FC2ブログ

ブラジル・レンソイス⑤

8/16 (4日目)続き

12:30 Lunchへ向かうために再びジープへ乗り、砂漠を後にし、こんな道を進みます。
乗り心地は、まるでジェットコースターのよう。

砂漠をあとに


浅い川ならそのまま渡る。
しかし、、、この先にレストランなんてあるのか??
砂漠で3時間も遊んだ後で、乗っているだけでも体力を使うジープ。早くビール飲みたい。

川もへっちゃら


ジープで走ること1時間。やっとたどり着いた集落のLunch場所。
レストランというより休憩所?

ランチ場所


Lunchの後は、ハンモックで心地よく休憩、zzz。

ハンモックで休憩


ここではカシューナッツを購入。大粒でとてもおいしい。
勾玉のような部分がカシューナッツ。その上の部分は果物。

カシュー


しっかり休んで15:00出発。
ジープで15分ほどのところが目的地。午前中のところとは別の場所。
写真ではそれほどでもないが、目の前には急な坂!

砂漠入り口


斜度がきついので、太いロープが設置されている。
足元が砂なので、登るのは大変!

ロープを必死につかんで


登りきると、そこは・・・
急に開けた視界に、一面の白い砂漠!
まさに絶景。感動の一言。

一面の白砂漠


だいぶ登っただけあり、高台からの砂漠の景色はとてもこの世のものとは思えない。
登ってきた方向を振り向くと、そこは一面の緑の世界。
白と緑の境界線に立っているのだ。

白と緑


感激しながら、砂漠へ入っていく・・・。
美しいラグーンと重なる砂丘。

感動のレンソイス


次回はついにレンソイス最終回です。


ブラジル・レンソイス⑥

8/16 (4日目)続き

なだらかな砂漠を下って、ラグーナ・ボニータ。
広めのラグーン。
無数にあるラグーンの中で、このように名前がつけられているラグーンはわずからしい。

ボニータ


水もとてもキレイ。このラグーンで、ゆっくり水遊び。
ここにも子魚がたくさんいた。水位は少し浅め。

ボニータの水


砂漠で夕日を見るとのことだが、サンセットまでまだだいぶ時間がある。
温泉気分で、女性4人程でゆったりとおしゃべり。同じツアー客の話や、世界の旅の話しに花が咲く。
小一時間楽しくラグーンにつかってしゃべていただろうか。
これが今回の旅の最初の誤算だった。この日差しをあなどっていたのだ・・・

ボニータと太陽


既に、水着の肩ひもの後がくっきりとついて、背中や肩が痛かった・・・
傾きかけた太陽は、砂漠に長い影を作ってくれる。
大きな砂丘に写る影はカメラに収まりきらないが、平坦なところだとこんな感じ。

みんなで万歳


別の砂丘を通って最初の高台でサンセットを見るためにガイドに従ってまた歩き出す。
レンソイスとは、ポルトガル語でシーツという意味だそうだが、きれいなドレープはなんとも言えない美しさ。

シーツ


疲れから皆それぞれのペースで歩く。ラグーンをよけ、いくつもの砂丘を登り降りしているうちにすっかりガイドの姿も見えなくなり、周囲には人が少なくなった・・・。

戻りルート


だいぶ陽が傾いてきた。サンセットに間に合うか??
沈みかけた夕陽を見ながら、ゆっくりと砂漠を進む。

このくらいが一番美しい?


17:45 サンセット

サンセット


18:10 心ゆくまで砂漠の景色を目に焼き付け、砂漠を後にする。

帰りは、ジープが更にスピードアップ。
行きは、大きな揺れも歓声をあげて積極的に楽しんだが、帰りは話しがちょっと違う。
暗闇を疾走し、椅子からほとんどお尻が浮いている状態。手すりを掴む手にタコができそう!

渡し船のポイントがまだかと祈る様な気持ち。クッション代わりにバスタオルを椅子にひく。
19:30 HTL着、レンソイス観光は無事終わった。


・・・レンソイスは期待以上に美しい砂漠だった。
サハラ砂漠やナミブ砂漠に比べると女性的なやさしい美しさがある。

いつか再訪するときは、ラグーンができて間もなく、観光客も少なめの6月がいいな・・・
日焼け後が痛くて眠れない中、すっごく遠くて大変だったけど、またいつか来たい、早くもそう思った。


次回はイグアスの報告でーす♪


ブラジル・イグアス①

8/17(5日目)

5:45 モーニングコール。やっぱりハードな日程だ。
7:00 HTL出発、4時間かけて、サンルイスの空港へ。

なんと飛行機を3本乗り継ぎ、今日は一日かけてイグアスへ移動。

サンルイスの空港で朝食べたのと全く同じハムチーズサンドがお弁当と称し配られる。

まず最初のフライトは、ブラジルの首都ブラジリアへ。
機内食は、、、うーん、ハムチーズサンド。どれだけ好きなんだ、ブラジル人。

それにしても何が辛いって、昨日のレンソイスでの日焼け。
とにかく痛くて我慢できない。
自分でも可愛そうだと思うほど、肩、背中、太ももは真っ赤だ。

耐えきれずに、空港の薬局で日焼け後用のジェルを購入。
日本円にして1800円程度、結構高いけど、お金でどうにかなるならどうにかしたい。
気持ちがいいからとラグーンにつかりすぎたし、日焼け止めを塗りたすのが甘かった・・・。

日焼け後対策


2本目は、クリティバへ。
また、ハムチーズサンド!もう要らないよ。
先日のラスクといい、TAMさん、全く同じもの出すの好きだね。なんとかしてよ~!!

ハムチーズサンドに嫌気がさし、クリティバの空港で「おにぎり」を仕込む。
このところの必携品だ。水なら1時間、熱湯なら15分でコンビニおにぎりと遜色ないものができあがる。もっとも短気な私は、だいたいアルデンテ状態で食べているが・・・。

おにぎり


3本目でやっとイグアスへ。機内でおにぎりを食べちょっとほっとする。

00:00 HTL着。移動日とはいえ、長い一日。それも苦しい一日だった。
やっぱりレンソイスに行くっていうのは大変なことだったと思い知った。


8/18(6日目)

6:30 モーニングコール(といっても日焼けのせいで全然寝れない・・・)
8:00 HTL出発

まず、午前中はアルゼンチン側へ。
ブラジル旅行のつもりで、アルゼンチンへ入国すことをすっかり忘れていた。
入国手続きは一括でやってくれ20分程度。これで訪問国は57ヵ国になった。

国境の橋を渡る。アルゼンチンに入っている証拠に橋の柄がアルゼンチン柄になった。

国境の橋


9:00 イグアスの滝観光が始まる。
トロッコに乗るため、その駅まで歩く途中「オオハシ」に遭遇。かなり高いところにいるのだが、最近のカメラは優秀だ。ズームでもキレイに撮れる。

オオハシ


トロッコに乗っていざイグアスの滝へ!
スピードはゆっくりだけど、風が程良く涼しくて気持ちいい!

トロッコで出発


最初の駅で下車。さぁ、遊歩道の入り口。期待に胸が高鳴ります!

遊歩道入口


しばらく歩くと、おおっ、アルゼンチン側の滝のはじに出ました。
これでついに三大瀑布制覇だー。

イグアスの滝アルゼンチンのはじ


更に奥に進むと、足元を大きな滝が流れる絶景ポイント。
やっぱり滝っていい!

アルゼンチン側滝絶景ポイント


今の水の量は例年に比べ多めとのこと。
期待を裏切らない力強さを感じる。

水量豊富のアルゼンチン側滝


観光の途中で人懐こいハナグマに出会う。

ハナグマ


次回は悪魔の喉笛に迫ります。


プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR