FC2ブログ

スイス・サンモリッツ~モルテラッチ氷河

2011/08/01 (2日目) 続き

16:50 サンモリッツ着。2度も冬季オリンピックが開かれた世界的にも有名な高級スキーリゾート。
バスをサンモリッツの中心、シュールハウス広場(学校広場)で降りる。
周囲は高級店もいっぱいで、たしかにおしゃれな高級感いっぱい。

サンモリッツドルフ シュールハウス広場


ホテルへは荷物を引きずって徒歩で。といってもすぐ目の前。高い塔を持つ教会の前の、4つ星ホテル、モノポール。学校広場にはCOOP(スーパーマーケット)もあるし、バリーなど高級店に囲まれていて静か。どこへ行くにもアクセスがいい好立地です。

教会の塔とモノポールホテル


部屋は少し広め、バスタブ有、ミニバー有。Internetはフロント周辺のみWi-Fi無料、室内は有料。このホテルへ2連泊になります。

モノポールの部屋


部屋からの景色。きれいに保たれた町が、バックの山とよく調和しています。
まだ夕食まで時間があったので、ちょっとだけホテル周辺を散歩しましたが、祝日(建国記念日)とあってほとんどの店は閉まっていました。気温は丁度いいくらい。

サンモリッツドルフの町中


ホテルのレストランで夕食のあと、何やら外からにぎやかな音楽が聞こえてきます。体調がまだ本調子ではない私は、一日の疲れがどっと出て見に行く気力がなかったので、ダンナに行ってもらいました。どうやら、建国記念日を祝ったパレードだったようです。

シュールハウス広場付近でのパレード


2011/08/02 (3日目)

8:00 ホテル出発、歩いてサンモリッツ駅へ。これから、ベルニナ線(2等車)に乗ります。昼食がついていないので、展望台で食べようと駅のカフェでパンを仕入れます。大き目ではありますが、3つで17CHF、つまり1700円ほど。スイスは本当に物価が高いです。

サン・モリッツ駅のカフェでテイクアウト


8:45 レーティッシュ鉄道ベルリナ線2等車にてモルテラッチへ。鉄道の旅はとてもテンションが上がります。基本4人用ボックス席で窓も半分くらい開き雄大な景色を楽しめます。
9:13 モルテラッチ駅到着。

ベルニナ線の列車モルテラッチ駅にて


モルテラッチ氷河激迫り観光と称し、モルテラッチ氷河までのハイキングコースを往復。片道一時間弱の誰でも歩ける初心者向けコース。しかも道は迷子になりようのないほぼ直線の一本道。各自のペースで歩き、次の電車の時間(2時間後)までに戻ってくるということに。

モルテラッチ氷河激迫り観光


天気はよく、氷河の近くと言っても上着はまったく要らない。少し歩くと、岩に数字。これは1878年には氷河の末端がここまであったという記録。以後、ところどころ年代を表す標識などが出てくる。

氷河の後退を表す年号


標高は2000mくらい。ほとんど起伏がないとはいえ、油断してはしゃいで歩いていたりしては、高山病になりかねない。皆、かなり無口であるいているようだ。道には、かわいいお花たちがたくさん咲いているので、ゆっくり眺めながらもくもくと歩く。

可憐なアルプスの花


モルテラッチ氷河がどんどん迫ってくる。でも、思ったより遠い。毎年このハイキングコースは長くなっているということか。それにしても素晴らしい景色。心の中では、激迫りしなくてもいいんじゃないの?と思いながら、気持ちいいので久々の運動と気を取り直す。

モルテラッチ氷河は行けどもなかなか近付けず


いよいよ氷河の末端近くまで到達。道が途絶えるところは危険を知らせる看板などが。右端の岩には2010と書かれている。すぐ近くに見えるが、実際の氷河の末端からはすでに相当離れている。

モルテラッチ氷河末端へ到達


水が溶けだし川となって流れ出す。氷河の上の方まで歩いていく人も見かけるが、軽装備の私は、近くから眺めるにとどめる。実は川にかかっていた橋が怖くて渡れないから。ダンナは、写真の氷河の際まで行っていました。もしそこに人が写るとしたらほんの1mmくらいになるほど氷河はデカイです。

氷河は川となって流れ出す


待っている間、氷河の上の方へ行ってきたという外国人が、掘ってきたという氷を見せてくれました。白い塊を想像していたら、透明なきれいな氷でした。

氷河のカケラ


電車の時刻に合わせて来た道を戻ります。気が付いたら、ツアーのグループの中で一番若いはずの私たちは最後を歩いていました。いざとなれば走る覚悟はありましたが、最近のシニアの方たちは本当に健脚ぞろいでびっくりです。
11:00 ギリギリに駅にたどり着きました。汗だくです・・・。氷河と聞いてジャンパーなんて持ってきたけど、半袖一枚で良かった。

モルテラッチ氷河を背に重い足を引きずる


次回は、ディアボレッツァ展望台~サン・モリッツ湖をレポートします♪

スイス・ディアボレッツァ~サンモリッツ湖

2011/08/02 (3日目) 続き

11:13 再びベルニナ線にのり、わずか10分の隣駅、ベルニナ・ディアボレッツァへ。

ベルニナ線の列車


駅を出るとすぐ、列車は蛇行しなら進む。右手には、先ほど歩いて間近に見てきたモルテラッチ氷河が。見るだけなら歩かなくても列車からかなり近くに見れるんですね。それにしても、絵ハガキかカレンダーで見るような景色をこんなに簡単に見られるなんてスイスって本当にスゴイ。

モルテラッチ氷河


ベルニナ・ディアボレッツァの駅の周辺には何もない。ただ、目の前にローブウェイの駅があるだけ。このロープウェイは100人超乗れる大きなもの。これに乗ってディアボレッツァ展望台へ(20分おき、所要10分)。

ベルニナ・ディアボレッツァ駅


展望台といっても、ロープウェイ駅とレストラン以外は建物はない。
目の前には4000m級のベルニナ・アルプスの山々とペルス氷河。圧巻のパノラマが広がり、すごいの一言を言うのもはばかられる迫力。

ディアボレッツァ展望台の圧巻の絶景


ちゃんとしたレストラン、ベルグレストラン・ディアボレッツァもあるが、私たちは朝買ったパンを岩に腰掛けながら、大パノラマを前にほおばる。天気がよく雪に反射しまぶしいくらい。

ベルグレストラン・ディアボレッツァのテラス席


この展望台で、私たちはグループから離団することに。この後は、サン・モリッツに帰って自由行動となっているので、一足早く帰って時間を有効に使おうと言うわけ。

サン・モリッツには2泊するとホテルから周辺の乗り物乗り放題のパス、エンガディンパスが貸与される。これで、あちこち動き回れるので自分たちのペース(忙しいという意味か)でここからは観光。なお、エンガディンというのはこの地方の呼び名です。なんだか素敵な響きですよね。

エンガディン・パス


12:20 ロープウェイでベルニナ・ディアボレッツァへ降りる。
来た時と違い、数人しか乗っていない。ロープウェイに乗るとすぐにベルニナ・アルプスは見えなくなる。ちなみにハイキングコースを歩いている人も見かけたが、かなりの上級者コースのようで、ハイキングというよりは完全に登山という感じでした。

ディアボレッツァ展望台からロープウェイで降りる


ロープウェイからは、ここからしか見れない景色が広がる。
この先はベルニナ線で、イタリアのティラーノまで行くこともできる。エンガディン・パスで行けるアルプ・グリュムへ行こうと思っけど、時刻表を見るとロスがあまりに多いのでサン・モリッツへ帰ることにしました。

ロープウェイからの眺め


12:34 ベルニナ線に乗り、サンモリッツ駅へ。なお、駅は無人で、車内検札があります。
13:10 サン・モリッツ駅着。箱根登山鉄道と姉妹鉄道という関係にあるそうで、主要駅には日本語の駅名がかかげられている。

サン・モリッツ駅


サン・モリッツ駅はサン・モリッツ湖の湖畔にあるので、湖に立ち寄る。穏やかな湖面、すがすがしい気持ちになれる。サン・モリッツは晴天率が高いことでも有名で、90%程が晴天というが、天気予報によると明日からは曇りらしい。

サン・モリッツ湖


湖畔には遊歩道があり、散歩をする人々も結構いる。私の頭の中ではこの後予定満載なので、湖畔の散歩は諦める・・・。水、キレイだな。

湖畔の散歩道


双眼鏡が湖を見つめている。何が見えるのだろう?

サン・モリッツ湖を見つめる双眼鏡


そこには見えない景色が広がっていました。冬のサン・モリッツ湖の風景です。ここは冬のリゾート、冬には氷上にカフェなどもでき、普通の氷上のスポーツの他、ポロ競技も行われるそうです。

冬のサン・モリッツ湖


一度ホテルへ戻り、荷物にしかならなかった上着を置き、再び出発です。

次回は、ピッツ・ネイル~ムオッタス・ムラーユ展望台めぐりをレポートします♪

スイス・ピッツネイル~ムオッタスムラーユ展望台めぐり

2011/08/02 (3日目)

14:00 ケーブルカーに乗り、ピッツ・ネイルへ。
ホテルの側の学校広場(シュールハウス広場)近くにケーブルカーの駅がある。20分毎、ピッツネイルまではケーブルカーとロープウェイを乗り継いで行く。まともに払うと往復54CHF(約5400円)ですが、乗り放題のエンガディンパスがあるので無料。

ピッツネイル行きケーブルカー


ケーブルカーの最初の駅、チャンタネラで次のケーブルカーに乗り換えるのだけど、この駅付近からは、サン・モリッツの町がとてもキレイに見下ろせる。案外、こじんまりとした町だ。

ケーブルカーよりサンモリッツを見下ろす


14:40 最後はロープウェイに乗ってピッツ・ネイルに到着。展望台の気温は13℃。でも天気が良いので寒くなく心地いい。
オーバー・エンガディンの谷と湖、奥にはベルニナ・アルプス。壮大な眺めだ。

ピッツ・ネイルからの眺望


ブロンズ製のアイベックスがサン・モリッツを見下ろす。この周辺は一面、冬になるとスキー場に変身する。展望台には、レストランや売店もある。値段は高め、水500mlが4CHF。

サンモリッツを見下ろすアイベックス


さらに高台には360度の眺望を楽しめる展望スポットがある。高所恐怖症にはちょっと怖いところで、途中で座り込んでしまった。が、周囲に人がいないところで佇むのはより恐怖心が募るので、頑張って上まで登る。ロープウェイ駅の向こうのベルニナ・アルプスがよりキレイに眺められる。

ピッツネイルの展望スポットからの絶景


ピッツネイルの展望台にはあまり花はない。それでも岩にへばりつくように咲く小さな小さな花に心癒される。

岩にへばりつく小さな花


15:10 ロープウェイで下山。途中、ケーブルカーの乗り換え駅、チャンタレラで降りて、ハイジの花の道なる道を歩いて下ろうと試みる。が、それらしい道が見つからない。仕方ないので標識上、サンモリッツドルフと指されているアスファルトの道を下る。花いっぱいの丘の高級別荘地を下りていくと、わずか20分程で学校広場へ到着。それにしても相当の金持ちの別荘と思われる家がたくさんあって、なかなかおもしろい散歩になった。

花に囲まれた超高級別荘地


広場にあるバス亭で時刻を調べ、COOPで、水1.5l(1CHF)等を購入。なんだ本当は安いのか。
16:19 No2のバスに乗り、プント・ムラーユ駅へ。今度はムオッタス・ムラーユを目指す。
16:40 ケーブルカーに乗り換え、10分であがるムオッタス・ムラーユ展望台へ。
バスもケーブルカーもエンガディンパスで無料。写真はケーブルカーの下の駅。

プント・ムラーユのケーブルカーステーション


こちらがムオッタス・ムラーユ展望台からの眺め。サン・モリッツの町の全景が見渡せる。写真には写っていないが、左手にはベルニナ・アルプスも見える。ちょっと引いた感じで見る景色は、圧倒される景色とはまた違い心が洗われるようだ。

ムオッタス・ムラーユ展望台からの眺め


乗り物に乗って移動しているとはいえ、今日はかなり体力を使ったので、ハイキングなどは止め、ちょっと高台にあるモニュメントまで上がるにとどめる。右手にあるのはケーブルカーの駅にあるホテルの建物。

ムオッタス・ムラーユ展望台の上にはいくつかのモニュメント


ハイキングコースもたくさんあり、また周囲には牛もいる。もちろん、きれいな花々も。
花はあまりに小さいので立ち止まってよく観察しないと楽しめない。何気なく撮った写真には偶然蝶もとまっている。なんだかほほえましい気分になる。

小さな花にとまる蝶


ホテルのカフェのテラスでビールとビターレモン(チップ込みで12CHF)、のんびり眺望を楽しむ。
改装したてのようできれいだし、高級感もあり、サービスも気持ちいい。とても山の上とは思えない。ちなみにビールを頼んだのは私。3日間飲まないとか言ってましたが、もう解禁です。

ベルグホテル・ムオッタス・ムラーユのカフェテラスで乾杯


17:40 ムオッタス・ムラーユ展望台は夜景も楽しめることで有名だが、日没まではかなりあるので、それはまたの機会にして、ケーブルカーで下山。
17:56 No2 のバスでサンモリッツ・ドルフへ戻る。バスを始め、乗り物はとても使いやすく、初めてでも迷うことがないのが嬉しいし、かなり時刻通りに走っている。

プント・ムラーユのバス亭


18:30までのCOOPに間に合ったので、買い物をしてホテルへ戻る。それにしても、1日のうちにハイキングもし、展望台を3つも周るというのは、病み上がりの人にしては上出来。満足感とは裏腹に、さっそく筋肉痛に悩まされながら、充実した一日をやっと終えました。

次回は、アルブラ線~ルツェルンをレポートします。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR