FC2ブログ

フランス・コルマール①

2012/12/17 (2日目) 続き

フライブルクを出発した後、ライン川を渡り、フランスへ入ります。フライブルクからコルマールまでは車でたったの1時間の距離です。

ライン川


13:20 コルマールの駐車場に到着。歩いて旧市街へと向かいます。ウンターリンデン広場の前まで来て、15:20集合のフリータイムとなりました。いきなり絵本に書いたような町並みにノックアウトという感じです。

コルマール旧市街ウンターリンデン広場


早速旧市街を歩き始めます。第二次世界大戦の激戦地であったアルザス地方にあって奇跡的に戦火を免れた町だそうで、中世の雰囲気がそのままに残っています。この地方らしい木組みの家がどこまでも立ち並んでいて興奮を抑えることができません。

古い木組みの家々


頭上の看板といい、ドイツのローテンブルクを思い起こさせる町並みですが、どうやら私はこのコルマールの方がより気に入ったようです。

素敵な看板


素敵な町並みを進んでいくと、大きなサン・マルタン教会にぶつかります。赤砂岩で作られた建物に、緑のモザイクのような屋根が色合いもよく、周囲とはまた違った存在なのに町によく合っています。

サン・マルタン教会


サン・マルタン教会の少し先にプフィスタの家と言われる家があります。1537年建造というからすごく古いですね。尖塔や出窓が特徴的です。

プフィスタの家


このコルマールの木組みの古い家々はパステルカラーで何ともおもちゃのような家なのですが、クリスマスとあって更に飾りつけがされ、かわいさが倍増中です。子供の頃に戻ったような気分になれます。

コルマールのカラフルな家々


旧税関にやってきました。先ほどのサン・マルタン教会と同じような緑の屋根です。3つの建物からなり、古いものは15世紀からのもの。当時の町の中心であり、税関以外にも裁判所や貨幣鋳造所などもおかれていたそうです。

コルマール旧税関


旧税関の中は展示会場や、今は屋内クリスマスマーケットが開かれていますが、ここから見る町の景色もとても素敵です。

コルマール旧税関前


旧税関をくぐると、道沿いに小さな運河が現れました。運河や川などがある町というのはそれだけで心地よいものです。

運河が流れるコルマール


少し行くと、大きめの運河にぶつかります。運河沿いにもかわいい木組みの家がずらっと並んでいます。

コルマールの運河


運河沿いに歩きますが、あまりの町並みにシャッター押し捲りです。おとぎの国とはここのことです。

コルマール運河沿いの町並み


そして運河沿いに歩いて行った辺りが、小ヴェニスと呼ばれる場所。昔は農夫たちが川舟で野菜を運んでいて、それがヴェニスのようだったからそう呼ばれるようになったらしいです。季節柄か、小船での運河クルーズみたいなのはやっている様子はありませんでした。

小ヴェニス


この辺りの家々には、シロクマのぬいぐるみがたくさん飾られています。屋根の上や窓枠などあちこちにシロクマがひっかかっているのがなんともかわいいです。

小ヴェニスの家に飾られたシロクマちゃんたち


次回コルマール散策の後半をレポートします♪

フランス・コルマール②

2012/12/17 (2日目) 続き

小ヴェニスから絵のような町を中心部の方へ戻ります。古い家々は多少ゆがんでいたりもしますが、現役として問題なさそうです。昔は皮なめし職人の家だったそうです。

コルマールの運河沿いのカラフルな家


木組みの家はよくよく見るととても味がありますね。どことなくほっとする存在です。

アルザス地方の木組みの家


運河沿いにはクリスマスシーズンらしくサンタクロースもいます。まるでボートでも待っているように見えます。

運河沿いで待つサンタクロース


旧税関のところにあるPlatz des Alten Zollsという広場には、噴水を取り囲むようにクリスマスマーケットが開かれています。町自体がおもちゃみたいなので、一年中このマーケットがあっても不思議じゃない光景です。

旧税関付近の広場のクリスマスマーケット


クリスマスツリーや家々の飾りつけも完璧。すべてのバランスが取れていて、景観を壊すようなものが全くありません。

完璧なまでにかわいいコルマールの旧市街


さて、サン・マルタン教会のところまで戻ってきたので、教会の内部へ入ります。特に有名な教会ではないようですが、ものすごく大きくて、堂々とした作りです。ステンドグラスも派手さがなくとても美しいものでした。

サン・マルタン教会内部


次は、ドミニカン教会のところまで来ました。ここにもクリスマスマーケットが開かれています。

ドミニカン教会のクリスマスマーケット


クリスマスマーケット自体にはそんなに興味がないので、雰囲気を楽しむだけです。が、たまに飲食関連の商品には目が行きます。この時期の飲み物はグリューワインとクリスマスビールですね。

クリスマスビール


教会の先のBoulangers通りも素敵な雰囲気ですが、そちらへ行く前にドミニカン教会にも入りたいと思います。

ドミニカン教会先の通り


ドミニカン教会は13世紀に建てられた教会で、教会にしては珍しく入場料を取ります。といっても1ユーロですが。内部にある地元出身の画家ショーンガウアー作ばらの茂みの聖母が描かれた祭壇が有名です。その他、教会内部では美術の展示が行われていました。

ドミニカン教会内部


テット通りをウンターリンデン広場へと向かいます。この通りには頭の家と呼ばれるルネッサンス様式の古い家があります。1609年に建てられた105もの顔の彫刻で飾られた家です。写真右手、三角ピラミッド型の屋根の家です。昔はワインの取引所だったそうですが今はホテルになっています。

テット通りの頭の家


さて、まだ時間があるので、ウンターリンデン美術館に入ることにしました。年間35万人もの人が訪れるという美術館で、入場料は8ユーロ(日本語オーディオガイドがついています)。

ウンターリンデン美術館入り口


ウンターリンデン美術館は13世紀に作られたドミニコ修道院の建物が使われています。ですので、中庭を取り囲む美しい回廊や建物自体も見ものです。

ウンターリンデン美術館の回廊


たくさんの絵画や彫刻など様々なものが展示されていますが、この美術館で一番有名なのはグリューネヴァルトの傑作イーゼンハイムの祭壇画です。磔刑、予言、復活の3部からなる聖祭壇画は気持ち悪いほどリアルに描かれています。(写真正面奥)

グリューネヴァルトの傑作イーゼンハイムの祭壇画


最後に広場に面してあるスーパーモノプリで時間調整。スイスからドイツを経てフランスに来てるわけですが、妙に物価が安く感じます。思わずワインを買ってしまいました。集合時間になり、スーパーを出ると雨が降ってきました。付いていると言うか・・・。
駐車場まで歩き、15:40 コルマールを後にします。旧市街を出るとモダンな住宅が並んでいるので、まるで夢から覚めたようでした。

コルマールのモダンな住宅


次回はスイスに戻りバーゼルをレポートします♪

スイス・バーゼル①

2012/12/17 (2日目) 続き

16:30 フランスのコルマールからバスで50分、スイスの都市バーゼルに到着しました。フランス、ドイツの三国国境に接する大都市です。バーゼル美術館の前でバスを降り、徒歩にて観光へ出かけます。街にはトラムが走り、機能的で近代的な街という第一印象です。

バーゼル美術館とトラム


歩くとすぐに、ライン川を背にした高台にある大聖堂に出ました。ゴシック様式の赤砂岩のきれいな建物です。屋根がひし形模様のきれいなモザイクになっているのですが、正面からはよく見えません。横から見るのがオススメな建物です。

バーゼル大聖堂


最初は12世紀の建物と言いますが、過去に何度か改築されているようです。そして今も修復中で、修復が終わったところと終わってないところがくっきり分かれています。過去には地震もあったようなので、こういった建物の保存というのは大変だなと思い知らされます。

バーゼル大聖堂は一部修復中


大聖堂の前の広場ではクリスマスマーケットが開かれていました。バーゼルのクリスマスマーケットはここともう一ヶ所で主に開かれているようです。(11/22~12/23、11:00~20:00)

バーゼルクリスマスマーケット


大聖堂からフライエ通りに出たところで18:30までのフリータイムとなりました。2時間というのは歩ける限度で、ちょうどいい時間です。ですが、この日は朝からフライブルク、コルマールとだいぶ歩いたので既にお疲れ、道端の噴水に気持ちが癒されます。ヨーロッパの想像上の生物バジリスクをイメージしたもののようです。

空想上の生物バジリスクの像があしらわれた噴水


早速フライエ通りを進み、マルクト広場へと向かいます。広いマルクト広場では、この時間でもマーケットが開かれています。

バーゼルのマルクト広場


こちらが市庁舎。マルクト広場の正面にあり、最も目立つ建物なのですぐに分かります。大聖堂よりもっと赤いと思われる16世紀の建物。塔は19世紀に増築されたものだそうです。

バーゼル市庁舎


市庁舎の中庭のようなところに入ってみると、そこにもクリスマスツリーが。そして、壁には鮮やかなフレスコ画が描かれています。

市庁舎内のクリスマスツリーとフレスコ画


ほんの少しの時間市庁舎を覗いてマルクト広場に出てくると、あっという間に夕方から夜の景色に変わっています。マルクト広場のクリスマスツリーの輝きが倍増したように見えます。

夜のマルクト広場


さて、マルクト広場からペーター教会へ続く小路に入ります。地図では高低差がわからないので、こういった階段が出てくると残り時間と体力を計算しなおす必要があります。写真を撮りながらだと、健脚の旅ともさんに追いつくのも大変です。

マルクト広場から階段のある小路へ


ペーター教会へ出たら、バーゼル大学を迂回してシュパレン門を目指します。この辺りは人も車もまばらで寂しい雰囲気ですが、きれいなクリスマスの電飾が安心感をもたらします。突き当たりに門がうっすら見えますが、何だか嫌な予感がします。

シュバレン門


せっかくシュバレン門まで来ましたが、なんと全面修復中でした。すっぽり覆われていて、どんな門なのかよくわからず残念です。一枚の小さな写真?を見てこんな感じだったのだろうと頭の中で想像します。15世紀に建てられた要塞壁の名残だそうです。

シュバレン門は全面修復中


次回バーゼル街歩きの後半をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR