FC2ブログ

星野リゾートトマム・アイスヴィレッジ①

2020/11/21 (3日目) 続き

18:40 冬季限定のアイスヴィレッジにやってきましたが、建物突き抜け外に出たら、それらしきものが目の前に広がっていると思いきや、暗い森に道が伸びているだけです。人の気配がなく、実際はもっと暗いので、ちょっと怖い感じです。

アイスヴィレッジへ雪道を歩く


3分ほど雪道を歩くと、ようやく大きな氷の門が見えてきました。
おお、ここが村の入口か?

アイスヴィレッジの氷のゲート


灯りは最低限、氷のブロックで造った壁や門柱、表札?が美しいです。

凍りのプレート


門を抜けたら氷の家などがあるかと思いきや、またまた暗闇の森です。
しかし、遠くに灯りがちらちらと見えます。

まだ暗い道が続く


近付くと、道の両脇をガラス玉?の灯りが無数に散りばめられていました。幻想的です。

光の道


よく見ると、この小さな玉にも雪がこんもり積もっています。

雪をかぶった球体


実際はかなり暗いのですが、カメラを変えて明るめに撮ってみました。
それにしても、誰も前後に人がいないし、一度もすれ違いませんが、どうなってるのかしら?

光の道


灯りが飾られた道が切れ、また暗闇になりましたが、何かセンサーが反応する音がしました。すると、前方にプロジェクトマッピングの仕掛けが現れます。

橋でプロジェクションマッピング


いや、どこまでも盛り上げますね?どうやら橋があるようです。
ここに橋があるよという事を知らせると同時に、魔法の国に来たような演出、なかなか凝っています。

小さな橋でプロジェクションマッピング


一通りプロジェクトマッピングが終わると、暗闇に戻ります。これだと確かに前方に橋があることに気付かないかも知れません。センサーの所に戻ってわざともう一度見てしまいました。

イベント終わると真っ暗


橋を渡った先、小高い雪の丘を登ります。ここを登りましょうと言わんばかりに、光るポールが立っています。何も調べずに来たせいもあって、何だかとてもワクワクします。

光るポールを頼りに雪山を登る


坂を上がりきった所で、突如暗闇に人が立っていて、話しかけられました。どうやら10分歩いて村に辿り着いたようです。立っていたのは星野リゾートのスタッフで、滑りませんか?と声をかけてきました。よく見たらスロープが出来ていて、スタッフが浮き輪型チューブを持っています。せっかくだからやってみますか。

氷のチュービング


このチュービング、後で聞いたらアイススケートが今できないので、代わりに用意されたものらしい。滑ったら、隣を自分でチューブ持って戻ってくるというものです。私もやってみましたが結構楽しい!でも、五十肩のせいでチューブの中から起き上がるのに腕激痛でした・・・。

滑り台より楽しいチュービング


このチュービングをした場所は高台になっていて、展望台という位置付けです。下にはアイススケートリンクになる凍った広場?池?が広がっていて、その先に氷のドームがポツポツと建っています。

展望台から眺めるアイスヴィレッジ


高台の端まで来ると、今度は氷の滑り台が待っていました。これを滑って展望台から氷の村の街中に降りるという趣向です。滑り台担当スタッフが説明してくれます。

氷の滑り台


しかしこの滑り台、途中まで全然滑らず自分で漕ぐ感じです。途中から滑ります。隣に階段があるので、何度でも滑れるし、滑らず階段を使うこともできます。

氷の滑り台の隣には階段


帰りはどのみち階段上がるんですよね?と聞くと、ここまでたくさん歩きましたよね。実は帰りは近道があります。なるほど、だから戻ってくる人に出会わなかった訳ですね。

滑り降りた場所はアイスリンクの脇です。このアイスヴィレッジは少しずついろんな設備を作っていて、今はまだ半分もできていないようです。

アイスリンク


次回はアイスヴィレッジの続きをレポートの予定です♪

星野リゾートトマム・ミナミナビーチ&木林の湯

2020/11/21 (3日目) 続き

17:30 シャトルバスを待つために列に並んでいたのですが、時刻も確認せずに並んでいたせいで、バスを1本見逃してしまいました。並んでいた皆さんはホテル方面に帰る人たちで、私たちは逆に乗りたかったのです。皆さんのバスが来て、1分前に逆方面が行ってしまったことに気付きました。

次のバスまで15分、ゴンドラ等のチケット売り場の人に、ミナミナビーチはここから遠いか聞いてみると、歩いてもすぐだと教えてくれました。
車道ではなく、ここを出て、雲海ゴンドラと逆の左へ行って、前方に見える建物だそうです。

リゾートセンター


次のバスを待つより早そうなので、雪の中を歩きます。周辺は真っ暗ですが、雪しかない平地なので前方の建物を目指して歩きます。

雪の中をミナミナビーチまで歩く


右手にも建物がいくつか見えますが、一番近いこのガラス張りの大きな建物でしょう。

ミナミナビーチ


ミナミナビーチ、正解でした。ゴンドラの所から歩いてせいぜい5分です。シャトルバスの折り返し地点になり、地図だと遠い所にあるようでしたが、リゾートセンターからはすぐでした。

ミナミナビーチ入口


17:40 入ると、どーんと大きなプールが広がっています。
子どもの頃に行ったサマーランドを思い出す屋内プールです。

ミナミナビーチ


家族連れでにぎわっています。入口で、プール利用するか、お風呂のみかを聞かれ、お風呂のみと答えると、スリッパに履き替えるよう言われます。靴はビニールで持って歩くか100円ロッカー(利用後100円返却)を利用します。プールがあるのは知ってましたが、今回は水着を持ってきていません。

大きな屋内プール


プールサイドを右に歩くと木林(きりん)の湯というお風呂の入口があると言われ、緑のラインに沿って歩きます。

雪国リゾートのプール


プールを見ながら歩いていて、あれ?外国人が多いな、と思いました。そういえば、飛行機でも外国人家族が何組も乗っていました。

楽しそうなプール


プールを見ながら歩いて、木林の湯女性の入口はすぐ右手にあり、ダンナと18:30ここで待ち合わせね、と言って別れます。その後で、お風呂の受付が見当たらないことに気付きました。プールの方に戻ってみたら、プールに気を取られて見過ごしたことに気付きました。

見落としがちな木林の湯の受付


受付カウンターで利用券を見せて、ロッカーキーとタオルセットをもらいます。ん?ということはダンナはどうした?男性の入口は遠いので、ここまで戻って来て見つけられるか疑問・・・、電話をしますが、電話に出ません。

しばらくして受付の人に聞いてみると、男性の方で2名ほど脱いでからタオルどこ?という方がいてタオルだけ渡した人がいたと聞きました。ロッカーは誰か使い終わったのをそのまま使ったのだろうと。お風呂が異常に好きなダンナはおそらく何も考えず、時間もったいないからとすぐに服脱いだに違いありませんが、他にも同様の人がいたという事は、やはりこの受付は見逃しやすく、システムに改善の余地がありそうです。

脱衣所のロッカーは狭めで、ダウンコートなど着込んでいたので、入れるのが大変でした。もっともほとんどの利用者はプールから引き続き利用している人が多かったです。また、お風呂も外国人率が高かったです。

木林の湯は浴槽がたったの1つだけ、しかも外、露天風呂です。
プールのような長方形のお風呂ですが、雪山の景色を眺められ、雰囲気がとても良いです。こんなイメージです。

木林の湯


そして、3、4段ある割と広めのサウナがありました。

少し早めにお風呂を出てしまったので、ダンナを待ちながらプールを眺めます。一番奥ではスタンドアップパドルをしていました。

SUP


3つくらいに区切られ、子どもが多いですね。私は五十肩で水着の着脱はできないので、最初から水着を持ってきませんでした。このプールやお風呂は滞在中何度でも利用券を見せて利用できます。

ミナミナビーチのプール


大きな浮き輪など遊具の貸し出しもしていました。
1つ1600円と結構お値段しますが、楽しそうです。

貸し遊具


さて、ダンナが時間を守ってというか、ギリギリに戻ってきたので、18:31のバスに乗れました。バスは朝夕食時だけ15分に1本、それ以外は20分に1本なので、予め時間を見て待ち合わせ時間を決める方がいいです。

無料シャトルバス


5分ほどバスに乗って、ビュッフェダイニングhal/アイスヴィレッジで下車します。建物に入るとすぐ、halの入口があります。ここは夕食は5500円、もらっている夕食券と差額を払えば利用できます。

ビュッフェダイニングhal入口


が、夕食を食べに来たのではなく、私たちは、17:00からやっているアイスヴィレッジに来ました。村だし外のはずですが、建物の中に入口があります。入って左にスタッフがいるので、利用券を見せて(検温と消毒も)、→に従い下階へ下ります。

アイスヴィレッジへ


そして外に出ますが、まだアイスヴィレッジぽくありません。
どうやら雪の中を少々歩くようです。

アイスヴィレッジまで暗い雪道を歩く


次回はアイスヴィレッジをレポートの予定です♪

星野リゾートトマム・霧氷ライトアップ

2020/11/21 (3日目) 続き

霧氷テラスの後は、雪の中を歩いてライトアップされた霧氷を見に行きます。ライトアップがなければ、周囲は真っ暗、な雪山です。案内のスタッフなどはいません。人も少なく幻想的な雰囲気です。

霧氷ライトアップ


ライトアップされた霧氷、大木の霧氷にさらに雪が積もっているような感じで豪華です。

ライトアップされた大木の霧氷


なんというか、満開の桜のような華やかさ。これは夜しか見れない絶景ですが、夜と言っても時間は今ちょうど17:00です。

満開の夜桜のようなあ霧氷


近くにあるCloud Bar(クラウドバー)と呼ばれるスポットで、座って眺めることも可能です。しかし・・・高所恐怖症の私は椅子に手をかける事すら無理です。だって、これ、崖っぷちだし、どうなっているのか暗くてよく見えないし、恐怖しかありません。が、写真撮ってみると絵にはなりますね。

クラウドバー


吹雪きの中、皆クラウドバーで写真を撮っています。カップルチェアもあります。柵などないので、見ているだけでもハラハラします。高さが3mほどあります。

人気のクラウドバー


さて、道をさらに進むと、Cloud Walk(クラウドウォーク)に辿り着きます。こちら、吊り橋状の展望スポットで、雲の形をしています。先客が誰もいません。

クラウドウォーク


入口に近付くこともできない私は出口付近で待ちます。ダンナが手を振っていますが、暗くて何も見えないのに、バカじゃないの?といった気持ちしか湧いてきません。少々揺れるそうです。

何も見えないクラウドウォーク


夏は雲の上を歩くような気分が味わえる展望スポットとして人気らしいですが、今は周囲を大量の雪で囲まれています。正直出口付近などは暗くて狭く、どこが道で、どこが崖か区別が付かないほどで、注意が必要です。
ダンナは眼鏡が曇って凍ってしまいほぼ何も見えてないというのでとても危なく見ている私がハラハラです。

クラウドウォークまでで行き止まり


クラウドウォークから先は通行禁止になっていたので引き返します。夏はこの先もいくつかの展望スポットがあります。その一つ、Cloud Pool(クラウドプール)が山の上に見えました。あみあみのせり出し巨大ハンモックのようなものです。

上方にクラウドプール


霧氷ライトアップを見ながら、ゴンドラ駅の方へ戻ります。しかし吹雪いていて、ヒートテック着ているせいもあって寒さ自体は我慢できる程度ですが、耳とかちぎれそうに痛いです。

霧氷


吹雪いているせいか、これから来る人とか数が少なく、周りに人がいないと危険な雰囲気が増します。端っこは柵とか印がなにもないので、とても危険です。ダンナのように凍る眼鏡している人や、小さな子どもなどは手を離すとマジで危険です。

暗くて危ない雪道


駅近くまで戻ってくると、雲のゆうびん屋さんがありました。
雲のゆうびん屋じゃなくて、雪のゆうびん屋になってしまっています。

雲のゆうびん屋さん


最後に霧氷テラスをもう一度見てみましょう。ここは標高1088mだそうです。このように道自体はライトアップされていないので、周りに人がいないとどこへ行っていいのか悩んでしまうよう感じです。ここのスロープのみ、滑り止めのない靴は要注意です。

霧氷テラス入口


霧氷テラス、やっぱり樹氷にしか見えません。

霧氷テラス


てんぼうかふぇ、で焼きマシュマロしている人たちがいました。
ダンナはコーヒーでも欲しかったようですが、イメージしていたカフェでなかったのか、いつものように押してきませんでした。

てんぼうかふぇで焼きマシュマロ


コーヒーは400円から、霧氷カクテル(ホット)や霧氷ロールケーキといった新メニューもあります。吹雪で、のんびりカフェという気分でもないので、もう下りることにしましょう。

てんぼうかふぇメニュー


一緒の時間に来た人たちはさくっと既に帰ったようで、帰りはゴンドラはガラガラでした。

雲海ゴンドラ


乗ってすぐは、先ほど見たライトアップされた霧氷の辺りが見えますが、すぐに暗黒の世界になります。ゴンドラも感染防止のため窓が少し開いているので、じっと座っているしかありません。

ゴンドラから見る霧氷ライトアップ


17:30過ぎ、ゴンドラを降ります。往復約1時間ですね。先に下りた人たちがシャトルバスを待って列を作って待っていました。バスは何分かな?

次回はミナミナビーチ&木林の湯をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR