ベルギー・アントワープ~ブリュッセル

12月に一人参加(!)したクリスマスマーケットツアーの旅レポートスタートです♪

2011/12/14 (1日目)

私にしては珍しく集合時間の1時間近く前に成田空港へ到着。その理由は、KLMが自動チェックイン機を利用した個人チェックイン方式をとっているため。どうしても通路側をGETしたくて。
ですが、空港についた途端に愕然とします。なんと、既に、「遅延」の文字が・・・。

チェックインカウンターでは「本日はツアーコンダクターとしてご搭乗でしょうか」と開口一番。ほーら、来たよと内心思いながら、ちょっと待て、今日はジーンズで超カジュアルなのにと密かに憤慨。でもエコノミーコンフォートの席へ上げてもらったので不機嫌は取消。

遅延のせいで出発までまだ4時間近くもある。嫌いな飛行機を待つ時間がそんなにあるかと思うと卒倒しそう。ということで、ラウンジに行く前にめずらしく空港をうろついていたら、ばったりお気に入りの添乗員さんとすれ違いました。空港で人にばったりというのはよくありますが、こうしたすれ違いの再会というのは何だかちょっとハッピーな気分になります。

13:10 75分遅れでKL-0862便にてアムステルダムへ。KLM搭乗レポートはいつも通り旅のレポートが終わってからにしますね。
16:45 アムステルダム到着。到着も75分遅れ。現地係員と合流し、バスにてアントワープへ。

19:55アントワープ到着。スヘルデ川沿いのステーン広場で開かれているクリスマスマーケット会場の近くで下車。クリスマスマーケットが20:00までということでなんと5分のみの滞在!
観覧車がすごく立派でびっくり!

アントワープクリスマスマーケットの大観覧車


近くで見ると、ずいぶんと簡単な作りの乗り物。乗り出して落ちちゃう人とかいないのだろうかとちょっと心配になったりします。これがびっくりするほどの速さで回っているんです。

寒そうな観覧車は高速観覧車


ステーン城(海洋博物館)まで行って戻ってきます。このお城は10世紀頃から要塞として使われていたそう。博物館だったが、現在は中身を移転して内部を公開していないとか。

ステーン城


クリスマスマーケットのお店ももうすぐ終わりの時間ということで、ほとんどが店じまいか、その最中。何か夕飯代わりにちょっと軽いものでも買って食べようかと思っていたけどそんな時間もなし。

アントワープのクリスマスマーケット


こちらはアイススケートリンク。若者がスピードを競って一方方向に滑っていました。
周りのイルミネーションがとてもキレイです。

アントワープクリスマスマーケットのスケートリンク


KLMの遅延のせいもあって、たったの5分の滞在という信じがたい最初の観光。フランダースの犬で有名なかのノートルダム大聖堂も遠めにちらっと見る程度です。

ノートルダム大聖堂


川沿いの道をパーキングまで歩きながら、あまりの物足りなさにその思いをどこへぶつけていいやら心の中では葛藤していました。いくら飛行機が遅れたからって、ぴったり20時に引き上げなくたって、大聖堂の方とか少し街歩きに案内してくれてもいいのに!(後日自由行動日に行ってきたのでご安心を)

スヘルデ川沿いの道


20:50 ブリュッセルのホテル着。トーンブリュッセルエアポート。スタンダードホテルにしては清潔で設備が整っていました。湯沸しポット、冷蔵庫、ドライヤー、バスタブ有り。Internetは有料、24時間で9.95€。ここに3連泊。

トーンブリュッセルエアポートホテルの部屋


激安ツアーなので文句は言えませんが、朝食はひどいものです。クロワッサンは1人1個(笑)。
写真の他はフルーツポンチがあるくらい。毎日同じです。こんなことだろうと思っておにぎりなど持参したので、それほど憤慨しませんでしたが、グループの皆さんはうんざり気味でした。

トーンブリュッセルエアポートのツアー用朝食


ブリュッセルと言っても、実はこのホテルは空港方面のDIEGEMという駅から徒歩で10分の何もないところにあります。駅はなんと無人駅で急行とかも止まりません。店はまったくなく、周囲には大企業の研究所風オフィスがあるくらいで、とても寂しいところでした。街中まで出るのに、30分以上かかる観光にはちょっと不向きなロケーション。夏だったら時間もったいないと思うところでした。

DIEGEM駅


次回は、ドイツのケルン(あれ、また?)をレポートします♪

ドイツ・デュッセルドルフ

2011/12/15 (2日目) 続き

12:45 デュッセルドルフ到着。ここでも70分のフリータイム。写真ではわかりにくいのですが、木々もイルミネーションで黄金色に輝きとてもきれいでした。旧市街の入り口にあたる天使のクリスマスマーケット前です。

デュッセルドルフ天使のクリスマスマーケット


デュッセルドルフのクリスマスマーケットは一ヶ所で行われているのではなく、街中に分散しているイメージです。旧市街奥のマルクト広場のクリスマスマーケットまでまず行きます。
本格的なメリーゴーランドが設置されていました!

マルクト広場の旧市街のクリスマスマーケット


せっかくなので、ライン川を見に行きます。奥に見えるのはオーバーカッセラー橋。
ひと気のない川沿いは、なんだか哀愁に満ちています。

ライン川


ライン川からマルクト広場の間には、大きなクリスマスマーケットでは設置されている仮設トイレがあります。50セント、ドイツではだいたいこのくらいの値段で、仮設なのにかなりキレイに保たれています。ここのおじさんも一人使うごとに除菌してました。

クリスマスマーケットによくある仮設トイレ


マルクト通りをブラブラと散策。ドイツの旧市街はこうした街並みがきれいなので、ただ歩くだけで楽しいです。

マルクト通りの街並み


フィンガー通りに戻り、ROSSMANN(ドラッグストア)でお菓子やハンドクリームなどの配り物用お土産をGET。お土産屋で買うより格段に安く手に入ります。
この通り沿いにもクリスマスタワーがあったり、露店がずっと並んでいます。

デュッセルドルフ・フィンガー通り


天使のクリスマスマーケットの奥にある銀世界のクリスマスマーケットで露店をゆっくり見てまわります。会場ごとにテーマに沿った飾りつけが楽しいです。

銀世界のクリスマスマーケット


グリューワインはカップを見て持ち帰ると決めてから購入。町によって年によってもデザインが違うのでいろいろ集めている人もいるけど、私は1つだけ持ち帰ると決めていました。カップ込みで5€。カップは戻すとカップ代が返ってくるというシステムです。たっぷり入っていて、とても体が温まります。これを飲みながら集合時間まで露店を見て回ることに。

グリューワイン


ケルンで食べたソーセージだけではちょっと物足りなかったので、デザート代わりにシュガークレープを購入2€。日本みたいにあれやこれやトッピングも可能でしょうが、シンプルなのがおいしいです。

クレープ


小さなシュトーレン3.5€も購入。なんだか久しぶりに買おうと思っていたお土産をほとんどゲットした安心感というものを味わいました(いつもは基本お土産を買いません)。
天使のマーケットでは、露店の小屋全部に天使が乗っていて心が和みます。

天使のマーケットの天使の飾りつけ


14:15 デュッセルドルフを後にし、ブリュッセルへ戻ります。デュッセルドルフで小雨が降るか振らないかといった天気だったのが移動中に晴れてきました。車窓の景色がきれいです。毎日、曇りと雨と晴れが体験できるような不安定な天気が続く季節です。

デュッセルドルフからブリュッセルまでの移動車窓


次回はブリュッセルをレポートします♪

ベルギー・ブリュッセル①

2011/12/15 (2日目) 続き

18:00 ブリュッセルに到着。ブリュッセルに入ってから雨が強まったりして気分が落ち込んだけど、中心部では渋滞にはまり、バスを降りる頃にはほぼやんだのでほっとしました。ブリュッセル中央駅近くでバスを降り、アゴラ広場を抜けてグランプラスへ向かいます。アゴラ広場にはほとんど人影もなく別の街のよう。

ブリュッセル中央駅近くのアゴラ広場


ヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も美しい広場」と称賛したグランプラスに到着後は、19:20にゴディバ前集合ということで解散。グランプラスでは、音と光のショーをやっていましたが、見ている人は少なく、人が少ないグランプラスにびっくりしました。写真の建物は市庁舎。15世紀建立、ゴシック・フランボワイヤン様式、塔の高さは96m、18世紀に再建されたものです。

光と音のショーをやっているグランプラスとライトアップされた市庁舎


グランプラス広場に設置されたクリスマスクリッペ。羊が本物です。
聖書では馬小屋となっていますが、クリッペではよく羊がいたりします。

クリスマスクリッペとほんものの羊


セルクラースの像を触りに行こうとしたら修復中で絵になっていました。市庁舎左の星の家の壁に1388年に暗殺された街の英雄セルクラースの像が本来はあります。街を支配しようとしていたフランドル伯爵の旗をおろし、正当な支配者ブラバン公の旗をあげ街を守ったとされる逸話が残っていて、この像に触れると幸せになると言われ、左から右に、右手で触れる、足下の犬の頭をなでる等言われている像です。

セルクラースの像(修復中)


お次はやっぱり見ておかなくちゃと小便小僧を見に行きます。どんな衣装を着ているか楽しみに行ったら、ジュリアン君は想定外のすっぽんぽんでした。1142年に2歳のゴドフロワ2世が敵軍に小便をして勝利を導いた話と、城壁への爆弾の導火線を小便で消したジュリアン少年がモチーフ。18世紀に像を盗んだフランス兵のお詫びとしてルイ15世が衣装を送って以来増え続け世界一の衣装持ちといわれていますが、この寒空の中何も着ていないとは皮肉です。

小便小僧ジュリアン君


戻りがてらプレーンワッフル2€を購入し、熱々を食べながら歩きます。なんだかんだ言っても大好きなワッフルを食べに来たと言っても過言じゃないかも。小便小僧を見た帰りに近くの店でプレーンのワッフルを買うのが私の決まりです。

リエージュ風ワッフル(ゴーフル)


グランプラスから証券取引所方面へクリスマスマーケットを見ながらブラブラと歩きます。
この日はもうクリスマスマーケットにちょっと食傷気味という感じなので、ほぼ素通り。

ブリュッセルのクリスマスマーケット


証券取引所の前でも露店が出ていました。でもここまで来て私はクリスマスマーケットに別れを告げ、目当てのスーパーマーケットを目指します。観光はもういいので、お土産と夜食の仕入れです。観光を残しては重いものは持って歩きたくありませんが、後はバスでホテルに帰るだけなので。

証券取引所


証券取引所からすぐの地元のスーパーマーケットデレーズ(DELHAIZE)に行きます。品揃え抜群のオススメスーパーです。街中にここのミニスーパーもあります。ピルスビールジュピラー(Jupiler)などを大量に買いました。1€以下の手ごろな値段で売っています。ベルギーには800もの銘柄があるビール、何種類か買ってみました。

スーパーマーケットデレーズ(DELHAIZE)


集合まで時間があったので翌日のためにイロ・サクレのブッシェー通りを下見に。結構閑散としていて、客引きを避けながら歩くのが大変でした。

時間に合わせてグランプラスへ戻ります。フリータイム中に事件があったらしく一時グランプラスを締め出されるというハプニングがあったそうです。出発直前にリエージュで無差別テロがあったばかりなのでひやっとしましたが、夜の女性一人歩きが終わった後なので知らぬが仏、という感じです。

グランプラスの市庁舎とクリスマスツリーのライトアップ


20:00 ホテルに到着。明日は終日フリータイムです。さて、どこに行くでしょうか?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR