FC2ブログ

羽田空港~釧路空港

今回から行ってきたばかりの北海道旅行をレポートします。

何となく海外旅行専門にしてきたブログですが、今は海外へ観光に出かけられませんから、行けるようになるまでの間、少なくともGo To トラベルで行く国内旅行についてはレポートしていきたいと思います。

元々国内旅行は個人旅行ばかりでしたが、今回は、この先の海外旅行のために、旅行会社と航空会社を応援する、というのが第一の目的です。最初に予約したGo To トラベルは12月後半のツアーでした。11月に行けるのはないのかな?

ちょうどキャンセルが出たのかギリギリ残席があったのが今回のツアー、阪急交通社「ひがし北海道の絶景・名旅館とグルメ旅3日間」でした。1名あたりの費用は、65000円から22750円の給付金適用で支払いは42830円、1万円の地域共通クーポンが付きます。36PAX。

2020/11/6 (1日目)

7:20 羽田空港第1ターミナル北ウィング集合です。1月以来の空港、ちょっとテンション高まります。いつもと違うJALサイドにちょっと違和感を覚えながら受付カウンターに行くと、到着空港から付くはずの添乗員が羽田から同行することになり、あそこにいる方です、と案内されます。

羽田空港第1ターミナル北ウィング


前のお客さんの対応を終わった添乗員さんが、こちらを振り返り、それはびっくり!しました。

なんとお馴染みの添乗員さんだったのです。南米ツアーの後、中米ツアーで再会、そして去年のGWのクルーズで3度目、というそこまででもすごい偶然でしたが、なんと4度目です。お互い顔見た一瞬で「ええーーーっ!」って声をあげてしまいました。

そう何度も遭遇する客はいないので、さすがの添乗員さんも私の顔を覚えていてくれたみたいです。マスクしてたのによく分かりましたね。
北海道の添乗員が足りなくて昨日の朝急にこのツアーの添乗が決まったとのことです。

検温、健康確認シート(過去14日間の発熱、せき、息苦しさ、倦怠感、味覚嗅覚の異常、海外渡航歴、感染者との濃厚接触の有無を申告)を提出して、搭乗券と地域共通クーポン(2人で2万円分)をもらいます。阪急交通社の場合は、紙クーポンで良かった・・・。

GoTo地域共通クーポン


荷物を1つ預けた後、マイレージ登録しようとするとエラーになります。
搭乗券に名前なかったから変だなとは思いましたが、団体で搭乗券に名前がない場合は、加算対象外とのことです。ちょっとがっかり。たとえ1マイルでもいいから加算してくれると、有効期限が伸びるので有難かったのですが、仕方ないですね。国内ツアーは初めてなので、そういう団体チケットがあると初めて知りました。記名がない搭乗券があるなんて。

セキュリティを通り、ゲートに向かいます。
ここまでの所、コロナ前とそう変わりない気がします。

羽田空港


8:20発予定のJAL541便で、釧路空港へと移動します。
機材の準備が遅れたそうで、出発が少し遅れます。
機材はB767-300です。

国際線仕様の機材が来たJAL釧路便


搭乗は優先搭乗の後、後部座席から案内されます。
ギャングウェイにアルコール消毒液が置かれているのが今までと違う所でしょうか。そして機内に入った所でも除菌アルコールシートが置いてありました。

ギャングウェイにアルコール


乗ってすぐ、前方の上級クラスのシートを見て、あれ?今ってJALの国内線のシートってこんなにいいの?と思いました。後方に移動している間に、国際線仕様の機材と判明しました。だからWi-Fiは使えません、と。

国際線のビジネスクラスのシート


エコノミーはこちら。2-3-2配列です。
後方は空席が結構ありました。

エコノミークラス


東京は曇り、羽田空港に飛行機がいっぱいいるのがちょっと寂しい感じがします。国際線仕様の機材は余っているでしょうから、こうして時々使わないとダメなんでしょうね。

飛行機がたくさん待機している羽田空港


離陸してちょっと驚いたのは、思っていたより東京湾の水がきれいに見えたことでしょうか。透明度が高い部分があります。

羽田沖


そしてディズニーの上空を通り北へ。フライト時間は1時間20分弱です。

ディズニー上空


久しぶりの飛行機、今までの長い引きこもり生活の事が一気に過去のことのように感じます。雲の上のきれいな空は、地上のあれこれがすっかり変ってしまった今も、昔と変わりありません。

美しい雲の上の景色


安定飛行に入ると、ドリンクサービスがあります。CAさんはサービス中、スタイリッシュな飛沫防止眼鏡をかけています。スープをもらいましたが、ANAのに比べて、味が濃いかな、という印象です。

ドリンクサービス


9:45着予定でしたが、9:50過ぎにようやく北海道の上空へやってきました。

北海道上空へ


眼下の景色を見て、何だかちょっと想像と違うという気がします。そう、私の知っている北海道の景色そのものの世界が広がり、今回想像していた冬の北海道の景色じゃないという事です。既に初雪も降った北海道ですが、釧路の今は雪がないばかりか夏の北海道と同じ色合いです。

釧路はまだ夏?


10:00頃着陸すると、先ほど見たよりは少し秋めいた景色です。
それにしてもいい天気です。

釧路着陸


釧路空港は初めて、だと思います。小さな空港です。
国内線ということもあり、あっという間の到着に飛行機乗った感がちょっと足りないような気さえしました。

釧路空港


次回は釧路空港~釧路市湿原展望台をレポートの予定です♪

釧路・空港~釧路市湿原展望台

2020/11/6 (1日目) 続き

10:00 予定より15分遅れて釧路空港に到着です。荷物受け取りエリアを出ると、ガイドさんが待っていました。添乗員さん+ガイドさんも付くのですね。この空港は「たんちょう釧路空港」と呼ばれていますが、さっそく丹頂鶴、こちらは剥製でしょうか?展示してあります。

たんちょう釧路空港内の丹頂鶴の展示


全員出てきたところで外に出ます。外にも丹頂鶴のモニュメント。
釧路と言えば丹頂、そういえば以前来た時にも遠めに丹頂鶴を見た記憶が何となくあります。

外にも丹頂鶴のモニュメントがある釧路空港


隣には大きなフクロウの木彫り。かっこいいですね。
外に出て、多少はヒヤッとするかなと思っていましたが、全然寒さがなく、むしろ暑いくらいでちょっとびっくりです。

フクロウの彫刻がかっこいい


さらに牛。乳牛(ホルスタイン)も飾られています。これはいいかな、と素通りしようとしましたが、牛さんに私たちも撮ってと言われた気がして足を止めました。

牛も忘れないで


すぐ近くに止められていた観光バスに乗り込みます。このご時世なので、1人2席かな、と思ってましたが、ぎゅうぎゅうです。全席指定、乗車の際は毎回ステップにあるアルコールで手を消毒して乗ります。換気システムがちゃんとしているので、密に見えますが大丈夫らしいです。そして車内でもマスク着用、加えて飲食禁止、しゃべらず食べずならリスク少って事です(水分補給はOK)。

観光バス


10:30 空港を出発、ガイドさんが挨拶をしている時でした。車窓の牧場の道に、大きなエゾシカが見えました。立派な角を持った雄でしたが、いきなりだったのでカメラの準備ができていなかったのが悔やまれます。その後見たエゾシカの中でも一番立派なシカでした。

カメラを出して、ガイドさんの話を聞きながら車窓を注視しますが、探している時は何も現れないのが常のようです。雄大な景色が広がっていて、北海道に来たなぁと実感です。

釧路の社葬景色


10:45 釧路市湿原展望台に到着です。
展望台という割に高さはありません。ツアーは入場込なので、チケットをもらって入り、11:15まで自由見学です。

釧路市湿原展望台


中へ入り2Fへ上がります。展示室になっています。同じグループが36名、先着で他のグループも入っていて結構密です。もっとも空間が広く、おしゃべりもしないので、感染リスクは高くないと思います。

展望台の資料室


でも人が多いのでほぼ足を止めずさくっと周るだけにします。幻の魚イトウは水槽で泳いでいます。

イトウ


他に湿原に暮らす生き物たちが紹介されているようです。

湿原の生き物たち


3階は展望室になっていますが、誰もいません。天気がいいので、屋上で眺めているのでしょう。

展望室


その上の屋上へと上がります。ここもあまり広くはなく、主に団体2組の入場客でいっぱいです。入場料480円は個人で来たら払うの躊躇するかも知れません。

展望台屋上


どちらの方向に何があるかを示す丸い案内板があります。

展望台屋上


こちらが屋上展望台から見た釧路湿原。うーん、手前のなだらかな山やその奥の平地、ここから見ただけでは「湿原」かどうかピンと来ないと思います。双眼鏡の類が必要ですかね。

釧路湿原


こちらは釧路の街と海の方向です。

釧路の街と海方向


釧路湿原は広大な広さがあり、今いる場所は端っこ、展望台もあまり高さがないため、ため息が漏れるような絶景が見られる、というほどではありません。ズームをすれば、イメージする湿原に近い景色が広がっています。

釧路湿原


1階に降りると、ショップとレストランがあります。
ここのショップは小さな雑貨がメインのようです。

展望台1階のショップ


次回は続きから和商市場をレポートの予定です♪

釧路・釧路市湿原展望台~和商市場

2020/11/6 (1日目) 続き

展望台を出ると釧路湿原探勝路という魅惑的な道しるべがあります。
展望台を起点に遊歩道が整備されているのですが、ガイドさんから一周70分かかるから行かないで、と釘を刺されました。

釧路市湿原展望台から一周できる探勝路


行くなと言われると行きたくなるのが私です。まだ15分あるので、5分だけ歩いてみようと先へ行きます。最初は左に伸びる木道の道を行こうと思ったのですが、右の道の方にタヌキの親子が出没すると展望台内に書いてあったので、こちらに来ることにしました。あおさぎ広場から先は木道破損のため通行止めだそうですが、その他は歩いて大丈夫そうです。

散策路の案内版


落ち葉でいっぱいの道、見通しがよく、ほぼ平坦です。

こもれび広場方面の道


周囲にはクマザサがびっしり。生き物の気配は今の所ありません。

クマザサ


スタスタと歩いていくと、こもれび広場という場所を通過、広場という名前ですが、広くなく、小さな休憩スポットです。

こもれび広場


その先へ進むとこもれびの階段というジグザグ階段があります。
このあたりでちょっときれいな野鳥がいましたが、写真を撮る前に見失いました。

こもれびの階段


階段を全部下りきる辺りで5分かな、と思ったので、上るエネルギーを節約すべく、階段の途中で引き返すことにしました。急な階段という訳ではありませんが、全部下りたところで、今見えない何かが見える訳ではなさそうです。

木の階段


階段を上りきった辺りで、先ほど気付かなかった何かのフンを見つけました。パンダのフンによく似ていますが大きさは親指一本ほどです。タヌキ親子のものか、もしくはキタキツネとか、そのくらいの小動物のものでしょう。落とし主を探しましたが、見当たりませんでした。

小動物のフン


特に早歩きした訳ではありませんが、長袖シャツ1枚にペラペラのジャケット羽織っただけで、ちょっと暑く感じるくらいの気持ちのいい散策になりました。個人で来てたら絶対1周歩いたと思います。そう出来ないのが団体ツアーの辛い所ですが、時間の配分が変わるだけで、その分他の経験ができるのかも知れません。

11:15 釧路市湿原展望台を後にし、釧路市内へと向かいます。
北海道はもう紅葉シーズンは終わって冬と思っていましたが、秋の最後の景色が広がっています。

釧路の秋


ここまで同じ飛行機や、展望台で既に何組かの団体ツアーに遇っていますが、ホテルは満室になっていてだいぶ観光客が戻って来ているけど、観光バスの稼働率はまだ半分くらいだそうです。個人旅行客も多く、現地のバス会社はまだ厳しい状況のようです。そういう話を聞くと、今回ツアーにして良かったと思います。新釧路川を渡ります。

新釧路川


11:40 釧路和商市場に到着です。ここで各自昼食含めて、1時間のフリータイムです。

釧路和商市場


駐車場の方から入って手前はお土産屋さんが多いようです。

和商市場内


その先は海鮮のお店が多く、海産物を買うならここで買うのがオススメのようです。地域共通クーポンを使えるお店もそこそこあります。そして、この市場で有名なのは勝手丼です。写真左のパティオのテーブルは既にほぼ埋まっていて、ここで勝手丼でランチの人が多いようです。

海産物のお店がほとんど


まずこうしたお惣菜屋さんでご飯を買って、丼のネタを売っている別の店でネタをご飯に乗せてもらうというシステムのようです。ネタ売っているお店の人たち、結構呼び込みしています。

ご飯を買って好きなものを乗せて作る勝手丼が人気


しかし、テーブルも埋まっているし、私たちは先に他の目的を果たすために和商市場を出ました。地図を見ながらどこへ向かったかと言いますと、なんと10分も歩いてヤマダ電機にやってきました。

釧路のヤマダ電機


何故ヤマダ電機か?地域共通クーポン消費のためです。ツアーで行く場所のお土産屋などでクーポンは使えますが、お土産ばかり2万円分も要りません。使える場所は限られているので、こんな所に来たのです。
ヤマダ電機の裏側にサンドラッグがあったので、まずそこで常備薬などでクーポンを4枚消費しました。

しかし北海道の店舗は東京のそれとはかなり違い、とにかく広いです。どこに何を売っているのか商品探すだけでも通常より時間がかかってしまいました。残り時間が少なくなり、あせってヤマダ電機に入り、SDカード購入で3枚クーポンを使います。先に店員に場所を聞いてしまうのが早いです。

SDカードを買ったら急いで市場に戻ります。
釧路の道は、ほとんど人が歩いてなくて、道幅も広いのに車も少ないです。奥は釧路駅です。

釧路駅前


12:30 和商市場に戻りましたが、もう勝手丼を食べる時間はありません。
お土産を真剣に選ぶ時間も・・・。どうやら昼食を食べ損ねましたが、夜の旅館飯のためにお腹を空かせておくのもいいでしょう。

釧路和商市場


次回は鶴見台をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR