ペルー・クスコ①

お待たせしました。ペルー旅行から帰国すると帰国便に乗っている間に義父が亡くなっていて、翌日疲れた体で片道7時間かかる帰省、葬儀をすませて先ほどやっと帰宅しました。ようやくゆっくりできます。それでは、ペルー旅行の旅レポートスタートです。

2012/01/19 (1日目)

今回は羽田空港から出発。深夜00:05発の全日空NH-1006ロサンゼルス行きでまずロスまで飛びます。飛行機の搭乗レポートは旅レポートの後にしますね。

16:35 ロサンゼルス到着後は、空港の目と鼻の先ラディソンホテル ロサンゼルス エアポート
にて一泊。

2012/01/20 (2日目)

11:50 ロサンゼルス発、LAN航空LA-601、リマ経由サンティアゴ行きで、リマまで移動。
23:45 リマ到着。ペルー入国に時間がかかると聞いてましたが、飛行機が空いていたからかスムーズに入国できました。

ターンテーブルの脇で両替。3箇所くらいあるけど、それぞれレートが違います。ペルーをツアーで周るなら米ドルが通用するというので、20$を両替。51.3ソル(1ソル約31円)。ちなみに、空港では日本円も両替できるけど、1000円が22ソル(1ソル約45円)、日本円からのレートが極端に悪いので要注意です(両替所によるかも知れないけど)。

00:10 やっとペルーに足をつけました。空港を出ると何とも言えない干物の匂いがしました。東南アジアの魚市場に行ったような匂いです。近くの港付近にある魚粉工場から風向きによって悪臭がリマを覆うそうです。

リマ空港


00:45 ホテル到着。ベストウェスタン エンバハドーレス。といっても、宿泊というよりは休憩。それでもパスポートはHTLへ預ける必要があります。シャワーのみ、ミニバーあり。シャワーをあびて、大きい荷物を持ち込めないマチュピチュ行きの為の2泊分の荷物を作ります。

ベストウェスタン エンバハドーレスの部屋


2012/01/21 (3日目)

4:00 寝る暇もないままホテルを出て再びリマの空港へ向かいます。
6:45 LA-2015 リマ発クスコ行き。南米の旅行は飛行機の乗り継ぎが多い上、早朝出発とか多くて本当にしんどいです。

8:25 クスコ着。空港が街の中にあるようで、飛行機を出たら、どこかで見たような景色に囲まれています。山肌に張り付くように立つ家々が特徴的な街です。

クスコ空港


標高3400mもあるクスコでは、空港のターンテーブルの脇でもう携帯酸素缶が売っています。私はやはり高度にものすごく敏感なようで、着く早々頭痛と体の重さを感じました。

クスコ空港では携帯酸素缶が売っている


クスコの空港はインターナショナルとか書いてありますが、日本から行く場合、結局のところ飛行機3本乗り継ぐのが普通です。ここで、JSG(菅野美穂さんの弾丸トラベラーのガイドさんでした)とミート。

クスコ空港


小さめのバスに乗り、予定を変更して5日目にするはずだったクスコ観光へ。まだ体内に酸素が残っているし、時間があるので先に観光してからマチュピチュへ向かうことになりました。
9:15 サントドミンゴ教会(コリカンチャ/太陽の神殿)前でバスを下車。

サントドミンゴ教会(コリカンチャ/太陽の神殿)


バスを降りて、教会へあがっていく途中、道路につまずいて靴のゴム底がべろんと取れてしまいました。靴紐で応急手当をします・・・。なんだか幸先悪いです。
サントドミンゴ教会は入場見学。現在は教会&修道院なので、入るとヨーロッパ調の建築と中庭が姿を見せます。

サントドミンゴ教会中庭


ここは元はインカの黄金の太陽の神殿があったところで、土台だけ残し取り壊され、後に教会が建てられました。中庭を囲む回廊に、古いインカ時代の石組みなどが残されていて、インカの巧みな石の細工を見ることができます。写真は使用された最も小さな石、が組み込まれていますが、一緒に写したボールペンと比べてもその小ささ、回りの石との接合の見事さがわかるでしょうか。

組み込まれた最も小さな石


こちらは3つの窓が同じ高さに作られている壁です。インカでは3と言う数にこだわりがあります。カイパチャ(地上の現世界)、ウクパチャ(地下の世界)、ハナンパチャ(天上世界)という3つの世界観を表しているようです。

3つの窓が重なる


インカ時代に作られた石組み建築は、地震にも強く、建物の内側に10度ほど傾斜しています。耐震設計がしっかりしていたからこそ、現代にまで姿をとどめているものが多いわけですね。

内側に傾斜したインカの時代の壁


インカ時代に加工された石がゴロゴロと置いてある場所があります。どうやって作った?という形のものばかり。見事な細工ですが途方もない時間をかけているんでしょうね。

見事に加工された石


教会のテラスのようなところから見たクスコ市内の眺めです。だんだん頭痛が増し、立って説明を聞くのがしんどいくらい体に負担がかかってきました。後半の太陽の神殿、月の神殿といった部屋の見学は説明も上の空、座り込んだり、という状況でした。

サントドミンゴ教会から見たクスコ市内


小さな庭で、長細いトランペット型の花にハチドリが来ていました。高速で羽ばたき、ホバリングする鳥です。このときみたのは青いきれいなハチドリで、写真中央やや右、上から1/4くらいのところにいるのですが、はばたきが高速なので、写真に収めるのが大変です。そして飛ぶのも早いのでホバリングしている時以外は目で追うのも大変でした。

きれいな花によってくるハチドリ


11:00バスに戻り、アルマス広場へ移動します(歩いても近いはずですが・・・)。
次回もクスコ観光の続きをレポートします♪

ペルー・クスコ②

2012/01/21 (3日目) 続き

ペルーは南半球にあるので、今は夏、という事になりますが、様々な格好をした人々が道を行き来しています。ダウンを着ている人から半そでまで。伝統的な格好をした人もよく見かけます。私は日本から着ていった上着を着ていましたが、日向では少しばかり後悔しました。

クスコの街を行きかう人々と様々な服装


11:10 レゴシホ広場前でバスを降り、一区画先のアルマス広場に来ました。かつてのインカ時代にも帝国の中心だった場所です。左はビラコチャ神殿の跡に建てられたカテドラル。右はワイナ・カパック宮殿跡に建てられたラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。

アルマス広場


アルマス広場の真ん中には噴水があって、インカ皇帝(おそらくパチャクティ?)の像が建っています。かつて、この広場に黄金の像がたくさん建っていたそうです。この噴水の像は、何かの記念(マチュピチュ発見100周年?)のために一時的に設置されたもので撤去の予定だそう。

アルマス広場の噴水


アルマス広場からはクスコの山肌にこびりつくようにびっしり建つ家々を見ることができます。この広場は周囲の建物との調和が何ともいえない独特の雰囲気をかもし出しています。スターバックスですら、景観に溶け込んでしまっています。

アルマス広場近くのスタバ


12角の石を見にアトゥンルミヨク通りへ向かいます。この通りの先の道もクスコらしい風情です。クスコらしいとは、石畳と坂道と言えばよいでしょうか。標高が高い上にこう坂道が多くては観光客は中心地からちょっと離れて散策、と気軽に歩き回るのは難しいです。

クスコの道路


こちらが12角の石。諸説あるようですが、何だってわざわざこのような複雑な組み合わせを試みたのでしょうか。

12角の石


中央に写っているのが12角の石です。かなりの大きさです。この周辺の石も単純な四角のものは少なく、どれが何角だか数えるのが大変。

12角の石があるアトゥンルミヨク通り


11:40アルマス広場に戻り12:30までフリータイムになりました。ガイドのアシスタントさんに案内してもらって、壊れた靴の代わりを買いに近くの靴屋さんへ行きます。怪しげな店が多い中、まともな店に案内されてほっとしました。

機能的な靴を主に売っているアルマス広場近くの靴屋さん


デザインはどれもまぁまぁで、サイズの在庫がある中から履いて痛くなさそうなものを選び購入。ペルー製、37US$。履いていた壊れた靴は処分してもらいました。これでマチュピチュで遺跡やら山やら歩くのに安心です。

37ドルで買った靴


買い物の後、案内されなかった14角の石を見に行きます。12角の石のある宗教美術博物館の区画にあるのですが、区画手前を右に曲がったところにあります。扉の右側にあるのがそうですが、高さは手を伸ばして届くかどうかという所で歩道が狭く車に注意が必要です。

14角の石


下から見上げるとこんな感じ。14角もあるのにぴったりと周りの石と接合していて見事です。まるで浮き彫りの彫刻のようですね。

14角の石をアップで撮影


インカの石垣をぐるっと回ってアルマス広場へ帰って来ました。時間が10分弱あったので、カテドラルをちらっと見ようと思いましたが、入場料が千円くらいする上、撮影禁止だったので、5分かそこらちらっと見るだけではもったいないと、外観だけで我慢しました。

12:35 アルマス広場に面したRSTにてLunch。スープとパスタ、コカ茶にフルーツというメニューでしたが頭が痛くて半分ほどしか手がつけられませんでした。伝統的な演奏がついていましたが、一人で何役もこなしていたのが印象的でした。

ランチを盛り上げるフォルクローレ


クスコは標高が高いので、レストランにも酸素ボンベが常備されていました。頭上を振り返ってそれを見たとき、とにかく早くこの街を出たい、それしか考えられませんでした。

レストランに設置されている酸素ボンベ


食事中後から来た日本人グループの添乗員さんが、1年ちょっと前にご一緒した方でした。こうもよく再会すると地球は狭いなぁと感じてしまいます。あまり波長の合う方ではなかったので、声はかけずに置きました。

さて、いよいよマチュピチュ村へ向かって移動です。
次回は、クスコ~マチュピチュ村の道中をレポートします♪

ペルー・クスコ~マチュピチュ

2012/01/21 (3日目) 続き

14:00 バスにてオリャンタイタンボへと出発。バスといってもクスコは大型バスが使えないのか30人乗りくらいの窮屈なバス。道路事情があまりよくないのかバスが結構揺れます。天気は変わりやすく雨が降ったり。車窓はきれいな緑が続くけど頭痛がひどくて眺める暇はない・・・。

クスコ→オリャンタイタンボの車窓景色


途中、聖なる谷を見下ろせるスポットにてPhoto Stop。やたらと空が低く感じられます。
そして、動いたことによって頭痛が増します。

聖なる谷を見下ろす


谷と反対側の山肌には古そうな段々畑。地元の人がお土産物を広げていましたが、目もくれず。この日の頭痛のピークはここで、写真を撮ったらソロソロと歩いてさっさとバスの座席におさまります。

インカ時代の段々畑


頭痛と日差し(さっきまで雨降ってたのに!)にうなされながら朦朧としているうちに、16:10オリャンタイタンボ駅に到着。舌をかみそうな覚えににくい地名です。ここから列車に乗り換え、マチュピチュ村へと向かいます。

オリャンタイタンボ駅


こちらが乗車したインカレイルの列車。ペルーレイルしかないと思っていたけど2年ほど前から参入したらしい。持ち込める荷物は大きさが決まっていて重量も5kgまで(量ったりはしないけど)。乗車にはパスポートの提示が必要です。

インカレイルの列車


インカレイルの座席。座り心地はかなり良いけど、列車は相当揺れます。車内は狭く、いわゆる網棚みたいなものもないので、荷物の置き場を確保するのが大変。座席の裏側に置くしかないです。ドリンクサービス付き。

インカレイルの車内と座席シート


16:36発の列車は、ウルバンバ川沿いをすすみます。いつもは静かというウルバンバ川も雨季のためか濁流と化しています。以前、洪水でレールが流され、マチュピチュに取り残された人々がヘリコプターで救助されることがありましたが、そのシーンが頭をかすめます。

濁流となって荒れ狂うウルバンバ川


窓が開くし、標高もどんどん下がっていくので気分がよくなってきました。車窓を楽しむ余裕がでてきます。高い山々に囲まれ、家などはほとんど見かけず、遠い奥地へ来たことが実感できます。途中からは、インカ道をたどって徒歩でマチュピチュへ行くこともできますが、何泊もかけて険しい道を歩きます。道路はもはやありません。それでも山を歩いている小さな人影がときおり見えました。

切り立った山々


18時過ぎ、マチュピチュ駅に到着。いやぁ、日本を発って、飛行機3本、バスに列車と乗り継ぎ、やっとのことで麓までたどりつきました。この駅にはそんな世界中からの旅行者がひしめいています。

マチュピチュ駅


歩いて5分足らずのHTLへ。マチュピチュ村はほんの少し前までアグアス・カリエンテス(温泉という意味)と呼ばれていた標高2000mの小さな村です。インカ・パチャクティ通りにあるエル・マピに2連泊。写真左手がエル・マピのRSTなどの建物です。

インカ・パチャクティ通り


部屋はモダンな作り。シャワーのみバスタブなし、冷蔵庫なし、水ボトル有、バスローブあり、InternetはWi-Fiが無料(フロントでパスワード)。

エル・マピの部屋


19:30 DNR@HTL
スタッフはフレンドリー。お料理は盛り付けが凝っていて味もまぁまぁですが、私には香辛料が合わなくて途中でお腹が痛くなりました。写真はデザート。たくさんの種類の中から好きなものを選ばせてくれます。

エル・マピのレストランのデザート


ホテルの周囲はこんな感じで、見た目きれいなホテルも同じような建て方で建てたのかと思うとちょっとぞっとします。何しろ、ペルーは地震の多い国ですから。

エル・マピの周辺


とはいっても、このホテルは2階建てのいくつかの棟からなっているので安全そうです。
窓からは山の景色が見え、川の流れる音が聞こえてきて、落ち着いて滞在できる感じです。

エル・マピの客室棟


明日は、いよいよマチュピチュ遺跡の観光です。
期待にワクワクしながらも疲れた体を休めることに努めます。
次回は、マチュピチュ遺跡観光をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR