FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(4日目①)

2019/7/27 (6日目)

7:10 今日はホテルを移動するので、チェックアウトし、荷物を預かってもらってから出かけます。いつものようにバスで成都パンダ基地に着くと、今日は土曜日で超混んでいるだろうなと覚悟してましたが、割とスムーズに入園できました。

朝一は赤ちゃんパンダにダッシュ、幼年園を通ると、既に2班は食事終了、でも4頭いるはずのパンダが1頭足りません。室内展示場を覗くと、1頭出社拒否で寝ていました。飼育員さんが寝かしておいてあげているという事は女の子?たぶん珍喜(じぇんしー)と思います。中国の動物園などは年中無休ですから、パンダも毎日営業は辛いですよね。

出社拒否の幼年生


すぐに太陽産室の赤ちゃんパンダの前に到着、まだ誰もいません。朝一で入園した人たちは観光車で月亮産室を目指すか、歩いてここへ向かっている人も遠回りの道を歩いている所なのです。成風(ちぇんふん)と成浪(ちぇんらん)の双子姉妹が寝ています。今は大きさに差があるので、すぐにどちらがどちらか分かります。

朝一の赤ちゃんパンダ部屋


8:00には月亮産室にやってきました。まだ警備員がいませんでしたが、少し列ができていました。右の保育器にだけ赤ちゃんがいます。こちらが妹なのかな。初日に比べると体つきがちょっとしっかりして来ました。でもまだ可愛くはありません。

保育器の阿宝仔


次は月亮産室を一周します。萌萌(もんもん)の庭に行くと、双子姉妹の萌宝(もんばお、萌四)と萌玉(もんゆぅ、萌五)が一緒に遊んでいました。私のお気に入りの萌五が地上にいるのはなかなか見れないことです。

萌四萌五


重量級の萌萌ママに似て、丸っこくてかわいい姉妹です。岩山の上にいる方が萌五です。



やがて、萌五は笹を1本咥えて、お気に入りの木に登って行きます。せっかく運んだ笹をあっさり放棄して、寝床にすっぽりはまってしまいました。ここにはまったら、もう数時間は降りて来ません。



隣の幼稚園に庭に移動すると、川仔(ちゅあんざい)と耀耀(やおやお)は既に木の上でコアラを決め込んでいました。次の淼淼(みゃおみゃお)一家、ちょっと見えにくいですが、池で淼淼ママと実子の金玉(じんゆぅ)が一緒に水浴びしています。男の子の方が甘えん坊が多い気がします。

金玉と淼淼


一緒に暮らしている潤九(るんじゅう)は今日も木の上です。1歳前後の子パンダは本当に木の上にいる時間が長いです。

潤九


その先は大人パンダたちの庭が続きます。今は夏で、子育て中や、出産待ちで、使われていない庭もあります。和歌山生まれの陽浜(ようひん)の庭、今日はいないのかな?と思ったら、庭の角に隠れて寝ていました。低木の中に埋もれて寝ています。(写真中央付近)

変な所で寝る陽浜


その隣では、阿宝(あーばお)がまだ食事中でした。大人パンダは食べたらさっさと寝るので、食事している場面を見れればラッキーという感じです。陝西省の野生出身のパンダ、パンダ基地に暮らす他のパンダと血縁関係がないので、顔も見分けやすいです。

楼阿宝


内側に行くと、美蘭(めいらん)がうろうろと歩いていました。私の最愛のパンダ七喜(ちーしー)のパパなので、いつも気にかけています。アメリカで女の子として育っただけあってとてもかわいいパンダです。

美蘭


再び外に出てくると今日は気温が既に30℃近くになってきました。今日も早々にパンダの営業は終了するかも知れません。気持ちは流行りますが、熱中症の心配もあるので、幼稚園前でしばし休憩です。耀耀が木の上からこちらを見ています。ぷっくりほっべが特徴です。

耀耀


しばらく休憩後、月亮を半周して1号別荘へ行くことにしました。
陽浜の前を通りかかると、まだ先ほどの場所で寝ていますが、今度は頭の方向が変わっていてさらに隠れています。通路近くに寝ているのに、パンダいないと素通りされています。

陽浜


別の角度で下から覗き込むとよく見えました。まさに庭の角の所、低木がカーテンのようになっていて涼しいのかな。いつも面白い寝相を見せてくれる陽浜です。

寝ている陽浜


9:25 1号別荘、今日も奇福(ちーふー)はお休みでした。
室内は績美(じーめい)績蘭(じーらん)の双子です。1頭が近くで食事していました。室内だとガラス越しではありますが、すごく近くで見ることができます。

績美績蘭


9:40 2号別荘に移動してきました。広い室内展示場で5頭がばらけて寝ています。
私が行くと、お気に入りの奇一(ちーいー)が一瞬顔をあげてくれました。

奇一


9:50 太陽産室へと下りて来ました。赤ちゃんパンダの室内を見れる場所から母子園の方まで長い列ができていました。土曜なのでやはり人が多いです。混雑時は、こうして、普段通れる道も封鎖し、列がコントロールされていて、ほぼ横入りなどもないです。朝夕はガラガラなので、今並ぶ必要はないですね。

赤ちゃんパンダの観覧列が母子園を取り囲む


次回は成都パンダ基地4日目後半をレポートの予定です♪
(重慶からの更新でした)

中国・成都パンダ基地(3日目②)

2019/7/26 (5日目) 続き

気温上昇で午前中でパンダの外営業が終わってしまったので、見ることができるのは室内展示場にいるパンダだけになりました。

14:10 2号別荘に来たら餌交換の作業中だったので少し待ちます。見れるパンダが少ない分、人が多数押し寄せています。2016年組の5頭は、入ってくると仲良く笹を食べ始めました。やはり今日は誕生日のケーキなどは出ないようですが、パンダたちはそんな事は分からないので拗ねることもないようです。

奇一班


人が多すぎるし、パンダと人を隔てるガラスは結露で拭いても拭いても曇ります。
その曇るガラス越しに、動くパンダを撮影するのは大変です。



しばらく5頭のパンダたちを見て、月亮産室や、亜成年園、太陽産室などの室内展示場のパンダを見て周ります。しかし日中はどこのパンダも寝ています。涼しい部屋で寝ているパンダと汗だくになりなから、そのパンダを見る人間・・・。どこの庭にもパンダがいないし、人間たちは諦めて早めに帰る人が増えて行きます。

私も日中は休める場所で休むことにしました。その間に、午前中に落として使えなくなっていたカメラについて、助言をもらい、カメラが使えるようになりました。落としたショックでSDカードの接触か、ロックスイッチが微妙にずれたらしく、単に書き込みできない状態だったようです。差し直したら使えるようになりました。やれやれ。

17:20 またまた月亮産室へとやってきました。この時間になるとさすがに空いています。月亮産室の室内展示場、慶賀(ちんふー)一家がお食事中です。

慶賀一家


そして保育室に行くと、ちょうどミルクの時間でした。双子のお兄ちゃんの方かな?ミルクをもらっています。

阿宝仔のミルクタイム


もう立ち止まって動画も撮れます。



人はまばらにしか来ないので、しばらく保育器の前に居座ることにしました。
ミルクを飲んだら、ぐっすりです。それにしても、やはり毛が長いですね。ほわほわしています。

フワフワの阿宝仔


そして、お兄ちゃんのお世話が終わった後は妹ちゃんのお世話の番です。
おトイレさせます。

おトイレタイムの阿宝仔


おトイレ中の動画です。



まだ小さいですが、まるでもう歩く練習をするかのような動きをします。

元気な阿宝仔


毛布の上をよく動き回る妹ちゃん、ママの乳首を探しているのでしょうか。



たまに人が来るだけで、ほぼ貸し切りです。昼間は立ち止まることさえできないこの保育器の前ですが、夕方になれば好きなだけ見ることができます。何なら、17:00に入園すれば、汗だくになったり無駄に歩き回ることもなくいいのでは、そんな気がしてきました。

保育器前独り占め


もうすぐ閉園時間、もう誰も赤ちゃんパンダを見に来る人はいません。
飼育員さんが部屋にいなければ、この赤ちゃんパンダたちを見ているのは自分だけ、至福の時間ですね。

もう誰も来ない保育室前


赤ちゃんパンダ独り占めです。時々飼育員さんが見に来て、毛布を直したりしてくれます。



18:00 になったので、そろそろ帰ることにしましょう。
もちろん素直に帰る訳もなく、途中で太陽産室に立ち寄ります。こちらも既に誰もいません。績笑(じーしゃお)だけがベビーベッドで寝ていました。今年最初に生まれた子ですが、こうして見ると、まだ小さいですね。

太陽産室の保育室前


しかし、この子、本当に独特な色をしています。それにちょっと癖っ毛ですかね。
ピンクに染まった頭に変なつむじができています。どんなパンダに育つのかな・・・。というよりちゃんとパンダになるのかな?

績笑の頭


最後に帰り道途中の幼年園の室内展示場を覗きます。誰もいないけど結露でパンダが見えません。ティッシュで拭いて視界を確保します。あら、ハンモックが使われています。乗っているのは妮娜(にーな)ですね。そばには珍喜(じぇんしー)がいます。ハンモック気に入ってもらって良かった。

幼年園のハンモック


妮娜はハンモックが気に入ったのかな、珍喜に引きずり降ろされてもまた登ります。
しばらくじゃれているパンダたちを見ていました。すぐにガラスが曇るので、左手でガラス拭きながらジリジリと動きながら見るしかありません。



18:35 成都パンダ基地を出ます。
一度ホテルの部屋に戻ったらもう1歩も動きたくないので、食べ物など買ってから帰ります。

次回は成都パンダ基地4日目!をレポートの予定です♪
(成都からの更新でした)

中国・成都パンダ基地(3日目①)

2019/7/26 (5日目)

7:30の開園の5分前に成都パンダ基地に到着です。あれ、ついに入園用の列が作られました。既にたくさんの人が並んでいて、電子チケットと紙チケット用で列が分けられています。中国人の多くは電子チケット利用ですが、私はチケット売り場に行かねばなりませんが、そもそも売り場に近付けません・・・。

夏の成都パンダ基地正門前


人をかき分け、やっとチケット売り場にたどり着き、チケットをゲットしたら、次は入園待ちの列に並びます。紙チケットの列の方が短くて助かりました。もっとも間違えて並んでも問題ないようです。

入園したらいつものように、成年園と亜成年園の間を通って、太陽産室の方へ向かいます。すると、亜成年園の木の上に既に北川(びえちゅあん)がいるのが見えました。写真中央やや上、白黒が木にひっかかっています。他のパンダはまだ出勤前なので、野宿ですかね。大人のパンダに籠城されたら、無理に回収する手段はありません。

朝から干してある北川


幼年園はもう既に朝食を食べ終わっているようだったので、太陽産室へ急ぎます。
夏は気温が高いので、パンダたちの朝食時間は他のシーズンより早いです。
混雑する前に赤ちゃんパンダたちの所へ行きます。そろって寝ていますね。

赤ちゃんパンダ成風成浪績笑


8:00には警備員が来るし、人が押し寄せて大混雑になるので、朝一だったらじっくり見れます。あら?世界最小で生まれた成浪(ちぇんらん)、かすかに目が開いたようです。あまりに未熟児だったので何かしらの障害が残るのではと心配しましたが、着実に成長していて嬉しいです。

成浪の目が開いた!


何か言いたげな成浪の動画です。左から成風(ちぇんふん)、成浪、績笑(じーしゃお)です。



赤ちゃんパンダの前が混んできたので、次は月亮産室へ移動します。
8:05 月亮産室に着いたらまず内側に直行、保育器の赤ちゃんパンダの前は既に列になっていたので並びます。列の最後尾の脇、中庭には慶賀(ちんふー)一家、今日は珍しく一家そろって食事中です。

慶賀一家


保育器の赤ちゃんパンダは双子の片割れしかいません。片方はママの所に行っているのでしょう。まだ双子のどちらか特徴があまりありません。

阿宝双子の片割れ


その後、月亮産室をぐるっと一周しますが、ほとんどのパンダは既に寝ていました。
今日はかなり暑く、パンダたちもぐったりかもしれません。そんな中、珍しく萌萌(もんもん)一家が揃って起きていました。双子が遊んでいる所は滅多に見られません。



2号別荘へと移動です。現在室内展示場しか見れませんが、ここに暮らす2016年組5頭のうちの2頭が今日誕生日です。誕生日会あるかな、室内展示場のドアがまだ開いてなかったので、オープンをしばし待ちました。

8:40過ぎに扉が開いたので、中へ入ると、さっそくパンダたちが出てきました。しかし、誕生日ケーキなどの準備はないようです。近年、差し入れなどがないと誕生日のお祝いしないようですが、今日のお誕生日パンダには里親も付いてるので、あるかな?と期待しましたが、なかったようです。

2号別荘の奇一班


それぞれいつも通り食事を始めます。肝心のお誕生日パンダ、双子の毛豆(まおどぅ)と毛桃(まおたお)は笹の中で食事していて全然お顔が見えません。3歳のお誕生日おめでとう、囁くのみです。

笹に隠れて食べてる奇一班


次は1号別荘に行きます。この時、室内から暑い外に出て坂道を登っている間に、急にぐらーっときてカメラを落としてしまい、はっとしました。熱中症の前兆です。
独り旅なので、倒れたら大変です。今日は無理をしない事にしましょう。

夏のパンダの楽しみは、赤ちゃんパンダの他に、パンダの誕生日、というのもあります。私の最愛のパンダ七喜(ちーしー)のママ、奇福(ちーふー)も今日が誕生日です。1号別荘に暮らしていますが、ずっと庭に出ていません。どうやら偽妊娠中で、室内でぐったりしているらしいのです。

今日も奇福の庭には看板が立っていて見ることはできないようです。奇福ママ、お誕生日おめでとう。誰もいない庭に囁きます。
そしてその隣には、2016年組の5頭が暮らしています。5頭のうち3頭が集まって食事中でした。

1号別荘の16年組


具合がよくないのでしばらく休憩・・・。暑さが堪えちょっと気持ち悪いです。
10:20 月亮産室へと戻ります。内側の室内で少し休んでから11:00外に行きます。
外の気温は既に30℃近く、既にパンダ回収大作戦が始まっていました。あらら、今日はこの時間でもうパンダ営業終了ですか。私のお気に入りの萌五こと萌玉(もんゆう)はお気に入りの木の股で籠城中です。

籠城する萌五


その隣の庭でも子パンダ回収中です。説得に応じない子パンダを飼育員さんが木から降ろしています。耀耀(やおやお)ですね。

耀耀回収


萌玉はハチミツの誘惑に負けてちょっとだけ降りて来ました。
ここで動画を撮ろうとしてあることに気付きました。カメラ壊れた?何か変です。

ハチミツに誘惑される萌五


そう言えば、2時間以上前、落としたことを思い出します。私はカメラを2台持ち歩き、落としたカメラは防水カメラでズーム弱いので、行動記録用と動画用に使っています。耐ショックだし、一見普通に使えるようですが、記録できてないことに気付きました。慌ててもう1台のカメラで動画を撮ります。お気に入りの萌玉ちゃん、最後は半強制的に回収されました。



これで今日はもうほとんどのパンダはバックヤードに帰ってしまい見ることができません。しかし、カメラ、どうなってる?写真も取れない?撮れてない?試し撮りとかしようとその辺の混雑状況にカメラを向けて撮ってみたつもりでした。

その時、現地のパンダファンらしき方たちに話しかけられます。初めて見る方たちです。何を言ってるかもちろん分かりません。どうやら私が取った行動で、自分たちの写真を撮られた、と誤解されたようで、消して!と詰め寄られたのです。

話が交錯したためもあり、私はちょっとパニック状態、熱中症気味で気分も悪かったので、急に物凄い不安に襲われました。なので、冷静に状況を説明できませんでした。カメラを確認しますが、彼女たちの写真はもちろんの事、朝カメラを落として以降撮った写真も何も残っていないことが分かりました。

あなたが何を言っているか分からない、写真消してくれたならいい、そう言ってパンダファンの方たちは去って行きました。私が誤解を招くような行動をしたのと、ちゃんと説明できなかったので、相手にも不快な思いをさせてしまいました。自分の写真含め、人物の写真を撮らない私が、思いがけないトラブルになったショックと、日本のパンダファンのマナーが悪いと思われたかもという気持ちで気分がさらに落ち込みます。

その後もフラフラとして気持ち悪い状況が続き、スポーツドリンク飲みながら、休憩しつつ、幼年園の方へ下りて来ました。もう外にパンダがいないので、室内展示場は大混雑です。幼年園2班のパンダたちは室内に戻っていて、おやつを食べ終わった所のようでした。写真どころか肉眼で見るのも大変です。

幼年園室内展示場の2班


さぁ、この後はどうしましょうか。気分も悪いし、パンダも外にいない。
ダメ元で亜成年園の方へ行ってみると、北川はまだ木の上にいました。
そして、亜成年園の2015年組奥林匹亚(おりんぴあ)たちもまだ外で寝ていました。

亜成年園


13:50 太陽産室に戻ってきました。外にはもうパンダはいません。ぐっすり寝混んでいるのが1頭見えただけです。
1歳の子パンダは子供部屋で寝ていました。ハシゴの上に艾米(あいみ)が寝ています。そして、よく見たら青い籠の中にも1頭寝てますね。パンダの部屋は空調付きですが、見ている人間は汗だくで、非常に汗臭い匂いが漂い不快この上ないです。

太陽産室子供部屋の艾米


次回は成都パンダ基地3日目後半をレポートの予定です♪
(臥龍からの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR