fc2ブログ

JR今治駅~今治国際ホテル

2022/1/7 (1日目) 続き

12:30 今治駅到着、清算して改札を出ます。
駅は愛媛県にしては大きな駅、もしかしたら松山駅より設備的には整っているかも?ご当地ゆるキャラのバリィさんの置物も鎮座しています。

今治駅構内


駅から義実家までは歩くと少々あるので、急ぎの場合はバスかタクシーを使いますが、時間的に、ランチのお店で義母と待ち合わせにしたので、歩いてそのお店に向かいます。駅周辺は何軒かのビジネスホテルや飲食店がありますが、栄えているとは言えません。

今治駅前


こちら駅前ロータリーの隅にある銅像、猿飛佐助だそうです。
どういう所縁があるのだろうと後で調べましたが、説明が難しいので興味ある方はググってみて下さい。

猿飛佐助像


駅から今治港方面へと歩きます。特に商店街とかではないのですが、時々お店があります。こちらは醤油屋さん。一升瓶?で醤油売ってる町の醤油屋さんなんて初めて見ました。昭和レトロを通り越して、戦前の雰囲気とでもいうのでしょうか。

醤油屋


駅から10分歩くと今治商店街の入り口、ドンドビ交差点に着きます。ドンドビって??変わった名称です。アーケードのある商店街は、通称今治銀座と呼ばれかつては今治の中心地だったようですが、現在は廃れ放題です。その様子は後日紹介します。

ドンドビ交差点


12:50 今治銀座から1本外れた道沿いにある「こきんや」といううどん屋が義母と待ち合わせたランチ場所です。ダンナの希望で、今治に来たら必ずこの店に来ます。
なんと創業は1912年、明治時代です。

こきんや


こちらがダンナの好きな天ぷらうどん。人気No.1メニューらしくいつもこれを食べています。天ぷらといっても、えびオンリーです。
自家製麺はもちもちで、コシがあります。

こきんやの天ぷらうどん


私はうどんは絶対冷たい派なので、ぶっかけうどん。なんでも注文受けてから製麺してるそうです。麺はやや細めで、さらに縦に線が入っていて汁が絡みやすいです。ここの歯応えは他の店で味わえない感じで、毎回来たがるのは納得です。

こきんやのぶっかけうどん


さて、食後はまず義母が新しいスマホを契約に行きたいという用事に付き合う予定になっています。コロナ禍ですし大勢で行くわけにいかないから、という都合のいい理由があるので、私は先にホテルにチェックインしておくことにして、義実家に立ち寄らずにお店でいったん分かれました。

という事で、一人で徒歩10分足らずの今治国際ホテルへとやってきました。
今治で一番の高層建築で、街の代表的なホテルです。義実家への帰省の際の定宿です。一度だけ義実家に泊まったことがありますが、古い家で小動物?が屋根裏走っていたりして眠れませんでしたし、家を片付けたり寝具の準備なども大変ですから、ダンナ一人で帰省する場合でもここを利用するようになりました。

今治国際ホテル


国際ホテルなんて大げさな名前と思いますが、ロビーはとても立派です。
大手旅行社の四国のツアーなどでも、よく利用されています。

今治国際ホテルロビー


今治というのはタオルと造船で有名です。ロビーにはあちらこちらに、今治で造船された船の模型が飾られています。

今治国際ホテルロビーには船の模型がいくつも


予定では15:00到着と伝えてありましたが、13:00過ぎていたのでチェックインできました。今までずっと本館のお部屋を利用してきましたが、今回初めて新館を予約してみました。なんのことはない、本館のプランがほとんど安くなってなかった中、新館の安いプランがあったからです。

今治国際ホテル館内案内図


ちなみに、2泊2名、朝食なし大浴場無料券付き、税込み3万円に抑えられました。
部屋は入ってみると実は本館と広さも設備的にはほぼ同じです。お茶セット、空の冷蔵庫、スリッパあり。もちろんWi-Fiも快適です。

今治国際ホテル新館の部屋


本館との違いは窓からの眺望くらいです。いつもは瀬戸内海や今治城が見えてましたが、今回はホテル入り口付近が見えるだけです。本館の最安値は3万7千円だったので、7千円の節約ですね。

新館部屋の窓からの景色はイマイチ


バスルームはむしろ新館の方が広いですね。と言っても大浴場付きなので、ここを利用する予定はありません。アメニティは化粧水など含め揃っていて、体洗うタオルもありました。

今治国際ホテル新館部屋の内風呂


少し休憩したら、ちょっと散歩に出てみましょう。

次回は、第55番札所南光坊~今治銀座をレポートの予定です♪

松山空港~JR今治駅

2022/1/7 (1日目) 続き

10:50に松山空港に着陸、小さな空港なのでゲートまでもすぐです。コロナ禍においては、前方から順番に、案内されるまではベルトサインが消えたからと立ち上がって頭上荷物を取ったりすることもできません。それでも思ったよりスムーズに飛行機を降り、そのまま出口へ向かいます。結局制限エリアを出るまで着陸から10分ほどです。

制限エリアを出て、そのまま外に向かうとそこが空港リムジンバス乗り場です。
券売機があるので、時間に余裕があれば買っておきます。JR松山駅まで10分ちょっとの距離ですが、630円、お高いです。ちなみに降車時に直接現金で支払うこともできます。

松山空港リムジンバス券売機


バスは行先別に複数台並んでいるので、案内している方かドライバーに行先を確認して乗ります。使われている車両は少し古めの普通の観光バスです。
ちなみに普通の路線バスも走っているのですが、本数少なく時間もかかります。

松山空港リムジンバス


11:10発のリムジンバスでJR松山駅へと向かいます。

松山駅に着くと、タッチの差で11:23の特急が行ってしまった所だったので、次の11:26の普通列車に乗る事にします。呑気に切符買っている時間はないので、改札で
清算後でと言って通してもらうと、松山駅から乗るという証明書のような紙をくれます。

ダッシュで階段を上り、ひとつ向こうのホームへと急ぎます。その時点で駅にこの電車しか止まっていませんが、念のため近くの人に行先を確認します。
2両編成です。

予讃線普通列車


万一にも反対方面行きの電車に乗ったりしたら痛い目に遭います。なぜなら、このJR予讃線の電車(こちらでは列車と呼ばれているようです)、1時間に特急1本、普通1本しかないんです。それが3分差で出るということは、もう1時間に1本しか電車がないのと同じです。

ちなみに特急は、特急いしづち(高松行)/しおかぜ(岡山行)、文字通り隣県行きです。私たちが行くのは、特急なら1駅の今治です。特急なら40分弱、普通だと1時間ちょっとかかります。約50㎞先です。空港からタクシーで来れば特急に乗れたかも知れませんが、今回は急ぐ旅じゃないので、滞在が少しでも短くなるのは私は歓迎です。

さて、すぐにも発車する時間なのでさっそく乗りますが、まず違和感のあるものが目に入ります。昔バスにあったのと同じような整理券発券機です。
ここ始発みたいだし、先ほど証明書のようなものをもらいましたが、念のため1枚取っておきます。

予讃線普通列車整理券発券機


空いていそうな後ろの車両に行こうかな、そう思ったら、なんと「回送車両です」という札が・・・。確かに1両でも座れない人がいないくらいの乗客数で密になるとは言い難いのですが、引いて走るなら使わせても良いのでは?

なぜか2両のうち1両は回送


11:26 発車します。2両編成だけど、後ろ1両は回送なので、事実上1両のバスみたいな電車です。もちろんワンマンで運転席すらバスみたいです。たまたま途中駅まで指導官みたいな方が乗っていました。単にこの方が帰宅する途中だったのかも知れません。

予讃線普通列車運転席


運転手さんの隣には運賃箱まであります。要するに、ほとんどの駅が無人駅なのです。何かの名残とかじゃなくて実際に使われていて、降りる際に支払います。
レールの上という専用レーンを走るバスのようです。何度か帰省に付き合ってますが、いつもは特急を利用しているのでなかなか興味深いです。

予讃線普通列車運賃箱


そして扉には開閉ボタンも付いています。どこまでも昭和レトロな車両です。

予讃線普通列車ドア開閉ボタン


しばらく走ると瀬戸内海の海沿いを走ります。
海の色がきれいです。

瀬戸内海が見える


瀬戸内海の島々も見えたりします。ずっと海沿いという事でもないので、海が見えるうちに海の景色を堪能します。誰も外を見たりしませんが、海沿い育ちでない私は海を見るとちょっとテンションが上がります。

瀬戸内海の島々も


途中の駅は無人駅ばかり。駅舎は残っていても完全に閉鎖されている所もあります。乗り下りも数えるほどです。

予讃線の無人駅


そろそろ今治が近付いてきました。
こちらの「波方(なみかた)」という駅はもうバス亭みたいな感じです。1時間に1本ですから利用者は本当に少ないです。駅の後ろが広大な田畑?車がないと生活は難しそうです。

バス停のような駅も


そしてこの駅を出るとすぐ、しまなみ海道の南端、来島海峡大橋がちらっと見えます。

田畑の向こうに来島海峡大橋


もうすぐ今治かと思うとちょと胃が痛いです。着く前に、帰省の条件を再度確認します。今日の詳細な予定、そして絶対お墓行かないとかそういう内容です。
線路はずっと単線です。だからどこかしらの駅で対向列車通過待ちとかあります。

予讃線線路


もう想像できてると思いますが運賃箱の上には運賃掲示板があります。松山から今治は970円(特急の場合は自由席で+530円)です。

電車内に運賃表


12:30 今治到着です。ここは特急も停まる大きな駅なので、清算は車内ではなく駅改札でと運転手さんに言われました。改札は昔ながらの有人で、もちろん改札機もないし、スイカもパスモも使えません。

次回からしばらく今治をレポートの予定です♪

羽田空港~松山空港

2021年12月、ターキッシュエアラインズから12月末で約3万マイルが期限切れになりますよ、というメール(英文)が届きました。

3万マイルと言えば、国内2往復分、ちょうど住んでる区でも新型コロナの新規陽性者がゼロの日も多くなってきた頃で、年明け1月末頃からはGO TOトラベルも再開するのではと言われ始めたし、この機会に国内どこかへ行くことにしました。

しかしオミクロン株が出始め、日本でもそのうち蔓延するだろうことが簡単に予想できたので、行くならなるべく早い方がいいです。しかしこの時期、個人旅行で北へ行くのは雪が心配です。また、運転する気もないので、初めての所に行くにはお得にGO TOトラベルでツアーを利用するのが割がいいです。

いろいろ考えた結果、仕方なく数年ご無沙汰の義実家への帰省という事になりました。ただしこれまで通り義実家には泊まりませんし、私は墓参りなどに付き合わない親戚等にも一切会わない、という条件付きです。

12月中旬、ターキッシュエアラインズのサイトを久々にチェックすると、アワードチケットがネットで取れるようになった?しかし、希望の日程で検索すると既に席がありません。席を確保できる日程で予約しようとしたら、支払い(空港使用料)の段階でエラーになり、何度やっても進めません。

仕方なく翌日、なかなか繋がらないコールセンターに電話すると、あっさりと国内線はネットで取れませんと言われます。という事で、以前と同じ、電話&振込&申請書サイン付きで返送という面倒なプロセスで予約をしました。

羽田‐松山(愛媛)、往復2名でちょうど3万マイルです。昨今3万マイル貯めるのも大変なので、本来なら宮古島とか行きたかったかな・・・。

ターキッシュエアラインズは日本のコールセンターありますが、繋がりいくいだけでなく、開始時間がずれたり、正しくない応答メッセージが流れたり、いろいろありますが、特典航空券がネットで検索だけはできるようになったのは前進です。それに緊急発券手数料を取られず直前でも発券できるのがメリットです。


2022/1/7 (1日目)

落ちついていたコロナ陽性者数が、ここ2日急激に伸びてきました。でも、今行かないとまた当面どこへも行けなくなるので、決行です。

8:00 羽田空港到着です。3連休の前日ですが空港は割と空いています。

羽田空港


航空券番号が国際線扱いになっているので、人に対応してもらった方が良さそうですし、せっかくまだスターアライアンスコールドなので、ANAプレミアムチェックインでチェックインします。

ANAプレミアムチェックイン入り口


そのまま優先のセキュリティを抜け、ANAラウンジへ。
ラウンジも空いています。パーティションだらけです。

ANAラウンジ


利用者が少ないからか奥1/3くらい?は閉鎖されています。

ANAラウンジ奥は閉鎖中


窓際の席でゆったりと搭乗時間を待ちます。それほど見晴らしがいい訳ではないので、立ってやっと尾翼が見える程度にしか飛行機が見えません。

羽田空港ANAラウンジからの眺め


ラウンジを出たら、ANAフェスタで手土産を買います。東京から息子が帰省したとか言わない方がいいと思うのですが、口止めしても義母はお友達や親戚に言ってしまいそうなので、お裾分けしやすそうなお菓子を選びます。ANAを応援するため株主になったので、10%割引です。

ANAフェスタ


ゲートに付くともう最終グループが案内されていました。搭乗直前に荷物用の袋があるのでこれを必ずもらいます。足元に荷物置いたり、汚したくないコートを上部荷物入れに入れるのにも重宝します。

イヤホンと荷物カバー


9:25発のNH-0585便、定刻で出発です。D滑走路(離れ小島)へ向かっています。
富士山がきれいに見えます。

羽田空港から見る富士山


珍しく滑走路の待ちもなく、すぐに離陸できました。富士山が大きく見えます。
写真はズームしていますが。

羽田離陸時に見える富士山


上空から見ても東京も雪が降ったのねと分かる白さです。
前日に10㎝もの雪が降り、朝最寄りの駅まで荷物を引いて歩けず難儀しました。

東京も雪が降りました


さて、安定飛行に入ったらドリンクサービスです。
機内は3連休直前というのもあり、50%程度席が埋まっています。
いつものスープを頼むと、鬼滅柄のカップで提供されました。

鬼滅カップでスープ


個人モニターがない機材でどこ飛んでるか分からないので、機内Wi-Fiに繋ぎフライトマップを確認します。
ここはマップを見なくても分かる瀬戸内海上空です。

瀬戸内海上空


そろそろ着くようです。松山空港は海際にあります。

松山空港へ着陸


10:50 着陸です。久々の義実家行きを兼ねていると思うと今から胃が痛いです。
大嫌いだった義父が亡くなったので多少はマシですが、それでも私にはいろいろ懸念事項が山積みなのです。

松山空港


機材変更でA321の予定がB767の利用でした。

B767


次回は松山空港~今治をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR