フランス・マントンレモン祭り

今回から、2、3月に行った南西フランスとカーニバル8日間の旅レポートスタートです。ビジネスクラス・燃油サーチャージ込みで319,800円、阪急交通社利用です。

2013/02/25 (1日目)

10:25発LH-0711便にて成田からフランクフルト、フランクフルトで乗継、LH-1064便でニースへ入ります。フランクフルトまではビジネスクラスとは言え、体調不良でぐったりです。機内で薬を飲むとどうも普段以上に利き過ぎて、かえってひどいことになるので要注意です。

18:30 ニースに30分遅れで到着しましたが荷物が出るのが恐ろしく早く、18:55にはもう空港を出発していました。空港はニースの市街地に近いので、19:20 ホテルに到着です。

メルキュールセンターノートルダム。4つ星。ノートルダムの目の前にあり、場所がわかりやすく、中心地に徒歩圏内なので立地はいい方です。ここに2連泊します。冷蔵庫に水一本サービス。湯沸しポットとコーヒー紅茶セットあり。セーフティボックスあり。Wi-Fi無料(氏名メールアドレス入力あり)。

ニーズのホテル、メルキュールセンターノートルダムの部屋


さてこの旅は母と一緒なのですが、母が一人で海外旅行に行ける訓練をすることにしました。ですが、さっそく部屋の鍵が開けられません。いつも他のシニアの方がやっちゃっているのを見ていましたが添乗員の部屋を開けようとしていたのです。それも自分では気付けないんですよね。で、正解の部屋に行っても簡単なカードキーなのに開けられないし、次は電気がつけられない、そしてシャワーが出ない、と一通りやらかしてくれました。慣れの問題もあるかとは思いますが、どうやら一人参加は無理そうだな、と初日からため息です。

2013/02/26 (2日目)

時差ボケで目が覚めてしまったので、ガイドブックを見ながらフリータイムにはどこへ行きたいかと母に聞いたら、全然予習してないことが判明しました。行く前にあれほど予習しておけと言ったのに、と朝からブチ切れます。仕方ないので、ガイドブックの見方や計画の立て方などをレクチャーし、今日だけフリータイムの過ごし方の実例として案内してあげることにしました。

6:30から朝食が食べられますが、出発の1時間くらい前に食べに行きました。すると、かなり種類が豊富で、品質のいい朝食でした。最近はツアーでおいしい朝食にありつけることは少なくなったので嬉しい限りです。すっかり機嫌が直りました。

メルキュールセンターノートルダムの朝食レストラン


Lunchが付いていないので、マントンかニースのフリータイム中に食事をすることになりますが、いつどこで食べられるかわかりません。ですので、朝はしっかり頂きました。食事中に今日の天気はどうですかね、と同じグループの方に話しかけられました。どうやらまだ添乗員と区別がついていないみたいです・・・。

メルキュールセンターノートルダムの朝食


8:45 ホテルを出発し、高速道路でマントンへ向かいます。ホテルの斜めにあるノートルダムバジリカ聖堂がホテルの場所の目印です。

ニースのノートルダムバジリカ聖堂


9:45マントンのレモン祭りの会場であるビオヴェ庭園の真ん中でバスを降ります。本当は少し離れた駐車場に止めて歩かなければならないのですが、ドライバーが大丈夫って感じで止めちゃいました。すぐ横にあるツーリストインフォメーションでチケット手続きを待ちます。

マントンのレモン祭りのエキシビジョンは10:00からなので開場を待ちます。会場はフェンスで囲ってあります。団体用の9ユーロのチケット(通常10ユーロ)をもらって、それぞれレモン祭りを楽しむということで、11:20集合のフリータイムとなりました。

マントンピオヴォ庭園のレモン祭り会場


10:00きっかりに早速入場します。当たり前ですが、誰もいません。今年のテーマは「80日間世界一周」、フランス人作家が書いた同名の小説がテーマとなっているそう。内容はわかりませんが、最初はわかりやすく、ピラミッド、ですね。

2013年マントンレモン祭りのオブジェ、ピラミッド


次はインド、でしょうか。柑橘系の黄色オレンジ系だけなのがかえってオブジェがきれいに見える理由かもしれません。ほのかにいい香りが漂ってきます。

2013年マントンレモン祭りのオブジェ、像さんなど


脇にはお土産などを売る売店もあるのですが、まだ商売モードじゃなくて準備中という感じです。ジャムとかリキュールとかが多いです。

マントンレモン祭り会場内の売店


この辺りは漠然とアジアな雰囲気みたいです。

マントンレモン祭りのアジアンなオブジェ


半分まできたところで、歩道橋を渡ります。歩道橋の上からの眺めもいいです。昨年来た時はちょうど昼時で、会場はもちろん歩道橋自体にも人がたくさんいましたが、まるで貸し切り状態です。曜日や時間帯によってこんなに人の出が違うのかとちょっとびっくりしました。

マントンレモン祭りの会場真ん中にある歩道橋からの眺め


歩道橋の反対側にはイギリスっぽい展示が広がっています。ちょっと遠目に見るととてもきれいですね。

マントンレモン祭りで世界一周


近くで見るとこんな感じです。オレンジやレモンなどの柑橘類がゴムでひとつひとつオブジェに止められています。

マントンレモン祭りの柑橘類をとめて作ったオブジェ


こちらではちょうどメンテナンスをしている人たちに遭遇しました。果物を触ってチェックしながら痛んできたものは交換、と地道な作業です。使ったフルーツはジャムなどに加工するそうです。

マントンレモン祭りメンテナンス中


開場したばかりであまりに人がいなかったため、写真も撮り放題だし、10分で端まで来てしまいました。残り時間はまだ1時間以上もあるので旧市街に繰り出します。

次回はマントン旧市街をレポートします♪
(グアテマラシティからの更新でした)

フランス・マントン旧市街

2013/02/26 (2日目) 続き

早々にレモン祭りを抜け出し、旧市街へと向かいます。去年も来ているので地図は頭に入っていますから、立ち止まって道を確認することもないので効率よく時間が使えます。第一のチェックポイント市庁舎です。コクトーの結婚の間が有名ですが、今年も素通りです。

マントン市庁舎


昨年とは違う道も通ろうと、途中でGrenadierの階段を上がります。なんとも絵になる道ですが、単に少し遠回りしているに過ぎません。壁の色がオレンジ系なのがこの街に本当に合っています。白色苦業会礼拝堂のところに出ます。

マントン旧市街の坂道


サン・ミッシェル教会へ少し下ります。この教会はマントン旧市街の中心的存在です。17世紀モナコ大公が建てた教会で、周囲にある教会とは格の違いを感じます。

サン・ミッシェル教会


サン・ミッシェル教会前のモザイクはちょっと離れたところから見下ろすのが素敵です。海岸の石を使って描かれたモナコ公家の紋章です。

サン・ミッシェル教会前の小石でできたモザイクの広場


教会の内部も必見です。古い宗教画などは素人目に見ても見事なものが多いです。

サン・ミッシェル教会内部


さて、お楽しみの迷路のような旧市街散策に向かいます。私はこの旧市街がとても好きです。ツーリストインフォメーションで入手した地図には細かい道も載っていますが、中に入ったら迷路のような道で地図はあまりあてになりません。階段ばかりの坂道を郵便屋さんが鼻歌と共に郵便を届けて歩く姿が印象的でした。

マントン旧市街は徒歩で郵便を配る


迷路のようだというのは、あちこちに階段が伸びていて、それが道かどうか疑わしいようなものがたくさんあるのです。行き止まりの道はほとんどなく、すぐに民家の玄関が見えないところは全部道です。このすぐ先に玄関がありそうな階段も道なんです。

家の門構えに見える道


最初は不安気に道の先を覗きますが、ほら、ちゃんと向こうに繋がっています。このような家の間を通り抜けるようなトンネルの道がそこかしこにあって何だかワクワクします。

建物を空間的にぬうように作られたマントン旧市街の道


旧市街は斜面にあるので、どんなに道が迷路のようでも迷子になることはありません。上がるか下がるか、しかないのです。どの道を行っても、上へ行けば他の上へ行く道と繋がっているのですから、気の向くまま歩けるというのが何とも魅力です。

マントン旧市街


旧市街を上って行くと、展望台に辿り着きます。この旧市街を歩いている間、そこかしこで日本人に遭遇しました。スケッチをするツアーだそうで、皆それぞれ気に入った場所で絵を描いていました。そういう旅にぴったりの場所です。

マントン旧市街古城の墓地前にある展望台


展望台となっている公園からはマントンの旧港が見下ろせます。海の色がとても美しいです。そして、このマントンはイタリアとの国境にある街、海沿いの道の向こうにはイタリアがあります。

マントン旧市街の展望台から見るマントン旧港とコートダジュールの美しい海


振り返れば、上がってきた旧市街の町並みを上から見ることができます。オレンジの屋根がなんとも綺麗です。

マントン旧市街の展望台から旧市街を見る


さてせっかくなので、旧市街の一番上にある古城の墓地へも入らせて貰います。19世紀の名士達の立派なお墓が並んでいるのですが、何しろ一番景色のいい場所にあるので、この墓地からの眺めは見逃せないのです。山側の緑の中に所々黄色くなっているのはミモザの花です。日本で見るものより花の粒が大きくてとてもかわいい花です。

古城の墓地から山側の眺め


古城の墓地から見たマントン中心部です。全体がオレンジの屋根に見えます。マントンはフランス旅行でもあまり訪れるツアーが少ないですが、この旧市街は私のお気に入りで、オススメです。

古城の墓地から見るマントンの街


次回はマントンでのフリータイム後編をレポートします♪
(グアテマラのリオ・オンドからの更新でした)

フランス・マントン

2013/02/26 (2日目) 続き

さて、古城の墓地からのマントンの眺めを楽しんだらまた旧市街の迷宮へと踏み込みます。行きに通ってない道を選んで丘を下ります。どこに通じるかわからない道を好んで選び、探検気分を味わいます。

マントン旧市街の丘の道


このマントンの旧市街の丘の迷宮のいいところは、完全に住宅地ということです。観光客向けはおろか、お店というものが見当たりません。同じような素敵な町や村がフランスには結構多いですが、少なからずお土産屋などがあって観光地化しています。

マントン旧市街古城の墓地から下る道


そういった観光地化と無縁と思えるような現役の生活そのままで形成された町というのはなかなかないものです。普通の生活だけがそこにあります。それにしても脚力が必要な生活が伺えますね、すごい斜面に家々が作られています。

マントン旧市街斜面にへばりつく家々


それでいてこの楽しい迷路のような町ができている、というのが何ともたまらない魅力です。見通しのいい道というのがほとんどないのがいいです。

入り組んだ道は階段だらけというマントン旧市街


丘を下りきると、旧港沿いの車道の一本内側の道に出ます。この通りは広場まで延びている見通しの良い道ですが、びっしり並ぶ柑橘系のやわらかい色合いの建物がまた素敵な景観を作っています。この建物は平地に立っていますが、建物内の階段の急さは半端ないです。

マントン旧市街の風景


Cap広場に出ると、ここからレモン祭りの展示会場までの道には、レストランやお土産屋などもある通りとなり、人で賑わっています。ですが、ひねくれ者なので、広場の奥の建物の間の細い道へと足を運びます。

マントン旧市街の広場


旧港沿いの車道へ出ました。旧市街の丘もよく見えます。車道の脇には港沿いに歩道が整備されています。

マントン旧港沿いの道


こちらが旧港です。様々な船が係留されています。あまり大きな船はなく、小さなボートやそれほど大きくはないクルーザーがほとんどです。

マントン旧港


旧港の先には海に突き出るように砦のようなものがありますが、ジャン・コクトー美術館です。もう時間もないので、素通りです。

ジャン・コクトー美術館


海岸沿いを歩いていると、前からプチトランがやってきました。どうやらここが発着所らしく、今ツアーを終えた乗客たちが皆降りています。

マントンの海岸沿いを行くプチトラン


そこにあった案内板によると、マントンの見所を周ってくれて7ユーロ。ちょうど時間が合わないとこういったものを利用するのは難しいです。でも、ルートを見ると丘にあがっていくようには見えないので、やっぱりこの町は歩いて観光する方が良さそうです。

プチトランのルートや料金などの情報


太陽の散歩道をカジノを目指して戻ります。道沿いには素敵なレストランがテラス席を設置していて素敵なムードです。天気のいい日にはそれこそ溢れるばかりの太陽を浴びて食事ができるでしょう。

太陽の散歩道に作られたテラス席


ビオヴェ庭園の先にあるカジノに近づいてくると、レモン祭りのパレード用の観覧席が見えてきました。パレードをやる場所と曜日などは決まっていて毎日ではないので、ここでパレードを見るのは難しそうです。

太陽の散歩道に作られたレモン祭りパレード観覧席


集合場所のインフォメーションに戻り、隣の建物でトイレをお借りします。この建物では、レモン祭りに関連して、花を使った展示やお土産ものなども売っています。
11:20 集合し、バスに乗ります。駐車場まで行かず、ドライバーさんがまたビオヴェ庭園の真ん中に車をつけてくれました。バスが出発すると、マーケットが見えました。こういった場所で時間をつぶした人もいたようです。さすがマントン、売っているものは柑橘類が多いです。

マントンの広場で行われているマーケット


次回はニースをレポートします♪
(グアテマラのサンタエレナからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR