セルビア・ベオグラード

2011/04/15 (1日目)

11:20 LH-0711にて仁川経由フランクフルトへ。地震の影響で機材はA340-600。成田空港はすごくすいていたけど、利用した便は満席に近い状態。
フランクフルトで乗り継ぎ、セルビアのベオグラードへ。軽食を合わせて今日は全部で5回の機内食。フランクフルト便は韓国で食事をのせているため、機内食にキムチやコチジャンが・・・。

仁川でのせたルフトハンザ機内食


00:30 ベオグラードのホテル着。インホテル。4つ星、大きな道路沿いで周囲にはお店などなさそう。バスタブなしだけど新しく清潔、部屋の設備はGood。Internetはケーブル接続で無料。

ベオグラードインホテル


2011/04/16 (2日目)

9:00 バスにてホテル出発、バスに乗るなり、前の席の男性にどこかで会ってないかと声をかけられる。どれだけよく似た人がいるのかと一瞬思ったけど、照合した結果、去年のブルガリア・ルーマニアでご一緒だった方だった。同じグループの人に再会するのはこれで2人目。
新市街のHTLからサヴァ川を渡って旧市街へ。

サヴァ川を渡って旧市街へ


9:15 市庁舎前にてPhoto Stop。市庁舎は花壇のお花がキレイ。

市庁舎


国会議事堂、この付近は昼にデモが予定されているため、この通りはもうすぐ封鎖される。

国会議事堂


9:40 カレメグダン公園
紀元前4世紀には既に要塞が造られていたというエリアにある広い公園を徒歩にて観光。

カレメグダン公園


空堀にはテニスコート。そう言えば、セルビアは有名なテニスの選手が結構いる。

空堀にはテニスコート


スタンボル門と時計塔。

スタンボル門と時計塔


時計塔のあたりは、軍事博物館があって、20世紀に5回も戦場となったこの地、内戦で使われた戦車や武器などが展示されている。

内戦で使われた戦車や武器


丘の頂上に建つジンダン門をくぐる。周囲は強固な城壁で囲まれた一帯。

ジンダン門


レオポルド門を過ぎた北側の高台からは素晴らしい眺め。ドナウ川を一望できる。

ドナウ川を一望


公園西側の勝者の記念碑の展望台からは、サヴァ川がドナウ川に合流する地点を見下ろすことができる。左手がサヴァ川。川にはレストランボートが並び、中州の向こうには新市街が広がる。

勝者の記念碑の展望台からサヴァ川ドナウ川合流地点


カレメグダン公園からセルビア正教大聖堂まで歩いて下る。現地ガイドが説明したがったのは、すぐ近くにある?という名前のカフェ。大聖堂より古く、セルビア様式の唯一残っている建物だそう。

セルビア正教大聖堂


10:35 バスに乗り移動。途中、NATOにより空爆されたビルの間を通る。ちょっとシャッタータイミングが遅れたのでわかりにくいんですが、大きなビルが痛々しいまでの破壊を受けている。

NATOにより空爆されたビル


10:50 チトーの霊廟。チトーとは「お前これやれ」、という意味でコードネームだった。旧ユーゴのチトー大統領の霊廟。1980年87歳で死去、その後ユーゴは分裂へ。入場は1€。 House of flowers(霊廟)、The old museum(各国から送られた贈り物の展示)を見学。

チトーの霊廟


11:35 聖サヴァ教会を車窓から。東方正教で最大級の教会。
思っていたより洗練された街だなぁというのがベオグラードの印象でした!

聖サヴァ教会


次回はセルビア、ストゥデニッツァをレポートします♪
(マケドニア・スコピエからの更新でした)

セルビア・ストゥデニッツァ

2011/04/16 (2日目) 続き

11:55 はじめての食事はベオグラードでのLunch。大規模なデモが行われているため、あちこち警官がでているのだけど、レストラン前にもずらり。失業率20%になり、政府に対するアピールらしいが、大規模でも比較的秩序をもって平和的に行われている模様。

デモの警備に動員される大勢の機動隊


メインはミックスグリル。グラスワイン3€。通貨はディナールでだいたい1ディナール約1円なのだけど、団体が立ち寄るようなところはユーロ紙幣を受け取ってくれる。お釣りは現地通貨になるけど。ちなみに、皿ごと大きいのでお肉はとても食べ切れない。

ミックスグリル


Lunchの後は、ベオグラードにお別れ、一路ストゥデニッツァへ。
ベオグラードはヨーロッパの他の街同様にとてもキレイな街並みでした。

ベオグラード街並み


バスで5時間半もの移動。電車は発達しておらず、国内の主な移動手段はバスになる。個人だったら公共の長距離バスかな。春なので、緑の風景が広がる。ときおり、こんなお花が色を添えていると春のヨーロッパってやっぱりいいなぁと思う。

車窓景色


16:40 クラリェヴォの外れの教会で現地ガイドをピックアップ。新しい教会でちょうどミサが始まるところだった。熱心な信者が多いようだ。

クラリェヴォの外れの教会


17:55 ストゥデニッツァ修道院
山の上にあるこじんまりとした城壁のような壁に囲まれた修道院。世界遺産。立地、規模感からブルガリアのリラの僧院を思い起こす。

ストゥデニッツァ修道院


12世紀、セルビア君主ステファン・ネマニャにより建立。退位後も修道士として修道院の建設に尽力。往時は13もの聖堂があったが、地震等で崩れて現在は3つのみが残っている。

ストゥデニッツァ修道院鳥瞰図


聖母マリア教会と右奥が王の聖堂。
ステファン・ネマニャの三男、後に聖サヴァとなった人がフレスコ画を描く聖職者の一団を連れてきて、修道院の壁画を描かせたそう。内部は撮影禁止なのですが、見事な色彩のフレスコ画が残っている。

聖母マリア教会と王の聖堂


聖ニコラスの聖堂。
ストゥデニッツァ修道院には現在も修道士がいるが、日本語での挨拶を知りたがっていた。まだここを訪れる日本人観光客はそんなに多くはないということか。

聖ニコラスの聖堂


1時間の見学で、修道院を後に。周りを山々に囲まれた静かな環境でとてもいい感じの修道院でした。

静かな景観


来た道を戻っていく。まっすぐ進んでいくと、コソボ自治州なので迂回しなくてはならない。
車窓の風景は緑豊かな山村が続く。

車窓山村


20:45 ヴルニャチュカバーニャという保養地にあるゼベダ(ZVEZDA)というホテル着。古い社会主義時代のホテル、表示は3つ星。ドライヤーなし、バスタブなし、Internetなし(または接続できず)。エレベータもすごく古そうで一人のときは階段を使う方が無難。

ヴルニャチュカバーニャのゼベダ


ヴルニャチュカバーニャは地球の歩き方にも地名すら出てこないような温泉地。でもこじんまりしていていい感じ。

ヴルニャチュカバーニャ


翌朝、散歩すると、朝市をやっていた。こういうのはのぞくだけで楽しい。それにしても、東洋人の観光客がめずらしいのか、どこへ行ってもガン見される・・・。

ヴルニャチュカバーニャ朝市


次回は、マケドニアのスコピエをレポートします♪

マケドニア・スコピエ

2011/04/17 (3日目)

8:00 ホテル出発、約5時間45分かけてマケドニアのスコピエへバスで移動。コソボを避け、高速道路へ戻る。途中、2度ほどトイレ休憩をはさむが、高速道路を外れると、こんなMOTELを利用。
このあたりは本格的なエスプレッソが安く飲めて一息つける(100円しない)。

山道のモーテル


12:00 国境、セルビア出国。係員がバス内でパスポートを回収。出国のスタンプはなし。10分程度。その後、マケドニアの入国。こちらも係員がパスポートを回収、今度は結構待たされる。スタンプ有。出入国で計約1時間。シーズンで出入りが多いときだともっと時間かかるのかも。

13:45 スコピエのレストランにてLunch。メインはハンバーガー。といってもピタパンのようなものに自分ではさむ。添え物はポテトが多い。

ハンバーガー


15:05 徒歩にてスコピエ観光へ。
カレ要塞(城塞)から観光スタート。運が悪いことに、工事中?とのことで入場できなかった。
係員は非常に申し訳なさそうだったが仕方ない。高台にあるので、スコピエ市街を一望できる。

カレ要塞


ムスタパシャモスク(ムスタファ・パシナ・ジャミーヤ)マケドニアはイスラム教徒も多い。残念ながら、ここも修復工事中のため入場不可。

ムスタパシャモスク


ESGの息子さんがTV局勤めということで、TV取材を受ける。地震の後だからだとは思うけど、なんでマケドニアまで来るのかという事を聞きたがる。大抵の参加者にとっては、行ったことがないからという程度の理由しかないのであまりいい編集はできなかったかも。

TV取材


オールドバザール付近のカフェでは男性陣が賭けゲームなどをそれぞれ楽しんでいる。トランプやチェスのようなもの、写真はマージャンみたいなゲームのよう。

賭けごと


ダウト・パシャ浴場跡。15世紀のトルコ浴場、現在はアートギャラリーになっているそう(修復工事中)。入場観光が全然できなくてガイドは申し訳なさそう。

ダウト・パシャ浴場跡


カメン・モストという石橋、ヴァルダル川を渡る。1963年にあったという大地震からの復興がまだ途中という状態で、周囲の建物は建設中や修復中のものが多い。そうは言っても、首都の街の中心の復興が何十年かかってまだまだってすごいのんびりしている。

カメン・モスト


橋から下を覗くとおもしろいアートが。河岸の工事がぜんぜん進んでいないのに、こういうのは設置しちゃうわけだ。

水中オブジェ


マケドニア広場からキレイなメインストリートを進む。ここだけはヨーロッパの洗練された街並みと変わらない。

スコピエメインストリート


ここはマザーテレサの生まれた地で、家があった近くには記念の像と教会が建てられている。

マザーテレサ


旧鉄道駅(現在は博物館)まで行って、引き返す。駅は地震の痕で、半分崩れている。

旧駅


この街にはとにかく新進気鋭のアーティストによる現代アートがいっぱいでおもしろい。
そこかしこにこんなオブジェが。

斬新なオブジェ


残念ながら日曜ということもあり、博物館などがどこも閉まっているので、フリータイムを取らず途中スーパーによって早めにホテルへ入ることに。スーパーではユーロが使えないがクレジットカードが利用可だし両替も可能。

17:10 Arr HTL
コンチネンタル。街の中心部からは歩けないわけではないが、ちょっと遠い4つ星ホテル。見た目は古いビル。エレベータも5cmくらいずれて停まるような状態。

コンチネンタル


が、部屋をあけてびっくり。1Fの客室は改装直後のようで見た目は5つ星クラス。でも椅子がないとか、冷蔵庫、ドライヤーもない、中途半端な状態。Internetはセキュリティコードをフロントで聞いて利用可。無線で無料。2F客室は設備はあるものの昨晩のホテル並みだったらしい。

見た目は5つ星な部屋


次回はマケドニアのオフリドをレポートします♪
(アルバニア・ティラナからの更新でした)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR