ルーブル~凱旋門


07/30 (2日目)

10:30 メトロでルーブルへ向けて出発。10回分の回数券を購入€12。
スリが多いという事、一人で公共交通機関を利用するのは久しぶりなので、ちょっぴり緊張。
でも駅も電車も思っていたよりキレイ。

metro


11:00 ルーブル入場€9.5。
もちろんルーブルは初めてではないが、駆け足でしか見たことがない。
特別、美術に造詣が深いわけではないが、今回は個人旅行なのだから、誰に遠慮するでもなく、自分のペースで好きなように観賞できる。

ルーブル


2時間ほど、エジプト美術、イタリア絵画、フランス絵画、イタリア彫刻、エトルリア・ローマ美術、ギリシャ美術などを観賞した後、Lunchも兼ねて休憩。
ピラミッドの脇で座っていると、隣に座っていたフランス人と思われるおじいさんにKoreanかと話しかけられる。日本人だと答えると、日本語をしゃべり始めた!日本が好きでかなり勉強しているらしい。だったら、日本人を見分けられるようになって欲しいなぁ・・・。

13:00 ルーブル見学再会。フランス彫刻、メソポタミア美術、イラン美術(途中で追い出された!)、東方美術、3Fの絵画、イタリア絵画、スペイン絵画と見て回る。
足がかなり疲れて、観賞するというより単に部屋を踏破しているという感覚になってきたので、今回はここで終了、16:20 Porte des Lions出口から外へ。
季節柄お花もキレイ!

ルーブル出口


チュイルリー公園。東京に比べれば涼しいくらいだけど、水辺は人気。

チュイルリー公園


コンコルド広場

コンコルド広場


シャンゼリゼ。フランス4度目という割に王道コースでおさらい。

シャンゼリゼ


結局、ルーブルから凱旋門まで歩く。天気が良く多くの人が歩いているが、ほとんどが手にMAPとカメラを持った観光客で英語を耳にすることが多い。今はちょうどパリの人たちはバカンスのシーズンでパリにいないのだ。

凱旋門では、上に登るため地下のチケット売り場にしばし並ぶ€9。ずっと歩き通しなので、階段は追い打ちをかけるようでかなり足にはきつい。300段弱。
上へ登るとパリ市内を360度に一望できる。

凱旋門上からエッフェル塔方面

凱旋門上からモンマルトル方面


降りると、凱旋門の下でセレモニーが行われていた。

凱旋門下セレモニー


一人きりで観光するというのも思っていたより孤独感を感じることもなく、悪くない。
次はロワール古城めぐりです♪

ロワール古城めぐり①


07/31 (3日目)

パリ在住の友人夫婦と一緒に、ロワールの古城めぐり一泊旅行にでかけました。

8:20 パリ・オステルリッツ駅から国鉄SNCFの列車でブロワへ、約一時間半の列車の旅。
自由席で満席状態。途中から座れてほっとする。
オステルリッツ駅。改札はなく、乗る前に切符に打刻するというルールがある。

オステルリッツ駅


ブロワから古城めぐりに便利な巡回バスに乗り換え。40分ほどで、シャンボール城へ。
まさに絵にかいたような The お城!という感じの立派なたたずまい。
にょきにょき出ているのは、煙突の塔で、282本もある。

シャンボール城


周囲は見渡す限り延々と森。パリ市の広さに匹敵するというヨーロッパ最大の森林公園。
どれだけ狩猟が好きなのか、まさに何もないところにポツンと巨大な城がたっている。道はどこまで続くのか・・・。

シャンボール森


この城で有名なのは、城の真ん中を貫いているレオナルド・ダ・ヴィンチが設計したと言われる二重らせん階段。

二重らせん階段


14:20 シャンボール城を後にし、循環バスで、ブロワ駅にほど近いブロワ城へ。
途中、ガイドブックに載らないお城もいくつか写真ストップしてくれる。

15:20 ブロワ城見学

ブロワ城


この城は棟によって、年代、様式が異なるのがはっきりわかる。
ゴシック様式、フランボアイアン様式、ルネッサンス様式、クラシック様式。
ルネッサンス様式のフランソワ一世棟。

フランソワ1世棟


フランボアイアン様式のルイ12世棟。

ルイ12世棟


内部で、展示されていた甲冑。まるで宇宙人。

宇宙人


ギーズ公爵殺人事件の現場。アンリ3世の放った刺客にギーズ公爵が倒れたという事件はたくさんの画家にも絵として残されている。

殺人現場


城塞の一部ラ・フォア塔からの眺め。
ロワール河とブロワの街並み。落ち着いた感じの美しい田舎の街。

ラ・フォア塔から


17:30 再び列車に乗り、約40分の街トゥールへ。
立派な市庁舎のある、大きな街。

トゥール市庁舎


20:00 HTLから歩いて旧市街へ。HTLで紹介されたレストランは2つともいっぱいで、感じの良さそうで繁盛している近くのレストランでディナー。
メインは、ムール貝をチョイス。日本ではこの量はちょっと出てこない贅沢な感じ。

ムール貝


明日も古城めぐりの続きです♪


ロワール古城めぐり②

8/1 (4日目)

ロワールの古城めぐり2日目。

10:00 トゥールから列車でシュノンソーへ。
屈指の観光名所の駅前だというのに、駅舎すらない・・・。

シュノンソー駅


シュノンソー城。河の上に建てられたとても美しい城。
何代も女性が主だった。

シュノンソー城


季節もよく、庭園は花でいっぱい。まるで天国のような光景。

庭1


アンリ2世の妻カトリーヌ・ド・メデシスが愛人ディアーヌ・ド・ポワティエから奪い取ったという愛憎劇でも有名な城。

ディアーヌの作った庭

庭2


カトリーヌの作った庭。写真は全体の数分の1だが、それでも愛人の庭に比べれば小さい。

庭3


次のアンボワーズへは、バスを利用する予定だったが、バス停がなかなか見つからない。
何人かに聞いて、やっとたどり着く。
裏手にはブドウ畑が広がるのどかな町。

バス停


が、時刻表を見て、愕然。乗ろうとしていたバスは日曜は走っていないらしい。がーん。
近くのインフォメーションが奇跡的に開いていたので、そこでタクシーを呼んでもらう事に。
こんなハプニングがあるのも個人旅行ならでは。

13:20 アンボワーズ到着。軽く昼食を済ませ、アンボワーズ城へ。

アンボワーズ城


礼拝堂には、レオナルド・ダ・ヴィンチの墓がある。

礼拝堂


もともと高台にあるのだが、城の最上部からの眺めは最高。
涼しい風にあたりながら、しばし景色を楽しむ。

眺望


駅まで歩き、トゥールへ列車で戻る。
トゥール駅でビールで疲れを癒し、17:00の列車でパリまで戻る。

列車内の携帯電話の使用を区別シール。とってもキュート。

携帯


プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR