ロシア・モスクワ①

昨日、無事に帰国しました!
それではお待たせしました、旅レポートスタートです♪


2011/10/06 (1日目)

12:00発SU-0584便にてモスクワへ。アエロフロート・ロシア航空の搭乗レポートは旅レポートの後で。機内から見下ろすモスクワの景色は、木々が黄色く色付き、紅葉のシーズンに間に合った事を確認!

機内からのモスクワの眺め


18:20 空港を出てホテルへ。そして、すぐにモスクワ名物の洗礼を受ける。そう、渋滞です。第二の夏と呼ばれるこの短い季節は別荘に向かう車で特に混むとか、木曜なのに一日休んで週末を郊外の別荘で過ごす人が多いようです。モスクワ1200万人のうち約60%もの人が別荘を持っているのだそうです。

20:00 ホテルに到着。コスモス。設備は冷蔵庫があるくらい。Internetは私が泊った高層階はWi-Fiがあるようでしたが、有料で、手続きが面倒そうだったので利用を断念。

コスモスホテルの部屋


2011/10/07 (2日目)

21Fの部屋の窓からの眺め。朝7:00頃の朝焼けの風景。このあたりには古いアパートが多いですが、もう少し郊外に行くと、最新のきれいなマンション群もありました。モスクワでは住宅バブルが起きていて、マンションの値段は10年かそこらで7倍にもなったとか。建設ラッシュといった感じにも見えました。

コスモスホテルからの眺望、朝焼けのモスクワ


はじめての朝食。種類はまぁまぁあって割と普通。右上の白いカップに入ったものは、ロシア版のお粥のようなもの。一口食べて、ギブアップ。お粥というより、オートミールに近い?どのホテルにもあるようですが、二度と食べてみようという気が起きない食べ物でした・・・

コスモスホテルの朝食


ホテルのロビー。まるでどこかの中央駅みたいな空間。セキュリティはしっかりしているものの、いろんな人が行き来し、ソファーでぐったりしている姿などがあり、思わずカバンのファスナーとかをチェックしたくなるような、そんな雰囲気。

コスモスホテルのロビー


ホテルの外観。巨大です。ロシアらしい建物。1700室以上あるようです。

コスモスホテルの外観


ちなみに、ロシアでは旧ソ連からの流れ、か滞在登録という手続きをする必要があります。もっともホテルが代行するので、チェックイン時にパスポートを1晩預けます。そして、観光時にはパスポートを携帯しなくてはいけないというルールがあります。自由、な観光は今もってできず、前もった計画と予約が必要で、それに基きビザも発給されるので、個人旅行は面倒そうです。

8:45 ホテルを出発。いよいよ観光スタート。
9:50 モスクワ大学にてPhoto Stop。いかにもロシア、なスターリンクラシックの建築物。4万人の生徒に教師が3千人もいるロシアの東大みたいな大学。気まぐれだというモスクワの天気だけど快晴!

モスクワ大学


10:00 モスクワ大学のすぐ側、雀が丘の展望台。ソ連時代はレーニン丘と呼ばれていて、その昔ナポレオンもここから市街を眺めたという観光スポット。露店のお土産物屋が並びさっそく興味津津のおばさまたちも。ちなみに今回のツアーは38PAXと大所帯。

雀が丘展望台


雀が丘の展望台からの眺め。モスクワ市内が一望できる。
モスクワ川やスポーツアリーナ、市内の様々な建物の他、紅葉に彩られた樹木の多さも景色の美しさに絶妙なバランスを見せている。

雀が丘展望台からの眺め


10:20 ノヴォデヴィッチ修道院。といっても入場観光になっていないので、城壁の外側の湖越しに見るためにモスクワ川沿いの公園へ。

ノヴォデヴィッチ修道院裏手の公園


公園は紅葉が見事。紅葉といっても赤ではなく黄色に染まる葉がほとんどで、黄金の秋とはよく言ったものだ、と思うほどの見事な染まりぶり。

黄金の秋の紅葉


湖越しに見るノヴォデヴィッチ修道院。世界遺産。城壁に囲まれた女子修道院で、聖堂やいくつかの教会、博物館などが中にあるそう。この湖には今はカモが泳いでいるが、かつては白鳥がいたのか、チャイコフスキーの「白鳥の湖」の構想が練られた場所だとも伝えられている。

ノヴォデヴィッチ修道院


10:50 ツアーでは定番、ショッピングのお時間。ロシアン・プレゼンツというガイドブックでも紹介されているギフトショップで45分のお買いもの。ユーロ表示で値段は高め、品質は良いよう。マトリョーシカはだいたい15~145ユーロ、琥珀は25~3200ユーロ。入り口は店だか何だかわからないような所。

ロシアンギフトショップ、ロシアンプレゼンツ


キャビアもここで買えます。一番高級なベルーガ(青缶)は魚獲量5%の大チョウザメのもので、キャビアがとれるのに20年かかるとか。56.8gで160ユーロ、それでも日本で買うより安いかな?黄缶のオシュトラ、赤缶のセブルーガは同じグラムで90ユーロほど。私はプチっとした魚卵がダメなので買いませんでしたけど・・・。

次回も、モスクワ観光の続きをレポートします♪

ロシア・モスクワ②

2011/10/07 (2日目) 続き

Lunchの後は、いよいよモスクワの観光で最も楽しみにしていた赤の広場へ。
13:00ワシリー寺院、これこれ、これを見に来たのよ~と興奮状態。
真ん中のポクロフスキー聖堂を中心に周りを8つの聖堂が取り囲み、そのひとつひとつに独特の玉ねぎが乗っている。

聖ワシリー寺院


イワン雷帝によって1555~1561年に建てられたモンゴル戦勝記念の聖堂。玉ねぎの形や色合いは、まさにロシア独特のもの。思っていたほど派手というわけでもなく、絵本に出てきそうな建物というか、ケーキみたいな、というかとにかく美しい。その美しさから設計者の目が刳り抜かれたというのも、まぁ理解できなくもない。

ケーキのような聖ワシリー寺院


ワシリー寺院を回り込むと、そこには赤の広場が広がる。赤の広場は、古代スラブ語で赤いじゃなくて、美しいという意味だというが、いや、びっくり。美しく広い広場は、今まで描いていたロシアの印象を見事にぶち壊してくれた。ベルギーのグランプラスを初めて見た印象のような圧倒感。正面の赤い建物は国立歴史博物館。

美しき赤の広場


こちらはロブノエ・メスト。赤の広場のやや端の方にある、台のようなもの。全国に布令を発したり、演説が行われたり、処刑が行われた場所。円形の石の柵で囲まれ、無数のコインが投げ入れられていた。

ロブノエ・メスト


赤の広場とクレムリンの境にあるレーニン廟。現在でも革命の父、レーニンがここに眠っているそう。

レーニン廟


レーニン廟の向かいにあるのがグム百貨店。1893年に建てられた工場を元に改装されたものというが、まるで大きな宮殿のようで、すごく立派で美しい建物。ここでしばしのフリータイム。

グム百貨店


グム百貨店は、3階建で、吹き抜けのアーケードが美しい。中は広いのにトイレは正面入り口の外側から地下に降りたところにある。ロシアはトイレの箇所が少ないという印象。

グム百貨店内部の中心部


世界中の超一流ブランドがずらりと並び、スーパーマーケット?は高級なデパ地下のものといった感じ。日本の食材から何でもござれ、お値段も相当のもので、観光客がお買いものしようという感覚はちょっとそがれる。ロシアにいることを忘れ、パリかどこかにいる錯覚にとらわれる。

グム百貨店内部


そういえば両替の事を書きそびれました。ロシアルーブルは成田でも両替できますが、流通量の少ない通貨は手数料がかなり高いので、日本で両替するかは悩むところ。ただし、ロシア内では、日本円からの両替がほぼ無理なのでユーロか米ドルを介してとなり2度手数料を払うことになる。

大金を両替したり、わずかでも得したい人は、ユーロか米ドルで現地で両替がいいかも知れない。ただし、両替所がやってなかったり、ルーブルがないとか訳わからないこと言う場合があるので要注意。
参考レート:成田では、1万円が3500ルーブル。つまり1ルーブルは2.85円。
モスクワのホテルでは、100ユーロが3800ルーブル(成田で1ユーロ105円)。街中の両替所では、もっとレートがいい。

ツアーだったら、5千円から1万円両替がオススメ。ユーロ、ドル、クレジットカードを使えるところで使って、ルーブルを余らせないようにしないと、再両替はかなりの損です。

14:25 クレムリンへ。クレムリン、は城塞を意味する言葉で、何もモスクワにのみあるというのではない。もっとも有名なのがモスクワの中心にあるこのクレムリンではあるが。
高い城壁に囲まれた一角はかつての歴代皇帝の住まいであり、ロシア正教の中心地。ボロヴィツカヤ塔から入場。セキュリティチェックがあるが、日本人の団体はほぼスルー。

クレムリン・ボロヴィツカヤ塔


入ってすぐの武器庫の中を見学。現在は、博物館となっている。内部は撮影禁止。それは見事な、金や銀の器、王冠や椅子、イースターエッグ、エカテリーナ2世などの衣装などがずらり。中でも息をのんだのが、18世紀ごろの宮廷馬車の数々。見事な装飾はこれまで見たこともない豪華なもので、とても馬車とは思えない贅を極めたものだった。

武器庫


次回は、クレムリンの続きからモスクワ観光の残りをレポートします♪

ロシア・モスクワ③

2011/10/07 (2日目) 続き

武器庫見学の後は、クレムリンの中心部へ。まず目に入ったのは、ブラゴヴェシチェンスキー聖堂。舌をかみそうな名前・・・聖母受胎告知という意味の名前らしい。イワン大帝の個人用礼拝聖堂として建てられたもの。黄金の玉ねぎがいくつも乗っているが、白い建物とよく調和している。

ブラゴヴェシチェンスキー聖堂


サボールナヤ広場の周りには他にもたくさんの聖堂が。奥にあるのは、かつてモスクワで一番高い塔だったというイワン大帝の鐘楼。この広場は高台にあるクレムリンのほぼ中心にあるのだけど、少し陽が陰ってきたせいか、急に風が冷たくなってきた(上着を持ってなかった・・・)。

サボールナヤ広場とイワン大帝の鐘楼


こちらはアルハンゲルスキー大聖堂の入り口のフレスコ画。この聖堂には歴代のロシア皇帝の棺が安置されているそう。残念ながらツアーではひとつひとつ入場している暇はないので、広場で軽い説明を聞く程度。フリータイムにしてくれればいいのにな・・・。

アルハンゲルスキー聖堂入り口


ウスペンスキー寺院には入場。内部は撮影禁止。
かつてロシア帝国の国教大聖堂とされ、ロシア皇帝の戴冠式が行われた聖堂。その内部はそれほどは広くないが、壁も柱も一面鮮やかなイコンとフレスコ画で埋められていて、圧倒される雰囲気。

ウスペンスキー大聖堂


イワン大帝の鐘楼の裏にドンと置かれているのは、鐘の皇帝。世界最大の200トンもある巨大な鐘で、写真ではよくわからないかも知れないけど、高さが6.14mもある。鋳造中に起きた火災で水をかけられて割れてしまい未完成。かけらだけで11トンもあるとのこと。どうやって作ったやら。

鐘の皇帝


こちらは大砲の皇帝。鋳造時の16世紀には世界最大の大砲だったとのことだけど、実際に使用されたことはないらしい。重さは40トン。なんでも規模が大きいのがいかにもロシアらしい。

大砲の皇帝


兵器庫の脇を通り、クレムリンを後にする。兵器庫の周辺で警備をしていた若い兵士?はどの人もスタイルも良くカメラのズームでのぞいたらイケメンぞろいだった。トロイツカヤ塔からクレムリンの外へ。

トロイツカヤ塔


17:00 DNR@RST
夜はボリショイサーカスを見に行くため、早めの夕食。ロシアは昼がディナーなので、夕食の方が軽い。サラダは毎回のように出てくるオリヴィエ。ポテト、人参、ピクルス、グリンピース、ゆで卵などをマヨネーズであえたもの。パンはライ麦を使った酸味のある黒パンと白パンがセットで置かれる。

オリヴィエ


メインは、キエフ風カツレツ。固めの衣の中はチキン。バターを包んで揚げてあり、ジューシーでなかなかおいしい。赤のグラスワイン(170ルーブル)と一緒に頂きました。

キエフ風カツレツ


急いで夕食を済ませた後は、ボリショイサーカスへ。といっても、モスクワ名物大渋滞に巻き込まれ、いつ着くやらという状況。19:00開演予定が、夕食をのみ込むように食べて駆け付けたのにもかかわらず、着いたら19:40。そうそうボリショイって大きいって意味なので、大サーカスってことなんですね。

ボリショイサーカス会場


1971年創立の国立サーカス。公演中は撮影禁止。中央の舞台を取り囲むように客席が並ぶ。
公演内容は、こういうのがサーカスだっけ?という感じのもの。空中ブランコとかなかったし。
2時間半くらいの公演で、動物のショーやアクロバットなどが演目。間に休憩が1回入る。

大がかりな舞台装置付きの会場


舞台装置は大がかりな仕掛けがあり、最後はあっという間にプールができあがったのでびっくり。
途中、うとうとしちゃったりしたけど、熊が本物か着ぐるみかで話題が盛り上がりました。本物だそうです。

あっという間に水が満ちプールにも変身


22:45 ホテル着。すっかり遅くなったにも関わらず、旅ともたちと1:30までビール飲みながらおしゃべり。実は連日そんな感じ。いつもの旅よりすごいエネルギー使ってるけど大丈夫かなぁ?

次回は、黄金の環ウラジーミルをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR