ニカラグア・マナグア①

今回から、4月に行った中米5カ国の旅レポートスタートです。エコノミークラスですが旅費は燃油チャージ、税込みで約53万円、ユーラシア旅行社のツアー利用です(13PAX)。

2013/04/01 (1日目)

16:00発UA-0006便にて成田からヒューストン、5時間の乗継時間の後、UA-1421便にてニカラグアのマナグアに入ります。飛行機の搭乗記はこちら。

21:10 ようやくマナグア到着。イミグレの前に両替所がありましたが、米ドルがほぼ通用するとのことで両替せずに入国します。ユーラシア旅行社では出入国書類を全部用意してくれます。書類はいつもは自分で書きますが、今回のように出入国が多いときには便利です。入国はフレンドリーで、小額の税金だか手数料だかが必要らしいですが添乗員さんがまとめ払いです。

さて、いくら旅好きの私でも実はニカラグアという国のことはほとんど知りませんでした。場所はもちろん、この首都マナグアという名前もほぼ初耳です。第一印象は、夜だというのに蒸し暑い!なんだか東南アジアに来たようなそんな感じでした。

22:10 空港からバスで10分弱のホテル、カミノレアルに到着です。玄関先のオブジェ。ニカラグアのイメージが益々混沌としたものになります。

マナグアのホテル、カミノレアルの玄関先にあった石像


このホテルはリゾートホテルの雰囲気です。ムードのあるパティオやプールがあり、夜のライトアップはロマンチックな雰囲気です。夜着朝発なのでプールを利用する機会がないのが残念です。

カミノレアルの中庭とプール


敷地が広く、宿泊棟は平屋作り。部屋は思っていたより綺麗な感じでベッドはセミダブル。カードキー、冷蔵庫なし、バスタブなし、セキュリティBOX、アイロン、ドライヤー有り、Free Wi-Fi(id/pwなし)。アメニティは石鹸なども質が良かったです。チップの目安は一部屋1米ドルです。

カミノレアルの部屋


2013/04/02 (2日目)

7:00ぐらいに朝食を食べに行きます。到着したのが夜でよくわかりませんでしたが、ホテルの敷地は緑でいっぱいで、そこかしこから鳥のさえずりが聞こえます。乾期の終わりの時期ですっきり晴れていますが、やっぱり朝から暑いです。

カミノレアルの中庭


中米のホテルの朝食はどんな感じかなと、あまり期待はせずに行くと、まずどっさりの南国フルーツです。が、実はよく見ると子バエみたいのが結構たかっていて手をつけるのは止めました。

カミノレアルの朝食


それにしても品揃えが豊富です。内容はアメリカンではなく、中米風です。朝から肉類などもたくさん置いています。一番手前はバナナチップです。

カミノレアルの豊富な朝食


こちらは日程内容にわざわざ記載されていたニカラグア風ちまき、ナカタマルというものです。割と大きなサイズで、確かに見た目はちまきです。皿に取ろうとすると係りの人がちまきを開けてくれました。

ニカラグア風ちまきナカタマル外観


さらに解体したものがこちら。とうもろこしの粉末を練って、その中に米や肉、野菜などが混ぜ込んであります。大変残念ながら味、食感ともに口に合うものではありませんでした。ボソボソした食感に、穀類独特の変な味です。旅ともさんと2人でちょっとでも食べた感を見せるのに苦労しました。中米全域に似たようなものがあるそうです。

ニカラグア風ちまきナカタマル中身


こちらはトルティーヤ。目の前で器用に作ってくれ、焼きたてを食べられます。チーズを入れ込んだり、野菜を載せたりと好きな食べ方ができます。初日なので、いろいろちょっとずつ試しましたが、2日くらいで飽きて無難なものばかり手を出すことになるでしょう。

トルティーヤ


8:00 ホテルを出発し、マナグアの観光に向かいます。ニカラグアは中米の中でも貧しい国ですが、道路はきれいに整備されています。アメリカのスクールバスのお下がりを良く見かけます。そして地震国なので高層の建物がいっさいありません。

マナグアの道路


20分も走ると、マナグアの中心部へ入ってきました。といっても、拍子抜けするほど建物がありません。ここ40年に大地震や内戦などがあったということで、まだ荒廃したまま、という感じです。道端で物を売っている人もいますが、そんなに人通りがあるとは思えない場所です。

マナグアの中心部の街並み


道路だけは広く整備された状態、このあたりがちょうどマナグアの中心地ですが、なんだか建物がほとんどないです。右側に写っているのはシモン・ボリーバル像。わざわざ地図にも載っている有名な?銅像らしいですが、到底観光スポットとはいえない代物です。

マナグアの中心地とシモン・ボリーバル像


さて、この後バスは旧市街の中心であちこち迂回を余技なくされ、目的地である共和国広場に近づくことができません。なんでも大統領のプライベートな会議があるとかで、警備が出て道が閉鎖されているのです。人気のない首都。いったいどんな国なんだと段々興味が沸いてきます。

マナグアの中心部


待たされている間にバスでは興味深いお話を聞きます。ニカラグアは平均年齢がすごく若い国ですが、なんと男女比が1:5と言うのです。男性は内戦で死に、戦後は出稼ぎなどでコスタリカやマイアミに行ったまま戻ってこない人も多いだとか。それにしても1:5、本当だろうか・・・。

現地ガイドと添乗員さんが警備の人と交渉して、やっと共和国広場に入れることになりました。こちら今回の中米旅行で利用するバスです。思っていたより大型で快適です。そして、バスの向こうに見えるピンクの建物、マナグアで一番高いんじゃないかと思われる建物でした。

中米旅行の観光バスとマナグアの高層ビル


8:40 警備の女性の先導で公園を抜けて、共和国広場へ向かいます。素敵な雰囲気の公園です。

マナグアの共和国広場に隣接する公園


次回、マナグアの後半をレポートします♪

ニカラグア・マナグア②

2013/04/02 (2日目) 続き

8:45 マナグアの中心、共和国広場です。この日は立ち入りが規制されていて誰もいないためか、打ち捨てられた首都といった感じもします。広場は広く、周囲を重要な建物などが囲んでいます。あまり奥へ行こうとすると案内してくれた警備の人に注意され、何となく恐る恐るといった感じの中米初観光となりました。

マナグアの共和国広場


右手にあるのは国立宮殿。20世紀に長期独裁政権をとったソモサ大統領の宮殿、国会議事堂としても使用されていたそうです。1978年にサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)が国会議員を人質に政治犯の釈放を勝ち取ったというニカラグア革命の舞台になった場所です。

ニカラグア革命の舞台国立宮殿


広場正面にあるのはカテドラルです。といっても廃墟です。1972年の大地震によって被害を受けて以来放置の姿。車窓で横から見たときはいかにも廃墟でしたが、こうして見ると正面はほとんど残っています。裏側は少し透けて見えますが、崩壊の危険があるということで立ち入りはできません。塔の時計は地震の起きた時間で止まっています・・・。

廃墟となったカテドラル


広場の左手は、大統領官邸として建てられた建物。そういえば現在の日本の総理もそうですが、大統領は自宅に住んでいてこの建物には住んでないらしいです。

大統領官邸


そして、広場に入ってきた方向、カテドラルの反対側には慰霊碑が3つ?あります。誰のための慰霊碑だったかメモが残っていませんが、たぶん革命家などのものだったように思います。ガイドさんが説明を丁寧にしてくれるので、メモを取りきれません・・・。

慰霊碑


広場には巨大な国旗が掲揚されています。ニカラグアの国旗は、近隣の国のものと似た部分がありますが、スペインからの独立に際し中央アメリカ連邦を結成しようとしたのでそうなったようです。青は海、白は正義を表しているそうです。

ニカラグア国旗


9:00 マナグアは観光するような場所が少ないので、これで観光終わりとバスに戻ります。
バスで新市街へと向かいますが、地震が繰り返しあるので高い建物は数えるほど、大抵は平屋に近いものが多いです。大地震後整備されたのか、道路はきれいで、行き交う車も割りと新しいものが多く、本当に貧乏な国なのかと疑うほどです。首都といえど、空き地が多いのが意外でした。

ニカラグアの首都マナグア地震からの復興途上にある街


新市街の住宅街はこんな感じです。ガイドさん曰く、マナグアでは住所がちゃんとないそうです。通りの名前とか番地がないので、目印となるココナッツツリーとかで住所としているらしいです。もちろんメインとなる大通りには名前あるそうですが。

マナグア新市街


9:20 新市街には新しいカテドラルがあります。車窓で案内すると皆がんばって写真を撮りたがるので、予定にはありませんでしたが、下車観光させてくれることになりました。
1993年に建てられたカテドラル・メトロポリターナ、教会とは思えない斬新なデザインです。

マナグアの新市街にある新カテドラル


この半球体のものがのった屋根、工場か何かのようですよね。共和国広場にあったカテドラルの廃墟とは全く違うデザインで近代的っていってもこれは写真に収めたくなる建物です。

カテドラルのモダンな屋根


教会の前ではおばちゃんが屋台を開いています。ビゴロンという朝ごはん代わりいたいなもので、ビニールに入っているのは豚皮のチップスです。バナナの葉にユカイモ、豚皮、野菜、チリソースなどを盛ったもので値段は1ドル程度だそうです。さすがに試してみる勇気はありません。

庶民の朝食ビゴロン


9:40 トイレ休憩としてコーヒーショップに立ち寄ります。びっくりするくらいおしゃれなお店で、トイレも滅茶苦茶おしゃれで綺麗でした。ここで、ニカラグアのコーヒー豆をお土産に買います。454gのパックが8.5ドルでした(米ドル使えますがお釣は現地通貨になります)。

ニカラグア一おしゃれかもしれないコーヒーショップ


10:00 古都グラナダに向けてバスで移動です。15分も走ると車窓には荒涼とした風景が広がります。よく見ると黒い部分は溶岩です。このあたりはマサヤ火山国立公園です。地震だけじゃなく、火山もある、何だか日本と似ていて、自然環境的に過酷な国のようです。

マサヤ火山国立公園の溶岩の野原


マサヤ火山からは僅かに煙がのぼっているのが見えます。
中央やや右が火口です。

火口から煙をあげるマサヤ火山


次回はグラナダをレポートします♪

ニカラグア・グラナダ①

2013/04/02 (2日目) 続き

10:50 首都マナグアからバスで50分、スペイン人が最初につくった町グラナダに到着しました。メルセー教会の脇でバスを降り、徒歩にて観光へ向かいます。ガイドが教会の説明をしてくれている間、教会からおじいさんが出てきて、しきりにオープン、ウェルカムといって手招きをします。

グラナダのメルセー教会


この教会の塔は3階くらいの高さしかありませんが、ガイドブックにも町を一望できると書いてあったので上りたいと思っていました。日程表では入場マークになっていなかったので、通常無料の教会内に入るだけだと思っていたら、皆で塔に上りましょうと塔の入場料を払ってくれました。2ドルとかそんな金額だったと思いますが嬉しいサービスです。

塔の上はそんなにスペースがありません。今回のグループは13PAXですが、満員御礼という感じです。そして360度、グラナダの町を眺めることができます。この町はマナグアよりも栄えているという印象ですが、やはり高層の建物がまったくないので、この高さで素晴らしい景色が堪能できるわけです。

グラナダのメルセー教会の塔の上


古都グラナダは人口10万人の町。古い屋根が連なる街並みは、どこかキューバのトリニダーに似ています。飛び出た建物はカテドラル、その先に見えるのは、ニカラグア湖です。

メルセー教会の塔からニカラグア湖やカテドラルなどグラナダの町を一望


南方向はモンバッショ山を背景に古い町並みが広がっています。ニカラグアの中でも治安のいい町と言われていて、ほっとする空気が流れています。そろそろ行きましょうかとも言わず客が思う存分景色を楽しむのを待ってくれるのも、このユーラシア旅行社のツアーのいい所だと思いました。

メルセー教会の塔からの美しい眺め


塔から下りたら教会の中も見ます。とても素朴な感じです。今回のツアーでは写真が好きな方がたくさんいて時間をかけて写真を撮っているので、私もその間に写真はもちろんゆっくり見学ができるので助かります。

グラナダのメルセー教会内部


次はカテドラル方面に向けてコロニアルな町を散策します。コロニアルというよりも、とにかく色に溢れた町です。かつてのスペイン統治の町で似たような風景を目にしますが、その中でも色が若干濃いように思います。道は石畳ではなく舗装されています。

グラナダのカラフルな町並み


道沿いの店などを覗きながら歩きます。商店はこんな感じ。店先の人形はピニャータというもので、子供の誕生日などで使うものです。メキシコにもありますが、中米全域で楽しまれているようです(後日ピニャータについてはまたレポートします)。

商店とピニャータ


町の中心、コロン公園までやってきました。けっこう物売りはいるけども危険は感じません。
それにしてもかなり蒸し暑いです。さっそくこれだとこの先の旅が思いやられます。

グラナダの中心コロン公園


コロン公園の周りはコロニアル風の建物が多く、中でも立派なのが、奥の黄色い邸宅、ラム酒で儲けたペラス邸です。そして、コロン公園の周りには観光用のきれいな馬車がずらりと並んでいて、時が止まったような情緒ある風景です。

グラナダのコロン公園脇にあるペラス邸


道端や公園ではいろんなものを売っていますが、皆が興味を示しそうなフルーツやクッキーを買って皆に試しに配ったりと気の利いたサービスがあります。先ほどの教会の塔もそうですが、小額の自由にできる予算が与えられているのでしょうか。ツアーの決まりきったコースめぐりだけじゃない、臨機応変が感じられるのはユーラシア旅行社だからか添乗員かガイド固有のものなのか今はまだわかりません。

屋台のお菓子屋


次はコロン公園に面したカテドラルに入ります。1905年の建物でそう古いものではありません。もともとのカテドラルはアメリカから招かれ、後に大統領にまで就任し国を混乱させたウイリアム・ウォーカーによって焼かれてしまったそうです。

グラナダのカテドラル


中に入るとここもシンプル。ただ正面に配置されていたマリア像だけは、火事を逃れニカラグア湖で発見されたという歴史あるものだそうです。そんな話を聞いている間、外の暑さにやられ、椅子に座り込んでしまう有様でした。

グラナダのカテドラル内部


再び外へ出るとくらっと来ます。既に冷房の効いたバスが恋しくなっていますが、まだ徒歩観光は続きます。この大砲は旧スペイン軍のものだそうです。何でここに置いてあるかとか、もう朦朧として何も頭に入りませんでした。

文化会館前の大砲


こちらは昔の何かの門。地図を見ると今は文化会館の入り口として使われているようです。
あまりの暑さに意識を保つのがやっとで完全にペンが止まってしまいました。
大げさかも知れませんが、体感的には40℃近くあるように感じました・・・。

グラナダの古い門


次回はグラナダの後半をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR