FC2ブログ

デルタ航空・エコノミークラス~アメリカ・マイアミ

今回から1月に行ったカリブ海クルーズの旅レポートスタートです。
クラブツーリズム「超大型客船であこがれの海へ カリブ海クルーズ11日間」にダンナと参加、費用は燃油チャージ、諸税、船内チップ込で、1人約31万円です。13PAX。

2020/01/11 (1日目)

16:40 羽田空港国際線ターミナルに到着です。年も明けてしばらく経ちますが、イルミネーションがきれいです。

羽田空港国際線ターミナルのイルミネーション


旅行会社のカウンターで受付してから、デルタ航空のチェックインへ向かいます。チェックイン機を使いますが、質問が多いです。この季節にオーバーブッキングが発生していて、辞退者を募集していますが、その設問の回答がデフォルト「はい」だったりと注意が必要です。

バゲージを預けたら羽田空港から出国する際のルーティーン、日本橋を渡ります。

羽田空港の日本橋


今回は上級会員資格を失って久しいデルタ航空の利用ですから、この後空港ラウンジには行けません。時間潰しに展望デッキにも行きましょう。
既に陽が落ちています。

羽田空港国際線ターミナルの展望デッキ


国内線ターミナル方面を見ると大きくて赤い光が見えました。最初は月とは分からなかったくらい、大きく見えました。

空港展望デッキで満月を見る


どうやら満月のようです。ズームで撮ってみたらとても赤く写りました。
でも実物もこれくら赤く見えたので、何かオブジェがあるのかと思ったのです。

赤い月


少し休憩してから、セキュリティ、出国し、搭乗時刻に合わせてゲートに向かいます。アメリカ行きのためか、ゲート前でも、手荷物はずっと持ってたか等3つくらい質問があります。

19:20発のDL-0120便、ミネアポリス行に搭乗です。
機材はB777-200です。

デルタ航空B777


ギリギリまで辞退者を募っていたようで満席です。エコノミーは3-3-3配列、座席には、毛布、スリッパ、割といい枕がセットされています。
ピッチもやや広め、膝の先15㎝以上あるかな?

デルタ航空エコノミークラスはスリッパ付き


さらにイヤホンとアイシェイドなどトラベルキットが離陸前に配布されます。中東系を除けば今時のエコノミーのサービスとは思えません。同じ米系キャリアのUAとは雲泥の差です。

デルタ航空エコノミークラスのアメニティ


モニターも大きめ、解像度も高いし、映画やゲームもいろいろあります。
ミネアポリスまでのフライトタイムは10時間25分とありますが、比較的快適に機内時間を過ごせそうです。

デルタ航空エコノミークラスの個人用モニター


離陸後安定飛行に入ると、おしぼりも配布されます。
その後、水ボトルやメニュー(日本語併記)などが配られ、機内サービススケジュールも書かれています。そして、ウェルカムカクテルとして、ピーチベリーニが配られました。デルタっていつからこんなにサービス良くなった?

デルタ航空はエコノミーでもウェルカムカクテル


日本語対応のCAも3名乗務していてサービスもぶっきらぼうではありません。すごいのは機内食です。前菜2種、メイン3種からそれぞれ1つずつを選びます。

私はアンティパスティサラダとペンネパスタを選択しました。おしゃれです。飲物も豊富で、スパークリングワイン頼んだら、小瓶で提供です。しかもプラじゃなくガラスの!スパークリングワインなんて有料ってキャリアも増えている昨今、びっくりです。

デルタ航空羽田→ミネアポリスの機内食


こちらはダンナのチョイス、ローストした野菜のフムス、豚カツ丼。
機内食どれもおいしかったですよ。アメリカ行くならデルタ、と思いましたね。

デルタ航空羽田→ミネアポリスの機内食


しかも食後にはハーゲンダッツ。食後のドリンクサービスでベイリーズももらいました。飲み過ぎですかね?ご機嫌で寝れそうです。

食後のハーゲンダッツアイスとベイリーズ


ルートはアンカレッジ、アラスカ経由で飛んでいて、途中やたらと揺れてギシギシいって期待通りには寝れませんでした。でも映画などいっぱい見て退屈をやり過ごします。アメリカ便にしては機内温度は暖かめでした。

到着1時間前くらいに2度目の機内食、フルーツと温かいクロワッサンサンドイッチ。写真的に貧相に見えますが、逆にちょうどいいかな?

デルタ航空到着前機内食


15:10 ミネアポリスに到着です。周辺の景色は上空から見ても真っ白でしたが、外は-10℃だそうです。イミグレが長蛇の列で、先が見えないほど並びます。ここで添乗員さんに、同じツアーの一人参加女性を紹介され、一緒に並んであげてと言われます。親世代の方で、時々話が噛み合いませんが、ダンナはこの世代にやたら親切です。

一人参加の方に最初に親切にして、旅行中ずっと寄生され困った経験が多々あるので、ダンナに釘を刺しますが、もう遅かったようで、しっかりマークされたようです。

入国はまずキオスクでやりますから、以前書いていた税関申告書は不要になりました。家族は一緒に手続きできますが、ダンナが指紋の読み込みに失敗して、タイムオーバー。×が付き対人審査に並び直さないといけません。同じツアーのほとんどが、指紋や、顔写真がうまく撮れなかったり、ESTAで入るの初めてとか、何かしらの理由でキオスクで×が付きました。

×が付かなかったのは男性1名と私だけ、だったので、先に並ばなくていい別レーンで抜けることにしました。どこへ何しにくらい聞かれただけで通過すると、ターンテーブルに出ます。皆が来るまでに、ツアーのタグがついているスーツケースを集めておきましたが、他の方たちはなかなか出てきません。

やっと皆が入国を済ませ、乗り継ぎのバゲージドロップ、セキュリティへと向かいます。この時点で乗継便のボーディングタイムを5分過ぎていました。時間過ぎていたので、カートでゲートまで案内してくれることになりましたが、お年寄り優先にして先に歩きます。

17:45発 DL-2951便マイアミ行に搭乗です。
機材は、A319、ABC-DEFの3-3配列で、またも満席でした。国内線ではイヤホン配らないので、国際線の時のを持って来て正解です。

機内サービスは、ソフトドリンクだけ無料で、小さなスナックくらいはもらえますが、後は有料です。フライト時間は3時間45分、結構あります。

デルタ航空国内線の機内サービス


22:40 マイアミに到着です。外に出ると、26℃、ミネアポリスとの気温差36℃です。アメリカって広いね、を再認識します。

次回はオアシス・オブ・ザ・シーズ乗船をレポートの予定です♪

オアシス・オブ・ザ・シーズ乗船

2020/01/11 (1日目) 続き

飛行機が着陸して30分で空港の外に出ることができました。26℃は蒸しっと感じます。
23:15 バスにて空港を出発します。

23:25 今晩のホテル、クラリオン イン&スイーツ マイアミエアポートに到着です。部屋は広め、冷蔵庫、電子レンジ、アイロン、コーヒーマシン、バスタブ付き。添乗員さんが差し入れに水ボトルもくれました。今晩必要なものはスーツケースの一方にまとめていれてあるので、さくっとシャワー浴びて寝ます。

マイアミのクラリオンの部屋


2020/01/12 (2日目)

結局3時間ちょっとしか寝れませんでした。
8:00 朝食を食べに行きますが、見事に茶色い食べ物ばかりでした。写真に写っていませんが、スパイシーなポテトが美味しかったです。ワッフルメーカーがあったので、自分で焼いて食べます。

クラリオンの朝食


9:55 バスでホテルを出発、マイアミ港クルーズターミナルへ直行です。空港側のホテルから10分ちょっとでクルーズターミナルが見えてきました。ずらっと大型クルーズ船が並んでいます。今日は日曜、クルーズ発着の日ですから、こちら側だけで6艘見えます。

マイアミ港クルーズターミナル


今日入出港するクルーズ船がこれだけあると、すぐそこに見える各ターミナルでも、辿り着くのは大変です。道が大渋滞だからです。私たちのターミナルは一番奥、歩く方が早いのではというスピードですが、歩く距離じゃありません。
10:40 やっと一番奥のターミナルに到着です。

マイアミのクルーズターミナル


バスを降りたらすぐにスーツケースを預け、手荷物を持ってターミナルビルに入ります。大きなスクリューがオブジェになっています。

クルーズターミナルの巨大スクリューオブジェ


と、後ろに見えているのはこれから乗船するオアシス・オブ・ザ・シーズ、約22.5万トンの超大型船なので、バルコニー付きの部屋がまるでマッチ箱のように見えます。船の全景を見れるのはどこかへ寄港してからになります。

窓の向こうにオアシス・オブ・ザ・シーズ


チェックインは並ばずにでき、パスポート、乗船券、クレジットカードを出し、さくっと手続き完了。クルーズカードはここで発行されず、紙の臨時乗船券が出ます。

11:00 セキュリティを通り、すぐにそのまま乗船できます。
しかし、ツアーのメンバーが1人見当たりません。どんなに探してもいないので、先に行ってしまったのかも?クルーズ船に乗ってしまうと、見つけるのは困難ですが、添乗員さんは部屋番号とか分かっているので後でフォローしてくれるでしょう。

22万トンサイズともなると、乗客は5500人近く、上下船に時間かかると昔は聞かされていましたが、実際には効率よくさばかれるし行列したりすることもありません。続々と乗り込んでいます。飛行機のようなブリッジで、いつ船に乗ったか気付きません。

オアシス・オブ・ザ・シーズ乗船


乗船すると、5Fでした。目の前にはライジングタイドバー、という吹き抜けを上下に移動するバーがあります。まだ乗船日の昼前なのに、既に飲んでいる人がいるのが日本とは違います。

オアシス・オブ・ザ・シーズの可動式のバー


上の写真でスタッフが持っている「KEY」というしゃもじですが、1泊あたり29.99ドル払う有料サービスで、どんなカテゴリーの船室でも、優先サービスをいろいろ受けられるというものです。アクティビティやシアターの席、インターネット、優先下船などなど。ネットする人ならコスパはいいかも。

さて、ライジングタイトバーを正面に見て、すぐ左にあるのが、バイオニックバー、簡単に言うとロボットバーです。ロボットがこのようにカクテルとか作ります(有料)。ここが、今回のツアーで集合が必要な時の集合場所と添乗員さんからの指定です。分かりやすくていいですね。

バイオニックバー


それでは、まだ部屋の準備ができていないので、まずは上階にあるビュッフェレストラン「ウィンジャマーカフェ」へ行って早めにランチとしましょう。途中で、今晩のディナーのメニュー掲示を見かけたので、写真に撮っておきます。先に見ておくと何かと便利です。

ディナーメニュー


16Fまでエレベーターで上がります。おお、すごい。さすが超大型船、船の内側にこんなに大きな空間があります。下はセントラルパーク、船の内側にまでバルコニー付き客室があるのが特徴です。

オアシス・オブ・ザ・シーズの船の内側


こちらは船後方のデッキ、船の片側だけ使ってもこんなに広いミニゴルフがあります。これは後で船内探検するのが楽しみです。

オアシス・オブ・ザ・シーズのミニゴルフ


ウィンジャマーカフェに入ります。まだ12:00まで10分あるせいか空いていました。ビュッフェのエリアが意外にも狭いかな?他にも食事ができる場所がいくつかあるからかも知れません。好きなものを好きなだけ、危険なエリアです。

ウィンジャマーカフェのランチ


今回のツアーは総勢13名、うち一人参加が5名もいます。クルーズのツアーで一人参加は珍しいですが、これだけいれば寂しくないでしょうが、さっそくご一緒にいいですか、となりました。嫌とは言えません。
ビュッフェは量を調節しながら食べます。おいしかったらお替りすればいいのです。

ビュッフェは少しずつ


外はあいにくの天気です。船まで送ってくれた現地の日本人ガイドによれば、マイアミはジェット気流の影響で空港付近は雨が多いとか言っていました。出港時は天気悪いとテンション下がるので、出港までに晴れてくれないかな?

イマイチなマイアミの天気


次回はプールエリアやキャビン(客室)をレポートの予定です♪

オアシス・オブ・ザ・シーズのプールエリア&キャビン紹介

2020/01/12 (2日目) 続き

12:25 ランチを終えたら、ソフトクリームどこだろう?と探すことにしました。ビュッフェエリアになかったので、プールエリアの可能性があります。ウィンジャマーカフェを出ると、16Fは屋外です。15Fのスポーツプールが見えます。まだ乗船後間もないので人がほとんどいません。

オアシス・オブ・ザ・シーズのスポーツプール


デッキにはビーチチェアが並びますが、屋根付きビーチベッドとかちょっと豪華なものもあります。これらも予約不要、誰でも早いもの勝ちで利用でき、もちろん無料です。

オアシス・オブ・ザ・シーズのビーチベッド


ソフトクリーム探しながら前方へ進むと、またプールです。先ほどのプールとは別のプールで、メインプール、写っていませんが、右舷にももう1つプールがあります。正面にはウォータースライダーも3本あります。カジュアル船はこういう設備が充実しています。

オアシス・オブ・ザ・シーズのメインプールエリア


16Fのジャグジー、大きめです。ジャグジーはあちこちにあるので、他の船のように人がいっぱいで遠慮しながら入るとか、空いている時を狙って入るなどの必要がないようです。

オアシス・オブ・ザ・シーズの屋外ジャグジー


途中で15Fに降ります。ウォータースライダーの裏あたりには、展望ジャグジー!もはやジャグジーという大きさではありません。これはとても気持ちよさそうなので、是非試さなくてはなりませんね。

オアシス・オブ・ザ・シーズの展望ジャグジー


15F船首はソラリウム、屋根付きの温室のようなエリアですが、とても広いです。そして、ここはお子様お断りエリアですし、ビュッフェコーナーもあって、一日グダグダできそうです。終日航海日はここで過ごすことに決定。

オアシス・オブ・ザ・シーズのソラリウム


ソフトクリームを探していたはずですが、見つけられないまま船首まで来てしまいました。おかしいな・・・プールエリアの反対側、右舷側を歩きます。間は吹き抜けで、下にはセントラルパークが見えます。もはや船の中とは思えません。

オアシス・オブ・ザ・シーズの中心部分にあるセントラルパーク


ソフトクリームを持っている人を見つけ、ようやく場所を発見しました。うーん、分かりにくい。15F中央のバーの裏側のような所です。
2,3人の人が並んでなければ気付きませんでした。自分で作る方式ではなく、スタッフが作ってくれる方式です(無料)。

ソフトクリームコーナーは目立たない


ソフトクリームをゲットした後は、パークカフェへ下りてみる事にしました。ソフトクリーム持っているだけで、それどこ?と聞かれますが、探している人は私たちだけじゃなかったようです。

セントラルパークは、大きなマンションの敷地内の庭、という感じです。
そんなに広くありませんが、お散歩に良さそうです。

オアシス・オブ・ザ・シーズのセントラルパーク


そして、脇にはレストランやショップがあり、ティファニーまであります。もうどこかの街角、と錯覚しますね。

オアシス・オブ・ザ・シーズのティファニー


セントラルパーク沿いにあるパークカフェ(無料)で食後のコーヒー飲みながらおしゃべりをして時間をつぶしていると、13:00、部屋の準備ができたと船内放送が入りました。さっそく部屋に行ってみましょう。

シーパスカード(クルーズカード)はドアの外にありました。うーん、この方式はセキュリティ的に大丈夫なのかな?まぁいいでしょう。

今回も部屋は一番安い内側船室です(初めてのクルーズから飽きるまではバルコニー付きをオススメします)。22.5万トンの超大型客船なので、船首の中心あたりに部屋がたくさんあります。ここは廊下の向かいが海側船室、ではなく、内側船室が固まっていて、すれ違う人皆同じカテゴリーの船室かと思うととても気楽な感じです。

部屋に入ると、思っていたより広めです。このオアシス・オブ・ザ・シーズは11月に改装が終わったばかり、何がどう新しくなったのかは分かりませんが、部屋もキレイです。手前にベッドがあるパターンですね。

オアシス・オブ・ザ・シーズの内側キャビン


入口の脇はバスルームです。シャワーブースは使いやすそうなタイプ、すなわち、カーテンじゃなくシャワーも取り外し可で、広さも十分そうです。

オアシス・オブ・ザ・シーズのバスルーム


こちらはクローゼット、ハンガーも豊富にあります。早々に、貴重品などはセキュリティボックスにしまいます。

オアシス・オブ・ザ・シーズのキャビンのクローゼット


そしてベッドの奥のエリア、大きいソファーが1台、これは助かります。荷物など置いたうえでも、寝られるほどの大きさです。そして、床面も大きなスーツケースを悠々と開けられるスペースがあります。部屋全体15㎡以上あるかな?この大きなソファーがあるかどうかで快適度が全然違います。

オアシス・オブ・ザ・シーズの内側キャビン


冷蔵庫は空、要らない飲物が入っていないのもいいです。そしてテーブルの奥行きは40㎝以上あり作業もしやすいですね。コンセントがAタイプ3つあります。そして、乗船前に申し込んでおいたエクスカーションチケットや、リピーター向けのレター、イベント招待状なども既に置かれていました。

オアシス・オブ・ザ・シーズの内側キャビンの机と冷蔵庫


スーツケースも既に部屋近くまで来ていたので、そこから自分で取ってきて、さっさと全部開けてしまいます。テーブル下の引き出しと、バスルーム、クローゼットに全ての荷物をセットしてスーツケースはベッド下に収納します。

添乗員さんが部屋に来て、ショーの予約を取ったと知らせてくれました。私たちはロイヤルカリビアンの船に乗るのが2度目で、リピーター登録していたので、自動的にメールが来ていて、一応自分たちで事前にショーの予約をしてみたのですが、その時既にいい時間帯は全然空いていませんでした。添乗員さんは担当マネージャとアレンジしていい時間を取り直してくれました。

ロイヤルカリビアンは、リピータープログラムは飛行機のマイレージと一緒で、自分で登録しないと何回乗ってもリピーターとして扱われません。私たちは登録してから予約をしたので、事前に予約番号がメールされて、ショーやエクスカーション(現地オプショナルツアー)などの予約ができました。

事前に購入すると大抵のものは安くなります。例えばその一つがこれ、インターネットです。私は1日あたり12.99ドルでSurf+Streamを購入しました。乗船してから買うと、同じものが1日あたり19.99ドルです。全日分購入しなくてはならないので、7日分ですからどれだけお得か分かりますね?

早速接続確認すると、ちゃんとプリペイドしていると出ました。
写真のアップロードはもちろん、動画も見れます。サクサクとはいきませんが、地上のホテルで遅いところと大差ない感じです。

インターネットは事前購入でお得に


これで、クルーズ中はネット接続放題、ちょうど1万円でしたが、事前払いしてよかったです。カリブ海クルーズでは寄港地で無料Wi-Fiにありつくのも期待できないので、事前購入がオススメです。

次回は船内探検をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR