チュニジア・シディブサイド

11/15 (1日目)

今回のキャリアはエールフランス。マイレージはDeltaへ。今回でプラチナ昇格の予定。
パリで乗り継ぎ、23:45 チュニス着。10,000円を両替、164ディナール。
今回も旅行会社は阪急交通社。

11/16 (2日目)

着いてみたら、今日は犠牲祭ということで、大幅に予定変更。10:50 シディ・ブ・サイドへ。
駅手前の広い駐車場にバスは一台もない。11月7日広場前のモスクの辺り。絵になる風景。

11月7日広場前モスク


道端にあちらこちら赤い血が流れている。犠牲祭のための犠牲をさばいた後らしい。

犠牲


カフェ・デ・ナットまで皆で歩く。突き当りがカフェ・デ・ナット。
ここまでの道は両側を土産物屋が軒先まで商品を並べ、行き交う観光客でごった返しているところ。が、あまりに人がいないし、店もまったくやっていないので、まったく別の街のよう。
滅多に見られない光景?

カフェ・デ・ナット前


カフェ・デ・ナットで松の実入りの甘いミントティーを飲んだ後はフリータイム。

カフェ・デ・ナット内部


人の気配のない道を奥へと進む。白とチュニジアンブルーの街並みが青空に映えとても素敵。

シディ・ブ・サイド街並み


カフェ・シディ・シャバーンの上あたりの展望台からは地中海を見渡せる。

地中海


さらに道を進むと、大海原を見渡せる。眼下にはヨットハーバー。
地中海の眺めを満喫し、このあたりで町も終わりなので引き返す。

大海原


道々のドアの装飾を見るのも楽しみのひとつ。それぞれかわいい図柄が描かれている。
それにしても街を貸し切っているかのよう。

ドアの図柄


12:40 Lunchはヨットハーバーの脇のレストランで。先ほど歩いたのはこの丘の上。

ヨットハーバー


年に一度の犠牲祭のため、なかなか見られない雰囲気を楽しむことができたので、これはこれでよかったかな・・・。イスラム暦は直前もしくは当日にならないとこういったスケジュールが把握できないので、旅行者にはちょっと困るかも?


次回は、ナブール、ハマメットをレポートします♪

チュニジア・ナブール&ハマメット

11/16 (2日目) 続き

15:30 ナブール着
車窓には、羊が道端に山積み。犠牲祭ということで今夜の夕食か・・・。
有名な焼き物の産地ということで、焼き物屋さんに30分程立ち寄り。どのお店も閉まる中、我々のために開けてくれたらしい。

焼き物屋


古くはバビロニアに起源を持ち、移住してきたアンダルシアの影響を受けた焼き物は、色鮮やかでデザインも凝ったものが多い。見ていると欲しくなるけど、立体的デザインが多く、割れやすそうなので、断念。

ナブール焼き


少し移動して、メディナを散策。
といっても、メイン通りでさえ2,3軒を除いて、店が全部閉まっていて閑散としている。

メディナメインストリート


脇道にいたっては、遠くまで人の気配がない・・・。
数少ない開いているお土産屋では、焼き物等1ディナール(約60円)から売っていてとても安い。

わき道


16:50 ハマメット着
丁度サンセットの時間帯。海辺の街をフリータイムで散策。

ハマメット


海岸には小さな船や漁の網などが無造作に置かれている。

海岸


メディナに足を踏み入れると、恐ろしいくらいに人の気配がない。迷路のような道が続き、店などもまったく開いていないため、すごく心細くなる。アザーンが鳴り響くばかりで人の声もしない。どこまで行っても、誰にも会わず、道も入り組んでいる。

メディナ


カスバはメディナを守るためのかつての要塞の跡。海風が冷たいが、メディナの中までは風が通らない。

カスバ


19:00 ケロアンのHTL着
ラ・カスバ。あくまでモロッコ基準だけど5つ星。メディナの一角にある。写真は翌朝撮影。

ラ・カスバ


中庭も風情があってとても素敵。プールに入るシーズンじゃないのが残念。(それでも水着を持って歩いているのは何のため・・・?)

中庭


こちらはベッドサイドのテーブルについていたメッカを示すマーク。さすがアフリカにおけるイスラム発祥の地。部屋にまでこんなのがあるのは初めて見ました。

マーク

次回は、聖地ケロアンをレポートします♪

チュニジア・ケロアン

今日はこれから帰国です。チュニジアから最後のレポート更新です♪

11/17 (3日目)

8:00 HTL出発、すぐ近くのアグラブ朝の貯水池へ。
修復されているものの9世紀の貯水技術が見られる。手前の大きい貯水槽は直径128mもある。

貯水槽


8:40 シディ・サハブ霊廟。
神学校や、セレモニーのためにクスクスを作るキッチンのようなものもある。

シディ・サハブ霊廟


壁や天井などの見事な色彩の装飾印象的。

見事な装飾


9:20 グランドモスク。アフリカで最も古いモスク。ミナレットはオリジナルの古さ。9世紀頃?
ケロアンはイスラムで4番目に重要な聖都。

グランドモスク


モスク。広い中庭には、8000人が入れるそう。

モスクと中庭


建物は、ローマ遺跡から転用されている柱や石が使われている。柱は良く見ると一本一本デザインが違う。

転用


中庭にある日時計は、複雑な模様のようでおもしろい。

日時計


10:10 カーペット屋。アラブ式とベルベル式とでは模様を裏表逆から作る。
こちらは裏側から織るベルベル式。どうやって模様がわかるんだろう?

ベルベル式


トルコの絨毯屋のように、ミントティーを飲みながらたくさんのカーペットを見る。質はイマイチだが、値段も手ごろ。送料込で1万円から5万円程度。

カーペット屋


11:15 メディナ散策。メディナの入り口。

メディナの入り口


メディナの中に入ると、今日はお土産屋さんが開いている。1ディナールなどの安値で声をかけているが、実際には1ディナールのものはほとんどない。駅前のメロン売りのようなもの。そうは言っても、物価はすごく安い。質もそこそこのようなので、実際に買うのをためらう。

メディナの中


スパイスなども疑わしくなるほどの価格。1~5ディナール(60円から300円)

スパイス


カフェの前には男性が山ほど。失業率30%というが、皆暇そうにしか見えない。話題は日常生活についてらしいが、いったいそんなに話す内容があるのだろうか。

カフェの前には男性


次回はスベイトラ遺跡をレポートします♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR