FC2ブログ

キューバ・ハバナ旧市街

2012/10/27 (2日目) 続き

13:50 食後の観光は目の前のアルマス広場からスタートです。広場の周りには露店の古本屋が並んでいます。

アルマス広場周辺の古本市


チェ・ゲバラの顔があちこち見えるのでキューバ革命に関する本が多いようです。観光客が多く通る場所なので、外貨(兌換ペソ)稼ぎが目当てなのでしょうか。えらく年期が入った本が多いです。

かなり古い古本


アルマス広場の前にある小さな建物(寺院?)に大きな木。なんでもこの大木を3回周ると結婚できるのだとガイドが教えてくれます。といっても、キューバ人はこんな願掛けなんかしなくても気軽に結婚、離婚を繰り返す人が多いようなので、そういう言い伝えがあること自体不思議です。

アルマス広場前に願掛けの木


広場のすぐ横には、フエルサ要塞があります。ハバナで一番古い要塞で、16世紀のものだそうです。

フエルサ要塞


さて、肝心のアルマス広場に入ります。中央に像が建っている、緑の豊かな街中の小さな公園です。像は独立戦争の父と言われるカルロス・マヌエル・デ・セスペデスという人のものです。

アルマス広場のカルロス・マヌエル・デ・セスペデス像


広場の奥には板張りの道の前に旧総督邸が建っています。現在は市立博物館として使われているそうです。中庭のコロンブスの像を見て、旧市街のメインストリートとも言えるオビスポ通りを進みます。

旧総督邸


オビスポ通り沿いにある薬局にちょっとお邪魔します。なんだかすごく歴史を感じる薬局です。骸骨が飾られていなければお茶屋さんか何かと勘違いしそうです。

古い薬局


ショーケースを覗くと、歯ブラシなどの日用品が並びます。そういえば、石鹸の配給がなくなったので、石鹸を持って行くと喜ばれます、と出発前に案内されました。こういった物資も不足気味なのか大事に売られているのを見て、物資がないという現実をキューバに来て初めて感じました。

ショーケースの中に並べられた歯ブラシ


カフェパリスを曲がって、カテドラル広場へやってきました。石畳の広場は周囲を歴史を感じる建物が囲み、とても風情があります。カテドラルも300年以上前の建物とあって、今にも崩れそうに思える箇所もあるくらい古さが滲み出ています。

カテドラル広場


カテドラル広場の一角にちょっと目を引く白い装束の恰幅のいい女性が2人ほど座っています。どうやら占い師か何かのようです。キューバにはアフリカルーツの宗教もあるし、ちょっと近寄り難い怪しい雰囲気です。

カテドラル広場に陣取る占い師


旧市街の中の道は、車が入れないように車止めがあちこちにありますが、どう見ても大砲か何かを突き刺したもののようです。おしゃれなのか、使えるものは何でも使うのかキューバ人の感覚というのに少し触れた気がしました。

大砲を使った車止め


14:15 お楽しみのラ・ボデギータ・デル・メディオに来ました。かのヘミングウェイが通った店として有名な店です。ここでその名物のカクテル、モヒートを頂きます。中は結構奥まで部屋があり、2階の小部屋で皆でモヒートを飲みます。

ヘミングウェイが通ったラ・ボデギータ・デル・メディオ


モヒートはホワイトラムに大量の砂糖とライム、イエルバ・ブエナというミントの葉の仲間が入っています。葉っぱをストローで潰してから飲みます。砂糖の量にびっくりしましたが、すっきりさわやかでとても美味しいです。店内は訪問客のサインがぎっしりです。私も次回見つけられるよう、3ヶ所にサインを残してきました。

ラ・ボデギータ・デル・メディオのモヒート


次回もハバナのレポートが続きます♪

キューバ・ココタクシーでコッペリア

2012/10/27 (2日目) 続き

14:50 予定になかったのですが、時間調整のためにバザールにやってきました。どういう関係があるのかわかりませんが、外には蒸気機関車が飾られています。

サン・ホセ民芸品市場前の蒸気機関車


鉄道の駅に近い場所にある、埠頭の倉庫を改造したサン・ホセ民芸品市場という所です。
お土産を買うにはもってこいのところで、15:30までフリータイムとなりました。

埠頭の倉庫を改装した民芸品市場


中はかなり広く、延々と小さなお土産物屋が並んでいます。値段は結構安いのですが、いちいち値段交渉が必要です。お昼に飲んだビールの缶が売っていたので、お土産に購入しました。1.5CUC(約150円)、スーパーで買えばもうちょっと安いでしょうが、観光客相手に冷えたものを売っているのとしては安い方でしょう。

小さなお店がいっぱい


職業のほとんどが国営のキューバでも、ここでは個人営業も認められているようで、手作りのお土産も見られます。こちらの手編みの服は、どうみても隠しきれていないので、例えリゾート地でも着るのは難しそうです。

手作りと思われるスケスケの編んだ服


広い場所でのショッピングに疲れたツアー客一向は、再びバスに乗り移動します。車窓からは、スペイン風の建物が見えたりして飽きさせません。

スペイン風な建物


15:40 カピトリオ(旧国会議事堂)でバスを下ります。ここで20分フリータイムです。が、カピトリオは修復中で中にも入れないので、周辺の街並みをぼーっと見るくらいしかやることがありません。

カピトリオは修復中


周辺にはクラシックカーがこれでもかとたくさん停まっています。遠くに見える美しいバロックの建物はガルシア・ロルカ劇場で、クラシックバレエやオペラなどが上演されるそうです。

ガルシア・ロルカ劇場とクラシックカー


カピトリオ前の道沿いもカラフルな色合いの建物が並び、とても絵になります。クラシックカーだけでなく、観光馬車も見られます。

カラフルな街並みと馬車


きれいな建物はよく見るとかなり朽ちているものもあります。廃墟ではありません、現役の建物で上階は一般の住居として人々が生活している様子も伺えます。そして、そこに真っ白なお祝いの車が通りかかります。結婚式かもしれないし、盛大に行うという15歳の成人式なのかもしれません。

ボロボロの建物とお祝いの車


16:00 楽しみにしていたイベントんのひとつ、ココタクシーに乗車します。2人乗りがメインだけど私たちは3人で参加していたので、3人乗りを手配してくれました。要するにバイクタクシーなのですが、ココナッツ型をしたとてもかわいい乗り物です。

かわいらしいココタクシー


24PAX(1人行方不明中ですが)なので、12台に分乗です。たくさんのココタクシーが一斉に走り出す様は壮観です。そして、これがシートベルトも何もないベンチみたいな椅子なのに、すごいスピードを出します。あまりの風で、サングラスを落としてしまいました(パラオで買ったばかりだったのに・・・)。

疾走するココタクシー


目的地にまっすぐ行かず、ガイドが指定したコースを走っているようです。寄り道した後、中華街を通ります。やっぱりキューバにも中華街はあるのですね。儲けることの難しい国でも中華街があることにちょっとびっくりします。

ハバナの中華街


ココタクシーは遊園地のアトラクションのようですっごく楽しいですが、日差しが腕にひりひり、ほこりが目に入ります。そして風にも注意です。私の他にも持っていた日傘を落とした方がいらっしゃいましたが、運よく絶妙のタイミングで後続の客がキャッチしました。ちょっと危ない乗り物です。チップは1人1CUCが目安です。

爽快なドライブ


16:20 20分の楽しいココタクシーでの移動が終わり、目的地のコッペリアに付きました。キューバでとても有名なアイスクリーム屋さんです。現地の人は長蛇の列に並んでアイスクリームにありつきますが、我々は外国人用のスタンドへ直行です。値段も全く違うそうです。

コッペリアアイスクリーム


試食ということでアイス1スクープを頂きます。クッキーの枚数は適当に添えています。味はバニラ、チョコ、ココナッツ、キャラメル、チョコミントからチョイスです。ちょっと物足りない量ですが、普通のアイスで特別もっと食べたいという気も起こらなかったので追加注文は止めて置きました。

コッペリアのアイスクリーム


17:10 観光を終えていったんホテルへ帰ってきました。すると午前中に行方不明になったおじいさんがロビーにいました。早々に諦めて街をぶらつき、ついさっき一人でホテルへ帰ってきたそうです。皆安堵しましたが、最近のシニアの方々の行動力には脱帽です・・・。

次回はハバナの夜をレポートします♪

キューバ・ハバナの夜

2012/10/27 (2日目) 続き

キューバ初日の観光は盛りだくさんです。一休みした後、18:45再度ホテルを出発です。19:00くらいから暗くなり、灯りの少ないハバナの街は急に闇に包まれます。
19:25 フロリディータにて夕食。道に灯りが少なく、店のネオンだけがやたらと目立ちます。

フロリディータ


フロリディータはヘミングウェイも通った有名な、高級シーフードレストランです。
店内は格調高い雰囲気が漂う落ち着いた大人の空間です。

フロリディータ店内


まずはダイキリがウェルカムドリンクとして出されます。さらにこのお店で有名な、ヘミングウェイの特注ダイキリ、パパ・ダブル6CUCを注文しました。パパ・ダブルは砂糖抜きで、ラム2倍、量も2倍と言う感じで、すっきりしてとてもおいしかったです。

ダイキリ


サラダとクラムチャウダーのようなスープの後、メインはお魚。ほっけのような味で肉厚、見た以上にボリュームがありました。

フロリディータのメイン


ふと見るとテーブルの脇にヘミングウェイからのメッセージがさりげなく飾られていました。
あまりにさりげなくて見落とすところでした。

ヘミングウェイのサイン


バーカウンターには、かつてヘミングウェイが定席としていた一番奥に、等身大と思われる銅像が座っています。等身大だとするとかなり大柄な方だったようです。

カウンターの奥はヘミングウェイの指定席


さて、観光初日にして夜まで忙しい日、最後の締めくくりはキャバレー・トロピカーナです。
21:30にトロピカーナに到着、カメラ撮影料として5CUC(ビデオは15CUC)を入り口で支払います。入場時に、女性にはカーネーション、男性には葉巻1本が手渡されます。キャバレー・トロピカーナはハバナで最も有名なナイトスポット、2000人収容の野外劇場です。

キャバレー・トロピカーナ


まずはシャンパンが1杯ずつつきます。そして、22:00ショーが始まります。客席は外国人観光客で埋まり、中央のステージとサイドのひな壇などを使って華やかな舞台が展開されます。

トロピカーナの華やかな舞台


きれいなダンサーさんたちのレベルの高いダンス、脚線美に目を奪われます。私はこの手のショーでは早々に気を失う(寝落ちする)タイプですが、期待以上の内容に身を乗り出します。

質の高いショー


4人に1本、ラム酒ハバナクラブ7年もの、一人ずつに割る用のキューバコーラとおつまみがつきます。朝のラム酒の試飲に始まり、昼のビール、午後のモヒート、夕食時のダイキリ、パパ・ダブル、さっき飲んだシャンパン、とアルコール漬けなのに、ラム酒を開けてかなりのハイテンションです。ラム酒はとても飲みきらないので残ったら持ち帰りOKですが、私たちのグループはさすがに朝から飲みすぎと思ったのか他のテーブルでは栓をあけていませんでした。

ラム酒ハバナクラブとおつまみつき


華やかなショーは切れ間なく続きます。隣のテーブルに座っていた外国人観光客と冗談めかした会話なども楽しみましたが、彼らはアメリカ人でした。アメリカ人はキューバへの渡航を禁止されていますが、実際にはかなりの人数が見つかったら罰金覚悟で入国しているようです。

華やかな衣装


さすがに酔っ払ってちょっと飽きてきた頃、ダンサーの頭に釘付けになりました。
頭の上の頭飾りとでも言うのでしょうか、へびがとぐろ巻いていたり動物の頭が乗っていたりと斬新です。

仰天の頭飾り


さらに目が覚めたのは、こちら。電気の付くシャンデリアを被ったダンサーがたくさん登場し、すごいなーとただただびっくりです。

シャンデリアまで被る


途中、記憶がないところもあったようですが、0:00近く、ショーもフィナーレを迎えます。
いやぁ、なかなか華やかで楽しかったです。歌がスペイン語だったりして全然わかんないのがちょっと寂しかったですが・・・。

トロピカーナのフィナーレ


そして最後はお決まりの客入り交えてのダンス。間近で見たダンサーのつけまつげの厚さ大きさに、よく目が開くな~などとどうでもいいことに関心しました。
それにしても質の高いショーでびっくりでした。95ドルするお値段も納得です。世界で観光客相手に行われる民族的なショーの中ではピカイチのレベルではないでしょうか。

重そうな付けまつげ


ショーが終わるや否やバスに乗り、すぐ近くのホテルに00:20到着です。長い一日でした。

次回はビニャーレス渓谷をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR