旅のトラブル・交通トラブル編

今日は旅のトラブルから交通関係について。

【フライト(飛行機)】

ディレイ(遅延)

飛行機は様々な理由でとにかくよく遅延します。1時間とかは普通です。準備が遅れたり、天候回復待ち、乗り継ぎ客待ち、上空が混んでいるなど。乗り継ぎ便や到着後の交通機関の予約は常に余裕をもっておいた方がいいでしょうね。ちょっとくらいなら遅れは飛行中取り戻せますが。
ちなみに私は上海からの帰国便、ゲートの固い椅子で7時間も待たされたことも・・・

キャンセル

こちらはまれにですが、でも十分起こりうるものです。機材故障とか、天候などによって機材繰りができなかった場合、空港についたらキャンセルとなっていて茫然とする・・・。

運が良ければ他社便や次の便に振り替えてもらえますが、運が悪ければ翌日の便に回されます。この場合は航空会社がホテルを手配し、連れて行ってくれますので、案内に従います。ホテルでの食事付き、規定の範囲内の電話代をもってくれ、手慣れた扱いを受けます(笑)。

私も成田や海外のホテルで無駄な一夜を過ごしたことがあります。スケジュールがすべて狂うので結構ドタバタして大変です。

オーバーブッキング

当日までキャンセルする人がいるために航空会社は多めに予約を受け付けちゃうので、いまだにこういう事態は発生します。明日のビジネスクラスに乗せてあげるから誰か明日でもいい人いませんか、ってたまに募集していますよね。個人の方はチェックインは早めにしましょうね。

荷物

預けた荷物、スーツケースが届かない。そんなこともよくあります。ロストバゲージってやつです。帰りはともかく行きは深刻です。特に乗り継ぎのある場合リスクは増します。この際の航空会社の対応はかなり差があります。来たら教えるね、から1泊分キットをくれて滞在先まで届けてくれるところまで様々。一日分の着替えや女性の場合は化粧品などを手荷物で持ちましょう。

私はジンバブエのハラレという首都へやっとたどり着いたとき荷物が出てこなくて、下着を買うためにすごく困った経験があります。買えばいいやが通じない国もありますのでご用心。

あと荷物に関してもっとよくあるのが破損です。今まで何回あったかもう忘れました。税関を通る前にちゃんと手続きをして、家に帰ってから指定のところへスーツケースを送ります。すると、一か月後くらいにどこに傷があったかわからない状態で帰ってきます。(ただし重量超過の場合、保障外になるので重さにはきをつけてね)

修理不能の場合は、もっと早くに連絡があり、新品の代替品かお金で弁償されます。ここで注意しなくてはいけないのは、お金の場合、上限が決められておりかなり少ないという事です。100ドル程度だったかと。私の経験ではスーツケースの値段に関わらず壊れる確率は同じです。ですから安いものを使うことにしています。

飛んでいる間のトラブル

よくあるのは、揺れるってやつです。これはトラブルじゃない?まぁ、そうかもしれませんが、エアポケットに落ちたりすると、本当に体が浮きます。シートベルト着用サインにはちゃんと従いましょう。怪我をしますよ。

そして、飛んでいる間にも機材に問題が起きる場合もあります。

一番怖かったのはエンジントラブルですね。さすがにこういう場合はダイバート(緊急着陸)になりますが、遺書を書きたくなる気持ちもよくわかります。でも、飛行機乗って死ぬ確率は約800万分の1だそうですので、それを思い出して自分に大丈夫と言い聞かせます。

困るのは電気系統のトラブルです。しかも飛行には影響がない場合。機内の電気が消えないとか、映画や音楽などのサービスがうけられない。長距離便だとあまりに退屈で発狂しそうになります。何か自分で暇つぶしができるグッズを持ち込むことをオススメします。

【電車】

さて、時間通りに走っている電車なんて日本くらいだというのはご存じですよね。分刻みで、2分遅れただけで車内放送が入る、そんなの海外では考えられません。
TGVとかでも1時間遅れる、なんてあります。ローカルなやつだともう何があってもおかしくないです。そういうつもりで利用しましょう。

気をつけなければいけないのが、切符の打刻などのシステムです。せっかく切符を買ってもルールを遵守しないと無賃乗車なみの扱いを受けることになります。

あと、座席指定も甘くみてはいけません。同じ座席を持っている人がもう一人現れる、そんなこともあります。指定だからといってゆっくり行かず、早く席を確認して座りましょう。そして誰か現れても絶対どいちゃいけません。

【車・バス】

故障

海外の車はかなり年期の入ったものがあります。だからよく故障します。そして一度故障すると数時間直らないこともあります。残念ながらはっきり言ってあまり避けようがありません。

エジプトのアブシンベルからアスワンへの道で、ブチッと音がしゴムが焼けるような匂いが漂いました。安全性の面から停まることを許されない道路で、空調の利かなくなったバスで蒸し風呂状態。泣きそうでした。

ジンバブエのブラワヨという町へ大胆にもローカルの長距離バスを利用したとき、昔の幼稚園バスのような車が故障で停まりました。乗っているだけでなんか怖かったのですごく緊張しました。動かなかったらどうなっていたかと思うだけで背筋が寒くなります。

交通事故

自分が事故にあえばそれは大問題です。幸いそんな経験はありませんが、目の前で事故が起こったことはあります。事故の大きさによっては道路が当面通行禁止になります。だから空港などへは早めに行くことが肝心ですね♪

道路閉鎖

大雨や雪、砂嵐で道路が閉鎖なんてあると、他に代替道路がない場合は完全に足止めを食らうことになります。残念ながら何かを諦めるしかありません・・・。

タクシー

白タクには絶対乗ってはいけないと思います。もれなくトラブルが付いてきます。そうじゃなくてもタクシーの運転手は英語ができない人も多く、言葉が通じないのをいいことにわざと過剰に遠回りしたりすることもあります。できるだけ信用おける人に手配してもらうのが良いでしょう

バスの運行スケジュール

落とし穴は、曜日によって運行設定がないとか、路線が廃止になっているとかですね。飛行機に間に合うための交通手段がなくナミビアでタクシーを長距離利用しました。その額は何万円にもなりましたが、支払いの現金を確保するだけでも大変ですよね。事前によく調べましょう。

【船】

ちょっとしたフェリーから豪華客船まで。海の状態によっては欠航ってこともあります。
移動が伴っている場合は、運の悪さをなげくしかないですね・・・。

最近の大型船はよくできていて、通常全く揺れを感じることはありません。出港したのを気付かないくらいです。でも、海の状態によっては、もちろん揺れます。酔い止めは持って行った方がいいでしょうね。


最後に、いずれの交通機関の場合でも、台風・ハリケーン、火山噴火、地震、洪水など自然災害によるトラブルは、そのトラブルによってかかった費用は、基本お客の自腹になります。航空会社や旅行会社は出してくれないのでギリギリの予算で旅行に行くのは危険かも知れませんね。

そういえば、99年、台湾に旅行中、帰国間際に大地震に遭いました。最初の便で帰国し、成田で取材を受けたら、一日中TVでばっちり使われ、周囲に言っていなかった海外旅行がばれました。みなさん、行き先くらいは家族や職場の人に言ってからでかけましょうね・・・。

2日続けて文字だらけの記事となりましたが、いかがでしたでしょうか?
次回は、もう一度行きたい国5位のエジプトをレポートをしたいと思います♪
(この記事は後日更新されることがあります)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR