FC2ブログ

トルコ・トロイ遺跡

2012/08/02 (4日目)

8:00にチャナッカレのホテルを出発して、25分でトロイ遺跡に到着。遺跡は8:30からなので、一番乗りでした。こちらホメロスの叙事詩イーリアスで有名なトロイの木馬、の再現模型。話を読んだことあるか別として、木馬に隠れて敵の城内に入り奇襲に成功したという話は誰もが記憶の隅にあるのでは。この木馬は中に登れるので、潜んでいた兵士の気分にもなれます。

トロイの木馬


木馬の脇には小さな展示エリアがあって、トロイ遺跡の遺跡図があり、そこでガイドが遺跡の説明をします。紀元前3000年頃から集落が作られ、上に折り重なるように、時代の異なる都市が9層にも渡って作られています。今はすっかり内陸に位置していますが、当時はすぐそこに海岸があったようです。

トロイの遺跡図


遺跡の入り口で足元を見ると、あちこちに貝殻が埋まっています。昔、海だったというのはこういうことからわかるわけですね。

昔は海だった証拠


遺跡見学の最初は、第6市の南東の塔とイースタンウォール。この遺跡の中ではこれでもかなり保存状態がいい方。第6市はイーリアスの舞台となったトロイではと言われる時代のものです。エジプトで言うとツタンカーメンなど新王国時代ですね。立派な城壁は全長550mのうち約330mが残っているそうです。

第6市の南東の塔とイースタンウォール


トロイの遺跡は、概ねこんな感じのところどころ石垣やら礎石らしきものが残っているだけのもので、特に遺跡に興味のない人にとってはかなり退屈な遺跡かもしれません。最初に見た復元図のようなものを頭に入れておかないと、想像力を発揮することも難しいです。

トロイ遺跡


アテナ神殿のあたりからの眺め。トロイの都市は何層にも渡って築かれているので、周りの土地から見るとちょっとこんもりとした丘の上、といった感じになっていますので、眺めがちょっといい感じです。丘の下はのどかな田園風景が続きます。昔は入り江だったところです。

昔入り江だった田園地帯


見学ルートは一方通行のほぼ一本道で、足場が組まれている場所も多く、遺跡と言っても歩きやすい方かもしれません。また、割と木も多く、木陰で説明を聞けるのも嬉しいです。

遺跡の見学ルート


ただの石積みが多いなか、神殿か何かの一部分でしょうか。きれいに細工された石がその辺にごろっと転がっています。発掘や整備が全て終わっているわけではないので、発掘隊に加わったような気分もちょっとだけ味わえます。

彫刻された石


屋根で保護されているのは、第2市のメガロン、大広間のついた部屋という意味らしいけど、どんな役割の建物だったのかは不明。この第2市の層で、プリアモス王の財宝と言われる黄金の首飾りなどが発見されているそうです。発見者のシュリーマンは第2市が叙事詩のトロイの舞台だと思って財宝にそんな名前をつけたようですが、叙事詩の舞台は第6市か第7市というのが今の定説です。

第2市のメガロン


遺跡の中には、あちこちにちゃんと復元予想図や解説文があり(もちろん日本語はないですが)、個人でゆっくり見て周るのも良さそうです。今回はイヤホンガイドもなかったので、ガイドの話はほとんど聞かず、一番後ろからゆっくり見て周りました。

遺跡の解説版


このあたりは第1市の住居跡などがあります。まだ初期の青銅器時代だった頃のものです。正直言うとどんな集落があったのだろうか、全く想像できません。

5000年前の住居跡


こちらはシュリーマントレンチ。トロイ遺跡の発見者のシュリーマンが掘った溝のひとつです。今から見ると少々乱暴な掘り方をしているので、上の遺跡を壊しながら下の遺跡を発見しているという感じですが、異なる時代の層が折り重なっているのが一番よくわかる場所です。

シュリーマンのトレンチ


第2市の舗装された傾斜路です。城門への入り口であったことがわかります。この先に門があり、城壁が取り囲んでいた町が少しは想像できます。この下の堀でプリアモスの財宝が発見されたそうです。

第2市の城門への入り口


第7市から第9市あたりに聖域だった場所。 丸い井戸のようなものは、生贄の動物の血を洗い流したと言われています。アレキサンダー大王も訪れ、神々に捧げ物をしたとも・・・。

聖域


見学ルートの最後はローマ時代の第9市の部分。オデオンと言われる小さなローマ劇場などが見所です。遺跡の見学は一周約1時間弱。つまりトロイはそんなに大きな都市ではなかったということになります。

オデオン、ローマ劇場


約5000年前から2000年前までの3000年間のひとつの町の歴史を1時間で見るのはちょっと消化不良ですね。時代による城壁の違いなどを見ながら、もうちょっとのんびり見てみたい遺跡でしたが、大抵の人からは「ふーん」という程度の反応が多い遺跡なので、ツアーならそんなに時間もらえないのも仕方ないですね(笑)

次回は、ベルガマのアスクレピオン遺跡をレポートします♪

トルコ・ベルガマ(アスクレピオン遺跡)

2012/08/02 (4日目) 続き

トロイ遺跡から3時間かけてベルガマまでやってきました。今回のトルコ内の移動に使うバスではWi-Fiが使えるので、長い移動も楽しく過ごせます。といっても通信環境がまだそれほどよくないのか、接続は不安定だったりしますが。ランチを町の近くでとった後、町の中心部まで来ました。奥の小山の上には、ペルガモン遺跡がありますが、今回は観光に入っていません。

ベルガマの中心部


13:30 古代の医療センター、アスクレピオン遺跡に入場観光です。ペルガモンが栄えた紀元前4世紀からの施設で、ギリシャの医神アスクレピオスの神託を授かる場所でした。遺跡に入場してしばらく歩くと、聖なる道という参道に出ます。

アスクレピオン遺跡の聖なる道


アスクレピオン遺跡の地図と、復元想像図です。遺跡を見るときには、できるだけどこに何があったのかを把握して位置関係など地図を頭に叩き込みます。後でガイドブックをみたりして、答えあわせをすることが多いですが、現場ではガイドブックのオススメを確認することじゃなく、現場の情報だけで自分が惹かれるものを見るようにしています。

アスクレピオン遺跡の地図と復元予想図


参道の終わりに来ました。ここからは神域で、かつては門があり、壁に「死はこの門を入るべからず」といったような事が書かれていて、治癒の見込みのない人は門前払いされていたそうです。医療センターといっても、治る見込みのある人だけが入れ、決して死者を出さないというのは、精神的な意味合いの強い医療だったのだろうと想像できます。

神域の入り口


入り口を入ったところに、ひときわ白く目立つ円柱が置かれています。彫刻された蛇はアスクレピオスの象徴で、脱皮する蛇は再生の象徴でもありました。また、入場を断られた人が、絶望からその場で死のうと毒蛇から毒を取り出して飲んだところ奇跡的に病気が治ってしまったという逸話もあるそうです。

蛇の彫刻のある円柱


神殿や治療棟の方へ入っていきます。円形の建物だったようですが、上から見ないとよくわかりません。治療棟といっても、一体どんな治療がされていたのか定かでなく、自然治癒能力に頼ったものだったという説が強いようです。

神殿、治療棟へ


こちらは地下道です。中庭から治療棟へと続く82mの通路には、10個以上の天井の明り取りの窓があります。古代の人たちが治療へ向かって歩いたのと逆に中庭方面へと歩きます。わざわざ地下のトンネルを通らせて治療に向かわせるのには、儀式的、心理的な意味もあったようです。

治療棟へ続く地下道


こちらが地下道への入り口。中庭を斜めに渡る形になっています。保存状態がかなりいい地下道です。今通っても何だか神秘的な気分になります。

中庭にある地下道入り口


トンネルを出たところで後半はフリータイムです。学校のグランドほどの中庭を中心に残りの見所をそれぞれ見て周ります。こちらは聖なる泉。今も水が湧き出ていて、微量のラジウムが含まれているとのことです。

聖なる泉


聖なる泉の後ろには医療センターには似つかわしくないローマ劇場があります。どうやら、観劇や音楽なども治療の一環として利用されていたようです。

野外劇場


3500人収容の中規模サイズです。上まで登ってみました。ローマ劇場に来たらどうしても一番上まで登ってみないと何だか負けた気がするのです。高所恐怖症ですが、この規模ならばそんなに恐くはありません。

野外劇場上から


劇場の一番上まで行くと、向こうにペルガモン遺跡の丘の上のアクロポリスが見えます。初めてトルコに来た時に見た野外劇場の規模と斜度は今も記憶に残っています。あちらの劇場は正直怖いです。

野外劇場の上からアクロポリスをのぞむ


中庭には聖なる泉の他にもいくつか泉だか沐浴場だかと思われるきれいとは言えない水たまりがありました。病気が治るといわれても足もつけたくないなぁと思えるような水でした。

沐浴場?


でも良く見ると、カメが泳いでいます。他の水がたまったところにもカメがいました。一体いつから住み着いているんだろうと、どうでもいい疑問が頭から離れませんでした。

カメの住みか


遺跡の中心部は入り口や駐車場からは結構距離があるので、集合がバスになっているので少し早めに戻らなくてはいけません。参道を戻ると目の前にアクロポリスが見えます。この聖なる道もかつてはアクロポリスのふもとまで続いていたらしいです。

アスクレピオン遺跡の参道とペルガモンのアクロポリス


遺跡見学時の気温は34.5℃。思っていたほど暑くなく、汗がダラダラ流れるほどではありませんでした。むしろ風もあって気持ちいい遺跡見学になりました。
14:20 クシャダスに向かって出発です。

次回はクシャダスをレポートします♪

トルコ・クシャダス

2012/08/02 (4日目) 続き

14:20 ベルガマのアスクレピオン遺跡を出発し、エーゲ海に沿った街を通りながら南下して、クシャダスへ向かいます。トルコの道路は舗装状態もいいので、快適な移動です。バスのWi-Fiが途中から繋がらなくなったので、景色を見ろというお達しだと判断して、通り過ぎるだけの町を眺めます。

ベルガマからクシャダスへの移動中の車窓景色


トルコ周遊旅行は毎日バス移動が長いので、約1時間半ごとにトイレ休憩を挟みながらかなりの距離を走ります。エフェソス遺跡の脇を通ります。こちらは明日の観光です。それにしても、イスタンブールの空港で見かけた溢れる程の日本人グループにまだ全く遭遇しません。少しゆとりのあるツアーなので、コースや移動時間が少しずれているようです。

エフェソス遺跡付近


17:20 クシャダスの街を見下ろす展望台にてPhoto Stopです。ギュウェルジン島はここから写真を撮るだけ。下車30分と書いてあったからてっきり島に渡るのかと思っていたら、遠くからの写真撮影だけでした。4年ほど前自由散策した街なので、私はいいですが、ちょっとがっかりした人も多いはず。ギュウェルジン島は右奥の小さな島です。

クシャダスの街


天気がどんよりになってきましたが、緑に写る木のほとんどはオリーブの木です。トルコでもオリーブの栽培は盛んで、オリーブオイルやオリーブ石鹸などもお土産として人気があります。

オリーブ


17:40 クシャダスの街から少し離れたホテル、アダクレに到着。なんだか外見は、怪しげな宗教団体の本部、みたいな感じです。変わった屋根がついていますが、エーゲ海に面した崖に建っているリゾートホテルで5つ星です。

アダクレ


コンセントの数も多い使いやすい部屋で、設備は、バスタブ有り、スリッパなし、ポットなし、空の冷蔵庫有り。Wi-Fiは無料、パスワードはフロントで。このホテルの難点はエレベータが小さくて遅いことです。

アダクレの部屋


せっかくエーゲ海のリゾートホテルに来たので、夕食前にプライベートビーチまでいくことにしました。夕食の待ち合わせに間に合わなかったらキャンセルということで、と添乗員に断り、一人参加女性5人でビーチへ向かいます。まず、B2までエレベータで降り、さらにもう一本エレベータを乗り継ぐとプールに出ます。その先にさらにまたビーチに下りるエレベータがあります。

3本のエレベータを乗り継いで眼下のエーゲ海プライベートビーチへ


3本目のエレベータの上から撮ったプライベートビーチ。波が高く、思ったよりは透明度がありません。エーゲ海のきれいな海でちゃぷちゃぷ、というイメージとは少し違います。

アダクレプライベートビーチ


ですが、エーゲ海で泳ぐチャンスは今をおいてないので、やっぱり海に入ることにしました。波に躊躇していると、現地ガイドが「あっちの方がきれいだよ」と右奥の方を指差したので、そちらから海に入りましたが、足は全く届かないし、波もあって、泳ぐどころじゃなかったというのが本音。

プライベートビーチ


既成事実としてエーゲ海に入った、と満足し、プールで塩を洗い流します。プールは19時まで、スライダーは18時まで、だったようで、もう少し早く着いていればいろいろ楽しめたところでした。

プールやウォータースライダーもたくさん


19:30 DNR@HTL
部屋に戻ってさくっと着替えて夕食に間に合いました。トルコのホテル食はほとんどビュッフェです。既にトルコ料理に(実は最初から)飽きているし、食事制限もあるので食べられるものがあまりなく、パンやフルーツでお腹を満たします。どのホテルもビュッフェの飾りつけは結構きれいにしています。

アダクレのビュッフェ


このホテルは飲み物代など現金清算がその場でできずルームチャージのみ。4日目にもなると仲良くなった人たちとの話もはずみます。20:30、そろそろ場所を変えますか、と席をたったらちょうど夕日が沈むところでした。テラスに出て写真を撮ろうと思ったけど、ちょっと遅すぎたようです・・・

夕日に染まるエーゲ海


2012/08/03 (5日目)

8:30 ホテルを出発し20分、エフェソス遺跡へ行く前に、革製品の店に寄ります。トルコツアーではお決まりのショッピングです。お店ではまずファッションショーを見ます。何組かの押したら買いそうなお客さんが選ばれてモデルを務めるのもお決まりです。

革製品のお店で定番のファッションショー


品質はとてもいいし、軽くて丈夫なので、欲しい人にはオススメです。ジャケット、コートは10万円前後でしょうか。私も最初にトルコを訪れた14年前に買ったトレンチコートをまだ愛用しています。セールスは愛嬌ある感じでアジアのお土産屋ほどはしつこくないのもいいです。

高品質の革製品はいかがですか


次回はエフェソス遺跡をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR