21PAX。

2014/01/14 (1日目)

22:00 TK-0053便にて成田からイスタンブールへ向かいます。この便、毎回30分繰り上げで出発です。この時間空港のお店はほとんど閉まっています。モロッコもトルコも両替は現地空港でするのがオススメ、それも日本円から両替ができるので心配ありませんが、保険を空港でかけようと思って来てももう開いてないので要注意です。

2014/01/15 (2日目)

03:15 予定より1時間も早くイスタンブールに到着。TK-53を利用すると早朝について、乗継便を待つ間に寝てしまったりゲートや時間間違えたりして乗り遅れる人が後を絶たないのですが、この日も1組ゲートに現れない方たちがいました。初日でまだ添乗員も顔を覚えていないし、広い空港なので探すのは至難の業です。どうにかゲートクローズ寸前に添乗員が見つけた客を連れて現れ、ほっとしました。

9:50 TK-0617にて、カサブランカへ。
機内で、入国書類書けましたか~と添乗員が回ってきました。目の前に示された彼の入国書類、あ、同じ年だ、と変なことに気付いてしまいました。見慣れた4桁の数字は認知しやすいものです。

13:00 カサブランカ・ムハンマド5世空港に到着。入国では何も聞かれず、いつも通り最後のページに識別番号付きのスタンプが押されます。バゲージクレームへ下りまずは両替、今回は前回の残りもあり滞在も少ないので私は5000円のみ両替しました。8~10日間くらいのツアーでは1万円がオススメです。1ディルハム=約13円。

カサブランカ・ムハンマド5世空港


さて、荷物もピックアップし、いつも通り最後尾を歩いて、バスへと向かいます。
スーツケースをドライバーに預けようとバスに近づくとびっくり。そこには確かに見覚えのある知った顔がいました。

今回でモロッコ3回目で、前の2回とも偶然同じ現地ガイドさんだったのですが、今回はランド(現地手配会社)が前回までと違ったのでまさかそのガイドと再会するとは思ってもいなかったのです。そのガイド、ヒシャムさんがそこにいました。

「ヒシャムさん!3年ぶりです。まさかまた会えるなんて!」と声をかけたら彼もとても驚いていたようです。さすがに過去に2度会った客のことは覚えていたようです。後で添乗員に、彼女マラケシュで自転車に轢かれたんだよ、と言ったとか。余計なことまで覚えてたのですね・・・。

ちなみに日本からのモロッコツアーは最近人気で、それに対応するガイドは山のようにいます。だから3度行って、3度とも同じガイドに当たるのはすごいことです。もっともヒシャムさんのような日本語ガイドは恐らく1桁しかいないので、日本語ガイド同行というツアーならそれほどでもないのかも知れません。彼は事業も始めたそうです。ホームページ http://www.sps-morocco.jp

14:00 カサブランカの空港を出発し、ラバトへと向かいます。1時間半ほどでラバトに入ります。ラバトは首都ですが、私は今回が初めての訪問なのでとても楽しみです。
ラバトに入るとさすが政治の中心地、かわいいモロッコ国旗があちこちの建物の上にびっしりとひらめいています。

ラバト


ラバトは紀元前8世紀フェニキア人の作った町が起源と言われています。ラバトとは城壁都市という意味だけあって、城壁があちこちに見られます。余談ですが、前回の記事で紹介したパレスチナのベツレヘムと姉妹都市です。

ラバトの城壁


15:40 ムハンマド5世の霊廟に到着です。ムハンマド5世は、フランスからの独立を勝ち取った英雄的国王で、現国王の祖父にあたる方です。白に緑の屋根の霊廟はラバト市内の高台にあり、入口の両サイドを騎馬兵が守っています。

ムハンマド5世廟


内部は、インドから取り寄せたマホガ二ーが使われ、とにかく装飾が見事です。下階の中央にあるのが、ムハンマド5世のの棺です。

ムハンマド5世廟内部


ムハンマド5世廟は、壁から天井まで、とにかく美しいタイル細工や彫刻、ステンドグラスなど、細かい模様でぎっしりと埋まっています。豪華というより、繊細な気品ある美しさを感じます。

ムハンマド5世廟内部の繊細な装飾


そして、ムハンマド5世廟の正面には、モスクの遺跡が広がり、その奥にハッサンの塔が建っています。ずらっと並んでいるのはモスクの支柱跡です。この日はモロッコの祝日で、子供含め大勢の人でにぎわっています。

モスクの遺跡とハッサンの塔


ハッサンの塔は、幅16m、高さ44mの未完の塔。12世紀に世界最大級のミナレットとして建設されましたが、建築家マンスールが亡くなった為、半分の高さまでで放棄されてしまったようです。現在修復中のため、上ることも近くで見ることもできません。

ハッサンの塔


16:15 再びバスに乗りウダイヤのカスバまで移動します。ブーレグレグ川という川沿いを走りますが、この川の向こうはサレという町です。今は近くに立派な橋がありますが、昔は小さなボートで行き来をしたようですね。

ブーレグレグ川とサレの町


16:25 ウダイヤのカスバに到着です。いやー、ちょっとこれはテンションあがります。
ウダイヤはベルベル人の部族の名前で、12世紀の城壁を利用した17世紀の城塞です。ブーレグレグ川の河口、大西洋への出口の所に作らています。

ウダイヤのカスバ


中に入ると、スペイン・アンダルシア風の庭が広がっています。庭園からカフェに出て、ごちゃごちゃとした路地を散策します。白い家並みが続き、下半分水色に塗られている独特な村です。

ウダイヤの村


この雰囲気はチュニジアのシディ・ブ・サイドにちょっと似ています。ラバトは、チュニスとも姉妹都市なんだそうです。

ウダイヤの町並み


あちこちで猫が座っていますが、極めつけはこれ。軒先の鉢の中にすっぽり納まる猫ちゃん2匹。ぐっすりお休みのようでとてもかわいいです。

ウダイヤの猫たち


住宅街を抜け、上がってくると多少お店などもあります。お土産っぽいものを売るお店は希少で、キオスクみたいなものが多かったです。カスバの中、あまり観光化していないのがとても気に入りました。

ウダイヤの商店


最後は高台の海辺の上に出てきました。ラバトは首都なので、もっと都会な所かと思っていましたが、すごくモロッコらしい素敵な所でした。次くるときも是非立ち寄りたいです。

ウダイヤのカスバ


次回はラバト~メクネスをレポートします♪

モロッコ・ラバト~メクネス

2014/01/15 (2日目) 続き

16:45 ウダイヤのカスバからバスに乗りホテルへと向かいます。もうちょっと観光したいと名残惜しくも思いますが、深夜便で現地に入りそのまま観光というのはやはり疲れが来ます。大西洋側を少し走ります。海沿いには大規模な墓地が広がっています。イスラムは土葬だと、この先はどうなってしまうのでしょうと余計な心配をします。

ラバトのイスラム墓地


17:00 ラバトのホテル、ヤスミンに到着です。ラバトは首都なのでもっと高級なホテルもあるんでしょうが、安いツアーなのでこんなもんでしょう。見た目で今晩何が起きそうか想像がつきます。

ラバトのホテルヤスミン


部屋はこじんまり。バスタブあり、アメニティは石鹸のみ。ドライヤーなし。お湯は茶色に染色したかと思いきや予想通りすぐ水になりました。コンセントがなく、TVや冷蔵庫のもの抜いて使用しました。Wi-Fiは無料(パスワードはフロントで)が救いです。

ヤスミンの部屋


ホテルの立地はまずまずです。窓からは正面にウダイヤのカスバが見えました。歩ける距離とはいえなさそうです。でも、ホテルから徒歩5分の所に小さめのスーパーマーケット(カルフール)があります。

ヤスミンから見るウダイヤのカスバ方面


17:30 早速スーパー(カルフール)へ出かけます。お目当てはモロッコワインです。モロッコのワインはフランスの高級ワインなみの質で、とても気に入っていて必ず買って帰ると決めていました。この先、ホテルの側にスーパーはなかなかないと知っているので、初日ですがもう買ってしまいます。

通常、アルコールは売り場が分かれていることが多いので、入口で売り場を聞くと、地階で入口は出て右だよと教えてくれました。以前持って帰って気に入っていたVOLUBILIAというワインなどを購入しました。クレジットカード払いです。

19:30 ホテルで食事の後、部屋へ戻るととにかく寒い・・・。どうも暖房がない、または壊れているらしく、すごく軽い卓上電気ヒーターがひとつおいてありました。

シャワー浴びようとすると、シャワーに変換するつまみが壊れていて、がっくり来ます。今更部屋交換とか修理は面倒なので、こんな時のために持ってきた洗面器が重宝します。もっとも、お湯は茶色く濁ったかと思えばでやはりすぐ出なくなりました。これは想定内の出来事なので、持ってる湯沸しでお湯を沸かしてためて使いました。

とにかくモロッコではお湯が出ないことはよくあるので、ぬるいくらいなら我慢し、出なければ沸かすくらいの気合が必要なのです。それから、モロッコの水はとにかく石鹸類の泡立ちが悪いし、そもそもシャンプーリンスがついていないことも多いので日本から持って行くことをオススメします。

2014/01/16 (3日目)

7:45 ホテルを出発し、一路メクネスへと向かいます。
車窓風景は緑が多く和みます。そして、何これ、というくらいはっきりとあちこちで霧がかかっていました。

ラバトからメクネスへの道


9:50 一度休憩を挟み、メクネスの中心、エディム広場へ到着です。17~18世紀のアラウィー朝時代に首都だった古都で街全体が世界遺産に登録されています。

メクネスのエディム広場


広場の脇には北アフリカで最も美しいと言われるマンスール門があります。私は何度見ても、そんなに美しくないと思ってしまいますが、美しいという言葉に期待するものが違うからなのでしょう。ちなみに白い柱は近くのローマ遺跡ヴォルビリスから持ってきたものだそうです。

メクネスのマンスール門


マンスール門の見学が終わったら再びバスに乗り、ムーレイ・イスマイル廟へと向かいます。地図上は近いのですが、車だと城壁を避けるように回り道になります。

メクネスの町


ここは町の城壁と王宮の城壁に挟まれた風の道と呼ばれる道です。1kmくらいあるでしょうか。とても長いです。城壁の穴は足場に使われたり、分厚い城壁の風や雨を通すためにあるそうです。

風の道


10:10 ムーレイ・イスマイル廟に到着です。フランス国王ルイ14世と同じ時代、17~18世紀に生きたアラウィー朝の王だったムーレイ・イスマイルの廟で、この人、とにかく子供の数が多いことで知られています。何百人の奥さんに1000人とかの子供がいたとか。

ムーレイ・イスマイル廟入口


非イスラムも見学ができるので、メクネスへ寄る日本からのツアーは必ず立ち寄るスポットです。中に入るといくつかの部屋や中庭が続きます。三度目の再会となった現地ガイドヒシャムさんがイスラムのお墓の話をしてくれました。うっかり踏んでしまいそうですが、絶対お墓の上に立ってはダメです。右を下に横向き、メッカの方向を向け、地下1.5mくらいの所に埋葬(土葬)されているそうです。彼の日本語はもう完璧です。

ムーレイ・イスマイル廟でイスラムのお墓の説明をする日本語ガイドヒシャムさん


一番奥が元裁判所を利用して作られたムーレイ・イスマイルの廟です。ここは靴を脱いで上がります。中央に水盤、床に美しいタイル、壁や天井には彫刻と、素晴らしい芸術です。昨日見たムハンマド5世の霊廟といい勝負で、この美しさは何ともいえません。

ムーレイ・イスマイル廟の前室


その隣、奥の部屋に家族とともにムーレイ・イスマイルは眠っています。左から2番目の少し大きめのものが彼のものです。ここは入場できないので、2つしか見えないですが、4つの時計が部屋の隅にあります。ルイ14世から贈られたものだそうです。

ムーレイ・イスマイル廟とルイ14世の時計


10:25 ムーレイ・イスマイル廟を出てバスに乗ります。この廟の横の門のすぐ先には、マンスール門があります。メクネスに来るのも3度目になりますが、いつもマンスール門とこの廟だけしか見ないので、見所の少ない町と思ってしまうのですが、本当は他にも見るべきものがありそうです。ツアーだと、毎回同じような所しか見れないのはちょっと残念ですね。

メクネスの門


次は先ほどのマンスール門の柱が持ってこられたというヴォルビリス遺跡へと向かいます。ここは初めての訪問なので楽しみです。また長閑な風景が続きます。1月に緑の景色を眺められるのは何とも気持がいいものです。

メクネスからヴォルビリス遺跡までの道の車窓風景


次回はヴォウビリス遺跡をレポートの予定です♪

モロッコ・ヴォルビリス遺跡

2014/01/16 (3日目) 続き

11:05 メクネスからバスで40分、なだらかな丘陵地帯の山のひとつにびっしりと白い家がはりついているムーレイ・イドリスという町を通過します。8世紀、イスラムの預言者ムハンマドの娘ファティマの血を引いたムーレイ・イドリスが興したイドリス王朝の首都だった場所です。そう聞くと、素通りがもったいないように思えます。

ムーレイ・イドリス


11:10 そのムーレイ・イドリスから程近いヴォルビリス遺跡にやってきました。入り口には、トイレ(1DH)と建設中の博物館があります。ヴォルビリス遺跡からの発掘品はほとんどラバトの博物館にあるそうですが、ここができたら展示品を戻す予定だそうです。

ヴォルビリス遺跡入り口


入口から遺跡があるところまでは、ならだかな上りの道を上ります。オリーブの木や変わった草花などが見られます。

ヴォルビリス遺跡への道


現在のモロッコは独特のゆるいイスラム文化が国を覆っていますが、ここは珍しく異文化の遺跡、地中海沿岸でよく見られるようなローマ遺跡です。ローマの遺跡はあちこちで素晴らしいものを見てきたので、ここはそんなに期待していませんでしたが、思っていたよりも保存状態がかなり良さそうです。「町」を丸ごと感じる遺跡です。

ヴォルビリス遺跡


何より興味深いのは床に残るモザイクです。それぞれに違う模様やモチーフがとても素敵です。立派なモザイクはこの町が豊かに繁栄していた証でしょう。

ヴォルビリス遺跡のモザイク


こちらは海をモチーフにしたモザイクです。なかなかおしゃれなデザインじゃないですか。

ヴォルビリス遺跡のモザイク


いくつかのモザイクを見ながら進みます。この遺跡の中は見学路、みたいのはないようで、適当に歩き回る感じです。こちらはガリエヌス帝の浴場跡です。

ガリエヌス帝の浴場


遺跡は思っていたよりも広く、そして、来る時通ったムーレイ・イドリスが最寄の町らしく、周囲は広大な緑が広がります。

緑の草原の中にあるヴォルビリス遺跡


こちらは、オリーブの製油所です。この絞り機は、これまで見たものの中でもかなり大きなものでした。この町の重要な産業のひとつだったようです。

オリーブの搾り器


さて、町の中心部に近付いてきました。キャピトル、バジリカ聖堂、フォーラムが隣接しています。柱の上にはコウノトリが住んでいたりもします。

ヴォルビリス遺跡のバジリカ周辺


大きな建物が中心にあり、周囲には住宅跡が広がります。人が去ってかなりの時間がたつそこには、なぜかぽつんとロバが草を食んでいました。いったい飼い主は誰なんだろう・・・。

遺跡のロバ


こちらは、泉、洗濯場として使われていたようです。この町はちょこっと高台なので、水はローマの技術で引かれていたのでしょう。

ヴォルビリス遺跡の泉


そして、遺跡の中央付近には、ひときわ立派な建造物、カラカラ帝の凱旋門があります。
こうしたローマ遺跡がモロッコにあるというのが地理的には当然なのに、何だか不思議な感じさえします。

カラカラ帝の凱旋門


凱旋門から先には大通り、デクマヌス・マクシムス通りがずっと遠くまで伸びています。この通りの下には下水が通っていたそうです。今回はツアーなので、あまり奥には行きませんが、この先にも見事なモザイクの残る邸宅など見所がたくさんあるようです。

デクマヌス・マクシムス通り


いくつかの家のモザイクなどを見て、当時の豊かな暮らしぶりに思いを馳せます。酒を飲んだ後の吐く場所まで残っている家もありました。こちらの邸宅では、水風呂を見学。私たちのツアーには日本語ガイドヒシャムさんがついているので、ほとんど仕事のない遺跡ガイドはマネキン役です。

ヴォルビリス遺跡の邸宅の水風呂


暑くも寒くもなく、緑が多い中の気持ちのいい遺跡見学でした。
12:05 フェズは向けて出発です。この辺り、気候がいいのかアーモンドの花が咲き始めていました。

次回はフェズをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR