FC2ブログ

イタリア・フィレンツェ

2/20 (4日目)

4回目のイタリアにして初のフィレンツェ。(なんでだろう??)
フィレンツェの街を一望するミケランジェロ広場より。
どんよりとした冬の空でも絵になる風景。

ミケランジェロ広場より


バスで対岸まで行き、そこからは徒歩観光へ。
サンタ・クローチェ教会。
この近くの革製品屋さんでショッピングタイムになったが、早々に抜け出し教会前の広場周辺を散策。

サンタ・クローチェ教会


シニョリーア広場。ミケランジェロのダビデ像。
他にも彫刻が点在し、広場の周りにはテラス席がふんだんなカフェが立ち並ぶ。

シニョリーア広場


ヴェッキオ宮、ウッフィツィ美術館の脇を通り、ヴェッキオ橋へ。
橋の上にも貴金属店が立ち並び、誘惑にかられる。
橋の真ん中に鎮座する彫像は、金銀細工士でもあるチェッリーニ。

ヴェッキオ橋の上


フィレンツェの象徴ドゥオーモ。
クーポラのオレンジの屋根が印象的だけれでも、白を基調とした全体的に美しい建築。

ドゥオーモ


さて、午前中で団体行動は終了。午後はフリータイム。多くはオプショナルツアーで、ピサの斜塔へ行くようだけど、私たちはフィレンツェの街を堪能することに。

Lunchはイタリアンに飽きてきたので中華にしたけど、、、、
見た目はちょっと微妙?味はまぁまぁでしたが。

中華?


中央市場によって買い物をした後、ドゥオーモに戻り、クーポラへ!!
クーポラは二重構造になっていて、その間にある狭い石造りの階段を上がる。
下が見えないタイプなので高所恐怖症の私でもOKだが、約500段はさすがに堪える・・・。

途中、クーポラの内側を歩くことになり、疲れと怖さで膝がガクガク。手ぶれはそのせい?

クーポラの内側


下を見ないで上だけ見ればなんとか。
上には、クーポラ内側、天井のフレスコ画をまじかに見ることができる。

フレスコ画


頂上からの眺め。頂上はあまり広くないので、繁忙期はすぐに登れず下で待つことになるのかな・・・?
(この日はまったく並ばないどころか、登っている間も前後にほとんど人を見ませんでした。)
すぐ近くに見えるのは、ジョットの鐘楼。両方登るのは、体力的に無理。

クーポラ頂上より


さすがに午前中から歩き通しで、クーポラにまで登ったので、寒いけどジェラートで休憩。

カフェタイム


このシーズンはバーゲンセールの季節なので、残りの時間は主にショッピング。
デザインの気に入った服や、春夏用のバック(セールと関係ないじゃん!)、その他お土産などを購入。
それにしても、よく歩いた。母は文句も言わず、私の行くところにちゃんとついてくる。
さっき私のカードで買ったバックプレゼントするから許してね~。

HTLまで戻るのにバスがピックアップしてくれる時間まで程良い時間になってきたので、ピックアップポイント近くのサンタ・クローチェ広場の先にあった軽く食べられそうなお店でパスタのみの夕食。ワインは一人で頂いちゃいました~。

夕食は簡略


次回は、ローマのレポートです♪

イタリア・ローマ①

2/21 (5日目)

フィレンツェからバスで移動すること4時間。初心者向けローマ市内観光の日。
まずはローマ風ピザのLunchの後、ヴァチカン市国へ。

ヴァチカン


よく考えたらローマに来たのは十数年ぶり。
残念ながらまったくすっかり記憶がない。
でも昔もこうして衛兵の写真を撮ったような。それにしてもドハデな制服。

衛兵


閑散期の2月といってもサン・ピエトロ大聖堂に入るには、行列に並びセキュリティチェック。
内部は広く、荘厳!!

サン・ピエトロ大聖堂


入って右にすぐあるミケランジェロの傑作「ピエタ」
マリア様は妙に若く美しすぎる。

ピエタ


外へ出ると、衛兵が何やら2人で歓談。
あれ~。お人形のように微動だにしないという印象だったけど、こう見ると普通の若者って感じじゃない?

雑談?


移動中に見た、街中の遺跡。ローマらしい風景。
街と一体化しているというか、そもそも遺跡の中に街があるというか・・・。

街中の遺跡


コロッセオも車窓のみだったので、明日一日のフリータイムを利用してまた来よう。

ローマに来て、ここを見ない人はまずいないと思われるトレヴィの泉。
さすがに観光客でごった返している。最近ツアーでよく使われるようになったイヤホンガイドはこんな時とても便利。
ベタにジェラートを食べ、コインを投げる。まぁ、やらない訳にはいかないよね。

トレヴィの泉


歩いてすぐ行けるスペイン広場。
昔ほど危ない雰囲気はないものの、油断は禁物。

スペイン広場


スペイン広場の階段をあがった先にあるトリニタ・デイ・モンティ広場。
この広場には似顔絵描きの画家がたくさん。
また、スペイン広場を見下ろすのもGood。
それにしても広場という広場にオベリスクがあるような。エジプトではこんなに見れない・・・

トリニタ・デイ・モンティ広場


次回は、ベタなローマ一日フリータイムをレポートします♪

イタリア・ローマ②

2/22 (6日目)

ローマで一日自由行動の日。

母にはナポリ・ポンペイのオプショナルツアーを勧めたんだけど、「遺跡はもういいわ、エフェソスを見たから」はぁ?遺跡ってひとまとめにしすぎじゃないの?

だからと言って、行きたいところが特にあるわけじゃないという母。気楽に一人で出歩けないことが確定し、親孝行のつもりの旅行だったけどちょっとムッと来る。

ノープランでテルミニ駅近くのHTLを出る。雨が降りそうなので、地下鉄でヴァチカン博物館へ。
予約なしなもので、並ぶ羽目に。博物館はやはり予約しないとね。左の壁の奥が入り口。

ヴァチカン博物館


いや、中は広いですね・・・。
見どころはやはりラファエロですかね。私は美術に全く疎いですが確かに圧倒されます。

ラファエロ・キリストの変容


こちらは地図の間。
長いんですよこの通路。普通に見学するだけで疲労困憊って感じですが、見忘れたモノがあって逆行することになった時はすごくしんどかったです・・・。
ちゃんとガイドブック持っていきましょう。

地図の間


ヴァチカン博物館のクライマックスはやはりシスティーナ礼拝堂。写真撮影が禁止の他、しゃべるのもダメ。でも人でごった返しているので人々のささやきと監視員の注意とで少しうるさい。

ヴァチカン博物館の後は、サン・ピエトロ大聖堂のクーポラへチャレンジ。
インフォメーションで入り口を聞くと、セキュリティチェック後、サンピエトロ大聖堂の右側。
すっごく並びましたが、次いつ来るかわからないので、我慢。

まずエレベータでテラスまで上がり、後は階段。ここもフィレンツェのクーポラのように途中でクーポラの内側を通る。大聖堂の最深部を見下ろすことができる。

大聖堂最深部


細くて狭くて急な階段を300段以上登ると最上部へ到達。
時間と体力をかけただけの景色を楽しむことができる。雨はあがったみたいでホッ。

大聖堂クーポラより1


景色は360度。こちらは先ほど行ってきたヴァチカン博物館。

大聖堂クーポラより2


思いのほかここまで時間かかってしまったので、Lunchは近くで見つけたパニーニのお店で簡単にすませる。このパニーニ、かりっともっちりボリュームもあってすごくおいしかった☆

パニーニ


地下鉄でコロッセオへ急ぐ。フォロ・ロマーノに行きたいが、日没前にしまっちゃうから。
さすがに本家本元の円形劇場。おおきいなぁ・・・。

コロッセオ


地下構造もよく見える。動物のオリだったとか。

動物のおり


冬は日没が早いので、行動計画をちゃんと作っておかないとダメですね。
パラティーノの丘。スタディオ。

パラティーノの丘


ファルネジアーニ庭園のはじからフォロ・ロマーノを見下ろす。

フォロ・ロマーノを見下ろす


フォロ・ロマーノにおり一通り見学。既に入場は終わっているので人もまばら。

フォロ・ロマーノ


フォロ・ロマーノを後にし、ベタな観光地を制覇するためご存じ「真実の口」のサンタ・マリア・イン・コスメディン教会へ。HTLでもらった地図一枚しか持ってなかったので、途中で迷子になりやっとたど着いた頃には閉まってました、残念。でも柵越しに見れたので、まぁいいか。

真実の口


次は街中に戻り、ナヴォーナ広場。残念ながら有名な噴水は修復中。

ナヴォーナ広場


最後は、パンティオン。1900年もの時の流れを感じさせない立派な建築。中にはラファエロの墓もある。

パンティオン


HTLのすぐ近くまで戻り、リゾットとピッツアで夕食をすますと、雨が降ってきた。やっぱり運がいい。地下鉄を使った以外は歩き回った一日で、さすがに足が棒のよう。
母は行ったことのないところへ行きたいという人なので、一度で全部見せないといけないのだが、これだけ行けば満足してくれたでしょうかね?ツアーじゃここまで押し込みませんが。

これで冬のイタリア旅行レポートはおしまいです。
今日は特に長くなりましたが最後まで見てくれてありがとう!!

次回から、今年1月のモロッコの旅レポートをお届けします♪


プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR