ベトナム・ハノイ~ハロン湾

今回から、5月に行ったベトナムの旅レポートスタートです。旅費は燃油チャージ、諸税込みで約6万5千円、阪急交通社の現地係員対応ツアー利用です(28PAX)。

2013/05/11 (1日目)

ベトナムは基本的に米ドルが使えるので、両替はせずに行きます。ツアーではまず両替は必要ないですが、どうしても現地通貨を持っていたいという人は日本で両替するよりはベトナムへ行ってからの方がレートがいいです。米ドルも1ドルや5ドル札を中心に用意するのがオススメです。

10:00 VN-311にてハノイへ。14:00ハノイ着。短い便だったし、食事のときにほんの少しワインを飲んだだけなのに、軽く頭が痛くなりました。ターンテーブルで荷物を待っている間にトイレへ行ったら、立とうと思った時、急にぐらーっと来て身動きが取れなくなりました。

14:55 JSGとミートして空港を後にします。バス車内では水のボトルを2本で1ドルで売ってくれます。基本的に、2万ドン=1ドル=100円の計算で、北部ベトナムでは米ドルがほぼ使えるので両替はすすめない、とのことでした。外の気温は33℃、ベトナムらしい長閑な風景です。お米は二期作で、ちょうどたわわに実っている感じでした。

ハノイ近くの車窓景色


ハノイ近辺には日本人が2万2千人も住んでいます。車といえばTOYOTA、バイクといえばHONDAという状態です。バイクにいたっては国民の半数くらいの台数があり、そのうち約70%がHONDAで人気があります。バイクは2人+16歳以下の子供2人まで乗れます。観光客という観点では、北ベトナムでは中国人や韓国人のほうが日本人より多いそうです。

ベトナムは人口が9200万人くらいで、毎年100万人くらい増えている日本と真逆の若年層が多い国です。最低賃金は月収でハノイで4万円、ホーチミンで5万円ほどですが、これだと生活はギリギリ。車窓から見る町の風景です。

ハノイ-ハロン間にある町


16:30 見覚えのあるお土産屋さんでトイレ休憩です。ツアーで利用する定番の休憩スポットのようです。お土産はコーヒーが10~25ドルと全体的にかかなりお高めで、ちょっと強引です。

ここで頭痛が悪化して、どうにも我慢ができなくなりました。今回から頭痛薬を変えてみてセデスを持っていたので、バスに乗ってすぐに飲みました。ですが、結局、しばらくして吐き気と戦うことになり、ついには足に痙攣が始まり、結局バスの中で胃を空にすることになりました。またしても旅の序盤からひどい状態です・・・。

18:45 ハロン湾のとあるホテルで夕食です。サラダ、海戦鍋(ラーメンつき)みたいな食事だけど、胃を空にしたばかりで手を付けられず、7Upをチビチビ飲みました。ハロン湾周辺では、ジュース類は2ドル、ビールは3ドルと値段がだいたい決まっています。

19:45 宿泊するサイゴンハロンに到着です。4つ星のホテルで、部屋は広く、サンダル、バスローブ、冷蔵庫、コーヒーセット+水ミニボトルなどがあります。Wi-Fiは無料ですが、社会主義国で一部のサイトは制限がかかっていてアクセスできません。

サイゴンハロンホテルの部屋


せっかく旅ともさん達と4人で大人の修学旅行みたいに楽しく来たのに、早く体調を戻すのが賢明と、再度薬を飲んで安静に過ごします。旅ともさん達は部屋飲みです。ちなみにホテルが国営なので、部屋の冷蔵庫の冷えた飲み物の値段が格安です。缶ビールは2万ドン、つまり1ドルです。

サイゴンハロンホテルの部屋のミニバー価格表


2013/05/12 (2日目)

早めに休んだ甲斐があって、かなり体調がよくなった気がします。
オーシャンビューの部屋で、カーテンを開けるとハロン湾の景色がいっぱいに広がっています。左手はホンガイ地区、どうやら天気はよさそうです。

サイゴンハロンの部屋のバルコニーからの眺め


右手はハロン湾のクルーズ船乗り場です。たくさんの船が結集しています。今日はハロン湾クルーズなので、あの中のどれかに乗るのでしょう。

サイゴンハロンのバルコニーから見た遊覧船乗り場


7:00 最上階14Fのレストランにて、朝食です(食券あり)。一面のハロン湾を見ながらの食事が楽しめます。広いレストランですが、それ以上に客が多く、席も食べ物も準備が追いつかない状態です。

サイゴンハロン最上階レストラン


オススメはエビのブン。やっぱりベトナムへ来たら朝は麺類です。さっぱりしていて癖になるさわやかな味ですね。すっかり食欲も戻り、クルーズにも耐えられそうで安心しました。

ベトナムの朝食のブン


食事を食べている間にいっそう晴れてきました。14Fのレストラン脇にあるテラスからの眺めです。ハロン湾というとなんとなく曇った印象しかないのですが、空が青くみえます。気持のいいクルーズになりそうです。

サイゴンハロンから見たホンガイ方面


7:50 ホテルを出発し、10分で遊覧船乗り場に到着です。今回は、ちょっと長めの6時間クルーズ、貸切です。

ハロン湾クルーズのクルーズ船


クルーズ船の内部です。窓は開閉するし、扇風機もついています。クルーズ船内のトイレはきれいです。飲み物は、ビール3ドル、ソフトドリンク2ドル、ベトナムワイン1本25ドルなどがいつでも頼めます。

ハロン湾クルーズのクルーズ船内部


船が出港して、港を出ると船の上へあがることができます。なかなか気持のいいスペースです。

クルーズ船の屋上


船が走っている間にも、様々な物売りが寄ってきます。ボートで寄せてきて、船の周辺のヘリに飛び乗ってきたりするので、窓際に貴重品を置くなどは厳禁ですね。果物とかあまり鮮度がよくないので、強引だったとしても買わないのが賢明です。

湾内の物売り船


まずは前回も行ったティエン・クン(天宮)鍾乳洞のある島をまっすぐ目指しているようです。

ハロン湾


次回はハロン湾クルーズの続きをレポートします♪

ベトナム・ハロン湾クルーズ(ティエン・クン洞)

2013/05/12 (2日目) 続き

8:45 天宮(ティエン・クン)鍾乳洞見学のために島に上陸です。ここは、ハロン湾クルーズのほとんどの船が寄るといっても過言ではない観光スポットです。急な階段の上り下りがあるので、足が悪い人などは船で待機になります(入り口と出口が違うので島では待てません)。

ハロン湾とクルーズ船


チケットをチェックしてもらったら、まずは鍾乳洞の入り口まで階段を上ります。一気に上るには辛い階段ですが、観光客も多いので、それなりに休みながら上れます。やっぱり外は暑いし、体調も万全ではないので、あまり無理しないようゆっくり最後をついていきます。

ティエン・クン洞入り口の階段


鍾乳洞に入ると、少しだけ涼しくなります。2年前にも来たばかりなので、その時と何も変わっておらず、相変わらず派手にカラフルにライトアップされています。写真だと規模感がわかりませんが、高さが30mほどもある大きな空間になっています。

ティエン・クン鍾乳洞の派手なライトアップ


現地ガイドが象とかイルカとか、無理やりそう見えなくもない部分などを説明してくれます。
自然の造形とはすごいもので、やっぱり派手なライトアップがない方が美しいなぁと私は感じます。

ティエン・クン鍾乳洞の美しい鍾乳石


見学路は一方通行になっていて、足元は歩きやすいです。ところどころに、ペンギンかイルカのゴミ箱が設置されていて、鍾乳洞内はきれいに保たれています。

鍾乳洞内のゴミ箱


こちらは1993年発見時の入り口です。光の指している島の内側から発見されたようです。

鍾乳洞が発見された入り口


このクルーズにはカメラマンが同行していて、ここぞというスポットでは写真を撮ってくれます。やたらめったら撮るのではなく、ここで一枚どうですか、と購入することを前提として撮るので、要らない人は最初から断れます。なお、写真は下船時に1枚2ドルで売っていましたが、大判ですごくいい写りで原価が高そうでした。この素人写真より出来栄えよく見えました。

ティエン・クン鍾乳洞の美しい鍾乳石


最後はおっぱい岩から階段をあがって鍾乳洞の出口に向かいます。出口付近からの写真です。
おっぱい見つかりました?

大きな鍾乳洞


鍾乳洞出たところからの眺めがまた素敵です。ハロン湾らしい風景です。クルーズ船が戻ってくるお客さんを待ってずらっと並んでいます。鍾乳洞見学は外の階段も含め約50分くらいです。それなりに体力消耗するので、水は持って歩くのが正解です。

ティアン・クン洞出口からの眺め


こちらは鍾乳洞があるあたりの山の概観です。展望台のようなものがあるところが鍾乳洞の出口、その右やや上が鍾乳洞の入り口にあたります。こうして見ると、よく見つけたなぁと思う山の中だったのですね。

ティエン・クン洞概観


9:35 鍾乳洞のある島を離れ、近くの水上村を通ります。2年前の時はここで魚屋さんに立ち寄りましたが今回は素通りです。水上村には、学校や店はもちろん銀行まであり電気もある村もあるのだそうです。

ハロン湾の水上村


しばらく翡翠色の海を進みます。このハロン湾は1500平方キロメートルに2000~3000もの島があり幻想的な風景を見せてくれます。1993年世界遺産に登録されています。遥か昔、龍の母子が降り立ち侵入者から救ったという降龍伝説が元になり、この海がハ(降)ロン(龍)と呼ばれるようになり、モンゴルの軍勢もここに誘い込まれ敗退したという歴史があります。

ハロン湾の景観


水上村の魚屋さんには寄りませんでしたが、今回は船で売りに来た魚屋さんが船上で商売します。大きなハマグリは5ドル、シャコは3つで10ドルと新鮮とはいえいいお値段です。後で昼食の時に船で調理してくれます。買わなくても、もともと海鮮尽くしの昼食が用意されています。

船上で海鮮販売会


一番有名な闘鶏岩までやってきました。日曜なのでクルーズ船がすごいいっぱい出ていて、順番待ちでやっと写真が撮れるという感じです。ハロン湾には日帰りクルーズ船だけで200、宿泊できるクルーズ船が150もあるそうです。闘鶏岩はまったく逆の見立てで、ラブ・アイランドとも呼ばれています。

闘鶏島ラブアイランド


前回はここで折り返しましたが、今回はロングクルーズなので、さらに奥へと進みます。
次回、ハロン湾クルーズの後半をレポートします♪

ベトナム・ハロン湾クルーズ(スンソット洞)

2013/05/12 (2日目) 続き

闘鶏岩から先はまたしばらくクルージングです。トイレに行きがてら、船の後部にある厨房を覗きます。思っていたよりずっと清潔そうです。昼食用の下ごしらえももう済んでいるようですね。

ハロン湾クルーズのクルーズ船厨房


こちらが船内のトイレです。2箇所あるし、古そうな小さな船の割りに、ホテルのトイレ並みにきれいでちょっとびっくりです。島のトイレを使うより安心して使えます。

ハロン湾クルーズのクルーズ船トイレ


ハロン湾のクルーズは波もないので揺れないし眠くなるほど快適です。景色はずっと同じような感じで、濁った翡翠色の海にぽこぽこと島がある独特の景色が続きます。船内で日本から持ってきた旅行パンフレットをいっぱいに広げ、旅ともさん達と次の候補をネタに盛り上がりながら楽しい時を過ごします。

ハロン湾の景色


11:05 ハロン湾の奥の方にある島に到着。ここで2つ目の鍾乳洞、ソンスット洞を見学します。別のチケットをもらい、ここでもチケットチェックを受けて入場します。

スンソット洞のある島


ティエン・クンよりもっと階段がきついということで、無理だと思っても引き返せないから自信のない人は1時間ほど待っていることになります。見上げると小さな人影が見える大きな穴が見えます。あの向こうに鍾乳洞があるようです。

スンソット洞の割れ目


きつい階段を上るとまずはこの眺めです。クルーズだと海面の目線でしか見れませんが、こうして山に上ると素敵な景色を見ることができます。

スンソット洞の入り口付近からのハロン湾の景色


このスンソット洞はサプライズという意味の名前の鍾乳洞です。ティエン・クンのような派手さはないですが、とにかく内部の空間が大きいので、その広さに驚いてついた名前のようです。一部、人一人がやっと通れる通路もあり、その時前を歩いていた中国人観光客に釘付けになりました。なんとピンヒールの靴を履いているんです。洞窟に来るのにピンヒールって・・・。

スンソット洞内部


順路は1本で一方通行ですが、奥の方は途中でショートカットでき、前の人たちがショートカットしたのを知らずに、奥までぐるっと周ってしまいました。お陰で倒れそうなくらいフラフラです。

スンソット洞


最後にきつい階段を上って外へ出ます。さきほどのピンヒールの女性は、ついに観念したのか裸足で靴をもって歩いていました。洞窟の外へ出ると、割れ目から後続の観光客が見えます。見分けられないほどの小ささで、洞窟の大きさ、上がってきた階段のきつさが思い返されます。

スンソット洞出口付近から内部を覗く


外へ出たあたりから、またきれいな景色が見えます。先ほどより、クルーズ船の数が増したようです。日曜でなければ奥のこのスンソット洞まで来るクルーズ船はそんなに多くはないようです。

スンソット洞出口からのハロン湾の眺め


クルーズ船の集まるところにはもれなく商売船も集まります。普通のスーパーで売っているようなパックされた商品を売るキオスクみたいな船もあれば、生ものを売る船までいろいろです。

商売船


11:45 洞窟観光を終えて、くたくたに疲れきった皆さんを乗せてクルーズ船は帰路に着きます。先ほど入った洞窟は右手の山の割れ目の部分でした。

スンソット洞窟のある島


11:50 一日分の運動をした気分ですっかりお腹が空いたところで、船内でLunchです。
もちろん海鮮料理。続々といろんな料理が運ばれてきます。ベトナムの味付けは薄めで日本人の口によく合うものが多く、どれもおいしく頂けました。

ハロン湾クルーズの海鮮料理


野菜と海鮮がほとんど、ヘルシーです。ベトナムといえばお米の国なので、ご飯ものもよく出ます。油を使っていても、食材がヘルシーなものが多いので、そういえばベトナム人にはあまり太った人はいませんね。

ベトナム料理はヘルシー


13:15 早めに帰港しました。ターミナルで撮った写真の販売があります。同行カメラマンが許可を得て撮った写真ばかり、写真も大きめでいい仕上がりで皆さん納得のようでした。1枚2ドルというのも良心的ですね。

次回はハロン湾バイチャイ散策をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR