FC2ブログ

トルコ・アララト山麓

2011/07/12 (3日目) 続き

アニ遺跡を出て、しばらくは黄緑一色の景色が続く。時折、花のじゅうたんが黄緑色を微妙に変化させピンクや白、紫や黄色の色をさす。

花咲く草原


東トルコではよく牛や羊などが道路を横切る。クラクションを鳴らしてもどく気配もない。
ここでは道を覆い尽くす程の大量の牛の群れに遭遇。半端ない数・・・。

道路を埋め尽くす牛の群れ


車窓の景色はめまぐるしく変わる。何もない岩山が遥か遠くまで続き、さっきまで緑豊かだった広いアナトリアの大地はどこへ行ったのかと思うほど荒涼とした地へと変わる。

荒涼とした大地


山を超えると、アララト山(アール・ダーゥ)が近くに迫る。滅多に見られないという雪をかぶった山頂まで見ることができてラッキーだ。裾野に広がる平野は、どこまでも続くかのような広大さ。無言、無心で車窓を堪能。

アララト山麓


19:20 Arr HTL
ドゥバヤズットという辺境の町の郊外、本当に周囲に何もないところに佇む3つ星ホテル、スィメル(SIM-ER)。かなり古いという印象。部屋のグレードが一気に下がったが、ユーラシア旅行社さんと遭遇したので、日本の団体が泊れるところは他にないのだろう。スリッパ、ドライヤー、空の冷蔵庫あり。バスタブなし、空調なし、Internet接続環境なし。ハエなどの虫がとにかく多い。
売店で絵葉書を売っている2枚で1TL。東トルコはお土産を買うのが難しい。

スィメルの部屋


2011/07/13 (4日目)

9:00 Dep HTL、ミニバス2台に分乗してアララト山麓観光へ。
9:40 アララト山と言えば、ノアの方舟が漂着したと言われている事で有名だけど、その船が埋まっていると言い伝えられている場所に到着。アララト山とはかなり離れた小山の間で、アララト山、右手に小アララト山が見られる場所。

アララト山と小アララト山を見渡すユゼンギリ村近くの小山の上


発掘調査なども行われているが、未だ何の科学的根拠も発見されていない。
バスを降りる場所には博物館があるが、いかにも素人が作ったと思われる中途半端な建物。

ノアの方舟博物館


小山の合間に船形の地形をした場所があって、そこにノアの方舟が埋まっているといつの頃からか言われているそう。この中心部の形が船底に見えるでしょうか・・・?

ノアの箱舟が埋まっている?


10:15 イラン国境に程近い場所まで来ると、どこから来たのか、大量のトラックの列に出くわす。国境越え待ちで並んでいるというわけ。

国境越えのトラックの列


トラックを横目に左へ折れ、検問を通過すると、隕石が落ちてできた穴メテオホール。1920年の隕石落下によってできた穴で、直径35m、深さ60m、世界第二位の大きさ。ただし、現在は半分くらい埋まっている。

メテオホール


周辺には大きなトカゲが何匹か。

大トカゲ


そして、メテオホール周辺の草原の向こうには小さくイランの町も見える。

メテオホールからアララト山とイランの集落を遠くにのぞむ


10:55 HTLへ戻りトイレ休憩の後、大型バスに乗り換え。ホテルからが一番アララト山を間近に見ることができる。アララト山はトルコ最高峰の山で5137m。山頂は雲がかかることが多い。

アララト山山頂


次回はイサク・パシャ宮殿をレポートの予定です♪

トルコ・ドゥバヤズット~イサクパシャ宮殿

2011/07/13 (4日目) 続き

イサク・パシャ宮殿へ向かうために、ドゥバヤズットの町を抜ける。
国境の町といっても、イランとの国境からは35kmも離れていることもあり、思ったより活気のある大きな町。といっても500m程のメインストリートを抜けるといきなり何もなくなるが・・・。

ドゥバヤズットの町


11:40 イサク・パシャ宮殿。ドゥバヤズットの町から程近い山の山腹にへばりつくように建っている。17世紀のクルド族長イサクパシャの建てた宮殿なので、比較的新しく保存状態がいいのも頷ける。

イサク・パシャ宮殿


中に入ると第一の中庭に続き、きれいな彫刻が美しい第二の中庭。

第二の中庭


霊廟の彫刻と見られる、命の樹のレリーフは大変美しい。

命の樹のレリーフ


イスタンブールのトプカプ宮殿はここを真似して作ったそう。もっともここは規模がかなり小さいが、それでも7600㎡ほどの広さがある。こちらはハマム。

ハマム


こちらはキッチン。近くには食堂の部屋も。

キッチン


トイレ。まぁ、一応座ってみたりして。このトイレは右手に窓があって、山の景色も美しい。

トイレ


100年がかりで増改築され、300以上の部屋があったそう。ひとつひとつの部屋はそれほど大きくはなく、作りはどの部屋も似ている。

居室


窓からの景色は、それは雄大で素晴らしい。ドゥバヤズットの町全部がすっぽりと視界に入る。
庶民の生活を見下ろす天上人の優越感をちょっとだけ味わう。

窓からの風景


ハレムは150~200人規模だったそう。その部屋は前述の部屋と同じようなもの。こちらは、ハレム隣のダイニングホール。着飾った女性が行き交う姿を想像すると往時の華麗な生活が見えてくるよう。

ダイニングホール


テラス。ここからは近くの山が邪魔でアララト山は見えない。山肌にはウラルトゥ時代のものと思われる城塞が残っていて、古いもの好きの私にはそちらの方を近くで見れないものかと、興味津々。

テラスからの眺め


地下には牢獄もある。階段には明かりがないので懐中電灯があったらいいかも。
広い部屋が3部屋ほど。上部の明かりは第一の中庭に通じている。

牢獄


下から見上げたイサク・パシャ宮殿。この季節なので緑もある山肌だけど、1年のほとんどは険しい岩肌の上に建つ孤高の宮殿に見えるのだろう。

イサク・パシャ宮殿


次回は、ムラディエ~ワン湖をレポートします♪

トルコ・ムラディエ~ワン湖

2011/07/13 (4日目) 続き

15:20 トイレ休憩のついでに観光スポット、ムラディエの滝に立ち寄る。ワンの北東65km、ムラディエ村郊外にある滝。落差が15~20m、幅があってなかなか迫力がある。

ムラディエの滝


トイレはこの先の建物に。川にかかるつり橋を渡らなければならない。チャレンジを試みたが、高所恐怖症の私は、結局一歩たりとも踏み出せず、一人で待つことにした。悔しいのか情けないのか、せめて2,3歩でも踏み出す勇気がなければ到底克服なんて無理だ。それにしても、トイレに行きたかった場合はどうするつもりだったのか・・・。

作りが心もとないつり橋


ムラディエの滝での休憩は40分。一人で、川沿いを散策。ここにも小さくてかわいい、色とりどりの野草が咲いている。ゆっくり眺めながら屈辱を忘れようとする。

可憐な野草

かわいい野草


つり橋の手前にも小さな売店があり、お菓子や水などを仕入れる。こちらはトルコアイス、ドゥンドルマ1TL(55円くらい)。

伸びるアイスドゥンドルマ


再びバスに乗り、ワン湖を目指す。車窓は緑が多くなってきた。よくポプラを見かけるが、早く成長するし、木材として高く売れるので、好んで植樹されているそう。

ポプラのある緑の車窓


ワン湖が見えてきた。面積3713㎡、琵琶湖の6倍もあるアナトリア最大の湖で、湖岸の全長は500kmもある。流出する河川がほとんどないことから塩湖として紹介されている。思ったよりも水がとてもキレイな湖で、ときおり泳ぐ人の姿も見られる。

ワン湖


17:25 Arr HTL
ワン湖のほとりの4つ星メリットホテル。内装は改装後でおしゃれな雰囲気。スリッパ、バスタブ、壊れたセーフティボックス、冷えないミニバー有。コンセントが1か所のみ。エアコンなし、Free Wi-Fi有。無料で使えるプール、ハマム、サウナ有。ここに2連泊。部屋番号偶数が湖サイド。

メリットホテルの部屋


豊富なアメニティ。
よく見ると、コレってアリ?しかも一つの箱に入れるのはどうなのってものも・・・。

豊富なアメニティ


こちらホテルのプール。プールサイドは今晩行われる結婚式用にテーブルセッティングが準備されている。

プールサイド


19:00 DNR@HTL
ワン湖に沈む夕日を正面に見られるホテルのレストランにて。ビール7TL、ワイン15TL。
テーブルに並ぶ前菜の皿は、シリアなどで見られるものに近い。

メゼ前菜


メインはミックスグリル。実はLunchも同じだった。
このグリーンペッパーが曲者で、当たりをパクっといくと火を噴くほどに辛い。
お肉は癖があるものも多いかな、マトンとか。チキンが一番無難でしょうか。

ミックスグリル


デザート盛り合わせ。こちらも大抵はたっぷりのシロップ漬けが多いです。メロンやスイカなどのフルーツが一番ありがたかったりします。

デザート盛り合わせ


レストランから見る、ワン湖に沈む夕日。うーん、素晴らしいの一言。ピンクに染まる空は最高でした。

ワン湖を背景にサンセット


食事が終わるとプールサイドでは結婚式をやっていました。手招きされてちょっとだけお邪魔しましたが、言葉が通じないので早々に引き払いました。それにしてもトルコ人の若い女性はとってもキレイで、お人形さんのようでした。

次回は、ワン湖周辺をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR