FC2ブログ

阿寒湖・カムイへの祈り

2020/11/6 (1日目) 続き

19:30 「カムイへの祈り」参加のため鶴雅ウィングスのロビーへ行きます。やってきたシャトルバスは、このイベント専用の送迎車ではなく、鶴雅のグループ間で運行しているものでしたので、花ゆうか香に寄って、まりもの里桟橋に送り届けてくれます。ちなみに鶴雅から歩いても大した距離ではありません。

まりもの里桟橋は、夕食前に歩いたボッケ遊歩道のすぐ脇です。
桟橋で、チケットを渡して船に向かいます。

夜のまりもの里桟橋


遊覧船は、鶴雅本館の露天風呂から見えたようにライトアップされていました。夜は何も見えないので、乗る意味はないのかも知れませんが、夜の遊覧船、しかも限定150名というガイドさんの言葉に、乗ってみたい!と思ったのです。

阿寒湖遊覧船


まずは外デッキにも椅子があります。せっかく持ってきたダウンコートを着てきましたが、実はそれほど寒くないので外もいいかな?と思いました。でも、船が動いたらやはり寒いかも知れないので、やめておきます。

阿寒湖遊覧船の後部デッキ


中はこうした4人掛けくらいのシートが両側と中心に計3列あります(1階、2階)。人数を絞っているので、参加単位で1シート使います。

阿寒湖遊覧船の内部


乗船時にキットをもらいました。アイヌ模様入りマスク、アルコールハンドジェル100ml、祈り紙とカプセルLEDセット、鉛筆、マップなどが入っています。

カムイへの祈り参加キット


乗船した順に好きな所に座り、船内に流れるアナウンスに従って、祈り紙に各自記入を開始しながら出航を待ちます。

願い事などを書く


このイベントは単に夜に遊覧船に乗る、というのではなく、アイヌの神様カムイに祈りを捧げるという意味を持ったイベントです。ガイドさんは夜遊覧船に乗るというのと、船降りたらタイマツ持たされて行進する、150人限定で人気、明後日で終わり、というそそられるワードだけで説明してくれました。

私は、限定しかも今だけという言葉につられましたが、ダンナはタイマツでスイッチが入ったようです。この祈り紙に、願い事などを書きますが、スペースがいっぱいあったので、欲ばりにいろいろ書いてしまいました。

祈り紙


20:00になったら出航です。真っ暗なので、景色らしきものは泊っている旅館などの灯りくらいです。

夜の阿寒湖遊覧


5分ほどしたら、祈り紙を小さく折りたたみ、マリモに見立てたカプセルに入れ、LEDライトを点灯してカプセルを閉じます。青いきれいなオブジェの出来上がりです。これ、例年だとマリモに見えるために緑のライトだそうですが、今年は新型コロナと闘う医療従事者の皆さまに感謝を表すために青にしているのだそうです。

祈り紙を入れたカプセル


20:10 カプセルを湖に浮かべます。というか、窓を開けて投げ入れます。
150人乗っているのか分かりませんが、たくさんの青いカプセルが湖に浮かびます。150個はなさそうな・・・。船は動いているので撮影が難しいです。

カプセルを阿寒湖へ投下


しばらく漂う青い光を眺めます。窓際の人は窓をあけ、そうでない人は後部デッキ、窓際の人も投げ入れた後はデッキなどに行って眺めます。もうちょっと数があると壮観な気がします。この時間に合わせて、遠くの何かが緑にライトアップされていました。そこは色変えられなかったんでしょうね。例年だと夏にやっているイベントだそうです。

阿寒湖を漂う青いカプセル


20:20 幸運の森桟橋で下船です。この遊覧船350人が定員なのですね。コロナで密を避けるためにも150人に限定している訳です。

幸運の森桟橋で下船


遊覧船は皆を降ろしたら、すぐにまた出て行きました。広がらないうちにカプセルを回収するのかな?それともカプセルはどこかに流れ着くのかも知れません。いずれにせよ責任もって回収してくれるそうです。
そういえば、夜の遊覧船でもダウン着るほどは寒くなかったです。

夜の阿寒湖を行く遊覧船


船を降りた桟橋は鶴雅の近くですが、まだイベントは終わりではありません。そのまま湖岸に誘導されると、湖から小さな木製と思われる船でタイマツの火が運ばれてきます。

阿寒湖からやってくるタイマツの火


そしてその火で何やら儀式めいた事が行われます。これが終わったら、皆2列に並ばされます。

湖畔で儀式


そして、タイマツを1人1本渡されます。タイマツと言っても、おもちゃぽい物を想像していましたが、本格的なやつです。
えっ?渡された瞬間ちょっと重さにびっくりしました。

タイマツを渡される


20:30 順々にタイマツに火を灯され、行進開始です。
まっすぐ高く上げて、って指導されますが・・・結構疲れますよ?

タイマツ行進開始


次回続きから鶴雅滞在をレポートの予定です♪

阿寒湖・鶴雅の温泉&夕食(和食膳)

2020/11/6 (1日目) 続き

17:10 散策から戻ってきました。こちらはあかん遊久の里鶴雅本館の正面エントランスです。北海道一と言われる名旅館、品格があります。

阿寒湖鶴雅本館エントランス


部屋へ戻る前に、アイヌコタンを見に行きます。鶴雅本館からすぐです。
アイヌの集落兼お土産屋街、夜まで営業している所が多いのでライトアップがきれいです。しかし、なんてことでしょう、観光客が誰もいません。侵しがたい静寂の風景、入口をくぐらず旅館に帰ることにしました。

アイヌコタン


一度部屋に戻り、時刻を確認すると、まだ夕食まで1時間あるので、食事前に温泉に行くことにしました。食後出かけるのでまだ着替えず、タオルは部屋から持っていきます。お風呂にいくための網バックも用意されていました。

まずは本館の温泉に行きましょう。本館1階にはお土産屋さんもあります。民芸品は外で買った方がいいでしょうが、食品などは買って荷物に入れてしまうのも手です。地域共通クーポンも使えます。

鶴雅本館1階のお土産屋


そして、マリモもいました。エコミュージアムセンターまで行かなくてもここでも見れたのですね。

鶴雅本館にあるマリモ


1階の奥に大浴場があります。奇数偶数日で男女利用できる時間が区切られていて、今日は22:00まで女風呂です。豊雅殿と名付けられた和風のお風呂は地下と1階からなり、この時間男風呂は8Fにある洋風のお風呂になります。

鶴雅本館大浴場入口


10種類くらいの浴槽があり、洞窟風呂や丸太風呂、うたせ湯などなど・・・、そして庭園露天風呂はとても風情があり阿寒湖が見渡せます。真っ暗だったので、遊覧船が見えただけですが。混んでるかと思いきや、広くていろいろある大浴場は、どの浴槽も、露天風呂も独り占めできる状態でした。夕食に行っている人が多いのかな?

アメニティはいろいろ揃っているので、こだわりがなければタオル1本持っていくだけで利用できます。

入浴後のアメニティも揃っている


私が今までいった温泉の中でもベスト5に入る温泉じゃないかな?私は初めて来たという認識ですが、ダンナは来たことある、と言い出しました。おそらく、前回来た時に、鶴雅リゾート花ゆう香に泊り、大浴場を相互利用できるので来たのだと言います。私は温泉というかお風呂自体が好きじゃないので、わざわざ別の館まで入りに来なかったようです。

18:30からの夕食は本館2階の広間ウタサで和食膳を頂きます。10分前に部屋を出て本館にまた来ました。本館1階のフロント付近、庭園風の池があります。奥は宴会場のようです。

鶴雅本館1階


2階に上がっても、このような風情の所を抜けた先に、添乗員さんが待っていて、食事会場はこちらですよーと案内してくれました。

鶴雅本館2階


こちらがウタサという広間に設定されたお食事会場です。広間なので、靴脱いで上がります。コロナの時代ですので、申し込み単位のテーブルごとにしっかりとソーシャルディスタンスが確保されています。

鶴雅本館2階で和食膳


予め前半のお料理がセットされています。

つつじ膳


暗黙の了解でこのツアー、参加者同士が会話をする、という事がないのですが、19:30のイベントを予約しているのに1時間でこの食事食べ終えるかな、さらに飲物頼んで大丈夫かなと心配に思った際、お隣も同様の心配をされてて、参加されますか?とだけ声を掛け合いました。

他の参加者と会話したのはツアー中2回だけの最初の1回です。それほど会話がない状態なので、コロナ時代の団体ツアーは、なんだか異様な感じさえします。常にマスク、頻繁のアルコール消毒、会話なし、これなら感染リスクはかなり低いですが、果たして1人参加の方は楽しいのだろうか?という疑問も浮かびました。

さて、食事ですが、1時間で食べ終わって、ウィングスのロビーまで行かなければなりません。毛蟹1人半身付きで、これは少々時間がかかりそうです。味噌もたっぷり、少しお皿を片付けてから頂くことにしましょう。

毛蟹半身


前菜にはホッカイシマエビもあります。飲物は結局ビールを頼んでしまいました。クラシックの瓶は東京では見たことがないですね。800円(チェックアウト時に税込み880円で清算)、キンキンというほど冷たくなかったのが残念。

前菜はホッカイシマエビなど


お造りの手前は、幻の魚イトウだそうです。
養殖しているので食べられるのですね。

お造りにイトウも


鍋物の火が通るのを待ちながら、毛蟹は頂きました。隣のテーブルでは、男性が蟹に一切手を触れず、じっと待って剥いてもらって食べているのを見て、化石を見た気分になりました。煮物は、百合根饅頭、私は苦手なので辞退させて頂きました。

苦手な百合根


こちらは焼物、どれも量が抑えめなので、最後までおいしく頂けそうですが、ふと時計を見ると時間がありません。すみませんが、この後予定があるので、残りお食事とお菓子までお願いしますと仲居さんに頼みます。

焼物


ななつぼし使用の帆立炊き込みご飯、おいしかったです。おかわりされているテーブルも結構あったようです。すごい量に見えた旅館飯ですが、ランチ抜きだったせいもあり、最後までおいしく頂けました。

帆立ご飯


次回はカムイへの祈り、をレポートの予定です♪

阿寒湖・ボッケ遊歩道

2020/11/6 (1日目) 続き

16:30 エコミュージアムセンターの奥にボッケ散策路へ通じる出入口があり、開いたので外へ出ます。既にかなり暗くて木道が薄っすら見える程度ですが、何とか道が見えるので散策路を歩くことにしました。

エコミュージアムセンターからのボッケ遊歩道入口


少し行くと木道ではなくなり、かろうじて道らしきものが見えます。
森の中、怖いくらい暗いし、恐らく野生動物も出てきておかしくない場所なので、転ばない程度に足を速めます。この写真で道、見えますか?実際こんな感じです。

日没後のボッケ遊歩道


黙々と歩くこと5分、心細くなってきた頃、ほんの少し前方が明るくなってきました。どうやら阿寒湖のほとりに出たようです。

湖沿いは少しだけ明るい


そこにはボッケ、と呼ばれる泥火山があり、柵で囲まれていて、説明版があります。しかし真っ暗で何も見えません。もちろん説明版も読めません。

ボッケ


これが泥火山?、って本当に何も見えないので懐疑的です。
でも、音がします。ぼこっぼこぼこっ、と。

日没後ボッケは見えず


カメラを変えて、上と同じ場所を撮影してみます。すると肉眼では見えないものが見えました。泥の池のようになっているようです。

泥火山ボッケ


阿寒湖の水際まで下りてみます。木々がないので、多少明るいです。
雄阿寒岳が右手にあります。

阿寒湖のほとり


こちらは正面、マリモが生息している場所がある方です。
唯一人工の灯りが見えるところがそのあたりでしょう。

日没後の阿寒湖


こちら左手、このすぐ脇にもボッケがあるようで、柵がされています。

阿寒湖畔にあるボッケ


来た道を引き返すという選択肢は捨て、湖際の道を帰ることにします。
湖に木々がない分、少しは明るいのと、危ない場所には柵があり安全だからです。来た道戻るのも負けた感じがしますしね。

湖のこみち


しかし、いよいよ道が全く見えなくなりました。天然の肝試しです。
時々、カバンに付けていた100均のミニLEDライトで道を確認しながら進みます。幸い、木の根とか道にはほとんどなく灯りなしで躓かずに歩けます。

何も見えないこみち


ボッケから10分弱歩いた所で、灯りが見えてきました。
恐らく私たちの泊まる旅館がある辺りが湖越しに見えているのだと思います。

温泉街の灯りが見える


さらに進むと何かがあるので、フラッシュで確認すると道しるべです。
全然見えていませんでしたが、分かれ道だったのですね。そのまま湖側へまっすぐ進み温泉街へと向かいます。暗すぎて、道しるべかどうかすらも分かりませんでした。

ボッケ遊歩道の道しるべ


しばらく歩くとどこかのホテルが見えてきました。そしてその手前に屋根付きの何か、があります。弁慶の足湯、です。

弁慶の足湯


せっかくなので散策の最後に少しだけ足湯に足を浸けます。
今日は結構歩いたみたいで、じーんとお湯が染みます。

足湯


その先は遊覧船乗り場です。その手前で、今更散策路の案内板を見つけました。30分の暗闇散策、こんな時間だし他に誰も歩いていなかったけど、なかなかない体験でした。誰かいたら逆に怖いかな?

ボッケ遊歩道の案内図


温泉街のパン屋さん、行きに通り過ぎた時は開いていましたが、戻ってきたらもう閉まっていました。行きに見逃しましたが、何故かパン屋に足湯があります。5つの幸せの湯、だそうです。小さな温泉街に、手湯だの足湯だのあるのがほっこりします。

パン屋さんの足湯


次回は旅館の夕食をメインにレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR