台湾・台中

今回から、7月に行った台湾の旅レポートスタートです。阪急交通社の65周年記念商品「まる特台湾10都市周遊5日間」2名で6万5千円(燃油サーチャージ等別)、現地係員対応ツアー利用です。

2013/07/26 (1日目)

15:50 CX-451成田発台北桃園行きで出発、1時間の時差の台湾には18:20到着しました。空港で現地係員とミート、31PAXでした。他社便を利用したと思われるPAXは別バスにしているらしく、格安ツアーとしてはまずまずの人数です。覚悟はしていましたが、空港を出ると蒸し暑さに迎えられました。

まずは両替情報。成田空港での両替レートは3.82、台北空港では3.37、現地係員が用意していた1万円パックは2800元だったので3.57、でした。台北空港で両替するのがいいという結論ですが、ツアーの場合は2人で1万円あれば十分ということと、空港で両替の時間はわざわざ取ってくれないので係員の用意したものを利用するのでOK、日本で両替準備する必要はないということです。

19:30 空港すぐ横にあるホテルでまずは夕食です。台湾料理は味付け加減が日本人には合っているので食事に困ることはないでしょう。面白いのは、ツアーでは3テーブルを使うので、ツアー中は毎回同じ面子でテーブルを囲んでくださいとテーブルを指定されたことです。なるほど、こうしておけばテーブルの割り振りでモタモタする必要はないわけですね。

台湾料理


こちらはデザート。マンゴーです。マンゴーと言えば、オレンジのやつしか頭に浮かばなかったので、ちょっとびっくり。瓜系の味がするのかなと思いきや、甘酸っぱくてとてもおいしかったです。氷のシャリシャリとマンゴーのシャキシャキの食感も絶妙です。

マンゴー


22:50 台中のホテル、富王大飯店に到着です。古い建物で、シリンダーキーだったので期待していませんでしたが、内装はリフォームしたのか、とてもきれいでした。スリッパ、ドライヤー、バスタブ、冷蔵庫、湯沸しポット、水ボトル2本あり。Wi-Fiは無料でパスワードはフロントにて。コンセントが部屋に1個しかないのが難点でした。

台中の富王大飯店の部屋


2013/07/27 (2日目)

6:30 ホテルの朝食は割りと種類がありました。日本からの団体だけで数団体入っているようで、とても海外旅行に来ているという実感が持てませんでした。

台中の富王大飯店の朝食


7:40 ホテルを出発し、台中観光へ向かいます。と言っても観光は1箇所だけですが・・・。
夕べの天気予報によれば降水確率70-90%とのことでしたが、うんざりするくらいのいい天気。8:05 宝覚寺に到着です。本堂の建物に更に建物が被さっています。酸性雨から守るためなのだそうです。

宝覚寺の本堂


こちらが、本堂。台湾では仏も神様も参拝の仕方は同じなのだそうです。お線香がない場合は、名前、生年月日、住所、そして願い事をいって、三礼。郷に入っては郷に従えで、旅の安全をお願いします。

宝覚寺の本堂


本堂の中はこんな感じ。2重の建物で守られている割には、どこにでもありそうなといっては失礼かも知れないけど、そんな規模のお寺です。

宝覚寺の本堂の中


もっともこの宝覚寺が観光スポットとして人気なのは、寺の本堂よりもこちら、大きなかわいらしい布袋大仏のお陰のようです。中は民族博物館になっているそうですが、9時からなのでまだやっていませんでした。黄金色の大きな大仏は、愛嬌ある姿で気に入りました。常に笑っていると幸せがついてくる、思わず笑顔を呼ぶ大仏です。

宝覚寺の黄金の大仏


大仏の少し手前には、小さめの石の布袋大仏もいます。ポーズは違いますが、同じように愛嬌があります。頭をなでるとボケ防止、お腹なでるとお金貯まるなどといわれているので、そこら中撫で回してきました。

宝覚寺の願いを叶えてくれる石の布袋様


さらにこの宝覚寺には、第二次世界大戦前に亡くなった日本人の遺骨を集めて祀っている場所があります。本堂の左手にある、写真左の建物です。

戦前の日本人の遺骨も祀られている


その日本人の遺骨を祀っている建物の横には、第二次世界大戦に徴兵された台湾人の慰霊碑があります。彼らの遺骨自体は日本の靖国にあり、政治的にも台湾に戻すことがいまだできないため、せめて慰霊碑だけを建てたのだそうです。

帰れない台湾人徴兵の魂を慰霊する


8:30 早くも台中を発ち、次の目的地、彰化へと向かいます。本当は春水堂でタピオカミルクティーの予定だったのですが、傷みやすく、朝から飲めないだろうということで、夜に配りますと言うことになりました。台中は台湾でも第三の都市ですが、車窓からは大都市な風景はあまり見られませんでした。

台中の街


彰化に向け南下している途中、台湾新幹線を見かけました。日本の輸出品とも言えるものだから、いつか一度乗ってみたいものです。

台湾新幹線


次回は彰化をレポートします♪

台湾・彰化

2013/07/27 (2日目) 続き

9:15 台中からバスで45分、彰化に到着しました。この街でも観光は1箇所のみ、彰化大仏の見学となっています。八卦山という山の上にあり、周囲は公園などもあって、行楽地の様相です。バスを降りると、ものすごい蝉の大合唱と日光の矢に迎えられました。

彰化の八卦山大仏への入り口


駐車場から参道を上がると、まず九龍池という池というか噴水みたいなところに出ます。暑いせいか子どもたちが遊んでいます。

八卦山大仏前の九龍池


池の反対を見上げると、黒い彰化大仏(八卦山大仏)がこちらを見下ろしています。高さ22メートル、アジアで一番大きい大仏、らしいです。鉄筋コンクリート製だし、これが一番大きいのかな?と疑問の大きさです。むしろ両サイドを守る石獅子の大きさの方が立派に感じます。

八卦山大仏(彰化大仏)と石獅子


大仏前からは彰化の街が一望できます。想像していたよりもかなり大きな街です。卦山春暁と言うほどの展望スポットなのですね。

八卦山大仏から見る彰化の市街


さて、しばしのフリータイムとなったので、展示室になっているという大仏の中に入ります。無料。中は6層になっていて、階毎にお釈迦様の物語などを題材とした展示がされていて、クリスマスのクリッペのような感じです。残念ながらこの日は途中階までしか上がれないようになっていました。

八卦山大仏の内部


大仏の最上階からは景色がいいとガイドブックに書いてありましたが、上まで行けなかったし、途中階には窓がなく、なんとなく消化不良の気分です。そこで、大仏の後ろにある本堂のような建物へ行くことにしました。3階建てで各階に違った祭壇が設けられていますが、上の階ほど豪華です。

八卦山大仏裏の本殿


オススメは最上段、外側の回廊のようなところを一周してみます。彰化の街や山、周囲に立つ美しい塔など360度いろいろな景色が楽しめます。もともと山の上ですし、眺めはもちろん、暑いのに気分がすかっとする感じです。

八卦山の景色


ふと目を下にやると、周囲の庭園が目に入ります。池に渡されたジグザグの橋では鯉にえさをやっているように見えますが、この鯉のデカさが半端なかったのが印象的でした。人の腕より大きい鯉がいっぱいいました。

八卦山の庭園


一周して正面に戻ると、大仏の背中と彰化の街が視界いっぱいに広がります。それにしても雨の予報はどこへ・・・、夏には晴女は辞めたいくらいです。

八卦山大仏と彰化市街を一望


庭園とか塔とか見る時間はないので、駐車場へと戻り始めます。大仏と九龍池から参道にかけては屋台なんかも出ています。売っているものは日本とは全然違います。煮卵が多かったですが、何の卵なのか、ダチョウほどでないにしてもかなり大きなものまでいろいろ種類がありました。

八卦山大仏の参道付近の屋台


あと気になったのは、スルメの屋台。なんでこんな山の上でスルメ・・・?
スルメの屋台はたくさんあったので、産地なのか、よっぽど台湾の人たちがスルメが好きなのかすごく気になりました。

台湾のスルメの屋台


最後は参仏道を下りながら駐車場へ戻ります。参道の両側にはいろんな像がすらっと並んでいます。

八卦山の参仏道


こちらは夜叉身。うーん、夜叉というより妖怪みたい。

八卦山の参仏道の夜叉身


9:45 彰化を出て次の訪問地、日月潭へと向かいます。

次回は日月潭をレポートします♪

台湾・日月潭

2013/07/27 (2日目) 続き

11:05 彰化からバスで1時間20分、日月潭に到着です。標高727メートルにある周囲35キロもある湖。エメラルドグリーンの湖水、周囲には散策路があるようです。

日月潭の湖畔


ここでも観光は一ヶ所のみ、文武廟にやってきました。湖面よりかなり上の方にあります。道路沿いの屋台やお土産屋さんの数が観光客の多さを物語っています。

文武廟前の道路脇にはお店がいっぱい


修復中の門をくぐると最初の拝殿が幅の広い階段の上に堂々たる姿で立っています。この文武廟は、1999年の台湾大地震でかなり損壊し、近年建て直されたものが多いため、真新しく見えます。

文武廟拝殿


拝殿前の階段両脇には、巨大な赤い獅子の像が一対、高さ8メートルもあり、台湾で最大のものだそうです。階段上からは日月潭と周囲の山々が見え、素晴らしい景色です。

文武廟の赤獅子像と日月潭


拝殿の柱や壁などは龍の彫刻で覆われています。大きなものから小さなものまで、立体的で素晴らしいものです。手前アップに写っている部分は柱の彫刻です。

文武廟拝殿の龍の彫刻


文武廟は仏教、道教、儒教の神々が集められた寺院です。多くの日本人は、無宗教でどの宗教施設も時と場合に応じて訪れていたりしますが、集めちゃったという考えにはちょっとびっくりです。ここで、お線香について知識を得ました。お線香の長さは物によって違うけれど、1本が一刻(15分)で燃え尽きるようになっているのだそうです。

お供えものとお線香


文武廟は3つの殿から成っていて、斜面に次々と殿が重なるように建っています。最初の拝殿でフリータイムになったので、中殿、後殿と一番奥まで行ってから戻ってくることにしました。それにしても、天井などの彫刻があまりに見事で、帰りつつゆっくり見ようと思っているのに、ついつい足が止まってしまいます。

文武廟の天井彫刻


後殿の裏まで来ると、急斜面に階段と飾り壁が広がっていました。真ん中には許願池という噴水のついた小さな池もありますし、斜面いっぱいに素晴らしい彫刻が施されています。そこに階段があると上りたくなるのが人情、行けるところまで行ってみることにしました。

文武廟大成殿の裏


最上段まで上がってみると、まだ工事中でした。この周囲は公園になっているようですが、文武廟自身はまだまだ建築中といった感じです。大地震後、たくさんの寄付によって、多くは復興できているようですが、裏側の仕上げをしている段階のようです。

文武廟の一番奥は工事中


予定通り戻りながら見学することにしました。まずは、後殿にあたる大成殿の屋上にあがります。前の二つの殿や門などが重なって見え、その先に日月潭が広がる絶景ポイントです。1000メートル級の山々に囲まれた美しい湖と文武廟のオレンジの屋根のコントラストは見事としか言えません。

文武廟大成殿屋上の展望台から日月潭を望む


湖の色はエメラルドグリーンとブルーが混じったようなきれいな色です。1934年ダム湖になってから4倍の広さになったのだそうです。ちなみに日月潭とは、北側が太陽、南側が月の形に見えることから名がついたと言うのですが、実際の見た目も地図上の形も、ちょっと無理があるかと・・・私に言わせると四国を両手で左右から押しつぶしたような形です。

日月潭


遠くの山の上に塔が見えました。たぶん、慈恩塔という塔だと思います。今回はつまみ食いツアーなので、いろいろ行けないのは残念ですが、遠くから風景として見る塔というのも素敵ですね。

日月潭と慈恩塔


さて、大成殿の屋上から降りて、殿の中を見学しながら戻ります。中殿の武聖殿には、岳飛と関羽が、後殿の大成殿には孔子が祀られています。写真は孔子像です。参拝客は各自の願いなどに合わせて参拝しているようです。

大成殿に祀られた孔子像


絵馬のようなものの他に、このようなきれいな飾りものの願掛けも見られました。
ちょっとずつ風習は違うものの、日本と共通するようなものがたくさん見られます。

願掛け


台湾には14の原住民族がいるそうですが、この辺りには、最も少ないサオ族が住んでいたそうです。サオ族はわずかに700人しかいないそうです。原住民族はキリスト教徒が多いとのことで、台湾も宗教がいろいろ共存しているなと実感しました。

文武廟


11:40 日月潭を離れます。次来るときは泊まりで来たいな、と思う場所ですが、人気の観光地なので高級ホテルが多く、泊まると高くつきそうです。

次回は台南をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR