トルコ・トラブゾン~スメラ修道院

2011/07/10 (1日目)

12:00 成田発トルコ航空TK-0051にて約11時間のフライトでイスタンブールへ。(トルコ航空搭乗レポートは、旅の最後にします)
イスタンブールにて両替(1万円→188TL ちなみに成田より両替レートがいい)

国内線ターミナルへ移り、5時間以上もの乗り継ぎ時間は、同行者がブログ開設一周年を祝ってくれてビールを飲みながら過ごしたらあっという間でした。ごちそうさまでした♪

1:48 予定より30分以上のディレイでやっと黒海沿岸のトラブゾンに到着。
2:35 Arr HTL。ノボテル。設備は新しく、InternetはLANケーブルがあり無料。ポット、ミニバー、ドライヤー、スリッパあり。バスタブはなし。目の前に巨大なアウトレットあり。

ノボテルトラブゾンの部屋


2011/07/11 (2日目)

9:00 朝食は期待しないで行ったら、種類が豊富でびっくり。蜂蜜が巣のまま、コクがありおいしい。

ノボテルトラブゾンの朝食


キレイに手入れされたホテルの庭の向こうはすぐ黒海が広がっている。

ノボテルトラブゾンの庭


10:00 大阪から合流した4PAXを加え、計22PAXでホテルをバスにて出発。
10:30 ボズテペという丘にてPhoto Stop。トラブゾンの街を一望できる絶景スポット。古代名トラペズス(テーブルという意味)の黒海沿岸、トルコ北東部の街。カラ・デニズ(黒い海)と呼ばれる海は、トルコで見られるエーゲ海や地中海と比べるとやや色が濃い。

ボ・ズテペからトラブゾン市街を見下ろす


人口60万人、いわし漁やヘーゼルナッツが有名な街。写真はクルミの木。

くるみの木


11:40 バスでトラブゾンから1時間程のスメラに到着。ミニバスに乗り換え、修道院へ向かう。
途中、スメラ修道院を遠くに見ることのできるスポットにてPhoto Stop。緑が濃い。
スメラ修道院は標高1200mほどの奥深い山の中の垂直の絶壁にへばりつくようにして建っている。

スメラ修道院


12:10 最後は歩きで修道院へ向かう。途中はちょっとした山道のようになっているが普通の靴で大丈夫。チケットオフィスまでは10分程。夏休みシーズンに入っているためにとても混んでいる。

山道を修道院まで歩く、森林浴


この修道院、諸説あるようだが、4世紀頃から岩穴を使った礼拝堂などが作られ始め徐々に建て増しされていったものらしい。階段を上がって、岩の門をくぐると、近代的に見えた外側からの景観とはまた違う世界が待っている。

修道院入り口


内側の岩に張り付いた古い建造物群。外側から見た感じとは違い明らかに古い時代のもの。初期ビザンツ時代の修道院。ガイドの説明を聞いていると、上から鳥に糞を落とされた(泣)、ご注意を。

スメラ修道院の内側を上から


中央にある鮮やかなフレスコ画が残る礼拝堂は9世紀頃に描かれたもの。ところどころきれいに剥ぎ取られた部分は、フランス人やイギリス人によって比較的近年持ちだされた跡。

フレスコ画で飾られた礼拝堂


近くで見ると、古くからの落書きがびっしりと絵の上に刻まれている。

落書きだらけの痛々しいフレスコ画


岩窟の中にも入ることができる。内側の壁、天井一面にもフレスコがびっしり描かれている。色彩はかなり鮮明に残っていて見ごたえ十分。

岩窟内部のフレスコ画


「奇跡の水」と呼ばれる滴が落ちてくるところには水槽があり上から落ちる滴を下から見ることもできる。中庭から外側はかなり新しい、しかもきれいに修復されたと見られる僧房で最大800人が収容できたらしい。対面も山に囲まれていて、少しひんやりしたきれいな空気がとても心地よい。

僧房からの景色


周囲の山の色濃さと、私の好きな小さな花を咲かせるかわいらしい野草など、緑に囲まれた修道院の見学はとても楽しく、そして気持ち良かったです。

癒しの草花


次回は、エルズルムをレポートの予定です♪
(エルズルムからの更新でした)

トルコ・スメラ~エルズルム

2011/07/11 (2日目) 続き

13:30 スメラのレストランにてLunch。
定番のメルジメッキ・チョルバス(レンズ豆のスープでレモンを絞ると酸味がきいておいしい)、サラダ、山盛りのパン、スュトラチ(ライスプディング)。ビールはエフェス、500m缶で8TL。

メルジメッキ・チョルバス他


こちらは食感、味ともにチヂミみたいで、かなり好み。名前は失念してしまいました・・・。

チヂミみたい


メインは熱々のますのグリル、周辺で養殖しているよう。添乗員提供の醤油がやっぱり合う。

マスのグリル


食後はエルズルムへ向けてバスで4時間半ほどの移動。スメラの深い山の中の道は、渓流もあってとても心和むが、トルコの他の地域では見られないような風景。緑がかなり濃い。

スメラ周辺


黒海から内陸の方へ入っていくので、山を超えていく。景色はかなり変わって、岩山が目立つようになる。そこかしこに落石注意の看板と、実際に岩がゴロゴロ・・・。

山越え


山を超えるといきなり緑が薄くなり、景色が様変わりする。一面黄緑色の世界。
少し降りて行くに従って、ポプラの木なども出て来始める。バスはひたすら牧草地帯を進む。
さらに2400mの山を超え、エルズルムへ。

緑が薄くなる


19:10 Arr HTL
ポラットルネッサンス。エルズルムから6kmのトルコ有数のスキーリゾート、パランドケン・スキー場にあり、ホテルの目の前からリフトがでている。冬は-40℃になることもある厳寒の地。

パランドケン・スキー場


高台にあるホテルで、涼しいし、広い大地と街を見下ろすとすごく気持ちいい。
設備はキレイで、InternetはWi-Fi 無料。スリッパ、ミニバー、バスタブあり。

ポラットルネッサンスの部屋


部屋から見た夕陽。眼下に広がる平原と遠くまで見渡せる山々に落ちて行く夕日は壮大。

高台からのサンセット


2011/07/12 (3日目)

8:45 Dep HTL、エルズルム観光へ。
ウチ・キュンベット。この地方特有のドーム型をした霊廟が3つ。8角形の建物に円錐の屋根。右がエミール・サルトゥクの霊廟とされ、12世紀頃のもの。他の2つは、奥さんと息子の霊廟と案内されたが、定かではないらしい上、時代がもう少し後のもののようにも見える。

ウチ・キュンベット


チフテ・ミナーレ神学校。スルタン、カイクバード2世によって1253年に建てられたという説が有力のよう。この街のシンボル的建物。

チフテ・ミナーレ神学校


青いタイルで飾られた2本のミナーレを持つセルジューク朝の建物で、残念ながらかなり近くにいかないと青のタイルの美しさはわからない。

青いタイルで飾られたミナーレ


中に入ると中庭をはさんで、両側に神学生のための小部屋が並ぶ。ひとつひとつの部屋は質素でかなり小さい。

神学生のための小部屋


奥にはスルタンの娘の霊廟がある。靴を脱いで霊廟の中に入ることもできる。

霊廟


ロシア占領時代にレリーフなどが持ちだされ、修復具合なども中途半端な感じが否めない神学校でした。
エルズルムは、古代ミタンニやウラルトゥなどの王国時代からの街ですが、そこまでの古い歴史は見られず、地方都市ならではの新旧入り混じった活気のある街でした。

次回は、カルス~アニ遺跡をレポートします♪
(ワン湖からの更新でした)

トルコ・カルス~アニ遺跡

暑さと食事と寝不足で一時ダウンしていましたが、その後Internetに接続できないまま、本日無事に帰国しました。それでは、旅レポート再開です♪

2011/07/12 (3日目) 続き

9:35 エルズルムからカルスへ向けてバスで移動。
渓谷沿いの見事な景色の道を走る。ちょっと違うけど、私の好きなモロッコ南部を思い起こす。

カルスへの移動途中の渓谷


ときおり、蜂蜜の巣箱を見かける。このあたりは養蜂がさかんなのだそう。
睡魔と頭痛に負けながらも時折起きては美しい景気を楽しむ。道路は想定していたよりかなり舗装状態が良いが、ときおり工事中と思われるかなり揺れる道もある。

養蜂農家


12:30 カルスに着くも、街の中心部の道が工事中でバスが進めずに、歩いてRSTのあるHTLへ。

カルスの街中工事中


立地のよいホテルの最上階にあるレストランにてLunch。カルス城塞が見える絶好の眺望。
グラスワイン(10TL)を頼んだら、1Fのバーから持ってくると言ったきりなかなか来ず、メインより後に持ってきた。とてもおいしいワインだったので待ったかいがありました。

カルス城塞を見ながら昼食


食後は、ホテルの前にあった、ハチの巣のままの蜂蜜などが売っているお店を数軒覗く。残念なことに、500mlの瓶や、巣の形のものも20cm角以上と大きいか、パッケージが日本まで持ち帰れないようなものばかり。値段は、1kgあたり15TL~50TL程。

蜂蜜チーズ屋さん


15:00 楽しみにしていたアニ遺跡に到着。
ウラルトゥ時代からの古い町で、971年にアルメニアのバグラト王朝のアショット3世が遷都してから急速に発展、最盛期には10万人を超える人口と、1001を数える教会があったという。
アルスラン・カプス(獅子の門)から入ると広い草原が広がる。

アニ遺跡入り口


小さな野草が咲き、黄緑の絨毯の地にポツンポツンと遺跡が残っている。日差しが強い。風があって暑さがまだ耐えられる。先月の方が暑くて入り口で待っていると行った人も何人かいて、歩いていても無駄話はできなかったそう。メインストリートだったと思われるところを歩く。

草原を歩く


1064年ビザンティンの領土になり、グルジア、モンゴルの侵入で町は破壊され、衰退の一途をたどり、1319年の大地震でかなり崩れてしまった。現在はまったくの廃墟となっていて、いくつかの教会などがあまり手を入れられないまま残されている。

遺跡の中心には、1001年に建てられたカテドラル。天井のドームは大地震で落ちているが、保存状態はなかなか良い。内部は危険ということで、入口から覗くだけにとどめる。

カテドラル


メニュチェフルジャーミィまで来ると、素晴らしい景色に声を失う。深い渓谷とアルパチャイ川(大麦の川)が目の前のアルメニアとの国境となっている。まさに国境すれすれにあるアルメニア遺跡にいるという実感がこみ上げる。

メニュチェフルジャーミィからの眺め


ここから、眼下に見下ろす蛇行した川の向こうは、すぐアルメニア。対岸には監視塔も見える。川にかかる橋は壊れたまま放置され、そこがシルクロードの一部だったとは信じられない。

国境のアルパチャイ川にかかる橋

遺跡の大部分は広い草原だけれど、そこかしこに咲く小さな花が暑い中歩く観光客を飽きさせない。
花には全く詳しくないので、ただ小さく可愛い花としか紹介できませんが・・・。

可愛い花

優しい色合いの花


落ちた橋へと続く川へ降りて行く道を示す看板は、そこがシルクロードだったことを語っている。
今はかつての人通りはなく、広い遺跡を見て周る観光客すら数える程。

シルクロードへ


アニ遺跡は全体の景観が素晴らしく、そのままの状態で整備などほとんどされていないし、草花がキレイで、大変気に入った。暑かったけど風が強まってきてちょうど心地よかった。
遺跡の外にもお土産屋など一切ない。休みに入った子供たちが水を売りにくる程度で、まさに辺境の遺跡。16:10アニ遺跡を出てアララト山の麓、ドゥバヤズットへ向かう。

アニ遺跡


次回はアララト山麓をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR