キューバ・ハバナ(オキシデンタルミラマール~革命広場)

今回より10月に行ったキューバの旅レポートスタートです♪(阪急交通社利用)

2012/10/26 (1日目)

17:20発のAC-002便、エアカナダの成田発トロント行きは到着が遅れ、16:46にトロント着。
乗り継ぎに時間がないため空港係員が案内してくれ、入国後そのままゲートへ。トロントでは、セキュリティチェックはありません(液体類持ち込めるということ)。飛行機に関する搭乗レポートはこちら

17:35 AC-1798 トロント発ハバナ行き。機内で、例のツーリストカードが配られます。本当はカナダ住民向けで、日本人は日本で事前に領事館で取得しなければならないのですが、機内では全員に配り、寝ていた私のひざの上にものっていました。日本で取ったのとフォームは一緒です。

21:20 ハバナ到着。空から見た景色と空港での第一印象は暗い国といったところ。
入国では、パスポートとツーリストカードのみ必要で、せっかく準備していた海外障害保険の証書やeチケットなどの提示は求められませんでした。でもいつ要求されるかわからないので、用意しないのはオススメできません。写真撮影があるし、入国は少し時間がかかります。

そして、入国スタンプは黙っていればツーリストカードのみに押されるので、パスポートには押されません。私はあえて押してもらいました。次アメリカ行くことになったらどうなるのかあまり考えていませんでしたので、その機会があったらまた報告します。

ここでいきなり最初のトラブルが発生します。少し前に並んでいた一人参加の女性が、入国の係官に追い返されます。ツーリストカードを阪急に頼んだのにもらってないと言うのです。そんな訳ないのですが、パニックになっているし、添乗員は先に入国しているので、ひとまず機内でもらった紙に代わりに書いてあげました。実際にはこれで入国できるので、日本で準備したり、7000円以上のお金払って頼むのは必要なかったということになりますよね・・・。

22:55 ひとまず全員無事入国し、空港を出てホテルへ向かいます。飛行機から見た街もそうだけど、街に灯りが少なく極端に暗いという印象です。

23:20 ホテル着。オキシデンタルミラマール。大型のリゾートホテルです。思っていたよりきれいで、部屋も広いです。よく冷える空の冷蔵庫、セーフティボックス、ドライヤーあり。インターネットはロビーのみで、ビジネスセンターが開いている時間にWi-Fiカードを購入する必要があります。60分で8CUC=約800円、普通に考えても高いですが、現地の物価を考えると脅威の値段設定です。

オキシデンタルミラマールの部屋


広いバスルームには貧乏な国キューバに不似合いなシェル型のジャグジー付きバスタブ。ただし、水はけがひどく悪いので溜めてジャグジーを使う気にはとてもなれませんでした。
バスタオルとタオルが一人1枚ずつ(キューバではかなりいい方)、そして何故か部屋にバスローブが1つ・・・。

広いバスルームとジャグジー付きのバスタブ


アメニティ類はシャンプーコンディショナー入り、バスジェル、石鹸。石鹸1個とかしか置いてないのが普通のキューバではかなりいい方みたいです。

キューバではいい方のアメニティ


ホテルの外観はこんな感じ。見た目は普通の大型ホテルですし、思っていたほどひどくなくてほっとしました。後日報告しますが、徒歩圏にスーパーマーケットもあります。

オキシデンタルミラマール外観


ホテルから海側を見た眺めです。新市街地区なので、高層の建物もあります。やはりホテルなどの建物のようです。

オキシデンタルミラマールから見た海岸方面


反対側の眺めです。眼下にはホテルのプールが広がります。テニスコートもあるし、世界のどこにでもあるホテルと遜色ないように見えます。キューバのわりには無理しているな、という感じですが、観光を大事な収入源としていることがよくわかります。

オキシデンタルミラマールのプール


2012/10/27 (2日目)

7:50頃朝食を食べにいきます。外の周囲が明るくなるのは7:30くらいでしょうか。レストランは広く、カナダ人など白人系の観光客で賑わっています。数は少ないですが、日本からの団体ツアーの利用も多いようです。

オキシデンタルミラマールの朝食レストラン


食べ物はパンの種類が多く、オレンジジュースが美味しかったです。従業員にサービス精神がないと聞いていましたが、割とキビキビ働いていたように感じどちらかというと好印象です。

オキシデンタルミラマールの朝食


朝食後、ホテル内の両替に並びますが、既に長蛇の列です。結局、45分待ち、何人かでまとめて両替するのがオススメです。私は7千円分、83.25CUC。両替はホテルでも空港でもどこでもレートは一緒で、基本的に米ドルに連動して、米ドルと等価で手数料がのせられるという感じです。

便宜的には1CUCが100円と考えれば良さそうです。クレジットカードが使えるし、現金は少量ずつ両替するのがいいと思います。ただし、ハバナ以外では日本円からは両替が難しいのでカナダドルやユーロを少しだけ持っていくといいと思います。

9:00 ホテルを出発し、首都ハバナの観光へ向かいます。見た目はすごく新しい中国製の観光バスです。そしてこの全く同じ外見のバスが外国人観光客向けにたくさん使われています。
外見は最新でも中は結構壊れていたりしますが・・・。

ハバナに不似合いな中国製観光バス


ハバナの街をようやく明るい日差しのもと観察できます。道路は広く、交通量が極めて少ないです。

車の少ないハバナの道路


9:30 最初の観光地、革命広場に到着です。ものすごく広い何もない土地という感じです。
世界で三番目に広い広場なのだそうです。

革命広場


ここにあるのがキューバ観光のパンフに必ず出ているチェ・ゲバラの肖像がある建物。内務省の建物ということですが、古いマンションみたいな感じです。

チェ・ゲバラの肖像がある内務省


そしてチェ・ゲバラの視線の先の方に、ハバナ一高い建物、ホセ・マルティ記念博物館があります。高さが109m。ホセ・マルティはチェ・ゲバラよりも像などをあちこちに見かけるキューバの英雄なのだそうです。

ホセ・マルティ記念博物館


そして、チェ・ゲバラの肖像のある内務省の並び、少し離れたところにある情報通信省の壁にはカミーロ・シエンフエゴスの肖像があります。こちらもキューバ革命の重要人物らしいですが、やさしそうで味のある顔立ちが肖像にはぴったりと思いました。

カミーロの肖像


15分ほどで革命広場を後にし、旧市街方面へ向かいます。ハリケーンの影響で、高波で海岸沿いの道が水浸しで通行止めなどがあり、迂回して進みます。早くもちらほらとクラシックな車を目にするようになりました。石を投げればクラシックカーに当たるくらい多いようです。

ハバナではありふれたクラシックカー


そして、カリブで一番モダンかもしれない病院の前を通ります。キューバの医療技術はとても高いのです。病院が他のどの建物より立派なのも納得です。

カリブでもっとも近代的な病院


次回は、ハバナ・クラブ蒸留博物館をメインにレポートします♪
(チューリッヒからの更新でした)

キューバ・ハバナクラブ蒸留博物館

(本日スイスより帰国しました)

2012/10/27 (2日目) 続き

革命広場を出て、ハバナ旧市街へ向かいます。車窓の景色で、一目で旧市街に入ったことがわかります。とにかくレトロな雰囲気が漂っています。普通旧市街と言っても、どこかしら新しいところが目に付きますが、古いまま人々が生活し続けているのが伝わってきます。

ハバナ旧市街


どでかい建物カピトリオを通り過ぎます。旧国会議事堂です。
アメリカの国会議事堂をモデルに作られたと言うことで、時代の変化を感じます。ここがキューバの道路の基点だそうです。

旧国会議事堂カピトリオ


昨夜ついたときには車窓から何も見えなかったハバナですが、とにかく美しい街です。
マキシモ・ゴメス像が中心にある広い広場は、車が行き交うだけの円形交差点のような場所ですが、空間的ゆとりと清潔感とで観光名所ではないものの印象的な場所です。

マキシモ・ゴメス像のある広場


こちらも車窓から、日本人、支倉常長の像。慶長遣欧使節が約400年前にローマに行く途中にハバナに立ち寄ったそうで、今世紀に建てられた像。海に向かって立つ等身大の像は、キューバと日本の繋がりが長いことを後世にも伝えようとしているかのようです。

支倉常長の像


10:10 ハバナ・クラブ蒸留博物館に到着です。黄色い建物がそうです。ガイドツアーは7CUC(約700円)。今回のツアーでは入場観光になっています。

ラム酒ハバナ・クラブ博物館


中へ入ると中庭があり、スペインの面影を感じます。前のグループが進むまで中庭で待たされます。スタンドでは砂糖黍をしぼって飲み物を作って売っています。

ハバナクラブ博物館の中庭


見学はまず2Fへ上がります。階段の途中にもラム酒製造に関わる器具などが展示されています。何に使われたのかよくわからない道具類などもたくさん展示されています。

階段も展示場所のハバナクラブ博物館


道具と一緒に再現図があったりするととても分かりやすいです。でも絵の女性(右端)のはみ乳が気になりキューバ人のおおらかさとか別のことが頭を過ぎります。

はみ乳が気になる再現図


この博物館で一番の見所は、ラム酒工場を丸ごと再現した大きなジオラマ。横から上から眺めることができます。近くで見ても、徹底して細部を表現していてびっくりします。建物の中を巨人になって覗き込んでいるような気分です。

精巧に作られた大きなラム酒工場の模型


見学後はお楽しみの試飲です。ラム酒はさとうきびから作られるキューバを代表するお酒。7年ものをストレートで。お酒に強くない人は注意が必要です。

ラム酒試飲


見学後はバーでカクテルなどを飲むもよし、ショップでいろんな種類のハバナ・クラブやオリジナルグッズを買うのもいいですね。ちなみに日本でも見かける7年ものハバナクラブは12CUCでした。

ハバナクラブのバー


バーではキューバ音楽を演奏しています。キューバに来たぞという実感が湧き上がり、ぐんとテンションがあがります。音楽も人柄も陽気で、物質的な貧しさを感じさせないのが本当に素晴らしいです。

バーでキューバ気分を盛りあげる


10:50 ハバナ・クラブ博物館を出発し次の観光地へとバスで移動します。出発してまもなく対岸に要塞が見える頃、バスの中で「ここの人がいないみたいだけど」と声を上げた人が。どうやら一人置いてきちゃったみたいです。慌てて博物館へと引き返します。

対岸の要塞を見ながら


まだ同じツアーの人同士でも顔も覚えていないので、誰がいないかすぐにはわかりません。どうやら一人参加のおじいさんがいらっしゃらないようです。添乗員さんは人数を再チェックしていたのに何時いなくなったのでしょう。博物館に戻っても周囲を探しても見当たりません。

迷子になったら皆と一緒だったと確信できる場所で待っているというのが鉄則ですが、どこかへ移動してしまったようです。しばらく探しても見つからないので、添乗員を博物館に残し、現地スルーガイドと次の観光地へ向かうことになりました。

次回もハバナ旧市街観光の続きをレポートします♪

キューバ・ハバナ(モロ要塞~ラミーナ)

2012/10/27 (2日目) 続き

11:00 ハバナ旧市街から海底トンネルで運河を渡り、モロ要塞へとやってきました。フロリダ海峡沿い、運河の入り口に位置する堅牢な要塞です。クラシックカータクシーでやって来ている観光客もいるようです。50年代の車がまるで新車のようにきれいに手入れされています。

モロ要塞前に停まるクラシックカーのタクシー


モロ要塞入り口からの眺め、奥には運河とカバーニャ要塞が見えます。高台で見晴らしがいいし、とても気持ちがいいです。

モロ要塞から見るカバーニャ要塞と運河


そして右を向くと、対岸のハバナ市街が見渡せます。ハバナの街並みは遠目に見ると世界のどこにでもある都市とあまり変わりがないようにも見えます。

モロ要塞から見るハバナの街並み


直前にキューバ東部を襲ったハリケーンサンディの影響で波が荒く、海岸に大きな波が打ち寄せています。それで海岸線の道路は一部通行止めになっています。

道路に打ち寄せる大波


ツアーでは外側のみの見学で、中の博物館には入りません。外側といっても要塞の内部に一部入ることができます。狭い通路から中へ入ります。

モロ要塞外観


人がやっと行き来できる程度の長い通路を通ります。16世紀に築かれたとは思えないモダンなデザインの通路です。

モロ要塞のモダンなデザインの通路


通路を抜けると、要塞の先の方にでます。近くで見ると歴史を感じる建物です。18世紀にはイギリスに占領されたこともある、運河を管理する要塞だったそうですが、その後は牢獄にも使われたという長い歴史があります。

近くで見るモロ要塞


入って奥が博物館になっていますが、手前のお店までは入ることができます。葉巻やラム酒、ちょっとしたお土産が買えるお店が入っています。

モロ要塞内のお土産屋


なんといってもモロ要塞で一番気に入ったのは、要塞から見る海やハバナの街並みの眺めです。海風を浴びながら見る風景はとても爽やかです。

モロ要塞から海を眺める


入り口付近には、露店のお土産物屋がずらりと並びます。手作りのアクセサリーや楽器など素朴で安いお土産がたくさんあります。100円、200円で買えるようなものも多く、ついうっかり要らないものを買ってしまいそうです。

モロ要塞入り口付近の露店のお土産屋


12:10 モロ要塞を出発し、旧市街へ戻ります。ハバナクラブ博物館へいったん寄って添乗員をピックアップしますが、迷子のおじいさんはまだ見つかりません。今朝少し話しをしたという人の情報によるとハバナは3回目だと言っていたそうだし、キューバまで来る人たちのほとんどは旅慣れているので、それほど心配することもないのかもしれません。

旧市街はバスが入れないので、徒歩で見学します。まず最初はレストランへ直行です。それにしても雰囲気のいい街並みです。

ハバナ旧市街の街並み


旧市街の道をレストランへ向けて歩いていると賑やかな音楽が聞こえてきました。お祭りでもあるのかと一瞬思いましたが、観光客目当てにチップを稼ぐ人たちのようです。何が日常で、何が特別か、まだ分からない観光客がつい寄っていってチップをねだられるわけです。

賑やかなハバナ旧市街


12:30 LNC@RST
アルマス広場近くのラ・ミーナというレストランのテラス席でLunchです。お客の多い外国人向けレストランでは音楽演奏をしてCDを買ってもらおうという商売があります。キューバらしい食事タイムになります。

ラ・ミーナのテラス席で演奏


キューバで観光客が普通に食事するとしたら、大抵ガイドブックに載っているレストランで食事をすることになるようです。兌換ペソを使う店と、人民ペソを使う店が明確に分かれているから外国人専用といってもいいかも知れません。メインは魚かチキンかポークから各自が選べます。ちなみにビールは2CUC(200円弱)、すっきりしているのにコクがあっておいしいです。

メインの魚料理


ご飯には黒豆のソースがかけられます。見た目は完全に餡子です。が、塩味で、ご飯と混ぜて食べると意外なほどおいしいです。

まるで餡子の黒豆のソース


次回もハバナ旧市街観光の続きをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR