エジプト・カイロ

先日一人参加した、15日間のエジプト・トルコ大周遊モニターツアー(阪急交通社)の旅レポートスタートです♪

2012/07/30 (1日目)

19:20 成田集合。15日間と長い上、真夏の中東行きということで何かと荷物が多くなり、24.7kgもありましたが、チェックインでは何も言われずにすみました。23kgが規定なので、破損があったときなど保証されない恐れがあるからちゃんと守った方がいいんですけどね。

19:30 再集合。一人参加や学生さんも多く多彩な面々。夏休みとあって平均年齢はかなり低め。27PAXとちょうどいいくらいの人数です。

21:20 エジプト航空MS-0965にてカイロへ。搭乗レポートはこちら


2012/07/31 (2日目)

3:30 少し早めにカイロに到着。といっても飛行機で13時間!直行とはいえ遠いです。早朝なので、両替できるところが限られ、入国前に両替を案内されます。私はトイレチップ程度の小銭を持っていたし、米ドルがかなり通用することを知っていたので敢えて両替はしませんでした。

空港での日本円からの両替は、1万円札か5千円札のみということがあるので何人かでまとめてするのも良いでしょう。ちなみに両替レートは、1万円が765ポンド、つまり1ポンド13円。日本でも両替できるところがありますが、かなりレートが悪いので、現地で両替するのがおすすめです。

5:30 日本語ガイド、アシスタント、ツーリストポリスが同乗して、空港を出発です。エジプトの車道は高速と言えど人が横断したり、車線や信号機がほとんどなく、事故も多いのでシートベルトはしっかり締めた方が身のためです。一般のバスは今にも壊れそうなオンボロバスが多いですが、日本のツアーにはちゃんとした観光バスが使われます。バス車内では水のボトルも買えます(3本2ドル)。

エジプト道路事情


6:10 ツアーの最後に泊まるカタラクトピラミッドリゾートにて朝食です。機内食も多少食べたし、食欲ないのでコーヒーのみにしました。まだ皆様子見でほとんどしゃべらず、各自が黙々と食事です。

カタラクトリゾートピラミッド


7:30 ホテルを出発してカイロの観光へ向かいます。このカタラクトリゾートピラミッドというホテルは見事なまでに周囲に何もなく散歩する理由もみつけられない長閑な田舎という感じの場所でした。ロバがひく荷車が行きかう中、きれいな観光バスが通り過ぎる方がむしろ場違いな感じです。

のどかなギザの町


ナイル川を渡ります。エジプト情勢を配慮して、今回はホテルはカイロには取らずにギザに泊まることもあって、ナイル川もそんなに見る機会がありません。

ナイル川


ムカッタムの丘の石切り場が見えてきました。最終日に行くクフ王のピラミッドに使われた化粧石はここから切り出し運ばれたという話を聞いたことがあります。

石切り場


7:55 シタデルにあるモハアメッドアリモスクに到着。といっても、駐車場からの写真のみで入場はしません。3年前に入っているので私はいいですが、せっかく来たので少しくらい時間とってもいいのに、とは思います。駐車場には物売りが多いので注意が必要です。10分ほどの滞在でした。

モハメッドアリモスク


下町を通って、バスは移動します。商店街と思われるところも、すべての商店がシャッターを落としています。治安が悪いんじゃなくて、ラマダンだから、です。敬虔なイスラム教徒が多い国ですから、日が落ちてから飲食店などは営業するわけです。

ラマダンのため下町はシャッター街のよう


本日のメイン、エジプト考古学博物館が見えてきました。この手前が、デモが行われていたタフリール広場です。革命じみた大規模なデモが行われていた気配はみじんも感じません。普段は平常を取り戻しているようです。

タフリール広場とエジプト考古学博物館


エジプト考古学博物館は9時開館ですが、8:30から中庭に入れるので、列に並んでセキュリティチェックを受けて入ります。観光シーズンではないし、動乱の後ですからそんなに観光客もいないだろうと思っていたら、開館前から観光客で中庭は埋め尽くされていました。

考古学博物館


考古学博物館は写真撮影禁止ですが、カメラの持込自体も厳しくチェックされています。中庭は撮影OKなので、開館時間まで中庭を見学です。石の遺物が展示されているというかあちこちに置かれています。

屋外にも遺物が置かれている


坐像や柱、オベリスクの一部などが中庭のあちこちに展示されています。普段なら素通りですが、時間があるので、一通り見ることができました。石だから外に置きっぱなしでも問題ないんでしょうね。

中庭に置かれる展示品


9:00 開館とともに博物館のイヤホンガイドを持って入場します。2度目のセキュリティチェックがあります(ちなみに出るときもカバンの中をチェックされます)。カメラはアシスタントがまとめて預かってくれます。ガイドがハイライトを1時間半で案内し、その後はフリータイムです。

アマルナ芸術や棺などを中心に一人でゆっくり見て周りましたが、この博物館は冷房がなく、屋内なのにものすごく蒸し暑いので、後半はツタンカーメンのマスクなどがある部屋を含め、3つの特別室をゆっくり見ました。2階の3つの特別室だけは冷房が効いているのです。

2時間半ほどの滞在でエジプト考古学博物館を後にします。初めての人はミイラ室にも行ってみたいでしょうし、明らかに時間が足りないでしょう。この博物館はそんなに広くないですが、あまりにも貴重で見るべきものがゴロゴロしてますからね。

バスは朝ついたばかりのカイロ国際空港へ向かいます。そう、夕方の便でもうトルコへ移動するのです。車窓から見るカイロの街並みは以前と変わっていないように見えました。気温は40℃はないものの、湿度が結構あって、東京と変わらない感じでした。

カイロの街の様子


お昼ごはんはお弁当、なんとバスの中でエジプトのB級グルメ「コシャリ」です。パスタと御飯、レンズ豆にトマトソースをかけたもの。ソラマメのコロッケ、ターメイヤがのっているだけ少し豪華?ではありますが、通常50円くらいのものです。ツアーで出る食事としては最安値かもしれません。くせのない味ですが、水なしには食べられないボソボソした感じです。

コシャリ


14:20 MS-0735にてイスタンブールへ向かいます。初日から慌しいです。

次回はトルコのエディルネをレポートします♪

トルコ・エディルネ

2012/07/31 (2日目) 続き

17:25 イスタンブールに到着。入国して両替、1万円が217.25TL、1リラが約46円。

18:40 空港を出発してホテルへ。トルコは99%がイスラム教の国でもあまり厳しくなく、政教分離だし、皆が断食しているわけではないけど、今回のランド、ドラークさんはドライバーやスルーガイドに業務中の断食を禁止しているそう。会社の方針でバスでは水の販売もしないそうです。

19:00 イスタンブールのホテル、アクギュンに到着。日本から0泊2日、やっとたどりついたホテルに少しほっとします。イスタンブールの中心地から結構離れたテオドシウスの城壁の近く。5つ星だけど、設備はイマイチ。スリッパ、ポット、水が部屋に1本、ミニバー有。コンセントが少ない。水周りはどの部屋も調子悪い。InternetはWi-Fiが無料(パスワードはフロントで)。

アクギュンの部屋


2012/08/01 (3日目)

8:30 バスでホテルを出発し、エディルネへ向かいます。最近世界遺産に追加されたばかりのホットな町で、通常あまりツアーには組み込まれていません。ブルガリアとギリシャの国境に近い町です。車窓の長閑な景色を見ながら、トルコの一般的な案内に耳を傾けます。月収が平均6万円くらいとか、ガソリンが1リットル約200円もするとか、でも高速道路の料金はとても安いとか。

イスタンブール-エディルネ間の車窓景色


11:30 エディルネに到着です。ピンクの建物は町の市役所。さすがヨーロッパ寄りの町という感じの建物です。オスマントルコ時代、イスタンブール遷都前の首都だった町というのは意外なくらいの小さな町のようです。

エディルネ市役所


11:35 エディルネで最も有名、というかトルコ随一の美しさとも言われるセリミエ・モスクに入場観光です。ミナール・スィナンという偉大な建築家がアヤソフィアを超えるドームを作ることを目指して建てた晩年の最高傑作で、世界遺産です。写真は中庭と身を清める泉亭です。

セリミエ・モスクの中庭と泉亭


モスクの見学と言えば女性には髪の毛と肌を隠すことが義務付けられていますが、隠すものがない人は、入り口で貸してもらえます。上着、スカート、スカーフが用意してあります。といっても、イスラムの国に行くのに、ノースリーブ短パンとかで行く人はちょっと配慮がないと私は思いますけどね。

貸し出し用のスカーフ、スカートなど


4600人収容のモスクは、とても美しく、最初の観光だから、というのもあいまって、皆からため息がもれました。イスタンブールには青を基調としたモスクが多いですが、赤い色も使われて、スペインのイスラム建築も思い起こさせます。

セリミエ・モスクの内部


中央に屋根のついた泉のような場所がありました。何に使うかよくわかりませんが、ミュエッズィン席というものらしいです。柱に逆さチューリップの彫刻があるそうですが、私は見損ねちゃいました。

セリミエ・モスクの内部中央にあるミュエッズィン席


直径31.5m、高さ43.5mの大きなドームと、周りの回廊、多くの窓から入る光で、美しく輝くモスクは、世界遺産と言えど、観光客もまばらで神々しい雰囲気。私はとても気に入りました。説教壇ミンベルとミフラーブ周辺は特に輝いて見えます。

セリミエ・モスクのミンベルとミフラーブ


小さなエディルネの町を次の見学場所、ユチュ・シュレフェリモスクへバスで移動します。明るい感じのきれいな町です。

エディルネの町中


12:15 すぐにユチュ・シュレフェリモスクに到着です。ここは中はさきほど行ったセリミエ・モスクに比べると平凡なモスクですが、4つのミナーレが順次加えられ、それぞれデザインが違うのがおもしろいです。ねじれたらせん状のもの、ダイヤ、格子にストライプ。イスタンブール遷都前は、このモスクが最大のモスクだったそうです。

ユチュ・シュレフェリモスクとユニークなミナーレ


入り口付近には、お祈りの時間の掲示板があります。このお祈りの時間にあたってしまうと、お祈りが終わるまで観光客は入場できないのはどこのモスクも同じなので昼と夕方は避けて訪問する必要があります。

お祈りの時間


観光は2箇所のモスクだけで、ランチのレストランに向かいます。途中で、川を渡りますが、このあたりに残る石橋はどれもオスマン時代の古いものです。写真はガーズィ・ミハル橋、この先(写真手前)はブルガリアです。奥にセリミエ・モスクのミナーレが見えますが、少し離れただけでほとんど建物もなくなるくらいの田舎という感じです。

ガーズィ・ミハル橋


このあたりまで来ると、古いトルコ風呂など廃墟のような建物がちらほらあるばかりで、何もありません。どんなレストランへ連れて行かれるやら不安がよぎりましたが、バスが通れる橋が限られているのか、遠回りをしていたようです。

古いトルコ風呂


12:45 LNC@RST
初めてのレストランでの食事で各テーブル話が盛り上がります。ハイペースだと15日間話題も持たないよ、と思いながらも楽しく食事します。ちなみに、ビールが10TLまたは4€または5ドル。トルコでの飲み物の値段はだいたいこんな感じです。メインはチキンと白チーズの春巻きみたいなスィガラ・ボレイ添え。

メインはチキン、スィガラ・ボレイ


14:00 エディルネを去る前に、街の中心でセリミエ・モスクの全景を撮るPhoto Stopがありました。
観光化されていない、明るい小さな町は、トルコ観光の新しい一面を見た気がしてとても印象に残りました。

カフェ・セラ前からセリミエ・モスクを撮影


次回は、ダーダネルス海峡を渡りチャナッカレまでをレポートします♪

トルコ・チャナッカレ

2012/08/01 (3日目) 続き

午後は長い移動です。キリットバヒルまでバスで移動し、ダーダネルス海峡をカーフェリーで渡るのです。2日目がハードだったので、疲れが出てウトウトしながらの移動です。時折目を覚ますと、小さなひまわりが景色を埋め尽くす光景が目に入ります。雲行きが怪しいですが、移動だけなので、降るなら今のうちどうぞ、とまた瞼を閉じます。

一面のヒマワリ畑


途中、長めのトイレ休憩を挟み、17:10やっとキリットバヒルの港に到着しました。ダーダネルス海峡を挟んで、アジア側のチャナッカレへ渡るフェリーに乗る列にバスは並びます。空はすっかり青一色となり、港町の爽やかさと明るさにぴったりな天気になりました。

キリットバヒルの港


フェリーはいっぱいになったら出航するというので、どれくらい待たされるかはわからないそうです。ですが、私達のバスがギリギリ載るかどうか、という感じで乗ったので、すぐに出航となりました。

カーフェリー


はみ出たようになんとか載ったバスを降りて、デッキに上がります。約30分の船旅です。バスに乗ることが多いバッケージツアーで、列車や船など別の乗り物に乗ると皆俄然テンションが上がります。

ダーダネルス海峡を渡るカーフェリー


素通りするだけになったキリットバヒルの町に手を振ります。これでしばらくヨーロッパ大陸とお別れです。古くから防衛上の要衝だったこのあたりでは、20世紀にはいってからも激しい戦闘が繰り広げられたわけですが、今ではそんな面影も見られないのは少しほっとします。

キリットバヒルの町、ヨーロッパサイドにお別れ


爽やかな海風をあびながら、皆思い思いにフェリーでの時間をつぶします。
動き回れる乗り物、というのは開放感があっていいですね。小さなヨットやタンカーまで様々な船が海峡を行くのをなんとなく眺めながら海を渡ります。

30分ほどの船旅


ほとんどの人が外のデッキや、一番上のデッキで気持ちよくすごしているので、船内の椅子に座る人はほとんどいないし、売店で何かを買う人もまばらです。

カーフェリーの中


18:30 港からバスで40分ほどのチャナッカレのホテルに到着。コリン、という名前の新しい5つ星ホテルです。ダーダネルス海峡に面している以外には、目の前に大型スーパーがあるだけ、他には周囲に何も見あたらない場所にあります。

コリン


部屋は新しいため清潔感があり設備は良いです。スリッパや湯沸しポットはありませんが、この際それはどうでもいいという感じ。ミニバー有、Wi-Fiは無料だけど、HTL側の設定に1時間くらい待ちます(ID/PW有)。

コリンの部屋


シャワールームからベッドルームが見えるなどちょっとおしゃれな現代的な作りです。バスタブがありませんが、5つ星クラスのホテルにはだいたいプール、ハマムなどが有ります。

コリンのバスルーム


窓からの景色。ダーダネルス海峡が広がります。プールの先から海まで出られそうなので、夕食前にホテルの散策をしてみることにします。

コリンのプールとダーダネルス海峡


海にはブイも浮かんでいたので泳いでもいいのかも知れませんが、護岸工事がされていてなんとなくそんな気分になれないのは少し残念です。

海に入る?


19:15 ホテルで夕食です。今回のトルコ内ではほとんどがホテルで夕食を取るというタイプです。トルコ料理など含めてバラエティ豊かなビュッフェで、前菜、サラダ、メイン、デザートまでかなりの種類がそろっていますので、初日からあれもこれもと手を出すのは避けたいですね。だって飽きちゃいますから。それでもトルコ初めてなら早い段階で少しずつ自分の好みを試すのもいいでしょうね。

ホテルのビュッフェはなかなか品数が多い


デザートも目移りするくらい色々あって皆悩みます。でも見た目だけです。食べたらほとんどのものが劇甘で、そのうち見るだけを楽しむようになります。オススメは夏ならスイカです。甘くてジューシーです。

デザートはどれも甘い


20:30 食後はグループで知り合った何人かの一人参加の方達と一緒に、目の前にあるスーパーへ見学にでかけます。スーパーで買った飲食類はホテルへ持込みはご遠慮下さいってことになっているので、注意です。スーパー袋で堂々とホテルに入ると預かりますってことになるらしいです。

ちなみにこのスーパーには大抵のものが売ってました。水着から日用品、スーツケースまで、もし持ってくるのを忘れたものがあれば買うのにぴったりです。
写真はスイカ。1Kgで0.59TL、つまり30円弱です。スイカがどれくらい重いかわかりませんが、仮に10kg分でも300円しない。すごく安いんですね。

スーパーで山積みされているスイカ


次回はトロイをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR