モロッコ・メクネス

2011/02/16 (1日目)

いつも通り、電車で成田へ。途中で想定外(いや想定内?)の出来事が。
久しぶりの飛行機のことを考え過ぎて胃が痛くなって途中で電車を降りてしまったのです!
20分遅れで受付カウンターへ。20分も遅刻するなら通常は旅行会社の成田事務所に電話を入れた方がいいかもしれない。そうしなかったのは添乗員にその理由がある。

いくら再訪願望が高かったからと言って1年前と全く同じツアーに参加するなんて、やはり普通は躊躇するもの。実は最後のトリガーとなったのは、この日の出発が私のお気に入りの添乗員の同行だったから!

今回も阪急交通社を利用なのですが、人気添乗員は顔出しで添乗日が公開されているものがあるんですね。過去に偶然2回あたったこの添乗員、私が出会った添乗員の中で2人だけ是非にも再会したいと思ったうちの1人。この添乗員の指定日出発なので調べれば名前がばれちゃいますが、本人の許可をとったのでこのエピソードを書くことにしました。衣斐さん、30代男性、です。

物凄く気がきく女性の添乗員には、添乗員としての力量は負けるかもしれませんが、波長が心地良いというか、とにかく旅が不安なく楽しくできるんです。私のことも覚えていてくれて、遅刻した私を笑顔で迎えてくれました。そういう人だとわかっていたので、遅刻の電話を入れなかったというわけです。(そういえば前回も遅刻しました。ゴメンナサイ)

今回のキャリアは、エルフラ。今回も快く通路側へシートチェンジしてくれました。マイレージはデルタへ。ラウンジは空いているデルタの方を利用。フライト前の緊張をワインで紛らわす・・・。
(エルフラのA380などの搭乗レポートは、帰国便も乗ったあとにします)

23:10 On Timeでカサブランカ到着。 前回、ダイバートがあって散々うろつかされたある意味懐かしい空港。外は小雨が降っていて、明日からの天気が気になるところ。

カサブランカ空港


両替を済ませ(1万円→976.3ディルハム)、バスでホテルへ向かう。
ここで嬉しい再会。現地ガイドが前と同じ人!しかし日本語がかなりうまくなっている!
ガイドのヒシャムさんはこんな事業も手掛けています。→http://www.sps-morocco.jp

00:45 Arr HTL
アジェド(Ajiad)。ロビーが前と違って明るかったのはいいんだけど、部屋は最低限といったところ。しかもベッドの配置にかなり無理があり、ベッドの向こう側へ行けない。仕方ないので、ベッドの半分を物置に使う事に。お湯もほとんど水だし。まぁ、トイレが流れるのでもういいやという感じ。ベッドとテレビ台の間がわずか10数センチ。この部屋だけだと思うけど・・・。

アジェドの部屋


2011/02/17 (2日目)

6:50頃、部屋でおにぎりを食べてからコーヒーだけ飲みに行こうとすると、エレベータが壊れていた・・・。食事会場にはもう1/3くらいの人しかいなかった。ちなみに今回も大人数の38PAX(トラブルがあって、1名パリに置いてくることになったが)。

7:30 ホテルを出発
メクネスへ移動。現地ガイド、ヒシャムさんの日本語は格段にうまくなっている。立派にJSG(日本語ガイド)として仕事ができそう。1年前はESG(英語ガイド)としてついていたのにすごい!

移動中は日がさしたり、雨がふったりとコロコロ天気が変わる。46%が農業に従事しているということで、雨は現地では歓迎されるとのこと。車窓は緑が多く、雨のお陰か緑も濃い。でも写真としてはどんよりでいけてない(ありのままがもっとうなのでキレイな写真ばかり載せません)

車窓風景


11:25 メクネス着
小雨がぱらつきちょっと寒い。
この街は、モロッコ3大古都のひとつ。オリーブやワインなどが有名。

古都メクネス


エディム広場、マンスール門でPhoto Stop。
エディム広場は地元の人たちの待ち合わせ場所、メディナの中心。

エディム広場


マンスール門はモロッコ一美しいと言われている門。ちなみにタクシーはモロッコでは街ごとに色が違う。

マンスール門


11:40 バスにて移動、ムーレイイスマイル廟へ。先ほどまで降っていた雨が上がり、青空が見え始める。王宮の上には変わらずコウノトリが翼を休めている(右上)。

王宮とこうのとり


ムーレイイスマイルは、17世紀のアラウィー朝のスルタンでメクネスを首都として街を作った。廟には、ムーレイイスマイルが最初の奥さんなどと共に眠っている。

ムーレイイスマイル廟


奥へ進み中庭の先は靴をぬいで入る。モザイクや、しっくいの彫刻は細かくとても美しい。

見事な彫刻


メクネスのローカルガイドはジュラバ(フード付きの上着)を着て写真撮影に応じるのが仕事?
ジュラバは男性も女性も着るのだけど、男性のものは飾り気がほとんどないし、グレーのものを着ていたりすると、まさにねずみ男。しかし、人懐っこい人(あるいは若干セクハラ気味とも言う)が多い。若い女性はご用心。

ジュラバを着たローカルガイド


次回はフェズをレポートします♪
(サハラ砂漠の出入り口、ワルザザードからの更新でした)

モロッコ・フェズ①

2011/02/17 (2日目) 続き

13:15 迷路の街フェズへ到着
人口35万人の街。ブージュルード門からメディナへ。この門は1913年の建造で新しいものだが、表と裏で色の違うタイルで飾られいかにもモロッコらしい雰囲気をかもしだす。

ブージュルード門


タラア・ケビーラ通りの雑踏を細長い列になって歩く。いろんな興味深いお店が並び左右に気を取られる。こんなわかりやすいお店も。なんの頭がぶらさがっているかわかりますよね?

ラクダ肉屋


すぐ近くのブーイナニア神学校へ。14世紀のマリーン朝の神学校。ここの壁面の彫刻やタイルモザイクは緻密で見事。

ブーイナニア神学校


昔は女子学生が学んだ教室、今でも文字の書けない女性などがここで学んでいるそう。

教室


13:50 邸宅レストラン“PALAIS MNEBHI”にてLunch。邸宅といっても宮殿といったサイズで、内装はとっても豪華。福山雅治もロケに訪れている。ちなみにRSTでもトイレチップはだいたい必要。1DH(約10円)。

PALAIS MNEBHI


中はとても広いのに、入口はこんなに普通サイズ。中の空間の大きさは道路に面した入り口からは到底想像がつかない。

PALAIS MNEBHI入り口


15:10 ゆっくり遅めのLunchから徒歩観光へ出発。この迷路の街の中は、バスはおろか車など通れる道はなく、人やロバなどがすれ違うのでさえ窮屈な場所も多い。起伏もあり、曲がりくねっていてまさに迷路そのもの。

フェズの道(これで大通り)


ネジャーリング広場、キャラバンサライを通り、タンネリへ。相変わらずいくつで千円というお土産を売りに来る人が多い。写真は、ネジャーリング広場の美しいモザイクで装飾された泉。

ネジャーリング広場の泉


ミントの葉をもらって、屋上にあがりタンネリ見物。最初に目に入る眺めはとても素晴らしい。家々の屋上の様子などが見渡せる。

タンネリ見学スポットからの景色


今日はあまり匂わないと思いきや、風向きによって強烈な匂い。どんな?と言われてもちょっと表現に困るけど、強いて言えば動物の匂いと汚物の匂いがまじったような、という感じ?

タンネリ全景


昔ながらの染色作業が見られる。実際、作業をしている人がいるわけなんですが、、、鼻がおかしくならないのでしょうか。

作業する人

色とりどりの染色


ショップでは様々な皮製品が販売されているが、やはりバブーシュ(スリッパ)が人気。100DH~130DH程度。毎年新しいデザインがでるよう。

革製品各種


16:00 ものすごい雑踏をかきわけ、ムーレイイドリス廟、カラウィンモスクを外からちら見。こちらはカラウィンモスク。9世紀のファティマによって建てられた北アフリカ最大のモスク。

カラウィンモスク


現地ガイドヒシャムさんが穴場だというターバンの工房兼お店へ案内。ここでターバンを巻くモデルを務める。あっという間に巻かれてやり方はよくわからなかった。竜舌蘭から取られる糸で織られたきれいな布で、みなさん結構お買い上げ。

ターバン工房


フェズのレポートは次回も続きます♪
(マラケシュからの更新でした)

モロッコ・フェズ②

昨夜無事帰国しました♪
昼間からワイン飲みながら写真のチョイスをしていたら、うとうとしちゃいました(笑)


2011/02/17 (2日目) 続き

モスクや広場、脇道を通り、車の通る道へ出る。ここでバスがピックアップかと思いきや、道を横断。細い道に入っていく。

フェズ街中


去年は通らなかったこの通り、フェズで最も細い道というだけあって、人一人が通るのがやっとというすっごい細さ。ちょっと圧迫感がある。記念写真を撮る間は待つしかない!

細い道


迷子になりようがない細い道を通り、バスへ戻るが、途中で一人いなくなっていたらしい。最後を歩いていたので、いつ追い抜いたのか?たぶんもっと手前でしょうね。観光カメラマンが見つけてくれたらしいので良かったですが。

17:20 砦にてPhoto Stop。フェズの全景が見渡せる絶景スポット。17:00までだったらしいが、開けてくれました。

絶景スポット


ここからの眺めは大好き♪丁度夕暮れ前でとてもキレイ。

フェズ旧市街全景


それにしても中近東の家々はパラボラアンテナの設置率が異常に高く感じる。古い家並みにパラボラアンテナという組み合わせ、最初は違和感を感じたけどなんだかセットで見るのが普通な気がしてきた。

パラボラアンテナ


17:40 セラミック、モザイク工房へ。陶器やモザイクの製造工程見学。完全なる分業制で一人の職人が一つの作品を作るのではなく、もくもくと同じ作業をしている。

陶器の工房


見学の後はショピング。フェズブルーの色は特徴があってとてもキレイ。

フェズブルーの陶器、タジン鍋


18:50 HTL着。フェズイン(FESINN)。

フェズイン


Internetはロビーのみ使用できる(無料)。部屋は広め、バスタブも大き目。なのに、やはりお湯がでない・・・。(去年泊った時は、たしかお湯はでましたけど)

バスルーム


19:30 DNR@HTL
夕食後、ロビーでinternet、ブログを更新しようと思っていたのに、、、あまりの眠さに気を失っていたらしい。なのに部屋に引き揚げると何故か眠れない。夜中に1時間起きにお湯が出ないかチェックしたが、全然ダメ。結局あきらめ、4:00頃、洗髪。うーん、でも仕方ないよね。

2011/02/18 (3日目)

6:30モーニングコールのはずが、、、何故か5:50に電話がなる・・・なんなんだ?一体。起きてたからいいけど。

8:00 HTL出発。朝から激しい頭痛がする。朝食を食べに行ったが、それどころじゃない。

8:10 王宮。元スルタンの居城。門のみ撮影可。一般公開はされていない。それでも門の彫刻は緻密で見事。

王宮


王宮前広場。広々として旧市街とは対照的。それにしてもいい天気。頭が痛くて仕方ない私の気分とは全く正反対。

王宮前広場


ユダヤ人街メラーを徒歩にて観光。2Fのバルコニーが特徴的。

ユダヤ人街メラー


頭痛で気がどうにかなりそうなので、最後の手段、頭痛薬を飲む・・・。頭痛のたびに薬を飲むわけにはいかないので、薬を飲むのは旅行のときくらいかな。でも3時間後にはこの薬を後悔することになるのだが・・・。

フェズのレポートはもう少し、次回に続きを持ち越します♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR