タヒチ・モーレア島①

次の旅までもうちょっと時間があるので、過去の旅の中ら、この蒸し暑い日本の状況を忘れさせてくれるフレンチポリネシア、タヒチの旅をご紹介します♪

2005年の夏休みなのでちょっと古いです。LookJTB添乗員なし現地係員対応を利用。
タヒチと言えばハネムーンで人気が高いですが、この時はダンナと2人だったとはいえ、ハネムーンじゃないので、ボラボラ島は遠慮してモーレア島4泊を含む全8日間の旅を選びました。

2005/09/27 (1日目)

16:40 TN-087便にて 大阪経由パペーテへ。なんと所要時間14:40。昼に家を出たのに、夜に大阪にいた時はちょっと釈然としない気分。だって、方面的にはタヒチと逆方向に寄り道ですから。
12:10 パペーテ着。ブルーのエア・タヒチ・ヌイの機材は今まで乗った飛行機の中で見た目一番。

エア・タヒチ・ヌイの機体


ファアア国際空港に着くと、歩いて空港の建物に入るのですが、入口で美女がティアレタヒチのレイをかけて歓迎してくれ、一気にテンションあがる。イミグレは決してスムーズとは言い難い。飛行機1機分の乗客を、ゆっくりさばいている。まぁ、温かいところに来たら気をおおらかにしないとね。

現地ガイドと税関を出たところでミートして、パペーテ港へ。モーレア島へ船で渡るのです。
飛行機嫌いの私がボラボラ島を避け、モーレア島を選んだのは、船で行ける点が大きかったかも。

モーレア島でのホテルは、シェラトン モーレア ラグーン リゾート&スパ。そして憧れの水上コテージを選びました!(ホテルの価格表を見ると1泊10万円以上!)4連泊します。

シェラトン モーレア 水上コテージ


水上コテージの室内。そのまま海に降りられるテラスがつき、設備的には何の問題もない部屋。
唯一困ったことは、電話の操作メッセージがフランス語ということ。メッセージを聞くときは1を、、とかいうのがフランス語なのでさっぱりわからず・・・

水上コテージ室内


バスルームにはコロニアル朝バスタブ。猫足のついているやつです。木製ブラインドを開ければ、部屋から海まで見渡すこともできます。

バスルーム


部屋の中央にあるガラステーブルの下には、ガラスがはめ込まれていて、見下ろすとこんな感じ。
小さなカラフルな魚たちが泳いでいるのが冷房のきく部屋にいながらにして眺められるという贅沢。
実際、来るまでは、本当に魚ってコテージの近くにいるの?って疑ってたんですけどね。

コテージの下の魚たち


ホテルのプール。きれいなビーチがあるのにプールは必要ないんじゃないのかと思うけど、海で誰も泳いでいないのに、ここでは遊ぶ人影が。

シェラトン モーレア プール


ビーチから海を背景にした眺め。山側の景色も美しい。

ビーチ


そして、夕暮れ。サンセットは本当にキレイでした。残念ながら天気があまり安定していなかったので毎日ってわけにはいきませんでしたが。

サンセット


2005/09/28 (2日目)

朝のお楽しみは、カヌーブレックファースト。文字通り、カヌーで朝食が届けられます。頼んだ時間にちゃんと起きてないと恥ずかしい思いをするとちょっと緊張しました。

カヌーブレックファースト


テラスに朝食がセッティングされます。きれいなラグーンを見ながらゆっくり朝食。
夢みたいですね。

テラスでの朝食セッティング


ヤシの実に入ったポワソンクリュ。魚の刺身をココナッツミルクやレモンでマリネしたもの。
結構さっぱりしていておいしいです。

ポワソンクリュ


1日、のんびりしたり、スノーケリングしたりして楽しみました。水上コテージからラグーンに降りて色とりどりのお魚と戯れる。なんというか、水族館の中に自分が入った感じで、お魚になった気分でした。写真はテラスから撮影。

コテージの周りのラグーン


ビーチでものんびりできます。なぜか?人の気配がありません。一人占めって感じです。
それにしても絵葉書のような景色ですよね・・・

ビーチからラグーンと水上コテージを眺める


次回もモーレア島のレポートが続きます♪

タヒチ・モーレア島②

2005/09/28 (2日目) 続き

夕食が1回ついていたので、この日はメインレストラン「アリィバヒネ」にてフレンチディナー。
タヒチはフランス領なので、厳密に言うと国じゃなくて地域ということになります。

タヒチで一番困ったこと。それは食事です。まずタヒチの物価は高いんです。輸入品が多いからでしょう。それに加えて、孤立した場所に建っている高級ホテルに滞在しているので、ホテルの食事を食べるか、遠くへタクシーなどで出ないといけなくて、どちらにしてもお金がかかります。
目安として、朝食3千円、昼食5千円、夕食1万円からといった感じです。

その代わり、かなり本格的なフレンチが楽しめます。前菜。

前菜


メイン。見た目通りおいしいです。

メイン


そして、何と言っても手の込んだデザート。

デザート


この旅行ほど、何か食べ物を持って行けば良かったと後悔したことはありません。高いだけじゃなく、毎日高級な食事は食べ飽きます。カップ麺やポテトチップスが恋しくなりました。
ポテトチップスはホテルの売店でも売っているのですが、なんと千円近くします。

夜はとても静かになりますが、テラスからそっとお魚を見物しました。昼間見た可愛いお魚たちと違って、夜はこの青くて細長いお魚が光に集まってきていました。

夜のラグーンで見られるお魚



2005/09/29 (3日目)

この日は、ホテルでオプショナルツアーを頼みました。「With direct picnic on the Motu + Ray feeding」モツ(小島)へ直行し、スノーケリング、エイの餌付け、バーベキューランチ付き
料金は一人7360CFP 大雑把に言って一万円ちょっとです。英語ツアーです。

ボートで近くのモツ(発音的にはモトゥ)に行きます。無人島のようです。

モツ上陸


エイが人に慣れているようで、寄ってきます。海の中で座って足のももの上にのせて、餌をやりながら記念写真を撮ったりします。大きさは、体?の部分が1m程でしょうかね。

エイの餌付け


エイがお腹いっぱいになったところで、スノーケリングタイム。ホテルの周囲のラグーンもキレイですが、ここもスノーケリングにはとてもいい感じ。ちょっと深めのところもあったりして、大き目の魚もいました。

モツ


ここで、ハプニングです。実は私は海が怖いです。学生時代は、夏には臨時水泳部員になるくらい泳ぎは得意なんですが、何がいるかわからない、深さがどの程度かわからない海で泳ぐのが苦手なんですね。でも、ここまで澄んだ海だと、そんな怖さはあっという間に吹き飛びます。

それがかえっていけなかったんですね。慣れてきて、そろそろ時間ですよーって時に、岩で足を切っちゃたんです。キレイな海に血がじわぁー。ガイドが応急手当をしてくれましたが、痛いし情けないしで泣きそうでした。

さて、次はランチの準備です。といっても客は見ているだけですが。まずは、ココナッツ割り。
そうそう、タヒチでは入れ墨はファッションだそうです。

ココナツ


そして、ポワソンクリュをテキパキと作ります。

ポワソンクリュ


後はバーベキューです。
簡単な料理とはいえ、きれいな小島でのボリューム満点ランチは最高でした。

バーベキュー


この日の天気はあまり良くなかったとはいえ、海の色はとてもキレイで透明度もあり、お魚いっぱい。まさに天国のイメージそのままのリゾートでした。
浅瀬を泳ぐエイさん達にさよならし、ホテルへ。
傷口が固まるまで海に入れないのが、くやしかったです・・・。

エイのいる美しいモツにお別れ


次回もモーレア島滞在レポートが続きます♪

タヒチ・モーレア島③

2005/09/30 (4日目)

残念ながら天気がイマイチなので、この日はオプショナルツアー 「Inner island Safari Tour(4*4WD)」要するに島内観光へ。1人4400CFP、英語ツアー。

まずは、フルーツジュース工場へ。100%の各種フルーツジュースの他、生命の水というパイナップルから作られる有名なリキュールが作られている。その他いろんなリキュールを試飲できる。

フルーツジュース工場


島の中央部は険しい山間部となっていて、その真ん中にある展望台を目指す。
途中の景色は、フルーツなどの栽培を行っている農場などがほとんど。背の高い木はパパイア。

モーレア島山間部、パパイヤの木


こちらはバニラ。かわいい花と、さやえんどうのような実。タヒチのバニラは上質らしく、お土産もそこそこの値段で売っている。

バニラ


島のほぼ中央に位置するベルべデール展望台。あいにくの小雨で、展望が悪い。
晴れていれば、中央のロツイ山をはさんで、右にクック湾、左にオプノプ湾が見られる絶景ポイントなのだが・・・。何やら幻想的な感じではあるけど。
ちなみに、結構蚊がいるので対策が必要。

ベルべでール展望台からの眺め


山を降りて、海岸沿いの道へ戻る。こちらはトアテア展望台からの眺望。
おそらくモーレア島で一番景色の良いポイント。
見えているのは、ソフィテル・モーレア・ビーチ・リゾートの水上コテージ。

トアテア展望台からの眺め


OPから戻った後は、のんびり過ごす。雨が止むのを待って、コテージの周りでスノーケリングしたり。天候が少々悪くても、透明度も高く、ラグーンでは波もないので、コテージ周辺でスノーケリングを楽しむのには何の問題もない。ちなみに、スノーケリングセットや、救命胴衣などは無料で借りられる。

透明度の高いラグーンでスノーケリング三昧


2005/10/01 (5日目)

あっという間に4泊のモーレア島滞在もおしまい。孤立した場所にあるシェラトン・モーレアですが、ビーチはとても透明度が高くて、すぐそこにもお魚がたくさんいるのに、人もほとんどいなくてすごくオススメ。このハンモックでぼーっとするのも最高の贅沢。

シェラトンモーレアラグーンのビーチ


水上コテージ側から見たホテルのビーチ。後ろにはロツイ山。
最後の日になって天気が回復するなんてちょっと悔しい。

水上コテージから見るシェラトンモーレアのビーチ


港に向かう途中、昨日来たトアテア展望台を通る。やはり天気がいいと、海の色も全然違う!
次に来ることがあれば?ソフィテルに泊るのもいいかも。

トアテア展望台


パイアレ港からフェリーでモーレア島を後にする。
夢のような島での贅沢な滞在を振り返りながら島に手を振る。お金と暇を持てあませる時がもし来たとして、そのときこういうリゾートに来る気になると思えないので、最後かもしれない。

モーレア島をあとに、バイアレ港から


タヒチ島へはフェリーでたったの30分から1時間。
人の多さ、店の多さなど賑わいが全然違う。やっぱりタヒチに来たら、せめてモーレア島、余裕があれば、ボラボラをはじめとして遠方の島までいかないとね!

タヒチ島へ


次回はタヒチ旅レポート最終回、タヒチ島をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR