FC2ブログ

ベトナム航空・エコノミークラス

今日は今回のベトナム・カンボジア行きで利用したベトナム航空の搭乗レポートです。機内食やシート、サービス、ラウンジについての感想です。

行きはVN-955、成田→ハノイ便、機材はA330-200、シート配列はAC-DEFG-KH。
青い色の機体はさわやかでキレイですよね。

ベトナム航空機体


ちなみに、ベトナム航空はツアーでも個人チェックインです。いつものように通路側をリクエストしたら、何も言わなくても前の方の隣の空いている良い席をくれました。スカイチームのエリートプラスが効いているようです。(が、残念なことに今回は予約クラスが低く日本-ベトナム間のマイルは付きませんでした。去年の秋に利用したときは付いたのですが、同じ旅行社でもツアーによって使うクラスは違うようです。)

ドリンクは豊富ですが、ワインだろうと何故か紙コップででます。去年は違ったのに。
映画はイマイチだったので、食事の後はすぐ寝ちゃいました。(その頃大震災が日本を襲っていたのですね・・・)

成田→ハノイの食事。これでも洋食。牛肉のバーベキューソース。味は中の下ってところ。

成田→ハノイ機内食


ホーチミン→成田の食事。去年、ハノイ→成田で出た海鮮粥はおいしかったのになぁ。
しかもですね、この食事、夜中の3時ですよ、出たの。7時着の予定なんだから、5時半くらいまで

待ってから出してくれたらいいのに!!

ホーチミン→成田機内食


ハノイ→シェリムアップのビジネスクラスの食事。麺が昔の給食を思い出す感じ。

ハノイ→シェリムアップビジネス機内食


シェリムアップ→ホーチミンのボックス。1時間あるかないかのフライトだとこんなもんですかね

シェリムアップ→ホーチミン機内食


帰国便ですが、深夜に出るVN-950、ホーチミン→成田、機材はB777-200、そしてシートがなんとAC-DEFGH-LJ、2-5-2という無茶な配列。しかもかなり古そう。深夜だから別にいいんですが、パーソナルTVもついていません。

B777古い機材のシート


こちらは、ハノイ→シェムリアップで運よくアップグレードされて乗ったビジネスクラス。
短距離だと、ビジネスクラスといってもシート自体はエコノミーと変わらず隣を空けるだけという場合もありますが、こちらは座り心地良かったです。

ベトナム航空ビジネスクラス


全般的に、サービスは他のアジアのエアラインに比べるとイマイチ。CAによっても差がある感じです。後は特徴としては、トイレにヒゲ剃りと歯ブラシセットがおいてあります。
日本便は便数も多いので、もっといい機材使ってくれたら嬉しいんですが・・・。


さて、最後にベトナム航空に乗る際、スカイチームエリートプラスだとラウンジが利用できるので各空港のラウンジを紹介。デルタも3月からゴールドでエリートプラスに変更になったので、利用できるラウンジが増えた方もいるかと。

成田第二ターミナルにはベトナム航空のラウンジはないので、デルタと提携のある中華航空ラウンジを利用。出国後左前下階。カップ麺、おにぎり、パンなどやフルーツがあります。InternetはWi-Fi接続の他、PCのコーナーもあります。

成田中華航空ラウンジ


ハノイの国際ターミナルのラウンジ。上階奥。なお、ベトナム航空のラウンジはインビテーションが必要。チェックイン時に発行してくれる。(エリートプラスである旨チケットにも印字が)
広々として人が少ない。というかこの時貸切。シャワーの設備もあるけど、使う気にはなれない感じ。食べ物はローカルな感じのものが多い。ここもWi-Fi接続、PCコーナー有。

ハノイベトナム航空ラウンジ


シェリムアップのラウンジ。こちらは使えるラウンジリストになかったけど、聞いてみたら使えました。狭いですが、スタッフは感じがいい。ワインとかはなかったです。空港自体が小さいので利用価値はあるかも。

シェムリアップ空港ラウンジ


ホーチミンのラウンジ。ゲート18付近の下階。ここは空港自体がやたらと横に長いので、ボーディングタイムには早めに出ないと。フードにはインスタントの麺類もある。新聞が種類も豊富。
Wi-FiはID/Passwordが必要なんですが、テーブルにそれらしきものが貼ってある。

ホーチミンベトナム航空ラウンジ


今年は去年のようには旅行できそうにないので、来年にはもうラウンジを使える身分じゃなくなるかも知れない。機会があれば積極的に利用しておかないとな・・・。

(この記事は後日更新されることがあります)

ルフトハンザドイツ航空・A380エコノミー

今回はルフトハンザのA380搭乗レポートです。(2011年5月/6月搭乗)
4月にも同便に搭乗したのですが、東日本大震災の影響で機材がA380ではなく、しかも仁川経由ということで、ルフトハンザのA380に乗るのは今回初めてになります。

A380は総2階建てのエアバス社の飛行機で新しい機材なので人気がありますよね。でも乗ってしまうと2階建てを忘れる空間なので、こうして全体を見ないとその大きさがわからないかもしれません。

ルフトハンザA380-800


ルフトハンザが日本便でA380-800の機材を使用しているのは成田-フランクフルト便。
成田→フランクフルトはLH-0711、朝9:30発とヨーロッパ便の中でも早いので、東京に住んでいても朝成田に行くのは大変です。NEXもスカイライナーも1番に乗れば間に合いますが。

2F アッパーデッキはファーストクラス8席、ビジネスクラス98席でエコノミー席はありません。ビジネスクラスの席数が多いので、比較的安めで組まれたビジネスクラス利用ツアーなどもよく見かけるようになりました。

1F メインデッキは全部エコノミー、420席。シート配列は、ABC-DEFG-HJK。
空いていれば別ですが、それなりに混んでいる時は、60列または88列、ギャレーすぐ後ろの席が足元が広くてオススメです。ただし、隣の席との肘掛は上げられません。

エコノミーシート88A


次は機内食の紹介です。
成田→フランクフルトの1食目昼食。昨年ミュンヘン便に乗った時とメニューが変わっていない。和風牛肉のバーベキュー。イマイチだった記憶があるのにまた頼んでしまいました。

成田→フランクフルト便機内食1


2食目は軽食。チーズ四種詰トルテリーニ ベジャメルソース。これも昨年のミュンヘン便で食べたものと良く似ていて、ソースが微妙に違うくらい。これは結構気に入りました。

成田→フランクフルト機内食2


ルフトハンザの飲み物は、スパークリングワインやスピリッツもあり最近の欧米のキャリアの中ではいい方。しかもサービスは言葉使いも含めて丁寧で、ワインを頼めば水もくれますし、ワインやコーヒーのおかわりを持ってくるタイミングも早めで好印象です。

また、1食目と2食目の間には、おにぎり(いつも鮭)かパウンドケーキ系のものが席まで配られます。

フランクフルト→成田便の1食目。
たぶん、この前のメニューまで茶そばがあったのでしょうか。このメニューにどう考えても必要のない「麺つゆ」がついていました。

フランクフルト→成田機内食1


2食目。成田到着のギリギリに出ます。サービスが早いので可能なのですが、もうちょっと早くても?温かいものですが、特にお腹が空いていなければスキップしてもいい機内食かも。
ただ、マンゴーおいしかったです。

フランクフルト→成田機内食2


なお、日本帰国便は、食事の間には食べ物は何も配らないので、ギャレーに自分で取りに行きます。おにぎり、フルーツケーキ(乗る度味がかわっています)、チョコレート(これも乗る度種類が変わっています)など。アイスクリームやカップ麺はありません。

A380と関係ありませんが、機内食ついでに、ヨーロッパ乗継便の機内食を紹介。短い便だと、こんな簡単な軽食になります。サンドイッチの類のこともあります。そしてビールは瓶で提供されます。少し長い便だとホットミールが出るんですけど、これで十分ですよね。

ヨーロッパ内軽食


A380になって良かったことは、やっぱり音が静かなこと。そして、後気付いたことは、読書灯をつけても、周囲にあまり光が行かない事。夜寝れないで本など読みたい時も隣をあまり気にしないでも大丈夫なんですね。

タッチパネルのスクリーンは使いやすいですし、映画は好きなときに見られるのでいい方かと思います。ただ、、、ルートマップくらいしかいつも見ない私が首をかしげずにいられなかったのが、このバグ。Julia Creekってオーストラリアかどこかの都市名ですよね。これは成田到着直前の画面なんですけどね・・・。

ルートマップ


総じて、機内サービスがいいのでルフトハンザは気に入っています。
残念ながら地上サービスはそれほどでもありません。4月の旅行ではスーツケースに亀裂が入ったので修理をお願いしたのですが、1か月以上たってから修理不能なので新しいものを届けると連絡がありました。遅いというのと、そのための窓口電話が何日間も留守メッセージというのが、一流企業としてはどうなのかしら?という感じでした。

いつかルフトハンザのビジネスクラスの搭乗レポートも書けたらな・・・。

飛行機恐怖症を克服したい

私が今一番行きたいのは南米です。ペルーを始めとして行ってみたいところがたくさんあります。
でも、太平洋を横断する飛行機に乗るのがどうしても怖くて、勇気が出ません。

一人参加ではムリなので、一緒に死んでもいいかもと思える人が同行してくれないと・・・。
でも南米って旅費も高いですし、遠いので10日間は必要だしで、なかなか実現が難しいんです。
そこで、飛行機恐怖症を本気で克服したいと思うようになりました。

これまでも毎回のように飛行機が苦手で胃が痛くなるといったことを記事に書いてきました。
昔は飛行機大好きでした。どちらかと言うとあえて直行便を避け、経由便に乗ったほどです。

それが、なぜ?

心当たりは2つあります。(ちょっと重い話になります)
今から約10年程前、転職に絡んで精神的に追い詰められ、強迫神経症になったこと。
そして、その年に起きたアメリカ同時多発テロをTVのライブで一人で見てしまったこと。

強迫神経症の症状として、ありとあらゆる死の恐怖が私を襲い、落ちる飛行機に乗った自分、その恐怖が生々しく想像されることもありました。一度そういった想像に支配されるとエスカレートして自分ではコントロールできなくなり抜け出せず、息ができなくなる、そんな毎日が続き、大量の精神安定剤、抗うつ剤、睡眠導入剤なしに生きられなくなりました。

そんな私でしたが、2年かけ薬の要らない体と精神を取り戻し、今では一人で海外に行けるまでになったわけです。

が、やっぱり飛行機だけはどうにも怖いし、苦手なんです。

トラブルで落ちるリスクや、テロに巻き込まれる可能性、それらがどんなに小さいものかわかっていても、揺れたりすると不安でいっぱいになり泣きそうになります。
特に太平洋路線は、かなり揺れるし、海の上を飛び続けるので、近くの空港へダイバートすらできないわけです。元々、ジェットコースターはもちろん、ブランコですらダメという人なので、縦に揺れたりしたら怖いだけじゃなく、はきそうになります。

それに、長距離の飛行機に大人しく乗っていられる忍耐力もないくせに、乗り物で寝れないとくるわけなので、もはや最悪です。機内食も気晴らしでしかありません。ルートマップを見てなかなか進まない機体にイライラするときはスクリーンの電源も切ってしまいます。

さて、ここからは今実践している対策(おまじない?)です。

・エコノミーなら通路側のシートをリクエストする(理由もなく席を立つため)。
・乗る前にラウンジなどでアルコールをひっかける。
・同行者がいればおしゃべり、一人なら音楽を聴いて気を紛らわす。
・乗る直前には酔い止めを服用する。
・旅の無事をお祈りする。
・誰か、に行ってきますコールをかける。
・ファイナルコールでできるだけギリギリに搭乗する。
・離陸後10分までは、とにかく心の中でお祈りを繰り返す。
・食前酒はしっかり頂き、食事にはワイン。コーヒーは飲まず、できれば食後酒も頂く。
・運が良ければ少しは寝る。寝れない時はガイドブックを読むか、ナンプレをして眠気を誘う。

要するに、できるだけ寝ようと努力し、飛行機の怖さを思い出す時間を少なくする戦法です。

それでも揺れたりして怖いなと思った時は、
「1回のフライトで乗客が死ぬ確率は800万分の1。毎日乗っても統計上は2万年以上かかる。」
と誰かのレポートを思い出し、深呼吸していったん席を立つ。

皆さんは機内でどのようにお過ごしですか?
飛行機乗ること自体を楽しめれば、怖いと思う時間はないはずなんですけどね。
これはという対策やアドバイスがあれば是非コメント下さい!

2日続けての飛行機ネタ、写真なしの長文でしたが最後まで読んでくれてありがとう♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR