スイス・チューリッヒ~シャウハウゼン

2011/07/31 (1日目)

8:45 成田集合。今回はKLMオランダ航空のビジネスクラスを利用する阪急交通社のツアー。
ビジネス利用でホテルはスーペリアクラス、メインの展望台などの観光がついて429,800円。
震災後、関係会社の努力と旅行会社社員や添乗員の報酬カットなどの犠牲のもと、成り立っている格安ツアーと言える。お得と思う反面、ちょっと申し訳ない気持ちも。

KLMはチェックインは自動機にて。席を選びたい人は早めにいった方がいいかも知れませんね。
北ウィングの利用は数か月ぶりだったけど、セキュリティにプラオリティラインができていた。
(KLMオランダ航空・ビジネスクラスの搭乗レポートはこちら。)

スカイチームのプライオリティセキュリティチェックラインは一番左


10:35 KL-862にて、アムステルダムへ。
一回目の機内食をおいしく頂き、ちょっと寝て、アイスクリームを食べ、まぁご機嫌に過ごしていたのですが、この後、想像もしていなかったとんでもないことが起きます。

フライトも半分を過ぎてから、頭が痛くて目が覚める。ちょっと飲みすぎたかな、しばらく我慢したけど、どうにも辛くなってきたので、CAに声をかけ、鎮痛剤をもらった。

どうやらこの薬が体に合わなかったらしい。この後、どんどん体調が悪化。頭痛と吐き気、お腹の痛みが交互に襲う。何度もトイレにこもり、後で飲んだ水や薬も含めて、胃の中のものを全て吐くことに・・・。こんな苦しい思いをしたこと今までにあったっけ??

ベテランぽい日本人CAがドクターコールをかけようかと何度も声をかけてくれるが、安静にして様子を見ると最後まで首を横に振り続けた。胃腸薬をもらい、とにかく安静にして過ごす。2回目の機内食はもう見るのもダメ。胃腸薬だと言ってもらった薬は、即効性はないと思うが、拒否反応はないようだった。

14:20 アムステルダム着。予定より1時間も早く到着。ヘロヘロになりながらついていく。イミグレでは今時珍しく、何しに行く、何日、他の国には行かないかなど聞かれた。また、セキュリティチェックも徹底して厳しかった。

日程表の予定と異なり、乗継もビジネスで予約されていたので、クリニックへ行くことも考えたけど送り返されても困るので、ラウンジでひたすら休憩することに。ここで休んでいる間に最大の危機を脱した、と自分では確信した。

17:10 KL-1963にて、チューリッヒへ。もちろん機内食には見向きもせず・・・。
18:25 チューリッヒにOn Timeで到着。
19:20 Arr HTL
スイソテル チューリッヒ。バスタブ有、Internet有料、スリッパとバスローブはゲストサービスデスクへ電話要。古い建物ぽかったが、室内はキレイ。目の前は、鉄道の駅で空港が近い。表と裏にスーパー有、ただし日曜だったため開いていない。

スイソテルチューリッヒの部屋


部屋から一歩も出ずに安静に過ごす。胃が空ですっかり憔悴していたので、トルコでも手をつけなかったおかゆを作って食べて寝ました。

2011/08/01 (2日目)

8:00 Dep HTL
チューリッヒの観光はついていなかったが、安静に過ごしたため、チューリッヒの景色はホテルの窓からしか見ることがなかった。この日は建国記念日の祝日ということで、道などがガラガラ。

スイソテルチューリッヒ部屋からの眺め


8:35 シャウハウゼンのライン滝
普通のスイスツアーでは滅多に入っていない観光地。ライン川の段差にあるヨーロッパ随一の滝と言われている。もっとすごい滝を想像していたら、あれ?ヨーロッパってそういえば滝ってあんまりないんだっけ?というのが最初の感想。

ラインファル


1時間のフリータイム。天気は曇り。体調の悪い私としては、晴れより楽だけど、写真はイマイチ。
滝の周りの遊歩道などを散歩する。こちらは滝の上側の際。間近で落ちていく水の迫力を眺めることができる。

滝の上の展望台


目が慣れてくると、ライン川もやっぱり大きな川だと認識できるようになる。深い色をした水は近くで見てもまずまずキレイだ。河岸の木では名前も知らない鳥が何の不安もなさそうにくつろいでいる。

ライン川と鳥


ヨーロッパ一の水量とあって、最初遠くから見たよりかなり迫力のある滝。対岸に見えているのが、ラウフェン城。

ラインの滝とラウフェン城


案内板には日本語の説明もある。幅150m、落差は23m。
そうそう、スイスは多言語国家で、なんと4つの言語が使われている。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。ちょっと場所を移動すると別の語圏に入るので、頭が混乱する。といっても、どこででも英語が通用する。つまり大抵の人はゆうに3,4カ国語も話せるわけ。すごい。

案内板


こちらは、たぶん水力発電の仕組みやパワーを説明する装置。手でハンドルを回すとパワーに応じてランプがつき、きれいな渦巻きが吸い込まれていく。

水力発電説明装置


遊歩道はきれいに整備され、土産物屋などもある。道沿いの花壇もきれいで、これから始まるスイスの旅への期待が高まる。

美しい遊歩道


また遊覧船などもあり、滝の間にある岩島へも渡ることができるが、朝早かったし祝日ということもあり乗れませんでした。白鳥の親子が泳ぐ姿にも癒され、なにより滝のマイナスイオンパワーでかなり体調も気分も回復したように思いました。

ラインの滝と白鳥の親子


次回は、リヒテンシュタインのファドゥーツをレポートします♪

リヒテンシュタイン・ファドゥーツ

2011/08/01 (2日目) 続き

11:10 シャウハウゼンからバスで1時間40分、ヨーロッパ4番目の小国リヒテンシュタインの首都ファドゥーツへ到着。私の体調とともに、天気も晴れてきた。やっぱり私は晴れ女なのかも。
事実上スイスの保護国であるリヒテンシュタインには自由に行き来ができる。市庁舎裏のバスターミナルにあるインフォメーションでは記念の入国スタンプを押してもらえる。(2€または3CHF)

リヒテンシュタインの入国スタンプを押してくれるインフォメーション


Lunchまでフリータイム。まずは、メインストリートではなく、ガイドブックに載っていた散策コースを歩いてみることに。Mitteldorf通りは昔ながらの石畳の道で、周りの家もおしゃれで庭の手入れなどもされていて散歩にはもってこいです。ほとんど人影もありません。

旧市街Mitteldorf通り


ちょっと歩くだけで、ブドウ畑が出て来始めて、すごくゆったりした気持ちのいい気分を味わえます。山肌に建つのは、現在もリヒテンシュタイン大公が居城としているリヒテンシュタイン城。町のメインストリートから見上げるよりもキレイに見えてオススメです。

Mitteldorf通りからの景色


突き当りまで歩いたら、Hinter-gasseを右に曲がっていくと、red houseと呼ばれている農家の御屋敷に出会えます。公開されていない家ですが、周囲のブドウ畑と家の雰囲気はすごくいい感じ、です。

redhouse


このあたりのブドウ園からはファドゥーツ城や町の中心部が良く見えます。周囲はほとんど観光客とうか人を見かけませんので、のんびり個人旅行をしている気分です。

red houseのブドウ畑とファドゥーツ城


Hinter-gasseを降りて行くと、大きなブドウ畑が右側に現れます。こちらは大公家のブロウ畑。ブドウ畑の間を入っていけば、ワイナリー、写真の門の先にはトルケル(Torkel)というレストランがありますが、時間がないのでワイナリーにまでは寄れませんでした。次回は是非。

大公家のブドウ畑


中心部に戻ってくると、小さな首都のメインストリート、シュテットレ通りには、観光客やビジネスマンが行き来しています。歩行者天国になっているのですが、端から端まで歩いても500mというこじんまりとした町。

メインストリート、シュテットル通り


まだ少しだけ時間があったので、リヒテンシュタインと言えば、の切手博物館(Postmuseum)へ。
シュテットレ通りの真ん中あたりにあるこの建物の2Fで、入場無料。切手で有名なリヒテンシュタインだけど、法人税などが安いことでも有名で、たくさんのペーパーカンパニーなどからの税収入が国庫収入の40%を占めているのだそうです。

切手博物館


中に入るとおばさんがにこやかに迎えてくれる。が、肝心の切手はどこ?見渡しても、どこにも切手がない。なるほど、このように収納式になっているわけです。時間がないので、へーってぐらいにいくつか出してみてお終い。そういえば、小学生の頃集めていた切手はどこへ行ったのだろう。

切手は引き出して


シュテットレ通りはキレイに整備されていて、ところどころベンチもあり、道には絵やら、切手
やらが描かれている。小さな噴水などもありとてもおしゃれ。

シュテットル通りの絵


12:00 市庁舎前のレストランにて、Lunch。支払いは、スイスフラン、ユーロ、米ドルで払える。

町の中心のレストラン


リヒテンシュタインのワインに興味があったけど、昨日の今日ということで、3日間くらいはアルコールはNG。メインはソーセージ。まだ本調子じゃないので、1/3くらいだけ食べるにとどめました。

ソーセージ


2時間ほどの滞在でしたが、山あいの美しい首都ファドゥーツ、十分に楽しめました。あまりに小さな町なので、立ち寄る程度で十分かと思いますが、ワインが飲めなかったのが心残り。またいつか通りがてらに寄りたいな・・・。

リヒテンシュタイン首都ファドゥーツ


次回は、ハイジの里マイエンフェルトをレポートします♪

スイス・マイエンフェルト~ジュリア峠

2011/08/01 (2日目) 続く

バスはリヒテンシュタインのファドゥーツを出発してライン川沿いを走ります。
まるで入浴剤を入れたような川。再び川を渡り、マイエンフェルトへ。

ライン川


ファドゥーツを出発してほんの20分ほどで、マイエンフェルトの村に入る。
想像していた通りの、のどか~な山沿いの村。緑も鮮やか。

マイエンフェルトの村


13:30 ハイジの泉。ガイドブックで赤のコースと紹介のあるハイキングコースにあるが、バスで横付け。ハイジの著者、ヨハンナ・シュピリを記念して1953年、スイスの子供たちがお金を出して作ったとのこと。ちょっと変わったポーズで、顔もかわいいというより微妙。

ハイジの泉


泉よりも、周辺の草原が素晴らしい。周辺ではピクニックやバーベキューをしている親子連れがいかにも楽しそうだった。草原に咲く小さな花と緑、山の景色は最高!

ハイジの泉の周りの草原


ハイジというとあの「アルプスの少女ハイジ」のアニメを想像するが(といっても私は見た覚えがない)、こちらでのハイジのイメージはちょっと違うらしい。

ハイジの絵


バスで、ハイジホフホテル前のパーキングまで移動し、そこから徒歩にて、ハイジドルフへ。
ここはハイジが冬滞在した村のモデル。ここからの景色はこんな感じ。
遠くにはマイエンフェルトの中心部が見える。

ハイジドルフからマイエンフェルト駅方面をのぞむ


フリータイムでは、たまたま持って出た「るるぶ」のよくわからない地図をみて、やぎの水飲み場を探してマインフェルト駅の方へ降りて行ったが、どれが水飲み場かよくわからず。後で他のガイドブックを見たら地図が間違っていることが判明!写真は民家の中心にあった水飲み場。

集落の中の水飲み場


ハイジドルフに引き返して来ると、日本人ツアーが何組か来ていて、ちょっと興ざめ。ハイシーズンだから仕方ない。ハイジドルフには、先ほどと同じような水飲み場があり、近くにはやぎも。

ハイジドルフのヤギ


こちらはハイジドルフにあるハイジの家。古い農家をハイジの家として再現し、博物館としたもの。チケットは近くにあるギフトショップで売っている(7CHF)のだが、日本人がたくさん並んでいたので、入場は止めて内部は想像するだけに。

ハイジハウス


ハイジの家の庭からの景色。目を瞑ればハイジが駆け回る姿が浮かぶよう。この右手には山に入る道があり、青のコースとして、ハイジの夏の家まで行くことができる。

ハイジハウスの庭から


集合時間ギリギリに合わせて、パーキングまで戻る。天気はいいし、景色もいいし、気温もよく、ただ散策するだけもとても気分爽快。前日の体調不良がどんどん回復するのが自分でもわかる。
思わず口笛付きでスキップしたくなる、そんな感じ。

ハイジドルフを後に


14:35 再びバスに乗り出発。ジュリア峠を越えてサンモリッツへと移動。
16:20 ジュリア峠にてPhoto Stop。標高は2284m。空気もさわやかで気持ちいい。

ジュリア峠


峠にあった池。すぐに水に足をつけてみたがる癖があり、道なき坂を外国人の後をついて下りて行ったら、見事に足をすべらせた。普段何もない道でコケまくっているし、反射神経いいので、転ぶまでには至らず、居合わせた人たちと笑って、恥ずかしさを誤魔化しました。

ジュリア峠の山と池


周辺のお花がキレイ。近付いてよーく見ないとわからないくらいのミリ単位の花も多く、私好み。小さければ小さいほど好き。念押しですが、花の名前に興味がないので、絶対、何の花ですかとか聞かないように。これからの山方面の観光が俄然楽しみになってきました。

風になびく花

アルプスに咲く可憐な花たち

次回はサンモリッツ~モルテラッチ氷河をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR