中国・都江堰パンダ谷(パンダ見学~社員食堂ランチ)

2016/09/23 (3日目) 続き

11:30 パンダ谷で野生化訓練の様子を見学したり飼育員体験が終わった後は、皆でパンダを見学します。一番奥の三号舎から一通りパンダを見ます。タケノコ洗いの前にもちょっと見た大妮(ダーニィ)と小川(シャオチュァン)、同じ木で休憩中です。左奥が大妮、右がロドリゲスとあだ名のついた小川です。口のあたりに髭のような黒い毛があります。

都江堰パンダ谷に暮らす大妮と小川


パンダ谷は大自然に囲まれた施設ですが、パンダ舎の庭は意外と狭く、植物も少な目なので割りとパンダが見やすいです。距離はこのくらい、結構近くで見れます。2015年生まれの子パンダたちはまだ小さいので、遠くに感じるでしょうか?

都江堰パンダ谷三号舎の庭と大妮、小川


こちらは妮妮(ニィニィ)ママです。子パンダたちが1歳を超えてあまり手がかからなくなったので、同じエリアにいても離れてのんびりとお食事できます。2008年生まれのまだ若いママパンダなので、子パンダたちが親離れしたら成都に戻ることになるでしょう。

都江堰パンダ谷の妮妮ママ


二号舎には上側にPoとDeDe、下側にパンダ釣りをした園琳(ユェンリン)が住んでいます。
紹介したばかりなので、飛ばして、1号舎に移ります。一号舎の上側、こちらも木の上に子パンダが見えます。三号舎にいた双子の相方、小妮(シャオニィ)と小雅(シャオヤー)です。

都江堰パンダ谷に暮らす小妮と小雅


小妮、木の上で遊んでいます。昨年成都の母子園にいた時ライブカメラで様子を見ていた頃はまだ木に登れない赤ちゃんで、一緒に暮らしていた男の子たちと違ってあまり冒険にも行かない大人しい子でした。すっかりかわいくなっちゃって。

パンダ谷の小妮


見て~もう木登りなんて楽勝よ~、そんな感じです。2015年、成都では13頭の赤ちゃんが生まれていて、そのうちの双子2組が野生化候補に選ばれてここで暮らしています。時期が来たら、少なくともどちらかの組が山での訓練に入るのでしょう。

得意になった木のぼりを披露してくれる小妮


小妮は赤ちゃんの頃に比べるとかなり活発になったようです。いろんなポーズを見せてくれました。私がパンダに夢中になったのは、妮妮の双子がかわいい姿をライブカメラで見せてくれていたのがきっかけです。野生化に選ばれても選ばれなくても幸せな一生を送って欲しいです。

小妮


小雅の方はもうお眠のようです。こちらは男の子の双子の片割れです。ロドリゲスと呼ばれた小川ほどには顔が濃くありません。お兄さんの小雅はアントニオというあだ名を日本のファンに付けられました。

アントニオこと小雅


おっとよだれ垂らしそうになった?もう眠くて仕方ないようです。

小雅


小妮と小雅は小Y頭(シャオヤートゥ)ママと暮らしています。2006年生まれのパンダさんです。
うーん、お顔見えない。後でまた来るからこっち向いてね。

都江堰パンダ谷の小Y頭ママ


三号舎の下側は入口に一番近い所になります。来た時に見た2012年生まれの3頭が暮らしています。相変わらず奥莉奥(オリオ)以外は寝ているようです。

都江堰パンダ谷に暮らす2012年生パンダたち


たぶんこちらが園潤(ユェンルン)、女の子です。4歳だから人間で言えば中学生になった所、という感じでしょうか。

都江堰パンダ谷の園潤


こちらが淼淼(ミャオミャオ)かな、女の子です。この目の周りの黒い部分(アイパッチ)のせいで、起きてるんだか寝ているんだかわかりません。
同級生7頭のうちの3頭が今でも一緒に暮らしています。奥莉奥は男の子ですが、かなり女顔なので、女子高みたいな感じです。

都江堰パンダ谷の淼淼


12:00 お昼になったのでいつまでもパンダを見ていたい人たちを連れてランチへと向かいます。スタッフオンリーのこの建物へと入ります。

都江堰パンダ谷スタッフ用の建物


社員食堂というか、飼育員さんたちの休憩場所または会議室代わりのような部屋でランチを頂きます。中庭を囲む一室です。成都パンダ基地のような大がかりな施設ではないので、お客さん用のちゃんとしたレストランなんかもないような所です。なんだか田舎の一軒家でちょっとお茶をいただくという雰囲気です。

都江堰パンダ谷スタッフ用の建物の中庭


こちらがランチ。飼育員さんたちが食べる食事と同じものです。にら玉、グリーンピース、なす(辛い)、豚と昆布のスープ、これにご飯と食後のデザートにりんごです。中国の普通の食事といった所でしょうか。これで、3,4人分です。

都江堰パンダ谷飼育員さんと同じ食事


次回は午後のパンダ谷をレポートの予定です♪

中国・都江堰パンダ谷(野生化訓練視察~飼育員体験)

2016/09/23 (3日目) 続き

10:08 野生化訓練区入口にやってきました。ここは一般の立ち入り禁止の未公開エリアです。今回は特別にちょっとだけ中へ入れてもらいます。と言っても、実は三号舎の裏側通路から見えるくらい近い所までです。写真撮影禁止、大声禁止です。山裾に設けられた餌場を見下ろす台で、野生化訓練中のパンダが来ないか待ちます。

都江堰パンダ谷野生化訓練区域入口


成都の幼年園にいた私の好きな七喜(チーシー)たちの同級生2014年生まれの星語(シンユゥ)と星願(シンユェン)の双子姉弟がここで野生化訓練を受けています。毛竹(マオジュー)、毛笋(マオスン)の双子兄妹も訓練候補に選ばれパンダ谷で暮らしていましたが、今年の春成都に戻り、星語星願の2頭が山での訓練に進みました。

都江堰パンダ谷野生化への取り組みの紹介


訓練区の外側にフェンスがある以外は普通の自然の山です。トレーナーの話によれば、山の奥の方へ行って自分で食べ物を探し、足りない時だけ山を降りて餌場に現れる、という生活を送っているようです。ちょうどエサのタケノコの入れ替えや掃除をしていたので、付近にはいないのでしょう。どうやら直接会える見込みは全くなさそうです。

10分少々で早々に諦め、やはり未公開エリアにある野生化訓練の研究棟に移り、監視室のモニターで2頭の姿を探すことになりました。監視室は10数人が入るのがやっとの部屋で、薄型のモニターが6つくらい壁に張り付き、それぞれのモニターに16コマくらいの監視カメラの画像が映っていました。

都江堰パンダ谷野生化訓練の研究棟


かなりの数のカメラが山の中に取り付けられているようですが、それでもどれだけ目を凝らしてもどこにも2頭の姿は見つけられません。監視の係りは、姿を確認したら記録を残すという仕事をしているようです。ちらっとも姿が見えないので、その記録ノートから録画を見せてくれました。今朝の8:50、つまり1時間ちょっと前のものです。2頭が一緒に木に登って遊んでいるようでした。

双子で、生まれた時から一緒の2頭ですが、山の中では普段は別々に行動しているようです。2歳ですから野生だと独り立ちしている歳ですね。出会ったときだけ一緒にいるようです。
GPSのついた首輪をしています。野生化する時はつけるので、つける訓練なのだそうです。

三号舎の裏側から見えるこの山に2頭は暮らしています。斜面は急で、見通しも悪いですが、安全で、食べ物にも困らないので、野生飼育を問わず最高の環境かも知れません。今回、2頭が私たちの前に姿を見せなかった事を残念と思うより私はむしろほっとしました。安易に人前に出てくるようでは野生化なんてほど遠いからです。会えなかったのは訓練がうまくいっている証拠でしょう。

都江堰パンダ谷野生化訓練が行われている山


野生化に関してはパンダファンの中には反対される方が多いので私はあまり多くを語りません。野生化を試みてからまだ歴史が浅いため、悲しい事例がいくつかあるからです。でも飼育パンダが順調に数を増やせるようになってきているし、野生化の問題はいずれ越えなければならない問題なのです。自身のためにも、後続のパンダのためにも野生化訓練に選ばれた子たちには頑張ってもらいたいです。

さて、星語、星願の野生化訓練の近況を確認した後は、飼育員体験の一環としてタケノコ洗いを行います。三号舎の庭の前を通ります。ここには次の野生化訓練候補生、2015年生まれの子パンダたちがママと一緒に暮らしています。

都江堰パンダ谷三号舎


妮妮(ニィニィ)ママとその双子姉妹、大妮(ダーニィ)、小妮(シャオニィ)、小Y頭(シャオヤートゥ)ママとその双子兄弟、小雅(シャオヤー)、小川(シャオチュァン)がこのパンダ谷にいます。
双子の子供をシャッフルして、2組に分かれて生活しています。三号舎にいるのは、妮妮ママと大妮、小川(日本ファンはロドリゲスと呼んでいる)。こっちは大妮かな。成都にいるとき夢中になってライブカメラで見ていた子です。大きくなったなぁ。

都江堰パンダ谷で暮らす野生化訓練候補の1歳の子パンダ


10:50 二号舎のパンダ舎の所で、タケノコ洗い体験をします。靴カバーと、ビニール手袋を装着し、タケノコを洗います。この作業はあまり興味がなかったので、相部屋さんと一緒にやります。タケノコはよく見たら土などで汚れていたので洗う意味が理解できました。高圧の水が出るホースで泥などを洗い流します。ただそれだけの事ですが、大好きなパンダの食事の準備をしたというのがパンダファンには大事らしいです。タケノコは意外なほど軽かったです。

11:07 次はパンダ釣り体験です。お付き合いくださるのは二号舎に暮らす2010年生まれの園琳(ユェンリン)という雄パンダです。こちらのパンダも野生化とは関係なく、大人になるまでここで暮らしているようです。野生化は飼育生活に慣れる前の小さい子がターゲットで、それ以外の子は成都や他の動物園にキャパがないから預かっているみたいな感じです。

都江堰パンダ谷で暮らす2010年生まれの園琳


まずは飼育員さんが見本を示します。細い棒の先に切ったリンゴを刺して、顔よりやや高めに差し出します。パンダがリンゴを咥えたら棒をさっと回収。まぁ、真似してやってみてという感じです。

都江堰パンダ谷でのパンダ釣りの模範


パンダさんにちょっとだけ立ってもらうくらいがいいのでこんな感じに上げます。棒の長さが結構ギリギリなので、噛みつかれて引っ張られないよう注意です。

りんごをキャッチする園琳


この園琳、女の子みたいな顔立ちで結構かわいいです。パンダはリンゴが好きですが、13回は飽きちゃうので、時々歩いて移動しようとします。でも、呼ぶとちゃんと戻ってきて座って待機してくれます。

そろそろ大人の男性という園琳


パンダ釣りが終わって皆が身支度している間に、二号舎の上側のパンダをちらっと見にいきました。ここにいるのはPo(阿宝)とDeDe(徳徳)、スペインのマドリード動物園で2010年に生まれた双子兄弟です。パンダは海外へ繁殖目的で貸与されるので、海外で生まれた子パンダは繁殖可能年齢近くになると皆中国へ帰ります。もう6歳ですから、通常単独生活、双子だとぎりぎりまで一緒に生活させたりします。今からパンダ釣りをするところでした。DeDeが早く頂戴という顔で待っています。

都江堰パンダ谷で暮らすスペイン生まれのDeDe


双子のPoは庭の奥でかわいらしく寝ていて、呼んでも全く動こうとしません。今は眠いんだよぅという顔です。

都江堰パンダ谷で暮らすPo


DeDeはおいしそうにおやつを食べています。

おいしそうにおやつを食べるDeDe


りんごをもらうDeDe。さっきの園琳のように立ち上がってもらったりせず、口元に運んでくれるのを待ってます。そんなんじゃ、お婿さんに選ばれないよ~。

都江堰パンダ谷のパンダ釣り


そうこうするうちにPoもおやつが欲しくなったのかやってきました。こちらも横着派のようです。飼育員は段々面倒くさくなったのか、最後の方はりんごを投げ入れちゃったりしていました。成都のように見物人が大勢いる訳ではないから、ちょっと手抜き?

Poも合流。


次回、引き続きパンダ谷に暮らすパンダ達の紹介と社員食堂ランチをレポートの予定です♪

中国・成都パンダガーデンホテル~都江堰パンダ谷

2016/09/22 (2日目) 続き

17:15 専用バスにてホテルに到着です。パンダ基地からほど近い、クラウンプラザ成都パンダガーデンホテル、立派な入口です。ここに2泊します。

クラウンプラザ成都パンダガーデンホテルエントランス


名前にパンダと付いているのはパンダ基地に近いからだと思いますが、名前だけではないようです。ロビーにたくさんのかわいいパンダのぬいぐるみが飾られています。お土産屋に売っているのより出来がいいです。

クラウンプラザ成都パンダガーデンホテルのロビーはパンダいっぱい


チェックインの手続きを待っている間にロビー横のカフェを覗いてみたら、ケーキもパンダだらけ、なかなか気合入っています。

クラウンプラザ成都パンダガーデンホテルのカフェはケーキにもパンダ乗ってる


そしてお部屋はきれいで使いやすいタイプです。人によってはパンダづくしの部屋があたった人も。何もかもパンダだらけだそうです。今日からは帰国日が一緒の方と相部屋です。
Wi-Fi無料(中国ではSNSに接続できないのが普通ですが、外資系ホテルのためtwitterやFBに接続できます)。

クラウンプラザ成都パンダガーデンホテルの部屋


バスルーム周りもとてもきれいです。使いにくそうなバスタブだなぁと思いましたが、ちゃんとシャワールームが別にありました。さすが外資系、欧米のホテルとなんら変わりない設備です。

クラウンプラザ成都パンダガーデンホテルの部屋のバスルーム


外の景色はこの通り、成都中心部から比べるとかなり緑があります。ちなみに部屋の高さは10階です。

クラウンプラザ成都パンダガーデンの部屋からの眺め


18:10 ホテルを出発し近くのお店へ夕食に向かいます。部屋からの景色を見て何もなさそうと思いましたが、周辺も結構街です。地震があるのに大丈夫かなぁと思うような高僧マンションなどもたくさん建っています。

クラウンプラザ成都パンダガーデンの周り


やってきたのは火鍋で有名なお店、川西坝子。四川と言えば麻婆豆腐と火鍋ですよね。
火鍋は久しぶりなので楽しみです。

クラウンプラザ成都パンダガーデンに近い有名な火鍋屋さん


数人ずつ3つのテーブルに別れて座ります。Pandapiaの社長さんや運営さん、カメラマン、他スタッフと、パンダ基地の飼育員さんたちと会食です。飼育員さんたちはiPandaやPandapiaなどで赤ちゃんパンダの世話をしているのを見た事ある方たち。楽しみです。Pandapiaのスタッフは結構日本語ができる人が多いです。火鍋は最初お肉から食べて、野菜は後だそうです。

本場の火鍋


煮立ってきました。地獄の窯の中みたいな凄まじい感じです。滅茶苦茶辛いですが、とてもおいしいです。辛さだけでなく痺れがすごいので、休み休み食べます。せっかくなのでいろいろとパンダの話を聞きます。飛行機移動に関する話とか、今後海外へ移動しそうなパンダは誰かとか、野生化訓練中のパンダの様子などいろいろ聞けました。

まるで地獄絵図な火鍋


この火鍋ですが、現地の人たちは、食べた後のスープを持って帰るのだそうです。脂分で固まるので冷凍庫に入れて、自宅で使うそうです。かなり匂いが付くので、家へ帰ったら服は干すのだそうですが、焼き肉や居酒屋の匂いほどではないかな、と思いました。

ホテルまで歩いても10分の距離なので歩いて帰る予定でしたが、雨が本格的に降ってきたので、Pandapiaスタッフの車でホテルまでピストン輸送をしてもらいました。
21:30ホテルに帰りました。

2016/09/23 (3日目)

6:30過ぎ朝食を食べに下ります。ここの朝食は品数も多く、味もなかなかです。洋食もありますが、せっかくなので中華ぽいものを頂きます。

クラウンプラザ成都パンダガーデンの朝食


7:40 バスに乗ってホテルを出発します。今日は都江堰へと向かいます。

9:47 都江堰繁育野放研究中心、通称パンダ谷に到着です。成都パンダ基地所属の施設ですが、成都が繁殖メインなのに対し、こちらは野生化を目指して作られた施設です。街から離れている山間、駐車場も閑散としていて入口付近に従業員以外見当たらない、静かな所です。
正門は成都パンダ基地と同じデザインです。

都江堰パンダ谷の正門


中へ入場すると、まるでハイキングコースにでも行くような道が山の奥の方へと繋がっています。緑以外何も見えません。3期予定されている工事のうちまだ1期までで、広大な土地が確保されているようです。

パンダ谷の道


緩やかな坂道を上って行きます。側には川が流れています。昔はこの辺りもパンダの生息地だったそうです。それにしても他の見学者には一人も会わないのに、やたらと従業員が多い・・・。商業目的の施設じゃないのだろうけど、大丈夫かなと懐具合が心配になります。

パンダ谷は川沿いの谷の道を上って行く


今日は何があったのか、予定よりだいぶ遅れてここに到着したので、予定の順番を変更しまず野生化訓練区へと向かいます。現在このパンダ谷には15頭のパンダいるそうですが、野生化訓練を受けたり、その候補となっているパンダ以外のパンダもその中に含まれます。

野生化訓練区に行く途中、一号舎の所を通ります。こちらの見学は後で。でもちょっと足を止めてしまいます。ここにいる3頭は2012年生まれのパンダたち、奥莉奥(オリオ)、園潤(ユェンルン)、淼淼(ミャオミャオ)です。野生化とは関係なくここで暮らすパンダたちです。

パンダ一号舎で暮らす12年組


この子たちは私が昨年成都パンダ基地を訪れた際に幼年園にいた7頭のうちの3頭です。お久しぶりです。起きているのは奥莉奥かな?中国のみならず世界中にファンのいる超人気パンダです。雄ですが、女の子のような丸くてかわいいパンダですね。

12年生まれの奥莉奥


次回はパンダ谷での野生化訓練の様子や飼育員体験についてレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR