FC2ブログ

モロッコ・アトラス~エルフード

1/24 (3日目) 続き

アトラス山脈が近付くにつれ、雪がちらつき、道が混んできた。
これでもかというほどの観光バスが連なって渋滞している。もしや道路閉鎖?と思っていたら、大きな駐車場に行きあたった。

なんと、モロッコ中から雪を見に来るツアーが集まってきていたのだ。すごい数だ!雪といってもうっすら積って、ドロとまざったような状態なのに、そこに人が山ほどいて、何やら雪遊びを楽しんでいる。しかもものすごいハイテンションで・・・。

雪遊び


これらの人たちに手を振りながらやり過ごすと、前にも後ろにも車はいなくなった。
標高が上がるにつれ、急に雪が増えてきた。
いくら山脈を越えるとはいえ、モロッコで雪景色を見るとは予想外だった。

雪景色


最高地点で、バスは写真ストップ。この道をよく通るドライバーまで雪景色を撮影している。
モロッコではそんなに雪がめずらしいのか。
いずれにせよ、通行止めにならずにすんで良かったと思える状況だった・・・。

アトラス山脈最高地点


峠を越えた先に待っていたのは、荒涼とした土の砂漠、土漠だ。
午前中のフェズと、アトラスの雪山、そして土漠。
天気も気温も、同じ日に体験できるものとは到底思えない変わりようだ。

土漠


Lunchは、ミデルトのカスバ風のレストラン。カスバとは城砦。
だんだん南モロッコらしさが見えてくる。

カスバ風レストラン


Lunchの後は、バスは、ズイズ渓谷沿いの道をひた走る。

ズィズ渓谷


荒れた渓谷に、羊の群れ、水辺には緑のオアシス。なんとも言えない景色が通り過ぎる。

渓谷沿いオアシス


ところどころに打ち捨てられているのか、現役なのか区別のつかない日干しレンガでできた村。
まるで遺跡のようだ。

日干し煉瓦の村


途中、トイレ休憩の際にちょうどサンセット。
美しい夕日の風景に、遠くまで来たという実感がひしひしとこみ上げてきた。

サンセット


真っ暗になる頃、エルフードのHTL、SALAMへ到着。真ん中にプールがあるキレイなホテル。
通路が入り組んでいて、わかりにくい上、電源スイッチがすぐにわからずちょっと怖かった。

HOTEL SALAM


洗面台。良く見ると、これでもかというほどアンモナイトの入った大理石。
このあたりはアンモナイトがよく採れるらしい。

アンモナイト


明日は早朝起床でメルズーカ砂丘朝日観賞へ!

次回、早朝砂漠ツアーをレポートします♪

モロッコ・メルズーカ

1/25 (4日目)

早朝真っ暗な中、懐中電灯を片手に出発。4WDに分乗してメルズーカ砂丘へ。
配車に際し、一人参加の女性が気の合った人と一緒に乗れるよう誘ってくれた。
4WDで移動中、途中で星を見るためストップ。
あいにくちょっと曇っていて、そんなにクリアに星を見ることはできなかったが、それでも私の眼には、たくさんの星が映った。

途中から道がなくなり、4WDは方々に散って行ったように見えた。
道なき道を走り、砂丘の入り口まで行く。
ここからは、ラクダに乗るか徒歩かを選択。ラクダは300DH、事前に予約を募った際に躊躇なく「乗ります」って言った時、添乗員は意外という反応をした。砂丘を歩くのはとても大変なのを知っているので躊躇しなかったが、アクティブに歩きたい派かケチに見えたのだろうか・・・

楽だ


心の準備ができていないままラクダに乗れと促され、中でも大きなラクダに乗せられ、立ち上がる際は結構怖かった。担当のラクダ引きは、若いお兄さんで、英語をしゃべる。いいタイミングで写真をとってくれたり、いろいろ説明してくれて親切だった。
辺りに光がほとんどなく、ラクダがかなり揺れるので、写真はブレブレなのばかり。

月の砂漠を~♪


らくだに乗ること約30分。朝日を待つポイントにつくと、らくだ引きがマットを敷いた。
写真を撮ったり、しゃべったりして朝日を待つ。砂漠と言えど夜明け前、実はかなり寒い。
雲が多い、朝日が見られるかどうかちょっと心配。砂以外に写っているのは人とラクダ。

朝日待ちの砂漠


朝日を待つ間、不覚にもデジカメを砂の上へ落としてしまった!!!
ナビブ砂漠でビデオを壊したことを思い出す。
ヤバイと思ったが、ラクダ引きがそっとチェックして大丈夫といってくれた。

天気が心配されたが、砂丘の向こうに朝日が!!
早起きしたかいがあった。すがすがしい空気で、気持ちも良かった。
幻想的な風景を見ることができ、このために遠くまで来たんだと、満足感が満たされた。

日の出


朝日観賞が終わると、ラクダ引きは一番にラクダを引いた。後ろに続く、ラクダの隊列も壮観。
なんだか隊商のリーダーになった気分。

隊列


朝日に照らされて砂に映るらくだのシルエットなどの写真もとってくれた。

シルエット


4WDが待っているところへ戻ると、おもむろに土産ものとして、アンモナイの商売が始まった。
正直一体いくらくらいするのかわからないのとそれほど興味がなかったので、チップだけ渡して早々に切り上げた。他の人に聞くと、案外安いものだったらしい。生活がかかっているようだったので、買ってあげればよかったと少し後悔。

ミントティーを頂いた後、ベルベル人のテント、といっても観光用にホテルとして使われているらしい、を見学。ここに泊るのは私にはちょっと無理かな~。たぶん超寒いし。

ベルベルテント


4WD は来たときと同じ顔ぶれでHTLへ戻る。同じ車に同乗した現地男性ガイドのまつげの長さについて話が盛り上がった。だってすごく長くてくるんと上を向いていて、とてもかわいい顔立ちだったから。(後でこのガイド、日本語ができる事を知り冷や汗だったが・・・)
これをきっかけに5人のメンバーはとても仲良くなり、私のテンションもかなり盛り上がってきた。

HTLへ戻り、朝食後、出発。
途中、カッターラという地下水道溝を見学。一定区間起きに、小さな小山があって、そこが井戸のようになっている。少年が井戸のバケツを滑車を足で回し上げているところ。右奥の棒が立っているのは、地下で繋がっている他の出口が連なって見えているところ。

カッターラ


ティネリールのオアシスで写真ストップ。4WD以来仲良くなった5人組で記念撮影。
自分の写真嫌いだし、風景だいなしなので、人なしで。

ティネリール


次回は、トドラ渓谷からワルザザードをレポートします♪

モロッコ・カスバ街道

1/25 (4日目) 続き

トドラ渓谷へ続く道は段々狭くなり、最後には絶壁の岩壁がたちはだかるまさに渓谷へとたどり着く。絶壁では、識別が難しいくらいの米粒程の小さな人影がロッククライミングをしていた。

トドラ渓谷


渓谷の川沿いをLunchのレストランまで散策。川はとても澄んでいてキレイ。当然自分の手で水を触ってみないと気が済まない。レストランは渓谷の奥、川の渡った先。

渓谷のレストランへ散策


Lunchは肉団子のタジン。デザートに小さなみかん。見た目普通のみかんじゃん、手抜きだなと思ったけど、これがとてもおいしく印象に残った。

とてもおいしいただのみかん


Lunchの後、カスバ街道をひた走る。遠目にときどき見える美しいオアシスが印象的。
まだ季節ではないと思っていたが、アーモンドの花も咲いている。

街道沿いオアシス


停められそうなところで、フォトストップをとってもらった。アーモンドの花は予想と違って、桜に良く似ていて、とてもかわいい。まだつぼみのものもあるが、遠目に見ても、ピンクに染まった個所はアーモンドが咲いているのだとバスの中からでもすぐに分かった。

アーモンドの花


ワルザザードまでの道のりでは、荒涼とした土漠が次くなか、時折オアシスや村などがあり、これらはいかにもモロッコらしい風景として心に刻み込まれる。

カスバ街道沿い風景


途中、バラのエッセンスなどを売る小さなお店に立ちよった。(ブルガリアで売っているような洗練されてキレイなパッケージではないが、それほど安くもない。)

カスバ街道ドライブの車窓は眠れない絶景が続く。
土漠にところどころはえるナツメヤシの合間に落ちていく夕日には言葉が出なかった。西日のきつさも忘れてしばし無言に。

サンセット


ワルザザードのHTL着。敷地が広く、コテージのような部屋がどこだかわかりにくいホテル。
迷っていると、ホテルの人が部屋へ案内してくれたが、暗くなっていたこともあり、少し怖いと感じた。


1/26 (5日目)

部屋の中は暗めであまりキレイでなかったため手元に懐中電灯をおいて一晩過ごしたが、一夜明けてみると割と風情のあるホテルだった。

ホテル パルムレ


レストラン脇には、なつめやし。普通、こんなに小さな木ではないらしいが、実がついた様子がよくわかる。

なつめやし


次回は、アイト・ベン・ハッドゥなどをレポートします♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR