FC2ブログ

成田~中国・成都パンダ基地1日目①

今回から冬のパンダ巡り旅のレポートスタートです(パンダ連続お許し下さい)。

個人旅行で、成都、都江堰、耿达、雅安、重慶、北京、オルドスのパンダたちを訪ねて周りました。費用は12日間で、30,000マイル(UA)+60,000円(空港税、ホテル代、入園料、食費、交通費など)です。

今回はPandapiaさん主催、現地集合イベント「秦岭熊猫巡り」に参加するつもりで特典航空券を予約したものの、中国側の許可が間に合わずイベントが延期、同じ境遇のパンダファンが成都に行くということで、共通する日程でプチツアーも企画しました。

ちなみに、秦岭(ちんりん)熊猫とは四川のパンダの亜種として四川省の北東、陝西省に暮らすパンダの事です。省都は西安、イベントの延期や中止を考慮して、皆西安ではなく、成都便を予約していました。私はユナイテッド航空で特典航空券を予約、中国往復で1か所寄り道ができるので今回も内モンゴル自治区オルドスを追加しています。燃油サーチャージ負担なしで30000マイルはお得です。


2019/12/04 (1日目)

今回は寒い場所に行くので、当日は上着要らないくらいの暑さでしたが、ダウンにブーツという出で立ちで出発です。

15:00 ANAラウンジ下で同じ便で出発する4名で集合、ANAラウンジで乾杯、旅の無事を祈ります。パンダ旅はいつも独りが多くて寂しいのですが、今回は心強い旅立ちです。いつものカレーの他、ちょうど寿司サービスが始まったのでたくさん食べてしまいました。

ANAラウンジ


ボーディングタイムに合わせてラウンジを出てゲートに向かいます。今日も沖き止めです。ANA成都便の機材は、B767-300、搭乗時にはちょうど夕日が奇麗でした。

ANA成都便は起き止めが多い


17:15 NH-947便にて成都に向かいます。座席配列はAC-DFG-HKの2-3-2配列、12月の水曜だからか今日は結構空席があります。私はいつものように前方通路席を取りましたが、通常だと1500円で指定可能なのだそうです。特典航空券の場合は、無料で指定できます(しかもUAサイトで指定できるようになりました)。

17:45 離陸し、安定飛行後に機内食が出ます。前回おいしかったので、シーフードミールをリクエストしておきました。メインはサーモン・ラタトゥーユ添え、ゴボウとイカと貝柱のサラダ、フルーツ、サラダ。今回もおいしかったです。食後には恒例のカチカチハーゲンダッツアイスも頂きました。

ANAのシーフードミール


22:35 成都双流空港に着陸です。ゲートまで15分走行したので、降機できたのは22:55でした。地下鉄に間に合いません・・・。定刻23:00着なので、仕方ないですね。イミグレ前に係員がいなかったので、指紋の自動採取機はスキップして対人で全ての手続きを行います。

23:20 外へ出れました。一緒の便だった3名はホテルもそれぞれ別手配、送迎車を依頼済みとの事で、私は一人先に出て空港バスを利用することにします。
右手奥のバスチケット売り場で「夜間2号線・春熙路南口」と書いたメモを出しましたが、何か言われます。メモを渡すと、天府広場で降りて右と書いてくれました。天府広場行の13元のチケットを買うと、乗り場は100m戻った所、と教えてくれます。夜間2号の切符が買えなかった理由は今もって分かりません。

成都空港の空港バスのチケット売り場


最初に出た出口のすぐ前にもう1つ空港バスのチケット売り場があり、その脇が乗り場らしく、同じく切符を持った人が待っていました。
やがてバスが来ると、もぎりのお姉さんんが切符をもぎり、乗車します。
普通の観光バスタイプのバスでした。市内に入ると、何か所も止まり、果たして天府広場がどこなのか分かるだろうか不安になります。

いくつ目かのバス停で、隣の席の方に、天府広場?と聞くと、運よく英語が話せる方でした。自分も天府広場で降りるから一緒に、と言ってくれます。
そのうち、次だよと言われたので、春熙路南口に行きたいのだけど、というと、さらに隣の人とスマホで地図とか見ながら、降りたら右、と教えてくれます。

隣の隣は日本人だったようです。日本語で、歩く距離じゃないですよね、タクシーですよね?と聞くと、うーん、歩けるかな、と答えてくれました。
しかし、スマホも地図も持ってない私、成都の地図が何となく頭にあるだけですが大丈夫?


2019/12/05 (2日目)

00:03 天府広場に到着したので降ります。どこ行きなのか、バスの目的地はまだ先のようです。言われた通り、右の方へ私が歩きだすのを一緒に降りた人が見守ってくれました。深夜とはいえ、歩道も広くて怖さはなく、歩きやすくて今回も小さいソフトケース1つで来たし歩くのは苦ではありません。

天府広場付近の道路


しかし、いったいどのくらい歩けばいいのか分かりません。そもそも現在地が分かっていないのです。そういう時の1分はやたら長く感じます。延々歩くと、クラウンプラザが見えました。ホテル探しの際に検討したことがあるので、何となく現在地が分かりました。北寄りの道を選んでしまった・・・。それにまだだいぶ遠いな。最初からタクシーに乗っても乗車拒否されるような近距離じゃなかったはず、とこの時思いました。

そのうち街並みから春熙路に近付いた感じがしたので、途中で右に曲がり黙々と歩くと、イトーヨーカドーが左に見えました。合ってるな、確信してまっすぐ進み、歩道橋を渡った先に今日のホテルがあります。我ながら方向感覚とか距離感はすごいなと思います。(歩道橋の近くに春熙路南口バス停があるのでこのホテルを選びました・・・)

00:26 20分歩いて今日のホテル轩雅映月酒店 (シュエンヤーインユエホテル)に到着です。うん、タクシーの距離でしたね。深夜に一人でタクシー乗るには、迷う距離ではあります。最初からバス停の後方右の道を歩いていればもうちょっと早かったかも知れません。このホテルの利用は何度か目ですが、最初に来た時とは別のホテルと思えるほど、フロント周りがきれいになりました。

成都の轩雅映月酒店


フロントに、予約票とパスポート渡してチェックインです。割とすんなり鍵くれました。部屋に着いてから、あれ?今回はデポジット要求されなかったと気付きました。そういえば有料物品が部屋にありません。(デポジット取られなかったのはリピーターだったからかも知れません。)2泊食事なしで5571円予約時に前払い済みです。

轩雅映月酒店の部屋


今回の部屋には空気清浄機はありませんでしたが、タバコや嫌な臭いはしませんでした。コンパクトで機能的でコスパのいいホテルです。
早々にシャワーを浴びて、6:00にアラームかけて寝ます。

轩雅映月酒店の部屋のバスルーム


6:00 起床、持参のパンなど食べて今日は成都パンダ基地へ向かいます。
6:45 ホテル出発、徒歩5分ほどの春熙路駅から地下鉄に乗ります。この時間、辺りは真っ暗であまり人の気配がありません。

春熙路駅地下鉄入口


3号線で動物園駅へ行き、655路のバスで成都パンダ基地に向かいます。
7:30 熊猫基地のバス停に到着です。
正門まで行くと、開園待ちの入園列がちょうどはけた頃でした。
正式名称は「成都大熊猫繁育研究基地」と言いますが、通称、成都パンダ基地、です。

成都パンダ基地正門


55元のチケットを購入、入園します。今や電子チケットの人が多く、紙のチケットは少数派、売り場で待ち時間が発生することもありません。Trip.comでも電子チケット売っていてそれならクレジットカード決済も可能ですが、私はスマホ持ちではないのです。

成都パンダ基地のチケット


入園するとようやく少しずつ明るくなってきました。
しかしスワンレイクのように広い所でやや明るさを感じる程度で、基地の中は笹が生い茂りまだまだ暗いです。冬季は張り切って7:30に来る必要はないかも知れません。

成都パンダ基地のスワンレイク


ここで、成都パンダ基地の簡単な説明をしておきます。
1987年設立、野生から保護された6頭のパンダから始まっています。
現在では約200頭くらい?広大な敷地で、公開されている主なパンダの施設は以下の通りです(日本人が分かりやすい名称にしてあります)。

1.14号別荘:(2019年12月現在大規模改装中で非公開)
2.成年園
3.亜成年園(A区・B区)
4.幼年園
5.太陽産室
6.2号別荘
7.月亮産室
8.1号別荘

地図は入園チケットの裏側に印刷されているものです。大きな地図はツーリストセンターにあります(中国語版、英語版、運が良ければ日本語版)。

成都パンダ基地の地図


地図ですら道も分かりにくいですが、実際には高低差もかなりあり、迷子になりやすいです。各施設の移動は現地の案内板を頼りましょう(ルートはいくつもあるので、右も左も同じ場所に出ることもあり、距離も確認要)。
小山のような敷地で、上記1~5は低地にあり、6,7は高台、8は更に上ですから地図上の道の長さや位置は、実際移動にかかる時間の予測に役立ちません。

さて、まず、念のため成年園を通りますがまだパンダはいません。次は幼年園に向かいます。幼年園には2つ庭があり、親離れ後の2歳前後の幼年パンダが暮らしていて、今は2017年生まれが暮らすパンダの小学校のような所です。こちらは2班の庭、4頭が食事中ですが、暗い中、動いているパンダを写真に撮るのはとても大変です。心霊写真のようなものが量産され、一番マシなのがこれです。

幼年園2班の2017年組朝ごはん


1班側も2017年組の5頭が一緒に食事中です。2班側に比べると、少し明るいです。5頭もいると大抵誰かが大きく動き、このような写真は奇跡的にしか撮れません。こうして固まって食べているのが可愛いです。顔が見えている真ん中の大美(だーめい)におはようを言います。

幼年園1班2017年組の朝食


写真が難しい時は動画を撮ったりしますが、動画はさらに光が必要だったようです。



空いている間に太陽産室の子供部屋に向かいます。産室には赤ちゃんパンダがいて、朝は室内展示場になっている子供部屋で見れますが、朝一は空いててじっくり見れるのです。
績笑(じーしゃお)、成風(ちぇんふん)、成浪(ちぇんらん)の3頭がいました。全員女子です。生後約半年、赤ちゃんパンダと言うより子パンダっぽくなってきました。ちびパンダと呼んだらいいかな?

子ども部屋のちびパンダたち


最初バラバラだった3頭、次々とハシゴに集まってきました。寝てる時間も多いので、こうして皆が動いている時間にじっくり見れるチャンスは少ないのです。だから頑張って早起きして開園時に来る価値はあります。

ハシゴを登るちびパンダたち


やがて、1頭ずつカゴに入って行きます。いやいや、そろそろ3頭全員入るのはもう無理なのでは?と思いましたが、何のその、無理やり入って行きました。



そして、カゴの中でぎゅうぎゅうになって最終的に3頭仲良く寝ました。パンダの成長は早いので、この状態で寝るのを見るのはもう見納めかも知れません。動かなければ、ぬいぐるみの詰め合わせと間違えられそうです。ちびパンダたちが自分たちで入ったとは、上の動画を見ないと信じられませんよね・・・。

3頭ぎっしりカゴに詰まって寝るちびパンダたち


次回は続きをレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(1日目②)

2019/12/05 (2日目) 続き

8:00 2号別荘へ上がってきました。4つの庭と室内展示場がありますが、室内は庭を使えない時のみ公開しています。端の庭では、2016年組5頭がちょうど庭に出勤してきた所でした。パンダ舎の扉から出てくると、走って食事に行くでもなく、実にのんびりとしていて、パンダらしいと言えばパンダらしいです。

2016年組奇一班の出勤


誰も笹に直行せず、方々にお散歩に出かけます。成都パンダ基地では夜間は狭い室内で過ごしていて食べるか寝るかなので、外に出ると気分も開放されるのでしょうか。福順(ふーしゅん、雄)は一番近い木に登り、私を見下ろします。

福順


奇一(ちーいー、雌)は、庭の奥まで行き、一番遠い木に登りました。先月、枝の先の方まで行ってハラハラさせられた木ですが、枝がばっさり切られています。他の木も切られていて、庭の見通しが良くなりました。

奇一の木はばっさり剪定


せっかく端まで来たので、隣の庭を覗きます。この庭は木々で見通しが悪いことで有名でしたが、ここも木々が剪定され、パンダが見やすくなりました。
艾莉(あいり、2011年生、雌)がお食事中です。子育てが終わったせいか、少し丸みが減ったような気がします。子育て中のママパンダはよく食べるせいか丸々している事が多いです。

艾莉


2016年組の庭に戻ると、皆お散歩は10分ほどで切り上げ、笹の所に集まって来ました。笹は立てて置かれているので、今日は、雲梯の通路から食べたい派が多いようです。

奇一班朝食


並んで食事を始めたのは、奇一と毛豆(まおどぅ、雄)です。奇一には頭の上にWi-Fiと呼ばれる毛があるし、毛豆のアイパッチは長方形で濃い顔、今は隠れていますがお腹の毛がかなり黒いです。そうした特徴で見分けができます。

奇一と毛豆


食べている時のパンダはとても仲良しに見えます。パンダは一つの事しか考えられないと言われていますが、食べている間は食べることに夢中なので、隣に誰がいようが、自分にもたれかかってこようが関係ないのです。



少し離れて食事中なのは、福順です。
パンダの食事は、竹の種類も様々、季節によっても、竹竿のような茎の部分、笹の葉、タケノコとありますが、冬季はタケノコはありません。なので、揺れる葉で写真もブレるし、パンダも隠れ気味ですが、やはりパンダには笹の葉がよく似合います。

福順


独り地面で食べているのは福順の双子の妹、福来(ふーらい)です。双子とは言え、私には全然違うパンダに見えるのですが、こうして写真を見ると、やはり似ている所がありますね。この兄妹はとてもおっとりしていて写真が撮りやすいです。

福来


さて、いつもだとこの後は近くの月亮産室に行くのですが、今日は悩んだ末、亜成年園に行くことにしました。昨日一緒の便で来た方たちが、亜成年園のパンダの出勤を見に行くと言っていたからです。自分だけが良いシーンを見逃した時、悔しいですものね。

亜成年園は低地にあり、A区とB区があります。それぞれ庭が4つずつありますが、内側の庭のいくつかは見学通路から見えません。B区にのみ、室内展示場があり日中もパンダがいます。元々は若手のパンダの場所だったのかという名前ですが、幼年園卒業以降、引退間近のパンダまでが暮らしています。

8:30 亜成年園A区に着くと、端の庭の美蘭(めいらん)が吊り下げられたニンジンを取って食べていたので、美蘭を見るか迷いましたが、皆が狙っている隣の北川(べいちゅあん)の所へ急ぎます。出勤時間はほぼ同じだからです。

北川の庭の所に着いたとき、既に北川はいくつめかのニンジンを食べている所でした。あれ?皆いるかと思ったら誰も来てない・・・。

出勤時の北川


ニンジンは毎日ある訳ではないようですが、パンダファンは皆このシーンが見たいです。パンダが立ち上がって独りニンジン食い競争をするのです。ニンジン好きなパンダは少ないので亜成年園の一部でしか見られない光景です。

ニンジン取る北川


あら、北川、1つずつ取るのがお上品と言われていましたが、2個取りました。
野生出身の北川は、一日中庭の中心あたりにある大木の上にいて、朝の出勤時くらいしか地上で近くにいる所を見ることができません。日によっは木に直行してしまうし、後はいつ下りてくるか予想もできません。

両手にニンジンの北川


重そうな体の北川ですが、3,4歳の頃、病気で山を下りて来て救助されました。当時50㎏ほどだったそうですが、今では倍以上の体重で太り過ぎです。動画の後半では1個口にくわえて2個目を取るという技を覚えました。



端の2個、補助道具のように付いている紐を握って取ろうとしますが、失敗しました。バツが悪かったのかいったん諦め、用意された竹や笹の所へ行きます。



しかし、竹も笹も匂いをチェックしましたが、気に入らないようです。取り残したニンジンを食べることにした北川、戻ってニンジンを取ります。
この頃になってやっと皆がやってきました。連射音は、地元のファンの方のものです。先ほど覚えた2個取りをもう一度披露します。



ニンジンを食べ終わった北川は、竹を食べようとしますが、やはり匂いが気に入らないみたいで笹を食べることにしました。

笹を食べに行った北川


美蘭は食べるの遅いからまだニンジン食べているかも、そう思って美蘭の所に行きますが、途中で飽きた?のか残して奥の方に行ってしまっていました。

美蘭の向かい、成年園の端の庭では阿宝(あーばお、雄)が竹を食べています。
阿宝は同名パンダ多いので、楼阿宝と呼ばれています。楼阿宝は、陝西省の野生出身パンダ、つまり延期になったイベントの秦岭パンダの純血種という事になります。外見上、四川のパンダと違う点はないですが、基地の他のパンダと顔付きは違います。産室に暮らしていましたが、今はシーズンオフなので、ここに越してきたようです。

楼阿宝


パンともさんの一人と一緒に幼年園へ行きます。1班では2017年組5頭のうち、3頭がまだ食事中でした。笹に埋もれていますが、左手前から成蘭(ちぇんらん、雄)、青青(ちんちん、雌)、芝士(ずす、雄)のようです。笹の葉の場合、食事時間が長いように思います。

笹に埋もれて食事中の成蘭たち


後の2頭はどこかな?庭の奥の方へ行くと、通路近くの細い木の上で遊んでいました。大美(だーめい、雌)と芝麻(ずま、雄)のようです。もう2歳半くらいですから、成人の大人以上の体重です。そんな細い木、簡単に折れちゃいます。

細い木の上で遊ぶ大美たち


パンダは落ちてもビクともしませんから、木の心配をしてしまいます。子パンダの庭に植えられた時点で、木にとっては死刑宣告も同然、寿命はそう長くはないことをパンダファンは知っています。そんな所で遊ばなくても・・・。まだ遊びたい年頃の子どもなのです。

パンダ空中戦


次回も続きをレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(1日目③)

2019/12/05 (2日目) 続き

9:10 幼年園の2歳児パンダたち、朝食も終わりそろそろお昼寝タイムです。
私のお気に入りの成蘭(ちぇんらん)はまだ朝食中。朝から一時間半近く食べ続けていると思われます。おっとりしていて食も細く、他の子より小さいですが、頑張って食べています。

成蘭


青青(ちんちん)もまだ居残りです。こうして寄りかかって食べるのが好きな子です。この班で一番最後に生まれた子なので、やはり小さめですが、この子はよく食べるのでそのうち追い付くでしょう。ちなみに日本生まれの秋浜の孫にあたります。

青青


9:15 次は太陽産室に向かいます。母子園の庭に飼育員さんの姿が見えたので、ちびパンダたちを外に出すのでしょう。裏手にある子供部屋を確認に行くと、まだ寝ていました。あれ、カゴに2頭、やっぱり3頭はぎゅうぎゅう過ぎて寝れなかったようです。

成風と績笑


よく見たら青カゴの中に成浪(ちぇんらん)が寝ていました。この青いカゴはタケノコなどを入れて運ぶものですが、歴代の赤ちゃんパンダはこれに入るのが大好きなのです。

青カゴの中に成浪


そろそろ外に出すかな?母子園で出待ちします。
9:20 まず、飼育員さんが成風(ちぇんふん)を抱っこして出てきました。だいぶ大きくなりましたね。飼育員さんも1頭抱えるのがやっとです。

成風出勤


私たちが待ち構えていた場所の目の前で、木馬に乗せてくれました。

木馬に乗せてもらう成風


すぐ下りちゃうかと思いましたが、大人しく木馬に乗ってくれています。
かわいい・・・。

木馬に乗る成風


思ったよりも長く乗っていてくれました。木馬ごと横転というのが予想されましたが、ちゃんとバランスよく座っているようです。



1分ほど木馬に乗っていた成風でしたが、自ら下りて庭の奥にさっさと行ってしまいました。ここは歩けない頃からのお昼寝スポットでしたが、今は活動範囲も広まり、ここにいる時間はほとんどなく、広い庭を堪能しているようです。

木馬から下りようとする成風


一方、績笑(じーしゃお)は飼育員さん抱っこではなく、歩いて庭に登場しました。そして、あっという間に奥に消えて行きましたよ。庭の周りの通路を周って探すと、木の構造物に登ろうとしていました。

庭に来るなり高い所に行こうとする績笑


登った先に、成風もやってきました。績笑は2019年最初に生まれた子で、今日で生後ちょうど半年です。何でもできるようになって楽しい頃でもありますが、このくらいからしばらくは、睡眠時間の多い年頃になります。

績笑と成風


こうして起きている時間に見れるのは一日でも、庭に出たときと、夕方目覚めた時くらいかも知れません。このように高い場所に来たという事は寝に来たとも言えます。なのに、そっぽ向かないで~。

後ろ姿もかわいいちびパンダ


顔見える方へ移動しようとしたら、こっち向いてくれました。
左が成風、右が績笑です。従姉妹同士の仲良しです。成浪は出てこないので、ママの所へ行ったかな?

成風と績笑


もう一人のパンともさんと合流して、太陽産室を一周することにしました。
太陽産室は繁殖に参加する大人パンダとその子パンダのための場所で、一番小さいパンダを見るなら産室です。室内は子供部屋のみ見学でき、夏には保育室も覗くことができて、運が良ければ生まれた当日から見ることができます。

パンダ舎の周りに7つの庭があり、左手から時計回りに見学するのが普通です。
7つの庭のうち、最初の庭は幼稚園、最後の庭が母子園と名付けられています。
間の庭は、第2活動場・・・、などと呼ばれています

まず幼稚園です。今は先月親離れしたばかりの2018年生まれの3頭が暮らしています。年末辺りが幼年園への入園タイミングですが、近年子パンダの数が多いので全員が幼年園に移動するとは限りません。3頭が同じ木の上に実のようになっています。左の枝には2個団子のようにくっついている・・・。木の上で寝るのが子パンダの習性です。

韻文韻武艾伦がなっている


第2活動場に行くと、笹を食べてるパンダがいました。成大(ちぇんだー、2011年生、雌)のようです。成風と成浪のママで、子どもの面倒を見ない時間はこうして庭に出て過ごします。赤ちゃんが小さいうちは、バックヤードにいてほぼ展示には出ません。

成大


第3活動場では、奥から歩いてくるパンダが見えます。香冰(しゃんびん、2007年生、雌)のようです。今まで出産経験はありませんが、繁殖グループに入っているのでしょうね。

香冰


近くに来て、笹を食べる香冰。まだパンダファンでもなかった頃、最初にここに来た時に、パンダの目は怖いから写真撮る時は引きで、と言っていた私でしたが、いつの間にかアップで撮るようになってしまいました。怖いと思ったのが、今はかわいいと思います。

笹を食べる香冰


途中から竹の茎の方を食べ始めました。味変、なのでしょうかね?
フサフサして可愛いパンダなので、来年こそ?赤ちゃん産んでくれたらなぁと思います。

竹を食べる香冰


第4は顔が見えなかったので飛ばし、第5に行くと迎迎(いんいん、2008年生、雄)が歩いていました。若手のパパ候補、既に何頭かのパパになっているようです。通常は生まれた子の父親の情報は公開されません。候補が複数いて、検査でもすぐにはっきりしないこともあるようです。

迎迎


そして第6では、奥で寝ているパンダが見えます。第3~6は、庭に奥行きがあり、パンダがいても見えない事もあります。星蓉(しんろん、2007年生、雌)のようです。多くの庭にネームプレートがありますが、正確でない場合もあり、特に産室は部屋替えも多いので上級のファンじゃないと見分けが困難です。こういう時、独りじゃないのは助かります。

星蓉


第7に当たる母子園に戻ってくると、績笑と成風はもう寝ていました。
運が悪いと、夕方までぐっすりです・・・。飼育員さんが来れば起きたりするんですけどね・・・。

寝ているちびパンダ


次回も続きをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR