ジョージア・ジョージア軍用道路(トビリシ~アナヌリ教会)

2017/06/30 (5日目)

6:00 起床、今日は日帰りでジョージア軍道沿いの観光へと出かけます。今日もいい天気、朝からホテルのプールで泳いでいる人もいるくらいです。

ホリディイントビリシのプール


ジョージアの食事はおいしいので、朝食は控えめにと思いましたが、ホリディインの朝食はとてもおいしいです。特に、焼き立てのパン、クロワッサンやマフィンなどは絶品です。

ホリディイントビリシの朝食焼き立てパン


朝から高級チーズやケーキなどもあるけど、そこはぐっと我慢し、ハチャプリ(ジョージアのチーズパン)を取ることにしました。滞在中じゃないと食べられないものが優先です。

ホリディイントビリシの朝食


7:45 ホテルをバス出発し、ジョージア軍用道路を北上します。全長210㎞にもおよぶロシアまで続く道は19世紀にロシア軍が軍事用に切り拓いたそうです。
8:10 山の上に世界遺産の教会、ジュヴァリ聖堂が見えます。帰りに寄ると言うので楽しみです。

ジョージア軍道とジュヴァリ修道院


車窓はどんどん緑一色になります。軍用に切り拓いたと言うことはそれまで道が必要なかったということを表しているのでしょう、ほとんど集落がありません。

ムツヘタの北あたりのジョージア軍道の景色


やがて川が見えてきました。この道路は文学の舞台にもなったと言うことですが、この美しい景色はとても心癒されます。

ジョージア軍道沿いの美しい景色


川の上流にはダムがありました。ジンヴァリダムです。ここからは大きなジンヴァリ湖が広がっています。

ジンヴァリダム


8:50 ジンヴァリ湖畔に建つアナヌリ教会で20分のトイレ休憩です。教会というより小さなお城というか要塞のようです。

アナヌリ教会とジンヴァリ湖


トイレは有料ですが、20分あるならトイレに行っている場合じゃなく教会の見学へと向かいましょう。

アナヌリ教会の駐車場


アナヌリ教会は17世紀の教会で、ジョージアでは教会は要塞としての役割もありました。なぜなら周りをイスラムの国に囲まれてきたため、要塞化せざあるを得なかったのです。城壁の内側に入ります。周りの自然と調和し、城壁がとても美しいです。

アナヌリ教会の城壁


まだ時間が早かったのか、教会は内部が見学できませんでした。城壁の中に2つの教会の建物があります。

アナヌリ教会


仕方がないので、教会と城壁の間をぐるっと周ります。立派な城壁です。

アナヌリ教会の城壁


ちょっと遺跡っぽい所がまた楽しいですね。見張り塔みたいなところの中とか覗いたりします。見学できるようにもなっていませんが、立ち入り禁止にもなっていません。自分の判断で危なくない範囲で探検します。

アナヌリ教会の城壁


城壁を出たら、教会の手前にあった大きな橋まで行きます。写真を撮るなら橋の上がいいと添乗員さんも言っていましたが、確かに湖の側に佇む教会全体を見渡せます。湖もかなり大きいです。

ジンヴァリ湖


周辺は野草が咲いていて、長閑な雰囲気です。
ジョージア軍道を観光する人は必ず立ち寄るスポットなのでしょうが、さほど人も多くなく、あまり観光地化して欲しくないなと思える教会です。

野花とアナヌリ教会


それでも駐車場には観光客目当てのお土産屋さんがたくさん出ています。
トイレに直行した人たちは橋から教会の写真を撮った後、掘り出し物を探して楽しんでいるようです。

アナヌリ教会前のお土産屋


次回はさらにジョージア軍道を北上します♪
(マイアミからの更新でした)

カリブ海クルーズに行ってきます!

コーカサスの旅レポートの途中ですが、今日からカリブ海クルーズの旅に行ってきます!

カリブ海でも東の方へは一度行ったことがありますが、今回は西、ジャマイカ、ケイマン、メキシコ、バハマに寄港するコースです。

実はダンナと9月に行こうとしていたのですが、予約が取れずに延期し、9月はひとまずスリランカに行ってきました。9月は超大型ハリケーンが度々カリブ諸国を襲っていたので、結果としては正解だったようです。でもまだ季節的にはハリケーンに遭わないとは言い切れません。

今回は、MSCクルーズの利用です。10年ぶりかな?この夏、かなり太ってしまったので、これ以上体重を増やさないように気を付けたいと思います。

洋上では、船のインターネットは接続料金が高いだけでなく、スピードも許容範囲外になるので、寄港地で時間が余った時しかネット接続はしない予定です。ですので、しばらくブログの更新は滞るかも知れません。だいぶ溜めているので少しでも更新できるようにしたいとは思います。

繋げたらつぶやきます。
旅の最新情報はTwitterで!
keentravelerをフォローしましょう

それでは行ってきます♪

ジョージア・トビリシ(旧市街~食事)

2017/06/29 (4日目) 続き

16:30 シオニ大聖堂を出て、しばらく歩くと、平和橋が右手に見えます。大きく見えた橋ですが、屋根の部分が大きく、実際渡れる部分は細い橋だと分かります。いつもなら渡ってみたいと言いだす人がいると思いますが、今日は暑くて疲れているせいで、写真撮るのも面倒と横目で見るだけの人が多いです。

トビリシの平和橋


その先も細い道が続きます。この辺りは小奇麗な街といった感じです。

トビリシ旧市街


16:40 小さな教会の前を通ります。アンチスハティ教会、トビリシで一番古い教会だそうで、6世紀からのものだそうです。建築スタイルが明らかに他の教会とは違います。

アンチスハティ教会


そしておもしろい建物が現れます。積み木を積んだような塔、今にも崩れそうです。
マリオネット劇場の建物の一部のようです。

倒れそうな塔


通り過ぎてから振り返ってみても、道路にはみ出すように傾いていておもしろい建物です。
いろんな様式の建物が入り乱れるトビリシの旧市街には、よく似あう、そんな建物です。

トビリシ旧市街


16:45 広い通りに出たところで、バスに乗り3分ほど移動です。街角の銅像、立派ですが、ちょっと変わっています。

トビリシの銅像


16:50 やってきたのはスーパーマーケット「カルフール」です。ここで17:30までの買い物タイムとなりました。さっきまでぐったりしていた皆さんの目に生気が甦ります。

ジョージアと言えばワインです。8000年の歴史を誇る世界最古のワイン生産地で、あのクレオパトラも愛飲していたと言われています。添乗員さんと店員のオススメに従い、赤1本、白のハーフを2本購入しました。計48.95ラリ(約2300円)、クレジットカード払い。この値段で高めのいいワインです(実際、とてもおいしかったです)。

ジョージアワイン


17:40 バスに乗り夕食のレストランへと移動します。5分でメテヒ教会の下でバスを降り、坂を上がってレストランまで向かいます。
水と赤ワイン小ボトルがセットされています。さすがワインの国です。

トビリシの見晴らしのいいレストラン


高台にある見晴らしのいいレストランで、川や対岸のナリカラ要塞がよく見えます。

ナリカラ要塞の見えるレストラン


ジョージア料理の定番、ハチャプリ、簡単に言うとチーズのパンですが、とてもおいしいです。ビール(6ラリ、約300円)がよく合います。くせになりそうなおいしさです。

ジョージア名物ハチャプリ


お肉もとてもおいしいです。これはコーカサスの料理はどうせおいしくないだろうと思っていた私には完全に想定外です。ジョージアワインと言うと甘いと思っていましたが、ドライと書いてあったので開けました。ワインもすごくおいしいです。スーパーで見て値段を知っているだけに、その値段が嘘みたいに感じます。

メインもおいしいジョージア料理


こちらのお肉もガーリックきいていて、とてもおいしい。これは困ったことになりました。アゼルバイジャンでは量で攻められ、ここでは味で食が進みそうです。外は急に雷雨になりました。でもそんな事はどうでもいいという感じでワインや料理を楽しみます。

ガーリック味がよくきいている


19:30 土砂降りだった雨がほとんど上がったのでレストランを出てバスに乗れる所まで歩きます。観光中に雨じゃなくて良かったです。

トビリシ中心部


19:40 トビリシのホテルはホリディインです。大きな広場に面していて、周辺には近代的なお店などもたくさんあります。

ホリディイントリビシ


部屋はきれいですが、冷蔵庫も室内の冷房も弱いです。バスタブなし。コーヒーセット、水ボトルあり。Wi-Fi無料(遅め)。いい気分で帰ってきたのでシャワー浴びたらすぐに寝落ちしていました。

ホリディインの部屋


次回はジョージア軍道の旅をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR