FC2ブログ

エジプト・王家の谷

2009/4/24(3日目)

私がエジプト旅行で一番楽しみにしていたのは、ピラミッドでもアブシンベルでもない。
そう、王家の谷。新王国時代の王墓が集まるナイル西岸の奥深くにある谷。

早朝の飛行機で空路カイロからルクソールへ。そこからは楽々バス観光。
ビジターセンターから王家の谷の入り口まではかわいい乗り物にのって移動。

王家の谷へ


入り口に到着。さすがに観光客でいっぱい。
正面にはピラミッドに似ていると言われる山、エル・クルン。

エル・クルンに守られるかのように


当日公開されている墓は地図の横に示されていた。来てみないとどの墓が開いているかは正確にわからないというわけ。ここの墓は、発見された順に番号が付けられていて、現在までに60を超える墓が確認されている。もっとも公開されているのはそのうち十数基。

王家の谷の地図


混み具合を見て、現地ガイドがまずラムセス9世の墓に案内。ちなみに内部の撮影は禁止。
正直、入口からして目立つ大きさ。これじゃ簡単に盗掘されるわけだ。ラムセス9世は第20王朝のファラオなので、墓は直線に伸びている。奥には美しいヌウト女神の夜の書が天井に残され、本当に見事の一言。ちょっと蒸し暑いけどとにかく感動!

ラムセス4世王墓


長い通路の両脇に書かれた壁画の堀の深さ、丁寧さが、作業が進むにつれ最後には時間がなくなって簡易化されているなど、細部にわたり見ごたえがある。

次は、かの有名なツタンカーメン王墓。第18王朝のものなので、墓は前室から玄室へ直角に曲がる。ここは入場が別チケットになっている。よく知られているように、彼の父とされるアクエンアテンが行った宗教改革に翻弄され、途中でトト・アンク・アテンからトト・アンク・アメン(ツタンカーメン)に改名している。

KV62ツタンカーメン王墓


彼は改名したのに異端の王の一人として、歴代の王名表にその存在が残らなかった。また王墓にしてはあまりに墓が小さかったり、後世のラムセス6世の頃には既にその存在が忘れ去られ、墓を作るときの作業場にしてしまったりで、運よく盗掘を逃れ19世紀の大発見に繋がった。墓の入り口のところに発見当時の様子を示すパネルが2枚程展示されている。

ツタンカーメン王墓発見の様子


ツタンカーメンの墓は本当に小さい。たぶん、私の住まいのマンションの部屋の方が大きい。通路に壁画もなく、玄室は黄金の壁画があり立派だけど、石棺と黄金の棺がひとつその場に残されているのみで、残りの宝物はカイロの考古学博物館に所狭しと広げられている。

そして、入口通路入ってすぐ前室の左、ひっそりとツタンカーメンのミイラは今も眠っている。黄金のマスクに3重の棺、石棺に、何重もの厨子で守られていたのを全て剥がされ、可愛そうにも見えたけど、唯一自分の墓で今も眠るファラオと言えるのではないだろうか・・・。

近くでは、今も発掘が行われているよう。一度参加してみたいものだと思ったけど、たぶん10分で飽きてしまうような気がする・・・。

発掘現場


王家の谷の王墓はチケットで3つまで入場することができる。残り2つはフリータイムで見学になった。中をゆっくり見たかったので、谷の奥には行かず、入口付近の有名な王墓を見ることにして、ラムセス4世の墓へ。ここには、巨大な棺が残っている。他に何も残っていなくても巨大すぎる石棺だけは誰も持ちだせなかったのだろう。

KV2ラムセス4世王墓


この王家の谷は掘りつくされたと言われているけど、まだまだ墓の発見されていない第18~20王朝の王がいるので、どこかにその墓があると私は思う。ただ、未盗掘である可能性は極めて低いだろう。そう思うと、現在考古学博物館で眠っているファラオのミイラたちが隠し場所から見つかったのは奇跡に近い。古代より何度も掘り起こされ、瓦礫だらけのこの谷にも、うっすらと道の跡があったりして、まだまだ何かが見つかりそうな雰囲気が漂う。

がれきだらけの王家の谷


最後は、入口に最も近く最初に見つかったKV1 ラムセス7世の王墓へ。
メインの通りからはちょっと奥まったところにある。この周囲にはあまり墓が見つかってないので、他にもありそうな雰囲気。

KV1ラムセス7世王墓


さて、王家の谷は内部は撮影禁止と書いたけど、実際には袖の下で写真を撮ることができる。というより、監視員自ら、小遣い欲しさにけしかけてくるわけ。なんでも金というのがエジプトらしいとは言え、良心に反するので、もちろん撮らなかったけど・・・。(現在は検査が厳しくなっているらしいです)

この谷にはできることなら数日いて、可能な限り全ての墓をゆっくり見てみたいけど、パックツアーだとそうはいかないので、後年の楽しみとして取っておくことにする・・・。
とはいえ、初訪問としては十分に満足だった!

こちらは貴族の墓。広い範囲に点在していて、有名な墓がいくつもあるが、お手頃ツアーでは寄らない。やはり次回以降の楽しみにするしかない。

貴族の墓


このあたりの周辺の村。古代から墓泥棒の住む村と見られ、現在でもその疑いは消え去らない。政府は移住政策などを考えているようで、10年後には村があるかどうか・・・
家の下には墓があるに違いない。

近隣の村


次回もルクソール西岸観光のレポートです♪

エジプト・ルクソール西岸

2009/4/24(3日目) 続き

王家の谷の東側、絶壁を背景にしたデイル・エル・バハリ、王家の神殿。観光に外せないハトシェプスト女王葬祭殿がある。遠くから一見すると、近代の美術館か何かの建物のよう。

デイル・エル・バフリ


ハトシェプストは、新王国時代の第18王朝、紀元前1500年頃(ツタンカーメンより150年程前)の女王。「王の娘、王の姉妹、偉大なる王の妻、アメン神の妻、王」といった称号をもっている。簡単に言うと、トトメス1世の王女として生まれ、兄弟であるトトメス2世の妻として王妃となり、自ら王となったことを意味する。古代エジプトでは王家の近親婚は当たり前・・・。このややこしい関係とそれを示す称号のお陰で、王家の系図はかなりわかりやすくなっている。

ハトシェプストは継子トトメス3世と共同統治したのだが、王位をめぐる確執はいろんな形で残っている。もうひとつの着目点は彼女が推し進めた平和外交。葬祭殿の壁画に残されているように特にプントとの交易が有名。乳香の木を植えたようだが、エジプトでは根付かなかったよう。

乳香の木


この葬祭殿では1997年テロで観光客が襲撃され、日本人10人を含む61人の観光客、警察など合わせて69人もの犠牲者が出ている。銃を持った警察など多数いたけど、あまり緊迫感はない。
修復がある程度はされているが、それにしても3500年前の建物とは到底思えない。

ハトシェプスト女王葬祭殿


後ろはまさに絶壁。3500年前には、さぞ荘厳な存在だっただろう。テラスには植物も植えられ、池も作られていたらしい。

断崖を背に


柱廊の内側。天井には、夜空の星が描かれている。ここまで色鮮やかに残っているとは思っていなかった。日本人には、星じゃなくて、「大」の字に見えるかもしれない・・・。

色鮮やかな天井


礼拝堂か至聖所に通じる狭い門。色鮮やかな彫刻が残る。古代エジプトの遺跡は茶色一色に見えがちだけど、当時はとても派手な建物だったようだ。他にも彼女の功績などが描かれた壁画が多数残されている。後年、彼女の名前や顔が削り取られた跡も含めて・・・。

色鮮やかな彫刻


ハトホル女神礼拝所のハトホル列柱。ハトホル女神は、エジプト王妃の多くが好んで信仰している。ハトシェプストも元は王妃なので、この礼拝堂を付随させたのではないだろうか。

ハトホル女神の列柱


すぐ隣にはメンチュヘテプ2世の葬祭殿があるが、その跡のみが残る。メンチュヘテプはさらに500年以上遡った中王国時代、初めてテーベ(ルクソール)に都を定めたファラオ。
この2つの葬祭殿の間にトトメス3世の神殿もあったが、崖崩れで跡かたもない。

メンチュヘテプ2世葬祭殿


列柱に並ぶ、ハトシェプスト女王の像。顎鬚をつけ、冥界の王オシリス神として表現されている。ハトシェプストの死後、継子トトメス3世は30年以上に渡り繁栄の治世を送ったのだが、その後世に、ハトシェプストの記録の抹消を企てている。目立つカルトゥーシュや図像を剥ぎ取っているのだが、その理由は今もいろんな憶測を呼んでいる。

ハトシェプスト女王


3段のテラスは200m以上の長さに渡って広がり、その先にも河岸神殿に向かって参道があったと思われる。さらにその先、ナイル川を渡った丁度向かいにはカルナック神殿が相対している。

3段のテラスのその先にはカルナック神殿


さて、ハトシェプスト葬祭殿の跡は、メムノンの巨像へ。こちらは、アメンホテプ3世の葬祭殿の跡。といっても、この2体の巨像の他は何も残っていない。彼の治世は古代エジプトで最も繁栄していたと言っていい。ハトシェプストとツタンカーメンの間のファラオ。なぜ何も残っていないかというと後世のファラオがその石材を転用したから・・・。王朝は血筋としては繋がっていないから仕方ない・・・?

メムノンの虚像


遺跡だらけのナイル西岸にあって、心和むほっとする風景。メムノンの巨像の周辺。このあたりもナイルの氾濫による増水時は水につかったらしく、巨像の足元が水に浸かっている絵をどこかで見たことがある・・・。

遺跡の傍らで


古代エジプト好きなので、ついつい、うんちくじみた事をダラダラ書いちゃいましたが興味ない人ゴメンナサイ。
次回はルクソール東岸をレポートします♪

エジプト・ルクソール東岸

2009/4/24(3日目) 続き

Lunchの後は、ルクソール東岸観光へ。まずは、ルクソール神殿。
堂々とした構えのラムセス2世の第一塔門。右側のオベリスクは、1831年、フランス皇帝に献上され、現在パリのコンコルド広場の中央に建っている。パリのコンコルド広場の写真はこちら

ルクソール神殿、第一塔門、ラムセス2世像とオベリスク


最深部の至聖所周辺は暗く陰気な雰囲気。このあたりの壁画を良く見ると浮き彫りと沈め彫りの2種類が見られる。違い、わかりますか・・・?

彫の違い1

彫の違い2


ルクソール神殿にはあまり有名ではないが、ツタンカーメンとアンケセナーメンの石像がある。彼らの像はあまり残っていないので珍しい。前から見ると仲むつまじいカップルの像、めずらしく女性が男性と同じ大きさで作られている。が、裏を見ると、カルトゥーシュはラムセス2世のもの。ラムセス2世が前のファラオ達のものを書き換えたのは有名だが、これもそのひとつ。
アンケセナーメンの手がツタンカーメンの背にかかっているのがなんともほほえましい。

ツタンカーメンとアンケセナーメン像


ルクソール神殿は第一塔門から至聖所まで260mほぼ直線上にきれいに配置されているので見学しやすい。

第一塔門、モスク、大列柱廊


ルクソール神殿前のスフィンクス参道。古代にはカルナック神殿まで続いていたと言われている

スフィンクス参道


さて、次の観光はカルナック神殿。ここは世界最大の神殿と言えるかもしれない。昔からこの地方の神だったアメン神を祭ったもの。中王国時代に創建され、新王国時代にファラオ達が次々と建造物を寄進していき、大きく複雑な神殿となった。正面入り口、第一塔門、第30王朝のもの。
ちなみに塔門は第10塔門まである。

カルナック神殿第一塔門


カルナック神殿で一番有名なのが、セティ1世、ラムセス2世親子によって建造された列柱室。
134本もの巨大な柱が並ぶ光景はまさに圧巻。1本を大人10人近くが手を広げて囲む程の大きさ。
前の王の名前を削って刻み直していたラムセス2世は、後の王に同じことをされるのを嫌ったのか、これでもかという程深く自分の名前を彫りこんでいる。

列柱室


よく見ると、日の当らない部分にはわずかに色が残っている。この神殿も当時はさぞかし鮮やかなものだったのだろう。

列柱室上部


こちらの2本のオベリスクは、左がハトシェプスト女王のもの、右がその父トトメス1世のもの。
それにしても天気がよくなってきて、、、午後の丁度暑い時間、心配していた熱中症の症状が出る・・・。無理せずちょっとした日陰を見つけてしゃがみこむ。年配の方々が頑張っているのに情けない。

2本のオベリスク


後半はフリータイム。自分のペースで奥の方を見学。トトメス3世祝祭殿。内部は彩色が多く残っている。しかしこの人の少ないあたりになると、警備員か警察がいろいろと声をかけてくる。そっちへ行ってはいけない、とか言いながら、バクシーシ(というかチップ)くれれば通してあげるとか、写真とってあげるとか、そういう話。むしょうにいらっとくる・・・

トトメス3世祝祭殿


なんとか熱中症を悪化させないように注意しながらカルナック神殿の観光を終え、HTLへ。ピラミサ・イシス・ルクソール。リゾートホテルのような感じ。ナイル川沿いにたつホテルで、目の前にはクルーズ船も停まっている。

なんといっても、部屋からのこの景色には言葉もない。ナイル川と、西岸。ファルーカ(帆掛け舟)が行き交う、ゆっくりした川と時の流れ。古代からそう変わらない景色だろう・・・。

ナイル川と西岸


夕食を外へ食べに行くが、食べ終わることには丁度サンセット。
ナイルに沈む夕日はただ美しいというだけでなく、何かが心に響くようなそれでいて、無の感覚が残る。昼間の暑さの苦しさもこの景色で帳消しといったところ・・・。

ナイルに沈む夕日


次回はナイル川沿いに南下、エドフ、コムオンボをレポートします♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR